franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008 J1リーグ 第1節 ヴィッセル神戸 VS FC東京
2008年03月13日 (木) 10:08 | 編集
少し遅くなりましたが開幕戦の話です。

開幕戦はやはりいつもの試合とはひと味違います。
注目は今年の仕上がりや方向性、そして新戦力。
たくさん注目しながらキックオフを待ちます。

R0010461.jpg


ユースケが違うユニを着ちゃってます。

前半、入りは神戸ペースだったかな。
ナミルからいいパスが出たり、
前線の二人のスピードをうまく活かした攻撃がいくつか。
しかし、しばらくすると東京ペースに。
やはり、ボッティがいないと中盤でボールがおさまらない。
結局、セットプレーで失点。
これに関してはサインプレーだったので、
見事にしてやられた感じだったね。
このまま前半終了。

後半は流れを変える為、ボッティと須藤を投入。
やはりボッティがいるのといないのとでは大違い。
完全に別のチームやな。
チームとして機能し始め、チャンスも作り、
こちらもセットプレーからクリのゴールで同点。
このゴールは誠司のキックとクリの嗅覚での得点です。
そのまま、チャンスもピンチも有りながら試合終了。

正直始めからボッテぃがいれば勝ってたと思うけど、
それはかなわない事だから、しょうがないね。
最後のチャンスは決めて欲しかったけど。

開幕戦を見る限り、チームのベースは去年と変わらず、
バックアップの戦力アップと言った感じでしょうか。
ノリオが左サイドに入れば、大きな武器が一つ出来ると思うけど、
まだフィットするには時間がかかるのかな。
とりあえず、嘉人が戻って来て、
新戦力がフィットしてくるのが楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。