franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニクロの話
2008年07月20日 (日) 11:55 | 編集
こないだユニクロでTシャツを買った話を書きましたが、
またまた今度はネットストアの方でいろいろ買ったんで、
その話を。

とりあえず、ジーパンが欲しくてですね、
いろいろ探してたんです。
まぁ、それほどこだわりがないと言うか、
リーバイス命とかでもないので、
いろいろ見て、いいのがあれば買おうかなと。
で、ユニクロのメールマガジンが来まして、
期間限定で安いと言うので、
見てみたら、まぁ普通の奴だったんで、
とりあえず買っておくかと購入しました。
ネットストアなんである程度買わないと、
送料無料にならないので、
他にもめぼしいものをいろいろ物色し、
購入した訳です。

R0010997.jpg

その中の一つ、こないだも買ったUTのGDCコラボ。

このパッケージどうですか?
なんか良くないですか?
ここにユニクロの凄さを感じます。

そもそもユニクロが出来た時は衝撃的でした。
もうほんとに安い。
それまででは考えられない様な値段だったよな。
そうなると、ファッションにあまり興味の無い人、
つまり安ければ良いと言う人達が飛びついたんです。
始めはそれで爆発的に売り上げを延ばして、
一躍大企業になった。
しかし、ファッションに興味のない人が飛びついた訳だから、
「ユニクロはださい」ってイメージが付いてしまいます。
そして、「ユニクロは街でかぶる」と。
これではちょっと服を気にする人は買えない。
そして、ユニクロは停滞する訳ですね。
この頃、社長が変わったり、野菜作ったり、
迷走してたんじゃないかな。

そして、今ですよ。
「街でかぶる」って事には、
多彩なラインナップで解決してると思う。
こないだ久しぶりに店舗に行ったけど、
ほんと種類がたくさんあるね。
Tシャツなんてどんだけあんねん!って感じ。
もちろんたくさん売れてる訳だから、
多少かぶる事もあるんだろうけど、
恥ずかしいって程はかぶらないんじゃないかな。
アイテム的にも定番ばっかりだから、
知ってる人じゃないとユニクロって
分からないものも多いと思う。

後、決定的なのがブランド戦略ですよね。
ユニクロが安かろう悪かろうって時代は終わった。
佐藤可士和がアートディレクターになって
いろんな意味でユニクロがブランドとして確率されたね。
WEBやCM、ブログや音楽なんかも取り込んで、
ユニクロのイメージが一新されたと思う。
「安いけどおしゃれ」みたいな感じかな。
未だに、全身ユニクロってのはさすがにどうかと思うけど、
「これはどこどこ、これはどこどこ、これはユニクロ」みたいな、
組み合わせで着られて、
なんかそれがちゃんとものを見ていると感じさせてくれます。

経営学部出だから、こういう企業戦略とか好きでいろいろ見てるけど、
このユニクロはちゃんと自分達のウィークポイントを消して、
ストロングポイントを強化してって具合で、
うまくやってるなぁと思う。
こういう変われる企業が残って行くんだろうな。
経営者は柳井さんだったっけ?
凄いなぁと素直に思いますね。

ファッションの話かと思いきや、経営学の話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。