franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安楽椅子探偵×2
2008年10月13日 (月) 09:58 | 編集
安楽椅子探偵って有名なのかな?
自分は知ってはいたんだけど、
なかなか見る機会が無くて、
スルー状態だったんですよね。
簡単に説明すると、
ABCで放送してる本格推理ドラマ、
まず、出題編のドラマを放送、
次の週に解決編を放送します。
出題編はまさにこれで犯人を当ててみろって言うドラマ。
これを何度も何度も見て、いろいろ推理し、犯人を考えて、
その答えをABCに応募、当たると50万が貰えます。
解決編は異次元空間で安楽椅子探偵が事件の詳細と犯人を教えてくれる。
番組の最後にはもっとも正解に近い答えをした当選者?を発表と言った具合。
詳しくは、wikiを見てください。

タイトルに×2と書いたんだけど、
これ正に2作連続で見たんです。
前回は2年半前に放送したらしいんですが、
これをDVDに録画したまま、ずっと見ずに放ってたんですよね。
で、今回ちょうど放送があると言う事で、
事前勉強にと見てみた訳です。
これがはまった。面白い。

自分的には推理ものって大好きなんですよ。
火サスや土ワイは数知れず見てますし、
金田一やコナンなんかのマンガ系は読破してますし、
本もホームズ程度は結構読んでたり。
ミステリーマニアまでいうとおこがましいけど、
ミステリー好きではあるんですよね。
で、このドラマはやっぱ、推理魂を揺さぶられる。
「俺が犯人を見つけ出してやる!じっちゃんの名にかけて」
って思ってしまうんですよ。

まず、結果ですが、2敗。
難しいです、いやマジで。
結構何度も見たんだけどね。
自分は名探偵にはなれないな。
何度もドラマを見て、答えを出すなんて初めての経験でした。
テレビって基本的に受動的じゃないですか?
向こうの作ったものを受け入れる的な。
でも、このドラマは自分が考えないと何も生まれないんです。
自分が見て推理して、検証してを繰り返す。
凄く楽しい時間を過ごせました。
こんな挑戦的な気持ちでテレビを見たのは初めてやった。

ここから個人的な反省です。
しっかり見たつもりでも曖昧に見過ぎでした。
何となくテレビを見る癖がついてるんだろうな。
何気ないシーンにヒントが隠れてるんで、
それをしっかり見逃してはいけないんですよ。
そして、先入観は禁物。
何となく犯人の目星を付けてしまうと、
そいつが犯人かの様に思ってしまいます。
これも悪い癖ですね。
常にフラットな目で見ないといけない。
後はやはり、ちゃんと自分の考えを
まとめる作業をするべきです。
メモに書くなりなんなり。
年を取ると経験を基にいろいろ判断するけど、
それだけでは真実に近づけないって事ですね。
でも、これって人生についても同じ事が言えるよな。
次は必ず犯人を当てますよ。
(たぶん数年後だけど)

最後にだけど、このドラマは結局ゲームだと言う事を書いておきます。
と言うのも、この犯人当てに動機は関係無い。
自分は推理ものを見る上で一番重視するのは動機なんですよね。
「何故、人を殺したのか?」そこに人間があるから。
だから、この安楽椅子探偵、感動なんかは一切しません。
その点は少し残念な点ですね。
とにかく、数年後の次回作楽しみにしてます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。