franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神戸・生田川 うどん 「丸亀製麺」
2009年08月31日 (月) 10:31 | 編集
サッカーの前はチェーンのセルフうどんの店で。

醤油うどんとちく天とげそ天

R0012878.jpg

R0012876.jpg

まぁ、チェーン店なんで普通ですね。
ただ醤油うどんでうどんの底に
水がたくさん溜まってるのはどうかなと。
ちゃんと水切りはしとかないと最後水臭くなります。
この辺はしっかりしとけよとは思いましたね。

で、このエントリーを見ていただいた方にどうでもいい情報を。
ここ最近どうしてもつけ麺が食べたい!と思っていまして、
この日の帰りに神戸の有名店、「弘雅流製麺」へ寄ったんです。
そしたら休みの夜と言う事で結構並んでました。
外に10人以上居たかな。
まぁそんな並んでまで食べる必要ないと言うことで帰りました。
そして、昨日仕事終わりでまたまたつけ麺が食べたいと言う事で、
今度はいつもの虎一番へ行ったんですね。
席に座って、周りを見渡すと、
弘雅流製麺と背中にでかく書いたポロシャツを着てる人が。
「昨日行ったんですけど」とか
「ちょっとここで作って欲しいんですが」とか、
言ってしまいそうになりました。
まぁ、ここはよく麺野郎の人も見るんで、
横のつながりがあるんですね。
弘雅流製麺には近い内に行けたらなと思います。
スポンサーサイト
2009 Jリーグ 第24節 ヴィッセル神戸 VS 浦和レッズ
2009年08月31日 (月) 09:31 | 編集
現在3連勝、4試合連続無失点と絶好調。
堅守速攻をベースに良いサッカーが出来てますよね。
和田さんが監督になってベースを以前のサッカーに戻して、
三浦監督になって漠然としてたものがはっきり整理された感じ。
これはちょっと本物の匂いがします。

試合前はこんな感じ

R0012880.jpg

R0012881.jpg

またホームジャックでした。
まぁ、浦和サポはやっぱ凄いです。
自分も浦和サポならゴール裏にいるんだろうな。

ちょっと早く行ったんでアップ見てたんだけど、
やっぱこの2人が同じチーム、
しかも神戸に居て、ダブルボランチ組んでるのって、
むちゃくちゃ凄いことだと思います。

R0012885.jpg

メンバー的には誠史が怪我で右にカンジョ左にボッティ、
右のサイドバックはガクトがアップで怪我したのでビッツでした。

R0012886.jpg

前半、本当にあっと言う間に吉田孝行がゴール。
ナミルが奪ってカンジョからスルーパスだったかな。
うちがどうこうより、浦和さんがやばい感じでした。
トゥーリオが居なくてどたばたしたんかな。
それからも基本神戸ペースだったと思います。
浦和はパスは回すけどゴールに迫って来ないんで、
怖くないんですよね。どっかで網にかかる。
そして、左サイド、ボッティから完璧なクロスを孝行が触って2点目。
あのクロスは絶妙でしたね。キーパーとDFの間で、孝行にぴったり。
今の神戸はボッティ抑えられたら、かなりやばいね。
前半終了前に、エスクデロにドリブルで持ち込まれてゴール。
2-1で折り返しです。

後半、ナミルが怪我をして、どうするのかと思ったら、
テルを左サイドバックに投入、亮輔がボランチへ。
かなり守備的な交代。
高原にヘッドを決められて同点。
あれは高原の入り方が完璧だったし、ボールも完璧だったんで、
しょうがない類いの失点でしょうか。
負ける気はしなかったけど、点取れるかなぁと思っていると、
セットプレーから点取り屋河本が決めてサイド突き放し、
そのまま、守り切って3連勝です。

まぁ、妥当な結果だったかなと思います。
ラッキーなゴールも妥当なゴールもあって。
浦和さんはちょっと問題ありですよね。
守備が・・・
攻撃もゴールに向かわないからあまり怖くないし。
このままではちょっと厳しい気もします。
神戸に関してはとりあえずこんな感じで行くでしょう。
怪我人がちらほら出て来て、
これまで通りのサッカーは出来るか分からないんで、
ここからどういう風になって行くのか。
三浦さんが守備的になり過ぎない様にして欲しいな。

後、どうしても三浦さんと松田さんを比べてしまいます。
同じ4バックのゾーンディフェンスだけど、
三浦さんの方がすごくシンプルにやってる感じ。
松田さんはボールの位置でポジショニングを修正してたけど、
三浦さんはとりあえずゾーンに戻る感じ。
どちらが高度な守備かと言われれば松田さんなんだろうけど、
サッカーするのは人間だからね。
選手はシンプルな方にやり易さを感じてるんじゃないかなと思います。
それは特に難しい事を考えなくていいので、
その分、選手の神経が攻撃に守備にとシンプルに向けられるんじゃないかなと。
松田さんのサッカーは難しい守備がベースにあるので、
攻撃に入る時、どうしても守備の事が頭から離れないから、
思い切ってやりたい様に攻撃出来ないのかもな。
本当の意味でレベルの高い選手が集まれば、
最高に機能するんだろうけど、
まだまだサッカー後進国の日本のリーグだから、
結果が出るのは三浦さんなんだろうなと思います。

と言うことで、次は一週はさんでガンバ戦ですか。
ここで本領発揮となって欲しいですね。
怪我人は戻って来れるかなぁ

最近買った本を3+1冊
2009年08月29日 (土) 08:39 | 編集
まず1冊目は「Real Design」って雑誌

R0012873.jpg

この手の雑誌はまぁ必ずと言っていいほど、
ちらっと見るんですが、
買うことはほとんどありません。
monoマガジンみたいなのと違って、
デザイン系の雑誌は
リアリティが無いものが紹介されてる事が多いんですよね。
見て、「へぇ」って思うけど、買って家に帰りたいとはあまり思わない。
しかし、今回のこの号はちょっとびっくりするくらい、
マストバイでした。
まず、特集が「My iPhone」
自分はtouch持ちで、
もうすぐ発売されるであろう新型の購入も視野に入れてるので、
いろんな人がどんなアプリを入れて、
どうiPhoneを使いこなしているのか気になります。
面白そうなものがあればもちろん参考にしたい。
第2特集が「黒い道具」と言うことで、
黒いいろいろなモノが紹介されてます。黒好きにはたまりません。
第3特集が「1泊2日のスマートキャンプ」
いろんなアウトドアグッズが紹介されてて、
旅好きにはたまりませんよね。
その他、記事を見てみると、
今一番欲しいカメラの「OLYMPUS PEN」、
Pを愛用してる「SONY-VAIO W or P」、
吉田カバンの人のインタビューがあったり、
極めつけにアップルのノートブックのカタログも。
これは俺の為に作ったのか?と本気で思います。
パラパラとめくって、もうレジに歩いてたね。
まだ隅々までは見てないんだけど、
一通り見た限りではいい感じ。
これからボチボチ見て行きます。

次は藤原ヒロシ氏の愛用品を紹介した本、
「Personal Effects」

R0012870.jpg

以前書いた様に、
普段からハニカムってサイトを見てるんだけど、
その購読料のつもりで買いました。
藤原さんはいろんなことをしてるけど、
個人的にはセレクターってのが本職だと思うんで、
ある意味、この本は彼の真骨頂なんじゃないかなと思います。
中身はなかなか面白かったです。
知らないものもたくさん見れたし。
ただ、やはり高過ぎる。
100点のプロダクトを写真で紹介しただけで2600円ほど。
自分はサイトの購読料とも考えてるのでまぁ払えたけど、
純粋にこの本だけでこの値段を出せる人は金持ちだろうな。
本屋でちらっと見る事をおすすめしますね。

最後はエリカの旦那、高城剛氏の新刊、
「サバイバル時代の海外旅行術」

R0012869.jpg

高城さんのことはここで何度か書いてるけど、
やはりこの人はこういう本を書くことをメインの仕事にして欲しい。
この本は今行動力のある人間のするべき海外旅行を提案してます。
旅の情報はどこから仕入れるのか、
何を持って行くのか、
どういう旅をするのか。
個人的にはやはりフォロワーになりますね。
この人の書いてる事がすべて正しい正確な情報だとは思わないけど、
道筋は間違ってないんじゃないかなと。
自由な海外旅行が好きな人は読んで損はない本だと思います。
で、これを読んでこの人はコミュニケーション能力が高いなと感心しました。
伝え方が上手いんですよね。
以前紹介した「Life is journey」のビデオの様に。
後、あとがきにもしっかり周りへの気持ちが伝わる文章を載せてます。
センスがあると言えば一言で終わりなのかもしれませんが、
こういうスキルは学びたいなと切実に思いますね。

おまけでちょっと前に買った雑誌もひとつ
日経プレジデントの700号(今知りましたがw)
「迷いが晴れる歴史・古典入門」です。

70c6290246.jpg

これ一ヶ月くらい掛けて全部読みました。
スゲーコストパフォーマンスの高い雑誌でしたね。
いろんな歴史物から現在のビジネスにおけるヒントを探してます。
三国志系も戦国時代系も幕末明治系も全部面白く読めましたね。
こういう中身のある雑誌っていいよな。
またいいのを見つけて買いたいと思います。

と言うことで本の話でした。
気になるものがあれば是非どうぞ。
とりあえず、Snow Leopard入れてみました
2009年08月28日 (金) 15:51 | 編集
今日、到着したんで、

R0012865.jpg

早速入れてみました。

スクリーンショット(2009-08-28 15.39.30)

10.6と言うことで。
ファーストインプレッションですが、
ちょっとやばいかも。
とりあえず、FirefoxのFLASH PLAYERがおかしいような。
後、細かいところでちょこちょこかわってますね。
使い易くなってるんだろうか。
ちなみにスピードが早くなってるらしいんだけど、
まだ実感できてませんね。
とりあえず、第一印象はこんな感じで。
またしばらくしたら改めて感想でも書きます。
北野坂のスタバ
2009年08月28日 (金) 14:24 | 編集
ペリ亭の後は神戸へ。
栄町の飛行機グッズの雑貨屋を堪能した後は、
こちらのスタバへ。

R0012860.jpg

北野のスタバは異人館なんです。
以前、カンジョがブログで紹介していて、
その後、シゲさんが行ってナミルと遭遇したと言うスタバですね。
異人館の一つを借りてるか買い取ったかで、
スタバになってます。
隣に駐車場もあるし、気軽に行けます。

ちなみに中はこんな感じ。

R0012861.jpg

中もそのまま異人館。
調度品なんかも普通にあります。
やはり、すごく雰囲気があるんで、
この辺りに来た時はおすすめ。
ただメニューは別に普通なんだけどね。
この日は平日の昼だったけど、普通に混んでました。
ちょうどお茶タイムだったってのもあったんだろうけど。
ちなみにちょっと暑くてへろへろ気味だったんで、
マンゴーティーフラペチーノがむちゃくちゃうまかったですよ。
芦屋 ビストロ 「Cuisine Peri亭」3回目
2009年08月27日 (木) 16:44 | 編集
すいません、3回目です。
おいしい料理が食べたいと思った時、
一番最初に思いつくのがこの店なんですよね。
友人を誘って行って参りました。
今回はちょっと贅沢をして、オードブルの付いたBランチで。

オードブルは「ホタテとクスクスのサラダ」

R0012850.jpg

スープは「ビシソワーズ」

R0012853.jpg

自分のメインは「地鶏もも肉のパテ エピスソース」

R0012856.jpg

友人は「豚バラ肉のロティ」

R0012858.jpg

R0012857.jpg

後は、ドリンクで。

今回も非常においしくいただきました。
オードブルは初めて食べたんだけど、
もう一品追加って感じで満足度高いです。
今回はホタテとクスクスのサラダってことでしたが、
やはりおいしかったな。
下のクスクス(世界最小のパスタらしい)と
真ん中のホタテと上の香草と
バルサミコのドレッシング、うまかった。
メインの地鶏のパテ(パン粉焼き)はしっかり肉厚な地鶏で、
ソースもおいしい。
付け合わせのネギのローストもおいしかったな。
まぁ、バナナはご愛嬌と言うことでした。
友人の豚バラのロティもちょっといただいたけど、
これまたおいしかった。

今回も満足度大でした。
ここはオードブルもメインも
いくつかの中から選べるんだけど、
いつも悩むんですよね。
で、今回はこれにして、
次はあれだななんて言ってます。
だから、当然また行きますよ。
ちなみにこの日は1時過ぎからの
遅い時間帯に行ったんだけど、
満席ではありませんでした。
平日ならこんな感じで当日予約でも大丈夫みたいやね。
これがかなりお気に入りのCM
2009年08月27日 (木) 15:42 | 編集
まずどうぞ。



SMAP→SOFTBANKのCMですね。
始まったのが今月の1日みたいなんだけど、
ここ数年、まともにCMを見ない生活をしてるんで、
気付くのが遅れました。
昨日電機屋で改めて、長いバージョンを見たんだけど、
正直、これだけCMを気に入ったのは初めてかもしれません。
何度も何度も見てるかな。

このCMの魅力は一言で言うとオールスター感ですね。
SMAP×SMAPとか一切見ない自分は、
SMAPが全員揃ってる姿ってまぁ見ないんですよね。
だから、揃ってるだけで実は物珍しかったりします。
もちろん揃ってるだけでオールスター感な訳じゃないですが。
まず、この設定。
行進しながら踊る訳です。
これで思い出させるのはGメンでしょ。
自分もよく覚えてないんだけど、
並んで歩くだけでオールスター感が出ます。
雰囲気もラスベガスのホテルのイメージらしいんだけど、
この豪華な感じもオールスター感を演出してます。
ファッションもみんな同じ様で違う。
髪型着こなしをみると統一感の中にも個性がうまく表現されてます。

そして、このCM最大のハイライトは、各々の踊り。
有名な外人の振り付けみたいなんだけど、
この踊りってそれほど難しくなさそうですよね。
だからこそって言ってもいいのかな、
同じ踊りなのに5人5様になってるんですよ。
ちょっと各自の踊りに注目して見てみてください。



これ60秒の長いバージョンなんだけど、
ほんと一人一人違うでしょ。
例えば、振り返り方とかカモンの時の仕草とかみんな全然違う。
ダンスってかっちり揃った魅力もあるけど、
こういう各々の個性を全面に出したものを魅力的です。
5回、ひとりひとりの踊り注目して見ていただきたい。
ほんと個性が出ていて面白いんですよ。
とりあえず、吾郎ちゃんの踊りは必見です。
様々な個性を持ったメンバーが集まって踊りながら行進。
それはもうオールスター感の塊ですね。
なんか見てるだけで楽しい気分にさせてくれます。

最後にワイドショーで紹介された奴を。
これの最後の予告のCMもちょっと面白いね。

旅配信見て、旅気分
2009年08月26日 (水) 03:57 | 編集
ここ数ヶ月のマイブームはニコニコ生放送。
前にも書いたと思うけど、
面白い素人の生放送は、プロの作った番組の数倍面白いね。
雑談放送やゲーム実況とかいろいろちょこちょこ見てるんだけど、
今回紹介するのは旅配信。
お盆は過ぎちゃったけど、
社会人も大学生も夏休みを使って旅配信してる方がいて、
それを毎日の様に見てるんです。
いろんな人がいろんなところへ行っていて、
疑似体験させてくれます。
ドライブして、観光地に行って、おいしそうなものを食べて。
放送主さんに寄っては、観光地もご飯も全部放送していて、
なかなかの臨場感。
正直、プライバシーがないのかって位ずっと放送してる人も居ます。
放送主の方に寄って、雰囲気が大きく変わって、
正直、気持ち悪い放送も多々あるんだけど、
いろいろ探せば自分に合う放送もあると思います。

これ以上は実際見てもらうしかないと思うんで、
とりあえず、興味のある方は是非どうぞ。

ニコニコ生放送に入って「車載」で検索すれば、
昼間にはひとつくらいはやってると思います。
気の合う放送主さんと旅気分を味わうのは、結構楽しいですよ。
うまくコメントすれば、自分の行って欲しいところに行ってくれたりするしね。
MacOSX 10.6 Snow Leopard 発売日決定
2009年08月25日 (火) 08:25 | 編集
0908snowleo_box.jpg

こないだちょこっと書いたSnow Leopardだけど、
突然発売日が決定しました。
しかも、28日って急ですね。
当然、予約しました。

今回はどこで予約するか悩んだんだけど、
大して額も変わらないんで、
大本営のアップルストアで注文です。
たまにはね、普通に買いたいなと。

肝心のSnow Leopardの内容だけど、
正直、ほとんどよくわかってません。
早くなるのは間違いないと思うんだけど。
これからちょっと調べてみようと思います。
自分にとって最高の青春映画「波の数だけ抱きしめて」
2009年08月21日 (金) 05:29 | 編集
誰しも青春時代に影響を受けた映画ってあると思うんだけど、
自分もそれなりにあります。
でも、たくさんあるかと言われるとそれほどでもない。
自分のこのブログのタイトルにいただいた、
「フランケンシュタイン」なんかは、
影響を受けたと言うより、
自分の生き方の目標みたいなものとリンクしたって感じだし、
キューブリックはただただ感心してしまう感じ。
わかりやすく、もっとも影響を受けた映画といえば、
「私をスキーに連れてって」ですよね。
あの遊びの感覚は一番影響を受けたと言っていい。
時代は違うんだけど、そういうの関係なく、
何が楽しいのかってのはいつの時代も変わらないんじゃないかな。
お金の問題はあるけど。

で、今回のタイトル「波の数だけ抱きしめて」
これも「私をスキーに連れてって」と同じの製作者、
ホイチョイプロダクションが作っています。
公開は1991年、舞台は1982年だったかな。
自分が初めてみたのも96年とかその辺だと思う。
全くもって時代がむちゃくちゃですが、
最近無性に観たくなったので探しました。

で、探して見るとあっさりDVDの発売をしていないとの情報が。
そういえば、「私をスキーに連れてって」はDVD化した時に手に入れたけど、
「波の数だけ」は発売されてなかったことを思い出しました。
洋楽の権利関係に問題があるんじゃないかなとの憶測らしいです。
確かにお金出して権利を買ってもおそらくこのDVDは大して売れないだろうから、
赤が出ちゃうのかもしれないね。
ということで今回はYouTubeにて鑑賞です。



この映画を簡単に説明すると、
大学生が湘南でミニFMをやる話。
観た時に面白くなくなるので、細かい内容は控えます。
この映画の魅力って何かと考えた時、
ちょっと説明が難しいんですが、
がんばって書いていこうと思います。

まず、シンプルに音楽。
82年当時の夏の洋楽とユーミンが全編に渡って流れます。
この映画の雰囲気を作ってると言って間違いないですね。
ユーミンも普段は聞かないけど、
こういう映画で使われると最高です。

次にミニFM局って設定。
これも音楽とつながるんだけど、
ミニFM局っていいですよね。
自分で好きな音楽を好きに流せる訳です。
(本当は権利関係でいろいろありそうですが・・・)
趣味でやるには本当に楽しそう。
自分も選曲は大好きなんで、普通にあこがれます。

一番魅力的なのはミニFMって設定とかぶるけど、
このキャストたちのライフスタイル。
大学生で幼馴染のバイトしてるお店でたまって、
ミニFMを主催してて。
時間があってたっぷり遊んで、うらやましい限り。

ストーリー的にも結構面白いです。
個人的には遊びを仕事にするプロセスって言うのかな。
そういうのには非常に興味があります。
広告代理店って言う典型的ななんでも商売にする仕事は、
やっぱ楽しそうだなと思ったり。
もちろんキャストのバランスなんかもいいよね。
キャラがちゃんとそれぞれあって、
うまく役割分担されててね。
中山美穂も織田裕二もいい感じですよ。

とにかく、叙情的でありながら、
ビジネス的な面白さもあり、
憧れのライフスタイルを見せてくれる
この映画は、自分にとって最高の青春映画です。
興味があればぜひ観て欲しいと思います。
つうか、早くDVDを出してください。

勝利の後はスタミナ丼
2009年08月20日 (木) 10:20 | 編集
この日のサッカー帰りは、
行きつけのカルピ丼のスタミナ亭。
勝利の祝いってことで、スタミナ丼800円にしました。

20090819063.jpg

20090819062.jpg

地鶏とカルピのコラボレーションですね。
当然おいしくいただきました。
写真見てたら、また行きたくなるなぁ。
2009 Jリーグ 第22節 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズ
2009年08月20日 (木) 10:14 | 編集
現在首位の鹿島との対戦。
正直鹿島に勝った覚えがあまりなくて、
ちょっと調べてみると前に勝ったのは2004年。
この頃ちょうどブログを始めた頃で、
こんな感じで書いてました。
キングがまだ居ました。
今では立派なガンバのスーパーサブも活躍してたんやね。
なんかこうやって昔を振り返るのも悪くないかも。

で、この日も5年前に勝利した日と同様にシゲさんと観戦ですね。
時間はギリギリに到着して、Tシャツを購入後、スタジアムへ。
なんだか凄く混んでました。
何があったんだろうか。

メンバーは嘉人がもどって来て、
ボッティが右サイドへって感じですね。
ガクトは初ホムスタだったのかな。

20090819060.jpg

開始1分経たずに向こうのミスからのスローインを、
嘉人が決めて先制。
こんなに早い先制は初めてかもね。
その後も鹿島がどうもおかしくて、神戸ペースでした。
ボッティの突破から嘉人に合わせたのと、
ガクトのクロスからのチャンスは決めて欲しかったな。
あれをどちらも決められないと上位はキツい気がする。
前半の後半は鹿島ペース。ほんとさすがですね。
主力が何人か休んでる上にあまり状態がよくないのに、
それでもえぐいコンビネーションでゴールに迫って来ます。
たまたま決まらなかったけど、
いつ決められてもおかしくなかったな。

後半も鹿島の攻撃と神戸の守備からカウンターって展開。
もちろんピンチもあったけど、
右サイドバックにテルが入ってからは、
守り通す感じになりましたね。
結局、守り切って試合終了。
首位鹿島から勝ち点3いただきました。

ポイントはやはりテルの投入でしょうか。
あれで守るって意識が統一された感じですよね。
ただ時間帯が早過ぎる気がします。
高さへの対策とダニーロ新井場対策ってのはわかるんだけど・・・
三浦俊也って監督は超リアリスト確定です。
勝利(勝ち点)の為には手段を選ばない。
これがこの先どうなるのか、楽しみです。
次は大分です。
行こうかと思ってたんだけど、辞めましたが、
必ず勝利を。この試合は勝たないといけないと思います。
久々のマック関連で、来月2つの噂が
2009年08月18日 (火) 05:27 | 編集
久しぶりにアップル関係のエントリーですね。
VaioのPを買って以来、
正直あんまりガジェット関係で欲しいものって無いんです。
これだけ小さくて使えるPCがあれば、
あんま他に欲しいと思わないってのが正直なところでしょうか。
だが、しかし。
ついに大きな噂が二つ出ましたね。

一つ目は、予想通りの新型iPod touch
こちらはもう噂を通り越してる気もします。
ほぼ確定っぽい感じ。
基本的にはiPhone 3GSの通信機能無しバージョンですね。
カメラ・スピーカー・マイク付らしいです。
自分の持ってる初代からすれば大幅なモデルチェンジ。
なんつってもスピードが上がってることが一番魅力かな。
さくさく動けばやはり魅力ですよね。
基本的には音楽鑑賞、ムービー鑑賞、写真鑑賞に使ってるんで、
その辺の基礎スピードが上がってくれたらありがたいです。
後、地味に期待してるのがカメラ。
このカメラかなり優秀だって知ってましたか?
サンプルを結構見たんだけど、かなりいけてます。
普通のデジカメレベルには写ってる印象です。
ちょっと撮りには問題ない感じでした。
重要なお値段は16G/199$ 32G/299$ 64G/399$らしいです。
容量的には16でも問題ないので、さくっと買ってしまうかも、
2万ちょいですから。
ただ、以前も書いたけど、
これソフト自体は今使ってるのと同じなんですよ。
だから、基本的には同じことが出来る。
スピーカーとマイクとカメラとスピードにお金が出せるかですよね。
その辺はちょっと微妙なとこなので、熟慮する必要があるかな。

もうひとつはずっとずっと昔から噂のある、マックタブレット。
今回も噂ですが、結構具体的な話が出てきています。
本当かどうかわからないってことを前提に、
10インチほどの液晶で80Gと160GのHDD、
一見今までのFinderで、iPhoneのアプリを動かせるモードがあるとか。
やはりでっかいiPod touchの様なイメージでしょうか。
値段は10万円ほどだったかな?
こちらは正直まだ微妙です。
MacOSの動くコンパクト機ってのはほんと憧れの存在ですが、
タッチパネルの操作性だとか、
リアルMacOSとの互換性だとか、
純粋にPCとしてのスピードとか、
そういうのをいろいろ鑑みないと、
なんとも言えないですよね。
一番気になるのは文字入力かな。
タッチパネルで文字入力ってたぶん使いにくいんじゃないかと。
今typePで打ってるけど、キーボード的なものは、
やはりこれくらいサイズがあって、
独立してないと、長い文章入力は厳しいと思うんですよね。
またとんでもないアイデアを出してこられたら別ですが、
自分の使い方には今のところちょっと難しい気がしてます。
どうせデザインとかで絶対欲しい!!!とか言いそうですがw

ということで2つの噂でした。
touchはマジで来月出るのは間違いないでしょう。
タブレットはどうでしょうか。
とにかく、どちらも購入検討することは間違いないので、
また発表されたら詳しく書こうかな。
神戸・大石 讃岐うどん 「小麦の実り」
2009年08月17日 (月) 08:39 | 編集
サッカーの試合帰りはどこに行こうかいつも悩むけど、
この日は盆で道が混んでて高速も渋滞と言うことで、
麻耶で高速を降りて、2号線沿い大石駅辺りの小麦の実りでうどんを。

ぶっかけ大と

RIMG0017.jpg

かしわ天

RIMG0018.jpg

ここのうどんは柔らかめで腰のあるタイプですね。
がつんと堅い麺じゃないです。
普通においしくいただきました。
かしわ天もまぁ普通においしい。
説明が難しいですね。からあげの様なものです。
ここのお店ってまぁ言っちゃうと普通なんですが、
それでいいよなと思います。
近くを通ってご飯に困った時は是非どうぞ。
2009 Jリーグ 第21節 ヴィッセル神戸 VS サンフレッチェ広島
2009年08月16日 (日) 05:33 | 編集
三浦監督の初采配。
単純にどういう感じでこの先行くのか注目ですよね。
今年唯一のユニバー開催と言う事で、地味に花火も楽しみでした。

RIMG0007.jpg

RIMG0008.jpg

広島からたくさんのお客さんでホームジャック状態でした。

メンバーは柏戦をほぼ踏襲。
嘉人の代わりにボッティで、ナミル復帰ですね。
亮輔ガクトの両SBは変わらずと、
三浦監督の和田さんへのリスペクトを感じるスタメンでした。

RIMG0009.jpg

前半からいい守備で確実に守れてました。
前線からいいフィードがでない様にチェックして、
そこを抑えてるので、効果的な攻撃をされない感じ。
基本的には4バックのゾーンだから、
自然とこれまで通りのサッカーが出来てる感じでしょうか。
ただやはりワンタッチでちょっと繋がれると、
ボロが出てたけどね。
神戸はいつになればああいうワンタッチで、
繋いでゴール前に迫るシーンが見られるんだろうか。
攻撃に関してはまぁまぁと言った印象。
ボッティが前である程度自由にボールを持ててたんで、
チャンスは比較的作れてたけど、
シュートやゴールとなると、なかなか難しい感じかな。
セットプレーのチャンスは多かったんで
悪くないんだけど、良くもないと言うか、
最後の何かが足りない。
まぁ、嘉人がいなかったって事なのかも。
前半はそんな感じで終了です。

RIMG0014.jpg

ぜっかくの花火は照明とかぶってこんな感じに。残念。

後半も基本的には同じ様な展開です。
ツネ様からヒデに交代、カンジョが吉田へ交代、
誠司が楠瀬に交代だったかな。
点を奪えずにこのまま終了ですね。

注目だったのはやはりガクトでしょうか。
右サイドバックとしては十分合格ですね。
守備はそれなりに、攻撃は効果的にやれてました。
いいクロスも何本も入ってましたよね。
ビツよりもドリブル出来る感じなのかな。
右足自体はビツのが上だと思うけど。
ほんと激しいレギュラー争いが始まる予感です。
左の亮輔に関しては、物足りない感じです。
守備に関しては心配ないんだけど、
やはり効果的な攻撃が無いんですよ。
そういう選手じゃないんでしょうがないんだけど、
もう一つ成長して欲しいと思います。
茂木にももう一つ上を目指してもらいたい。
守備もよくするし、スペースを作る動きだったり、
よくやってるのは間違いないんだけど、
ゴールへの姿勢がまだ足りない気がする。
常にスピードで裏を狙う様なスタイルも見たいなぁと。
そしたら、相手のラインも下がって、
バイタルが空いてって展開も期待できるかなと。
まぁ、次の三浦監督の一手に期待したいです。

次は続いてホームで鹿島ですね。
まずは無失点を期待したいと思います。
My favorite musics #43 「The Lovers Are Losing」
2009年08月12日 (水) 21:28 | 編集
ミスチルエントリーの後で申し訳ありませんが、
今自分の中で旬な曲です。
おそらく、今一番好きなバンド「KEANE」の曲ですね。
これいつ出たんだろ。去年かな?
洋楽ってまめに新譜をチェックしたりしないんで、
気付いた時に聞くって感じになるんですよね。
これも広島に行った時、友人が新譜の話をしてて、
そうか出てたのかと気付きました。
それからしばらく経って、iTunesStoreで見つけて購入です。
では、1曲どうぞ。

The Lovers Are Losing



やはりKEANEはいいですね。
このポップ感はなんなんやろね。
個人的にはこういう曲って日本でバカ売れしても
おかしくないと思うんやけどなぁ。
ほんといわゆるロックファンしか聞かないよな。
歌詞が日本語なら売れるんやろか?
よくわかりません。
で、ちょっと今オリコンのランキング見たんだけど、
知らないアーティストばっかりだった。
マジでびっくりしたな。
ただ1位はB'Zでしたが・・・
周りにB'Zファンって一人もいないんだけど、
誰が買ってるんだろうか。
名古屋へ行った理由は?
2009年08月08日 (土) 20:49 | 編集
更新が遅れましてすいません。
まぁ、いろいろありまして現在に至ります。

ここの更新をしてすぐ出発しました。
水曜の深夜1時頃ですね。
阪神高速→西名阪→名阪国道→東名阪→伊勢湾岸道で名古屋到着。
4時半頃だったはずです。
で、今回の目的はこれでした。

R0012844.jpg

R0012843.jpg

話は5月末にさかのぼります。
ミスチルファンの友人といわしやにうどんを食べに行ったのですが、
その時にちょうどミスチルのライブの日で、
当日券の発表があるとのことだったんです。
もし当たってたら、ライブに行く予定だったんですよね。
残念ながら外れてしまったんですが、
その時の友人の落ち込み様が半端ない感じで・・・
次は手伝うよと言う話をしたのであります。
で、今回は名古屋の日本ガイシホールでの振替公演で、
残念ながら前日の当日券も外れたと言う事で、
最後の最後の賭けで当日券を求めて現地に赴きました。

到着は4時半頃、そこから開演前までひたすら待ちです。
8月の日中に並ぶってちょっと不安だったんだけど、
この日は曇りで風があって、非常に快適でした。
こんなに快適でいいのかって思うくらい。

R0012845.jpg

で、結局当日券は手に入らず、開演を迎え、
どうにもこうにもやりきれない気分だったんだけど、
会場から漏れる音を聞くという、音漏れ組に参加。
つうか、外でも普通に聞こえるんですね。
開始30分後くらいから、音のみでライブを堪能しました。

Mr.childrenってシングルはよく耳にするし、
いいなって思うけど、アルバムをがっつり聞いたり、
ライブに行ったりするほど好きって事はありませんでした。
実は昔ファースト出た時にちょっと聞いてたんですけどね。
ポップでああいうバンドは居なかったんで、気に入ってました。
音楽の趣向がマニアックに進むに連れ聞かなくなって来たんだけど、
年をとって、いろんな音楽に触れて、
このライブを聞くと「素晴らしい」の一言でした。
名古屋まで来て良かった。
簡単に言うとロックですよね。
魂を込めた音が聞こえる。
こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、
ドラマの主題歌やCMソングではこの良さは伝わらないと思う。
曲自体の良さは伝わっても、
このバンドの持ってる力は見えないだろうなと。
もちろん自分も見えてなかったなと。
新発見でした。
後、この日のライブを聞いた限りでは
自分の大好きなピアノロックでした。
友人によるとライブのサポートに小林武史氏が居て、
ピアノを多用するらしいです。
これもよかったな。

一曲置いておきます。
これみたら良さがわかるはず。



ライブ後はさっさと帰宅。
2時ころには帰ってたかな。
で、ですね。風邪ひきました。
人ごみが悪かったのか。
更新が遅れたのは一日中寝てたからです・・・
そして、起きたらノリピーが・・
三浦俊也監督就任
2009年08月05日 (水) 20:58 | 編集
また突然びっくりしました。

先週、柏戦をテレビで見てて、
和田監督の初勝利は恥ずかしながら、
目から汗が出る始末。
いろんなことがあっての初勝利。
和田さんの現場への思いや、
松田さんのサッカーへの回帰、
神戸のサッカーとは?なんて思い出した勝利でしたから。
この勝利をきっかけに前を向いて、
残留へひたすら進んでもらおうと思っていたのですが。

この前のエントリーで和田さんには、
監督としてちょっと物足りないって書いたんだけど、
それが現実になった感じなのでしょうか。
和田さんがヘッドコーチ、三浦俊也監督就任の運びとなりました。

三浦さんの印象はやっぱ札幌の2年間ですよね。
正直昇格は厳しいかなと思った札幌で、
強固な守備を構築しJ1昇格、
J1ではまともな戦力では戦えず、
どうしようもなく降格と言った感じでした。
大宮の時も昇格はあっさり出来たけど、
J1で上位を目指すには物足りない感じだったかな。

まずは和田さんの処遇ですよね。
しっかりしたビジョンで和田さんのケアをして欲しい。
念願の監督業だったと思うし、初勝利後の交代だったから、
一歩間違えればクラブを離れるって事にもなりかねない。
自分が神戸を見始めた時からずっといる人なんで、
大切に扱ってもらいたいです。
監督後にヘッドコーチと言うことなんで、
まだ現場でいろいろ勉強出来ると思います。
これを活かして、GMとしても監督としても成長してもらえれば
神戸の大きな財産になりますね。

三浦監督に関しては、やはり期待してます。
がっちりゾーンディフェンスで、
CB4人並べるイメージなんだけど、
神戸ではサイドバックには攻撃させて欲しい。
左はともかく、右にはビツもガクトもいるんだからね。
やはり、昨年の札幌よりいい戦力が揃ってるんだから、
より上のサッカーを見せて欲しいと思います。
まずは2週間で広島戦ですね。
広島でのリベンジを是非お願いしたいと思います。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。