FC2ブログ
franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月21日 パリ→ロンドン1日目
2001年03月21日 (水) 19:16 | 編集
朝は7時起床。
ユーロスターの時間に遅れる訳にはいかない。
今日は朝ごはんを頼んでいなかったので、
朝飯抜きで7時45分出発。
いつものバスに乗るとなんと行きしな、親切にしてくれた運転手さんだった。
このバスには嫌のこともあったけど、いいこともあったのだ。
なんだか、とてもいい気持ちでパリを離れることができる。
問題なく北駅に着き、ユーロスターのチェックイン。
ユーロスターは国際列車らしく、
荷物のX線検査もパスポートのチェックもあった。
8時50分、ユーロスターに乗り込む、
チケットを買った時、おばちゃんが窓側だと言っていたので、
楽しみにしていたのだが、丁度窓のないところだった。
しかも、席が進行方向と逆を向いている。
最悪だと思いつつ、9時10分発車。
タリスの時もそうだったのだが、この手の列車は早いだけで、面白くない。
ウィーンからプラハに行く列車の眺めは良かったなあと、
思い出しながら、少しだけ見える景色を眺めていた。
ロンドンに着く少し前にチケットのチェックとパスポートのチェックがまたあった。
いくつか質問をされたのだが、一つの質問だけ
ちゃんと答えることができたかわからない。
もしかすると、「一人で来ているのですか?」という質問に、
「まだホテルは決まっていません」と言う返事をしたかもわからないのだ。
ロンドンに着く直前、なんか嫌な匂いがするなあと思ってまわりをみてみると、
近くに乗っていた日本人が正露丸を飲んでいた。
そこら一帯にあの匂いが満ちている。
隣に座っていたフランス人も「なんじゃこの嫌な匂いは」と言う顔をしていた。
フランス人には理解できない匂いだろう。結構笑える。
11時13分、ロンドン到着。
ここでも、入国審査が行われたのだが、見事に質問を突破。
時差が1時間あるので、3時間の列車の旅だったのだが、
時間的には2時間で着いたことになる。
まず、両替。150ドルのT/Cが94ポンドにしかならない。
日本円に換えると1ポンド190円くらいの計算になるのだ。
これはかなりやばい。買い物が出来なくなる。
この両替所が高いだけかもしれないので、
まだなんともいえないのだが、ちょっとこの先心配だ。
時間がはやいので、ホテルをインフォで取ってもらうか、
自分で探すか、どうしようか迷った。
11泊もするので、一度にとってしまうとはずれだった時こわいので、
とりあえず3泊取ることに。
良ければそのまま泊まればいいし、悪ければ変えればいいからである。
で、そうなるとインフォで取った方が楽なので、そうすることに決めた。
インフォで30ポンドの宿をと言うとないとの答え。
1泊5700円でないとはどういう事だと思うのだが、
ポンドが高いので、しょうがない。
35か40ならあると言うので、35を聞いてもらったのだが満室。
40ならあるらしいのだが、朝食が抜きらしい。
まあ、朝飯なんて抜いてもいいし、スーパーでもあればパンが買えるので、
朝食抜きの40ポンドでホテルを取ってもらった。
ちなみに朝食を付けると45ポンド。朝飯に1000円弱も払えるか!!!
で、ホテルの位置を聞くと町の中心からかなり近い。
交通費が浮くかも、ラッキーと思いながら、ホテルを探す。
いつもこのホテル探しで苦労するのだ。
パリでは散々な目にあったし。
ここでは、地図をくれないという、おそろしい事になっていたのだが、
少し迷っただけで、到着。今回はよかった。
チェックインを無事済ませて、部屋へ。結構ひどい。
もちろんトイレ、バスは共同なので、
なんでこんな部屋に7000円も出さなあかんねんとつくづく思う。
近い内にホテル探しをしなくてはと、心に誓った。
時間はまだ1時過ぎだ。
これからどうしようと考えるが、とりあえず部屋にいてもしょうがないので、
外に出る。
このホテル、やはり立地的には、ものすごくいい。
歩いて大英博物館に行けるし、いつものことを考えれば、
ピカデリーサーカスもトラファルガー広場も徒歩圏内である。
だから高いのかと変に納得して、
ロンドンの中心、ピカデリーサーカスへと歩く。
街に着いたらとりあえず歩くというのが、恒例になってしまった。
歩きながら、本屋に寄ったり、電気屋に寄ったり
なかなか楽しかった。
途中、「昔からここに来たかったんだ」と思い、結構感動した。
高校に行ってた頃から、ロンドンは憧れの町だったのだ。
そうしながら、かなり迷いながら、歩いていると、
いつも行くチェーンのネットカフェがあり、入ってメールを書く。
今日外に出たのはメールを書かなければならないと言う理由もあったのだ。
ネットカフェがあった場所の近くに大きな広場があり、
てっきりそこがピカデリーサーカスだと思っていたのだけれど、
後で地図を見ると、トラファルガー広場で、
しかもナショナルギャラリーが隣にあったことに気付く。
その時はどうもおかしいなぁと思っていたのだが、


ピカデリーサーカスがとても広いのだと思っていた。
とことこ歩いていると、ピカデリーサーカス本物に到着。
思ったより地域的には小さい感じだが、お店の数は半端じゃなく多い。
一番初めに目についたタワーに入り、CDを物色。
かなり高い。普通に日本で輸入を買った方が安いという、
とんでもない状況だ。
残念と思いながら、かなりお腹が減っていたので、
バーガーキングでハンバーガーを食べる。
バーガーキングは関西では見たことがないので、
いいだろうと思い入ったのだが、ただのハンバーガー屋だった。
時間も夕方を過ぎていたので、今日は帰ることにした。
いろいろ買いたいものがあったし、途中で気になるお店を見つけたら、
入らなければならないので、これくらいに帰る方がいいっだろうとの判断だった。
案の定、バージンメガを見つけ、入る。ここはセールをやっていて安い。
ラッキーだ。そこそこのCDが1枚1100円くらいだった。
買おうか迷ったのだが、今買っても荷物になるだけと思い、延期。
そこからとことこ歩き、お土産屋で買うTシャツをチェックしたり、
地元のコンビにみたいな所でタイムアウトを買って、ホテルへ戻る。
ホテルでは明日の予定を考え、本を読み、
日記を書き、お金の計算をする。
9時を過ぎたくらいに、晩御飯を駅近くのスーパーへ買出しに行った。
パリでもそうだったのだが、普通にスーパーで買い物をしている自分が不思議だ。
パスタのサラダとパン(安売り一個40ペニーを6個)と
チキンのハムをチョコシェ-キを買い、ホテルへ戻る。
部屋に帰って、晩御飯を食べて、寝る。残ったパンは明日の朝飯だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。