franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、本にはまってます。
2011年02月11日 (金) 09:51 | 編集
子供の頃、本を読むことは大人のいいなりになる事だと思ってました。
大人はみんな本を読め!勉強しろ!って言いますよね。
でも、自分は本を読むってめんどくさかったし、
大人の薦める本は面白くなかったし、
全然本を読む子供ではなかった。
マンガやテレビは当然好きでしたけど。
今思えば、やはりテレビやマンガってのは、
画がメインなので、接するのが楽なメディアなんですよね。
だから、子供向けのものや頭のよろしくない人向けのものが多い。
自分も子供だったし、頭がよろしくないしで、
本を読まなかったのは極自然な流れだったと思います。
と、言っても。
実は教科書は読むの好きだったんです。
物語を楽しむと言う点では小説もドラマも同じな訳で、
そういうのは子供ながらにわかってたんだろうな。

時は経て、おっさんになった今。
本が面白い。
きっかけは女子高生ですよ。
いろいろ話をしてる内に、この子面白いなと。
で、この子の薦めてるものをちょっとかじってみようかなと、
伊坂幸太郎原作の映画を見始めたんですよね。
「ゴールデンスランバー」「チルドレン」
「フィッシュストーリー」「ラッシュライフ」「重力ピエロ」
映画を見て本が読みたいと心底思った。
映画なのに文学をビンビン感じるんです。
表現やら描画を活字で読みたいと思わせられる。
映画では明らかに表現しきれてなくてね。
自分は本をろくに読まない人間ですが、
そう感じました。
そして今、日常的に文庫本を持ち歩いて読んでます。

IMG_0661.jpg

とりあえず、伊坂幸太郎は面白い。
ミステリーなんでプロットとか凄いなと思ったりしますけど、
本当に面白いなと思うのは、
例えば技術的には、
冒頭の情景描写が後々心理描写の前振りになってる事があったり、
その段落の最後の一言で大切なことを全て表していたり、
内容的には少し年を取って自分の学んだこと感じたことが
表現されてて共感したり。
そういう、感じるところって言うのかな。
考えるんじゃなく、感じるんですよね。
その中に詰め込まれたものが心に響きます。
(伊坂さんが同世代と言うのもあると思いますが)

今は伊坂幸太郎を読みあさってますけど、
こんなに面白いなら他の本もいろいろ読みたいなと思ってます。
べたな所では東野圭吾とか道尾秀介とか。
こういう文字の世界が初めてわかって、
なんかこう年甲斐もなく、心がうきうきしてる感じです。
面白いものはたくさんあるんだなぁと。
まだこの本の世界に入って数週間。
これがライフワークになればうれしいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。