franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「GOEMON」を観て来ました
2009年05月27日 (水) 16:12 | 編集
先々週の情熱大陸はウタダの元ダンナの紀里谷和明。
キャシャーンももちろん観て良かったし、
今回のGOEMONもぼんやり観たいなぁと思ってたんだけど、
情熱大陸を見て、絶対観ようと思い直しました。

当然、映画を観に行くのはガーデンズ。
手軽に映画を観に行けるのは至福ですね。
家から車で10分で映画館の目の前へ。
一歩入れば、あの映画館の雰囲気が味わえます。

今回のGOEMONは前知識なしで見に行きました。
石川五右衛門の話だろうから、
泥棒冒険活劇的なものかなと。
細かい感想は後で書くとして、
おおまかな感想としては、すばらしい映画でした。
まずは映像が凄い。
あれは絶対映画館で観るべき映画です。
なんて言っていいのかな、
情熱大陸では実写とアニメの融合みたいな事を言ってたけど、
自分としてはああいうものとして捉えるべきかなと思います。
実写とCGが融合して、一つの世界を作ってる。
これ以上は言葉で説明できるもんじゃないです。
まぁ、キャシャーンと同じ感じ、もしくわグレードアップ版なんで、
そこを踏まえるとわかりやすいかな。
映像に含まれるかもしれないけど、
今回、衣装が半端無く良かった。
出て来る人、出て来る人、衣装が楽しみな映画って初めてだったな。
まじでかっこいいですよ。
ちょっとファッションが好きな人はあれだけ観に行ってもいいくらい。
役者さんについてもよかったと思います。
江口さんの五右衛門ははまり役だと思う。
秀吉の奥田瑛二も雰囲気あったなぁ。
茶々の広末も良かった。
でも、他の人でもちょっと観てみたかったかも。
北川景子とか。
大沢たかおとか橋之助はやはり雰囲気がありました。
おそらくほぼ全編グリーンバックでの撮影だったと思うんだけど、
そういうの出来るのって凄いよな。
自分には想像できないんで尊敬しますね。
ストーリーに関して、今の時点ではノーコメントで。
これは観てのお楽しみですね。
ネタばれがあるので詳しくは後述します。

総じて、素晴らしい映画だったと言って間違いありません。
その証拠にこのブログを金儲けに使うのを嫌がる自分が、
左にブログパーツを付けました。
自分のブログでも宣伝したいと思ったって事です。
これで評価が分かってもらえるかな。
興味のある方は是非観に行ってください。
期待を裏切らないと思います。
興味の無い人は機会があればと言う事で。

以下、ネタばれの感想を書いておきます。























ネタばれって事で、まずはストーリーについて。
そもそも、泥棒活劇だと思ってたんだけど、
和風歴史SFファンタジーだったんやね。
信長をいいもん、秀吉を悪もんにする辺り、
なかなか前衛的な紀里谷さんらしい。
その他の登場人物も実在する訳で、
いろいろ歴史をかじってる人は
すごく面白く観れたんじゃないかな。
ただ気になったのは、この人の映画は2本とも救いがないんだよな。
「ハッピーエンドで、はい、よかったね」って映画がいいとは思わないけど、
なんでこんなに辛い映画を作るんだろうか。
最後のゴリはいらないでしょ。
そこまで客を裏切る必要はないよ。
才蔵が身代わりに死んだだけで十分悲しいんだから。
ドキュメントで本当の意味で人の心に伝えたいと思うんならそれでいいんだけど、
これSFファンタジーですからね。
SFファンタジーはあくまで娯楽だと思うから、
そこのギャップがしんどいなと思いました。
ちょっと批判ぽいけど、より良くするにはと言う事です。
軽い気持ちで観れば、特に気にならないのかもしれないけど。

とても気に入った衣装だけど、ほんとどれも良かった。
五右衛門はもちろん、茶々のドレスなんかも凄くよかったし、
地味に秀吉なんかも凄かったな。
普段着とは対局にあるオートクチュールのショーの服って感じ。
あの衣装を観るだけでも価値があるよな。
衣装を含めて、あの独特の世界観も凄いよな。
イメージ的にはブレードランナーからフィフスエレメントの流れなのか。
個人的には映画一本で終わらせるんじゃなく、
外伝とかいわゆるスピンオフものも観たいねんな。
あの感じを2時間しか味わえないのはもったいない。
それくらい作り込んであるし、評価に値すると思います。

とりあえず、今2回目を観に行けたらいいなと思ってます。
おそらく、また新しい発見あるだろうから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。