franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尼崎・武庫之荘 イタリアン 「Perfavore」
2010年06月27日 (日) 14:25 | 編集
なぜだか武庫之荘にはおいしいイタリアンが何件もあるらしく、
今回はそのひとつに行って来ました。
場所は武庫之荘のメインストリートなのかな?
駅から少し南へ行ったところですね。
実はもうひとつ近くに有名なイタリアンがあるらしいです。

注文したのは2人用のセットのナポリランチ。
では、写真を。

一品目は前菜とスープを選べるんですが、前菜で。

R0013805.jpg

パスタは海老とほうれん草のトマトクリームソース

R0013807.jpg

フォカッチャ

R0013809.jpg

プロシュートのピザ

R0013810.jpg

前菜とパスタに関しては、
まぁまぁと言った感じ。
普通においしいと言う感じでした。
しかし、写真を見ていただければわかると思います。
ここは石窯がありまして、ピザが激うま。
先に石窯で焼いたフォカッチャが出てきたんだけど、
これもかなりヤバかった。
ピザもフォカッチャもマジでうまかったですよ。

後、これにドリンクとデザートで3000円強(二人で)
なかなか満足なランチでした。
やはり、ピザやね。
またピザ食べに行きたいな。
スポンサーサイト
2010W杯予選リーグの感想。
2010年06月27日 (日) 06:48 | 編集
前回4年前のドイツ大会の時は、
毎日軽くレポ書いてましたね。
ちょっと自分でもびっくりw
今回はもちろん見れる限り見てるけど、
なかなか全試合は無理って感じです。
有力国は見てる感じかなぁ。
それでもイタリアとかちゃんと見てないんで、
前大会に比べたらほとんど見てない感じかもしれません。

今回は日本について書きたいと思います。
予想外の善戦に岡ちゃんごめんなさいと言う声は結構聞きますけど、
自分もちょっとごめんなさいって感じです。
でも、完全にごめんなさいじゃないですよ。

ぐだぐだサッカーの上で4連敗、その流れで本大会に望むと言う、
最悪のスタートラインだったと思います。
基本的に岡田ジャパンのサッカーはワーワーサッカー。
とにかくたくさんの運動量で相手を追い回してボールを奪い、
そこから攻撃に移ります。ただ、明確なカウンター戦術は持ってませんが。
それが完全にマイナスに働いたのが4連敗です。
運動量が必要なのにコンディションが悪い。
これでもうしたいサッカーは出来ないんです。
しかし、そこから本大会へ向けて、
良い準備が出来たんだと思います。
それが決勝トーナメント進出に要因になったのは間違いないですね。

カメルーン戦。
上に上がる為には必ず勝たなければいけない試合。
完全にカメルーンが日本をなめていた事、
比較的メンタルに問題のあるアフリカのチームだった事、
そして、その相手に初戦に当たることが出来たこと。
これが勝因だったと思います。
しっかり守ること。カメルーン戦はこれができていました。
阿部をアンカーに置いて、3ボランチに近い形なのかな。
遠藤長谷部が前からプレスを掛けるので、
カメルーンは自由にプレイ出来ず、ストレスが溜まっていったと思います。
そして、本田の先制点。嘉人が2人釣った末の得点ですがw
先制したことで日本は楽に、カメルーンは追い詰められました。
この時点で試合としては勝ちに等しかった。
後は凌ぎきって、勝利ですね。
勝つべくして勝った試合。
全員がハードワークをして、掴みとった勝利でした。

オランダ戦。
正直負けてもいい試合でした。
出来れば引き分けでと言った感じ。
もちろん、最初から勝たないつもりで試合はしないと思いますが、
戦い方として、負けても得失点差を考える様なものでよかったと思います。
現に試合はそういう感じになりました。
粘り強く守備をして、少しのチャンスに掛ける。
結果的に負けてしまいましたが、0-1と言う最小失点差。
(岡崎が最後のを決めてれば完璧でした)
デンマークはオランダに2-1で負けてるので、引き分けでも、
決勝トーナメント進出と条件を得ることに成功。
あまり大したことない様に感じるかもしれませんが、
入れ替え戦の経験を持つ自分たちにはこの価値がわかります。
戦う前から有利なんですよね。
1点取られても1点取ればいい。
逆に向こうは1点取られたら2点取らないといけないんです。
これが3戦目に大きく影響を与えたと思います。

デンマーク戦。
勝てばいいけど、引き分けでもいい試合。
出だしはフォーメーションがおかしくて、少し押し込まれましたが、
修正して、いつもの感じに。
この試合一番のハイライトは本田のFKですよね。
これでゲームが決まったと言っていい。
彼は持ってます。
リプレイみるとニアに行く様に見えるボールが綺麗にファーに行ってる。
技術の勝利ですね。
この1点はただの1点じゃなく、2点分の価値がありました。
デンマークは動揺し、焦りが生まれた様に思います。
そして、遠藤のFK。嘉人がもらったFKですけどね。
あのFKはJ見てる人はヤットならあれくらい入れるなと言う感じ。
ポイントは1点決めてる本田が譲ったことですよね。
チームで戦ってるからあそこで譲れるんですよ。
後、本田の1点目で向こうのGKが平常心を失ったのも大きなポイントでした。
2点差でハーフタイムを迎えて折り返し、
自分はここでもう勝利を確信してました。
この守備で3点取られる訳ないし、
前大会のオーストラリア戦での経験があるから、
動揺してずるずる失点を繰り返すはずがない。
そして、試合を決める3点目がどうしても欲しいなと。
結果、PKを取られて1点差に詰められたけど、
岡崎のゴールで試合を決定付けた感じで終了。
日本が予選リーグを突破しました。

選手別に少し思ったことを書いておくと、
嘉人については左サイドで獅子奮迅の活躍。
得点の起点にもなってるし、
ディフェンスのがんばりも目を見張るし、
素晴らしいの一言です。
後はゴールだけの状態ですね。
松井も嘉人と同じ様に右サイドで躍動してます。
技術があると言うことがどういう事か見せてもらってます。
遠藤もほんと素晴らしい。
コンディションを見事に作って、
ほんと半端ない運動量で前から守備に貢献してます。
遠藤無くして今の日本はないと言えますね。
ひとりひとり言及しませんが、他のレギュラー組も、
素晴らしい活躍だと思います。
控えメンバーはゲームではなかなか活躍出来てないかな?
しかし、決勝トーナメント進出は
サポートメンバーも含めて控え選手あっての事だと思います。
最後に本田。
この選手が決勝トーナメントに連れて行ったと言って間違いない。
カメルーン戦の得点、デンマーク戦でのFK。
彼が日本のキープレイヤーです。
こう言い大会で勝ち上がるチームには、
必ずラッキーボーイが居ますが、
彼がそうなりました。

本大会はほんと素晴らしい試合が続いています。
岡ちゃんはやはり最強のリアリストで、
モチベーターですね。
しっかりスカウティングして、相手の弱点を付き、
選手のモチベーションを上げて、
キツい戦術をやり遂げさせています。
サッカーを見てるものとしては、
あの戦術って卑怯に感じるんです。
体力勝負で、あのサッカーをリーグ戦ですると
けが人がたくさん出てとんでもないことになる。
しかし、これは代表の試合。
ある意味のドーピングサッカーが成り立つんですね。
プロは結果が全て。
自国開催以外で初の決勝トーナメント進出を
素直に賞賛したいと思います。
後、選手たちも自ら判断して動いているみたいです。
(テレビで見る限りベンチからの指示かどうかわからないですから)
試合が始まるとこういう自主性が非常に大事。
デンマーク戦の最後なんかしっかり修正して、
守りきったんだから、素晴らしいですよね。

次はパラグアイ戦。
今までのサッカーをやり切って欲しい。
勝敗は時の運ですから。
My favorite musics #45 「SHOT GUN MARY」
2010年06月24日 (木) 13:31 | 編集
最近何よりもはまってるLucy。
中高時代のヒーロー、Buck-Tick今井寿と、
Hide with Spread beaver や MachineのKiyoshiのバンドです。

2004年頃から2年ほど活動したバンドなんで今更ですが、
たまたまiTunesで聞いて、これはやばいと。
当時、一応聞いてはみたんだけど、
どうもその時はピンとこなかったんだけど、
今更、ど真ん中でw
CDにDVDに買いあさってるに近いかも。

個人的には当然、今井寿のセンスが大好きなんで、
そこが魅力ですよね。
Buck-Tickに比べて、自由にやってると言うか、
悪い意味でのしがらみがないので、
気持ちよく聞けます。
曲を作っても、この曲はBuck-Tickっぽくないからボツとかあると思うんで。
今井寿のポップセンスはこの年になってもほんと魅力的。
それのわかる曲を。



サビとかいいよな。
高校の頃にこういうの聞きたかった。
後普通にギタープレイとかも懐かしいと言うか、
自分はこういうのをかっこいいと思って育ったんだなと再認識。
すごく不思議な気持ちになりました。
他にもたくさんかっこいい曲があるので、
興味がありましたらあさってみてください。
大阪・高槻 ラーメン 「らーめん横綱」
2010年06月24日 (木) 10:43 | 編集
ちょっとご無沙汰してます。
定番店ですね。
実はこないだ行ったんだけど、
まぁ、別にアップする必要ないかとスルーしてたら、
その時連れて行った後輩がまた行きたいとのこと。
ハマったみたいです。
せっかくなんでアップしようかなと。
まずはラーメンから。

R0013644.jpg

もう定番過ぎるんで、
あまり書くこともないんですがw
普通においしいと思います。

一緒にチャーシュー丼

R0013645.jpg

2回目は同じだと芸がないと言うことで、
つけ麺を注文。

R0013801.jpg

R0013802.jpg

これに関しては悪い意味で普通でした。
おいしいと言えばおいしいんだけど、
ほんとそれだけと言うかね。
最近スーパーで売ってる「つけ麺の達人」とか食べるんだけど、
そのレベルかなと。
そう言えば、横綱もスーパー用のつけ麺を出してるそうですね。
それ食べてればいいかな。

おまけで餃子で。

R0013800.jpg

何回行っても思うけど、
いい意味でも悪い意味でもチェーン店と言うか、
定番店と言うかそういう感じです。
コメントしにくい感じですw
iPhone4予約完了
2010年06月17日 (木) 09:14 | 編集
遅くなりましたが、iPhone予約完了のエントリーです。
昨日、予約開始日の次の日ですね。
ほぼ朝一でソフマップ神戸へ行って来ました。
理由はポイントが付くかもしれないって事と、
一括支払いをソフカードでしたいなと言う事です。
まぁ、金銭的な理由です。

店についたら先客が2人予約作業中で、
すこし待って、無事完了。
時間は10分ほどだったかな。
結構あっさりでびっくり。
発売日に手に入りそうか聞いたら、
おそらく無理でしょうとの事。
前日に結構予約が入ったらしいです。
まぁ、前日は仕事で時間がなかったんでしょうがないですね。

gallery01-20100607.jpg

一応これでiPhone使いになる事が決定しました。
楽しみですね。

予約完了後は、iPadを触りに。
こないだは見ただけだったんで。
ここでも書いてる通り、
自分には必要ないと思ってるし、
結構冷め気味で騒動を見てたんだけど、
実物を触ってみると衝撃が。
これめっちゃいい!欲しい!と。
一番良いと思ったのはサクサク感でした。
あの操作感があれば非常に快適にいろいろできる。
ウェブブラウズもツイッターも。
マルチタスクに対応した時点で、
ほんとパソコン代わりになるかもね。
普段パソコンでする事はこれで全部できる。
テレビとか見てる人は、
テレビ見ながらこれいじりながらとか最高じゃないですか?
ツイッターでコメント見ながらテレビとかいいと思うなぁ。
ジョブスがプレゼンでソファーに座って操作してたけど、
あのスタイルがベストですね。
あんまり外で使う類のものではない感じがします。
今母艦パソコンを持っているライトユーザーさんは、
これ買うのいいかも。
ほんと、普段する事ってiPadひとつで済む気がする。

116149690.jpg

ちょっと話がそれましたが、iPhoneですね。
まぁ、iPhoneは小さい強化版iPadなんでほんと楽しみです。
次の話題はアクセサリーですよね。
バンパーとDockは買おうと思ってるんですが、
ケース系はどうしようかなぁ。
Dockに刺さらないと困るし、
様子を見ると言っても発売日にはなんらかのケースは欲しいし。
今の懸案はこれです。
イヤフォン系も新調したいなぁ。
本命はApple in-earだけど、出来れば黒が欲しいしね。
この辺もちょっと悩み所です。
まぁ、こういうの悩んでる時間が最高に楽しいんですが。

と言うことで、次はゲットエントリーでしょうか。
またお会いしましょうw
iPhone4買います。
2010年06月11日 (金) 16:29 | 編集
何か書き忘れてるなぁと思ってたら、
iPhoneのことでしたね。
月曜の深夜に発表されました。
個人的には待ちに待ったiPhoneです。

gallery03-20100607.jpg

スペック的にはいわゆるメジャーアップデートと言うことになると思います。
CPUも液晶もカメラ(&前面カメラ)もデザインも全てアップデート。
車で言うフルモデルチェンジですよね。
細かいスペックに関しては公式のHPを見てもらうとして、
個人的なポイントを少し。
まず、液晶は大きなポイント。
アップルのプロダクトに美しい液晶はやはり必須かなと。
そして、カメラ。
500万画素だったっけ?
まぁ、画素数は置いといても、
HD動画が撮れるのは魅力ですよね。
静止画もサンプルを見る限り綺麗にはなってると思うので、
ありがたいですね。
後は一番重要なCPU。APPLE A4だったかな。
なんと言ってもサクサク感は一番大事だから、
このアップデートも見逃せません。

で、買うかどうかですが、
ツイッターでつぶやいた通り、買います。
決定事項です。
色も黒ですね。
結構迷ったんだけど、やはり黒かなと。
ケースはどうしようか悩んでますが、
これには一つ秘策があるので、
それはまたいつか書こうと思います。

買うと決めると、実はここからいろいろ考えないといけないことが増えてきました。
まず、買い方ですよね。
新規か買い増しか、一括か割賦か。
一応、メアドを変えなくていいので、
買い増しすることに決めました。
で、問題は一括か割賦か。
これはかなり悩んでます。
割賦はいろいろめんどくさいんですよね。
毎月いくらになるのかうだうだ考えるくらいなら、
ぱっと払っちゃおう的な感じです。
ただ、自分の場合N82の割賦が残ってるんで、
それもとなると10万円とかになっちゃいます。
こないだMBP買ったばかりでこれはキツいなぁと。
とりあえず、保留ですね。

次にどこで買うか。
どこでも一緒なんだったら、
近所のソフトバンクショップにしようかと思うんだけど、
確実に手に入れられるかどうか不安です。
ポイントが付いたりするのなら、
大手量販店で一括も十分考えるんだけど、
まだ情報が無くてわかりません。
これも情報を得てからになるのかなぁ。

予約開始まで後4日。
こっから情報戦ですよ。
久しぶりにがんばりたいと思います。

次は予約完了エントリーでお会いしましょう。
2TBのHDDを買ってデータのお引越し
2010年06月09日 (水) 13:51 | 編集
MBP購入に伴ないまして、
500GBのHDDではデータ用、バックアップ用として、
明らかに足りなくなってしまいました。
Timemachineだけで最低で500GB必要なので、
データストック分がなくなっちゃうんです。

外付けなので、特にこだわりもなく、
定番的なものを買おうと調べましたら、
WesternDigitalのが定番っぽいので、
それとソフマップでセットで買えば安くなる
センチュリーのケースを購入です。

R0013782.jpg

このセットでお値段12000円弱。
2TBがもうこの値段で買えるんやね。
ちょっと前まで1TBで1万円のイメージだったんだけどな。

購入後はさっと組み立てて、データの移行。
まずパーティションを
TimeMachine用800GBとデータ用1.2TBの2つに分けて、
TimeMachineのバックアップを実行。
そして、バラバラになっていたiTunesのデータをひとつに統一。
これ8時間かかりましたw
データ量が極端に大きいMoviesフォルダを横にどけて、
iTunesMusicのフォルダをそのままMBPのiTunesフォルダに上書き保存。
これで音楽ファイルはMBPに集約。
音に関しては外でいくらでも聞ける様に。
後は動画や写真なんかのデータを移動させて終了です。

現在デスクトップには外付HDDが3台、パーティション分けてるんで、
5台分のHDDアイコンが並んでます。
とりあえずって感じで何も考えずにでかいHDD買って、
データまとめて、整理したんだけど、
これ、明らかにストレージ多すぎ。
こんなに要らない。
と言うか、内蔵HDDを500Gにして、
1TBのTimeMachine用の外付HDDがあれば十分でした。
ちょっと失敗だったかなぁと思ってます。
とにかく、もう一度データの整理をして、
500Gの方はどっか引取り先を探そうかな。
で、ちょっと必要そうなら、
内蔵を7200の500GBへ換装してもいいかなと思ってます。
今までストレージが足りなくて、
いろいろ大変だったんだけど、
実はそれほど必要ないと言うか、
実は内蔵HDDが足りなかっただけだったんだなと認識しましたね。
もうちょっとデータ量と置き場はどこが最適かを考えればよかったなぁ
我が家に赤ゴルが来た。
2010年06月07日 (月) 19:12 | 編集
かなり久しぶりにゴルフエントリーですね。
タイトル通り、うちに赤ゴルがやって来ました。

20100607191モザ

妹の友人が車を乗り換えると言うことで、
おふるをいただいたんです。
まぁ、お礼や修理費などなど掛かってますが。
とりあえず、速報的にエントリーでした。
詳しい話はまた改めて書きます。
西宮 つけ麺 「さくら製麺」
2010年06月07日 (月) 17:23 | 編集
オープン当初はちょこちょこ行ってたんですが、
ある程度行くとなかなか行く機会が減ってしまいます。
この日はちょうど手っ取り早くつけ麺が食べたかったので、
久しぶりに行きました。

以前の経験からここでは定番の醤油つけ麺を注文。
量はがんばって大盛りにしました。

R0013789.jpg

久しぶりでしたが、おいしかったですね。
まぁ、べたな魚介豚骨つけ麺なんだけど、
そう言えばこういうのって案外食べる所がないから、
逆に新鮮だったかも。
一緒に行った友人もなかなか気に入ってくれた模様。
またちょこちょこ行きたいと思います。

ちなみにこの日は朝までマックコースでした。
いい年して、我ながらよくやるよなぁ
2010 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選 ヴィッセル神戸 VS 横浜Fマリノス
2010年06月07日 (月) 02:24 | 編集
ほぼ消化試合と言える感じ。
勝利よりも何か未来が見たいとスタジアムへ。

この日のスタ飯もメキシコ料理のところで
タコライス(最後の一個でした)にしました。

R0013784.jpg

タコライスってどんなんだろうと思ったんだけど、
ご飯にミンチにレタスにサルサソースですね。
そう言えば、昔一回食べたことがある気が。
チーズが入ってなかったかなぁ。
味的にはちょっと微妙だったかも。
まずいとかじゃないけど好みではなかったですね。
パンでも買って、こないだのチキン盛りと一緒に食べるのが一番かな。

で、試合ですが、メンバー的にサプライズはなんと言っても三原のボランチ。
前にボールの出せるボランチが必要だとずっと思ってたんで、期待大です。

R0013786.jpg

正直眠かったのでボケーッと見てました。
お互いにぐだってて、特に感想もない感じでしたよね。
直接FKをポポが決めて、先制。
後半向こうに狩野が入ってゲームが動きだし、
1点取られて同点で試合終了でした。
三原の動きだけが注目ポイントだったんだけど、
これはなかなか良かったと思います。
センスのあるボランチの動きでした。
パスも出せるし守備もできるし。
単純に守備だけで言えば、亮輔の方が上だと言えるんだけど、
パスセンス含めたボランチの総合力を考えると、
三原も十分な力を持ってると思います。
お互い切磋琢磨して、どんどんレベルを上げていって欲しいですね。
次は予選最後の湘南戦。
完全に消化試合なので、
次につながる戦力の発掘でもしてもらえればと思います。

と言うことで、これで次の湘南戦を最後にW杯中断ですか。
W杯関連はまた別エントリーしたいと思います。
芦屋 フレンチ 「Cuisine Peri亭」
2010年06月04日 (金) 03:48 | 編集
先日、満席で撃沈したPeri亭へ。
今回はちゃんと予約して向かいました。

お得なAランチかちょっと贅沢Bランチか迷ったんだけど、
せっかく来たんだしね、ちょっと豪華に
オードブル付のBランチでいきました。
では、写真をいってみましょう。

まずオードブル。
仔牛タンのサラダ風

R0013773.jpg

野菜と田舎風パテ

R0013776.jpg

メインは、
乳飲み仔牛の◯◯◯(失念。すいません)

R0013780.jpg

牛スネ肉のポトフ風

R0013781.jpg

これにパン、スープ、ドリンクですね。
当然おいしくいただきました。

やはり、このお値段でこういう料理が食べられるのは貴重です。
平日の昼に出かけられる状況に感謝したいと思います。
また近いうちに行きますよ。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んだ
2010年06月03日 (木) 09:04 | 編集
初めに一言。「なめてました。すいません。」

一応有名な本なので、
タイトルは知ってたし、
当然この表紙も知ってました。

hものもの

むしろこの表紙で知ってたと言うべきか。
ドラッカーに関しては名前を聞いた事があるくらい。
経営学部出身なのにはずかしいですね。

で、この本、やはりみなさんが思う通り、
よくある難しい経営学系の本をわかりやすく解説する本だと思ってました。
はっきり言うと馬鹿でもわかる様に、
読みやすい低レベルな物語に載せて、
「わかりましたかぁ?」って最後に書くような。
基本的にそういう本って嫌いなんです。
本気で勉強するなら、こういう本選ばないでしょ?
だから、全く期待なし、
とりあえず冒頭だけ読み進めて行ったんですよね。

冒頭のブロックはまさに経営学を意識したものでした。
ああやっぱこんな感じかぁと思いながらも進めると
これはまんざらではないぞと。
で、1章で熱いものがこみ上げて来ました(一回目)
これは買おうと言うことでiPhone版を購入。
一気に読み込んで、計3回熱いものがこみ上げましたかね。

ドラッカーの組織論をうまく物語に入れ込んで、
しかも、しっかり大切な伝えたい事が入っている。
「なめてました。すいません。」って感じです。
まだ読んでない方がたくさんいると思うんだけど、
ビジネス関係に興味のある人は読んでみる事をおすすめします。
iPhone版は800円。安いもんです。
以降、ネタバレありで。














この物語の最初に訪れるポイントは「真摯さ」のくだりですよね。
経営者にとって、絶対に無くてはならないもの。
ここで主人公は涙を流す訳ですが、
これは著者の方も同じ経験をしたんでしょう。
そして、自分も感じる所がありました。
日々生きてますと、
真摯に生きるって事が結構難しいことだとわかると思います。
誰にもわからないからって、
楽したくなる事も
ずるしたくなることとか誰にでもありますよ。
でも、出来ない。
それをしちゃうと自分じゃなくなるから。
で、こういう事って決して他人から評価される事ってないんです。
他人にはわからないことなんで。
このドラッカーはそこを評価してくれたんですよね。
真摯に、真面目に熱心に生きて来たことを認めてくれた。
それは涙が溢れ出す十分な理由になると思います。

次のポイントは教師が
「わざとフォアボールを出す選手はうちにはいない!」と叫んだ所。
これは誰の目にも明白な通り、この言葉で甲子園に行くと決まりました。
物語の最大のポイントなんだけど、
ここにドラッカーの付け入る隙はないんです。
いくら組織論云々かんぬん言っても、
結局、答えは人間なんです。
いくらいい道具があっても使うのは人間なんだと言うこと。
そこをしっかり描くあたりはさすがだなと。
積み重ねた思い、うまくいかなくて、苦悩の日々があって、
でも、前に進みたくて、その魂が開放された場面。
涙無くしては読めません。

最後のポイントは主人公の苦悩。
大事なのはプロセスなのか結果なのか。
プロセスがあって結果がある訳だから、
実は同じことなんだと自分は思うけど、
友人の死に遭遇して混乱する主人公は、
答えを見いだせない。
そして、ラスト。
結果が出たことに対して笑おうとするんだけど、
大号泣するんです。
これまた、結局そこには人間の感情があると言うことですよね。

ドラッカーの経営学とかどんな感じ?って事で読み始めたんだけど、
結局、最後は人間なんだなと思わされました。
そして、自分もそれが真実だと思う訳です。
いくら論理でガチガチに固めても(自分はそういうタイプの人間ですが)
それが絶対的なものではないってことでしょう。
だから、人生面白いと。
ちなみに、ドラッカーのマネジメントって本は面白そうです。
自分が学んだことや感じた事
(もちろん知らない事や感じられていない事も)が整理されて、
ひとつの本になってるのかなと。
実際読んだ訳ではないので、
すべて肯定できるものなのかわからないけど、
読む価値のある本なんだろうなと思いました。
また機会があれば読んでみたいと思います。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。