franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランドの達人 改訂版
2008年05月05日 (月) 15:46 | 編集
今年のGWのねた本はこれ、「ブランドの達人」です。
mixiのニュースで見つけて、即アマゾンにて購入。
ネット社会に生きてる感じやね。

R0010781.jpg


このGWはいろんな人と会う事が出来ました。
やはりGWは地方へ行ってる人が帰省するからね。
でも、せっかくの休みに自分と会う時間を作ってくれる人達には、
ほんと感謝してます。
いろんな話が出来て、すごく刺激を受けて勉強になって、
素晴らしい時間を過ごす事ができました。

で、本題ですね。
この友人達との会話の一つのねたになったのが、
この本「ブランドの達人」
簡単に言うとマーケティングの本。
3万人のデータを取って、それを面白く編集してる。
まず、おおまかに9種類のタイプに分けて分析、
そしてブランドごとに~な人と言う事をテーマに特徴を分析してます。

たとえば、自分に比較的近いタイプを紹介すると、
9つに分けたプロファイリングでは
「FREE STAGE」
ー快適で質の高い生活感を実現する事を重視し、
 自分たちの生活がよりよくなる事を望んでる人たち

ブランドプロファイルでは、
「BLUTUSな人」
 様々なことに好奇心がありこだわりがある。
 デザインや機能を重視し新しいものも受け入れる柔軟性がある。
 特徴ブランドは「ゼロハリ」「iPod Shuffle」
 「BOSE」「スターバックス」「情熱大陸」「松本人志」

完璧にぴったりあてはまるのはないけど、結構当たってるね。

今までそれ程自覚はなかったんですが、
こういうの大好きです。
まぁ、市場分析の本なんだけど、
これは結局人間分析でしょ。
一度は心理学を志した人間としてはぴったり。
~を買う人は~を買う傾向にある。
それはこれこれしかじかな理由があってと。
やはり、実際のデータを基に分析してるから、
的確と言うかリアリティがあります。
自分なんかは頭の中での分析で、
空想の域をでないけど、この本はほんとの事が書いてるんで。
最近も暇さえあれば読んでたりするね。
このGWはこの本をねたに話もすすみました。
自分の会う友人はみんな社会人。
みなさん立派に働いてる。
するとこういうのって仕事と全く無関係の人って少ないんですよね。
最終的には何かしら人に繋がってる訳なんで。
楽しく話をするねたになってくれました。

それとはまた別に、自分も楽しんでます。
こういう本を読むとすぐに自分も刺激されて
いろんな事を分析しちゃうんです。
例えば、先日伺った友人の友人のカフェ。
ああいうお店を見るといろいろ考えてしまいます。
このカフェは何を目指してるんだろうと。
立地や内装やメニューを見て、ターゲットになる客層を考えます。
どういう人に来て欲しいんだろうか?
では、その来て欲しい客層の為にどういう方法を取るのか、
宣伝媒体は?サービスは?
そこにどういう意図があるのか。
先日のカフェの場合、ターゲットは若年層の女性もしくわカップル。
カップルと言っても、女性主体ですね。
男っぽい人の行く感じじゃない。
それなら立地的には芦屋で間違いないと思います。
ただやはり駐車場がないのはいただけないかも。
別に何のお店でもそうなんだけど、アクセスがあまり良くないのに、
駐車場がないとどうやって行っていいのかと。
となると近所に住んでる人が主なターゲットになるのかな。
すると、宣伝方法はチラシか。
割引券付きのチラシを近所の家をひたすら投函。
とりあえず割引目当てでも一回来てもらえば、
店の良さは伝わるだろうからね。

ここからは経営学部卒の血が騒ぎます。
周囲の世帯数は?若年層の女性の比率は?
一人当たりの単価は?滞在時間は?
これで採算は合うのか、儲けは出るのか。
ちょっとこれ以上いろいろ書くのは失礼なのでやめますが、
やっぱこういうの楽しいね。
事業計画の検討に近いのかな。
綺麗事と綺麗事じゃない所、
この二つのせめぎ合いは何とも面白いものです。

かなり話がずれましたが、この本面白いですよ。
リアルに会える人には見せますし、
会えない人は本屋で見てみてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。