franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京旅行 2008冬 3日目
2008年01月31日 (木) 19:15 | 編集
この日はもちろん城の引退試合。
ついでに横浜を堪能しようと、
朝10時頃に出発です。
まずは横浜駅まで。そこから関内へ行き、中華街を目指します。

歩き始めると見えるのが、これ。

R001015540.jpg


横浜スタジアム。
普通に公園っぽいところにあるんやね。
広島市営球場もこんな感じに近かったっけ?

そこから、中華街へ。

R001016140.jpg


R001016440.jpg


昼ごはんはこれ。

R001016540.jpg


愛群と言う店の牛バラ煮込みご飯
むちゃくちゃうまかったね。
一応ネットで調べて行ったのに、
全然並んでなくて不安だったんだけど、
そんな不安全くいらなかったな。
また行きたいと本気で思うくらいおいしかったです。

続いて、山下公園を通って、

R001017340.jpg


R001017140.jpg


関内駅へ戻りました。
ここから地下鉄で三ツ沢へ。
駅を降りて、15分くらいで着いたかな。

スタジアムに入って、席に着き、写真をパチパチ。

R0010191.jpg


前座のゲームも面白かったし、なかなか楽しく過ごせたね。
やっぱ、中山ゴンはすごいですよ。
あの人はエンターテイナーやなぁ。
サッカーできなくても問題なく生きていけるね。
試合はまぁ、ゆるくて楽しい感じでした。
当然城に点を取らせようとやってたね。後半は特に。
結局は3点取って、めでたしめでたしでした。
それにしても、やはり引退試合なんてものはいろいろ考えさせられます。
自分と年もそれほど変わらないのに、あれだけの功績を残して、
あれだけ有名なメンバー彼のために集まる訳です。
すばらしいことだなと思うね。
自分もあの場にいれたことはよかったなと思います。

R0010214.jpg


実はこの日も最後は寒さにやられまして、さっさと帰りました。
晩御飯は板橋駅周辺民御用達の大衆中華料理屋「味香春」で
海鮮焼きそばとチャーハンのセット

R0010220.jpg


海鮮焼きそばは俺でも作れる味でした。
しかし、チャーハンはうまかった。
チャーハンはまた食べに行きたいと思うね。

つう事で3日目は終了です。
この時点で4日目の予定はまだ決まってません。
どうなるんでしょうか。
スポンサーサイト
キリンチャレンジカップ2008 日本代表VSチリ代表
2008年01月30日 (水) 15:31 | 編集
岡田ジャパンの初めての試合。
オシムジャパンからどの様な変更を入れるのか、
そこをポイントに見ていました。

注目の2トップは高原と巻。
中盤はいつものメンバーに、
DFは右のサイドに内田を起用。
こういう感じでしょうか。
残念ながら嘉人はサブだったな。

試合はまぁこんなもんだろうと言う感じでしたね。
岡ちゃんは前監督の急病からの就任、
非常に難しかったと思います。
しかも、予選が近くて作り直しが出来ないわけだからね。
オシムのサッカーをベースにどのくらい変化を与えられるかといわれると、
正直大したことはできていない印象だった。

つまらない寒いという声が回りから聞こえてきたけど、
サッカーを普段見ない人はそう思うだろうな。
でも、オシムサッカーからどう脱却進化するかというのを、
中心に見ると非常に興味深い試合でした。
前半にいくつかパスをつなげて攻撃したシーンがあったけど、
あれはまさにオシムのサッカー。
おそらく、あのサッカーをベースに考えてるんだろうね。
安易に縦ぽんはしないぞと、繋ぐぞと。
守備に関してはやはり中の2人任せではありましたか。
岡ちゃん的にはある程度やられたことがあっても、
最後の所では必ず止める自信があったんだろうね。
リスクを犯して攻撃するスタイルで行くなら、
最後の砦は強くないといけないでしょう。
中沢はいつもの強い中沢だったけど、
ちょっと阿部は見直したな。
すばらしい読みで相手のチャンスを潰してました。
彼が計算できると強いね。

後半、15分辺りだったかな。
ついに待望の嘉人の登場です。
しかもファーストタッチでシュートまで。
すばらしい。
その後もしっかりチャンスにからんで得点の香りがしてました。
シュートは結局4本だったかな。
残念ながら入らなかったけど、
才能は十分見せたし、後は細かい精度の調整だけでしょ。
次のゲームは必ず点を取ってくれると思います。

ところで、今回の代表のゲームはちょっと感動してしまいました。
プロフィールでも書いてる通り、ヴィッセルを見る様になったのは、
代表の応援の延長線なんです。
日本代表のために地元チームを応援しようと。
数年経って、結果代表より地元チームを応援するようになってしまいましたが、
その代表への気持ちみたいなのが復活した。
自分のチームで活躍した選手が代表に呼ばれて、
日の丸と背負って戦う。
これはリアルに自分が日本代表につながってるって事を感じる事が出来た。
素直に幸せな気持ちになったな。

つうことで実はこれからボスニアヘルツェゴビナ戦です。
今日は嘉人がトップ下で先発との情報もあるので、
非常に楽しみ。
国立に行ってきます。
東京旅行 2008冬 2日目
2008年01月30日 (水) 15:06 | 編集
2日目です。
この日のメインは当然代表戦。
前日あまり寝られなかったこともあったので、
昼過ぎに出発。
まず、一個人にてチェックしていたラーメン二郎へ向かいました。
ここはパンチのあるラーメンだという事は認識してたんだけど、
時間も2時を過ぎていたし、夜ご飯もいつ食べられるかわからなかったんで、
豚入り大の全部のせに挑戦。

R001014650.jpg


まじでこれは凄かった!!!
右上の黄色いのはにんにく。
真ん中のキャベツっぽいのは油のかたまりなんです。
お腹は減ってたので、はじめはいいペースで食べてたんだけど、
半分くらいで既に苦しくなってました。
ほんと、最後はよく食べたなと思うくらい苦しかった。
ラーメンを食べてこんなに苦しい思いをしたのは始めて。
自分には残すという文字はないので、
なんとか食べたけど、次はおそらく断念するだろうな。
それくらい凄かった。罰ゲームでした。
おすすめというか、一度は経験するべきだなと思います。

続いて、原宿へ。
この夜のサッカー観戦、テーマは防寒です。
ありえないくらい寒いことは目に見えていました。
なので、パタゴニアで手袋を買おうと思ってたんです。
手袋なしで、1月夜の国立はありえないなと。
つうことで、原宿駅から歩いて、渋谷方面へ。
実はもう一つの目的地、バートン直営店

R001015050.jpg


を通って、パタゴニアへ。

R001004150.jpg


まぁ、神戸と同じ様なもんですよね。
で、早速手袋を見たんだけど、黒がない。
店員さんに聞くと直営店ではもう全て売り切れたそうです。
手袋なんてたくさん置いておけよと。
1月なんだからまだまだ需要はあるし、
そんなリスクがある訳じゃないでしょ。
なんて、えらそうなことを思いながら、
結局の所、買う必要があるので、
グレーのを購入。ついでにステッカーも買って3900円でした。

ここから国立へ向かうんだけど、まだ時間も4時頃。
あまり早く行き過ぎてもしょうがいないんで、
原宿から表参道を通って、青山を通って(マクドに寄って)、
神宮外苑を通って、国立競技場へ。
変な行き方をしたので、正面玄関を通り、

R001015250.jpg


スタジアムの中へ。

R001015350.jpg


まぁ、去年行ったばっかりなんで、
あまり感動もなかったね。

試合は別エントリーで

試合中からもちろんだけど、
死ぬほど寒くて、もう体がおかしくなってたんで、
とりあえず、ニューヨークカフェで休憩。
クラムチャウダーとベーグルで生き返ったなぁ。
(写真を撮る余裕はありませんでした)

後は帰宅で就寝です。
ほんとやばいくらい寒くて、寒いしか思わなかったな。
手袋が無ければ、前半で帰ってたかもしれません。
東京旅行 2008冬 1日目
2008年01月26日 (土) 11:15 | 編集
東京寒過ぎ。
やって来ました。
前に行ったのが10月末だから、
3ヶ月ぶりか。
もっと経ってる気がするけどね。

飛行機が12時過ぎの便だったんで、
出発は9時半頃だったかな。
母親の仕事のついでに阪神尼まで車に乗せてもらって、
そこからエアポートリムジンで関空へ。

R001011230.jpg


とりあえず、チェックインをして、
空港内をうろうろ。
ユニクロで手袋とか帽子をか買おうかといろいろ物色したけど、
あたたかくないかもと思ってやめたり、
本屋で空き時間に読む本を買おうかと思ったけど、
関空で買う必要もないかとやめたり。
関空から飛行機に乗るのは7年ぶり。
国内線は初めてなんで、
とりあえず、中に入って見てみようかと
サブウェイでサンドイッチを買って、
さっさと中に入りました。

ここはレンゾピアノの設計だったかな。
一番上の階の出発ロビーが有名と言うか、よく見る光景だけど、
この国内線の出発ロビーもいい感じ。

R001011430.jpg


で、これに乗って東京へ向かいました。

R001012230.jpg


そして、機上の人へ。

R001013530.jpg


いやぁ、この飛行機マジで揺れました。
自分は子供の頃よく乗り物酔いをしてたんだけど、
完全に思い出したね。
高度を下がると同時に耳だけじゃなく頭までいたくなるし、
厳しかったな。飛行機大好きなのに。

羽田に着いて、とりあえず妹と待ち合わせの為に品川へ。
実は妹は入れ違いで実家に帰るんで、
東京一人暮らしなんです。
で、マクドで時間を潰し、妹と合流。
鍵を貰って、遅くて早いご飯をいつもの品達で。

今回は新店があったので、行こうと思ったのに行列。
4時頃だと思うんだけど、平日のこの時間に並ぶって、
東京恐ろしす。
で、せたが屋と言うダブルスープの店でつけめんを食べました。

R001014330.jpg


麺アップ
R001014130.jpg


正直あまり期待してなかったんだけど、
うまかった!
とりあえず、ここでは一番やね。
おすすめなんで是非行ってみてください。
ちなみに横で雑誌の取材をしてました。

この後、あまり寝てないし疲れてたんだけど、
思い切ってアキハバラへ。

戦利品

R001014530.jpg


このワンセグチューナーはウィンドウズでもマックでも使えるのに、
3480円と激安。
こっちにいる間、録画と言うのが出来ないんで、
急遽購入と言った感じでした。
WinMac両方使えるし、安いし、いい買い物かな。
これでこっちにいる間、MacがHDDレコになってくれます。
microSDはデジカメに使ったり、
USBメモリ的に使ったり出来るので、
余分に持っておきたいとずっと思ってたから、
買いました。
トランセンドの2Gで2200円ほどかな。
かなりアキバを歩き回ったけど、やっぱ楽しいね。
ネット通販の有名店が軒並み路面店を出してるから、
いちいちチェックしてたな。
なんか完全にお上りさん状態でした。

家に帰って、なんとかワンセグのセットアップだけをして、
疲れて爆睡でした。
今日はこれから池袋→原宿→国立と回る予定です。
チョコポテトを食べてみました。
2008年01月25日 (金) 02:49 | 編集
R001011130.jpg


これ最近CMでよくやってますよね。
じゃがりこみたいなポテトスティックに、
チョコが掛かっているらしい。
「甘みと塩みがたまらない」って事で、
塩キャラメルみたいなミスマッチ系が流行ってるので、
その流れですね。
柿の種チョコ的な感じか、
はたまたチョコパフ的な感じか。
早速、食べてみました。

R001011030.jpg


うぅぅぅぅん。
まぁ、こんなもんじゃね。
基本的に普通においしいです。
ちょっと普通過ぎてびっくりかな。
あまり塩味がしないんですね。
すると、よくあるスナック菓子
にチョコをコーティングしたあれと同じです。
期待し過ぎたかな。
でも、自分が食べたのが外れかもしれないし、
食後に食べたので塩味が薄く感じたのかもしれないんで、
もう一度、確認の為食べてみたいとは思ってます。
My favorite musics #014 「Flipper's Guitar」
2008年01月22日 (火) 11:44 | 編集
自分の中でPOPの最高峰はこのバンド「Flipper'sGuitar」
こういう音楽をポップと言うんだ!と言えます。
この人達自体は予備校ブギ?ってドラマで主題歌になって有名になったのかな。
一応、当時から知ってはいたんだけど、
完全にノックアウトされたのは忘れもしない、受験の時だった。
当時の大学紹介のテレビ番組で使われてたのが、
この「Flipper'sGuitar」の曲で、その音源を探しまくったな。
曲名も分からず、何枚かCDを買って、やっと1枚目に入ってる事が分かった。
この「Flipper'sGuitar」の1枚目は自分の中でも最高に近いアルバム。
今でもたまに聞くし、いつでも口ずさめるね。

当時はピチカートとかと一緒に渋谷系って呼ばれてたんかな?
解散して、小山田君はコーネリアスになって、
オザケンはソロになったね。
当然、どちらのCDも持ってます。

紹介したかったのは、「恋してるとか好きだとか」って曲なんだけど、
YouTubeにはなかったんで、これを。
もちろんこの曲も大好きなんで。

「ピクニックには早すぎる」


このビデオはなかなか凄いね。
当時このスタイルはおしゃれでした。
今でも面白い映像だし、ありと言えばありかもね。
ちなみに自分はこういう感じのファッションではありませんでしたよ。

後、もう一曲

「Friends Again」


この曲は後の方になるのかな。
これもいいですね。

もしこの辺の曲を気に入ったなら、絶対1枚目のアルバム、
「Three Cheers for our side~海へ行くつもりじゃなかった」
を聞いてみてください。
大満足できると思います。
後はこのバンドって形態を変えて行くので、
ベストなりシングルズなりを聞いて、
気に入った時期のアルバムを聞くのがおすすめですよ。
東京旅行計画 2008冬 その2
2008年01月21日 (月) 15:43 | 編集
いよいよ、週末にせまって来ました。
サッカーのチケットも無事入手して、
東京での代表の試合を楽しみたいね。
横浜では中田英が見られたらいいのにな。

R0010103.jpg


で、最後の東京ということで、あれこれ考えてます。
とりあえず、テーマは「がっつりべたな観光」に決めた。
今いろいろ行くところを考えてます。
基本的にはJRかメトロの一日乗り放題券を買って、
ぐるぐる回る感じで。
・六本木ヒルズ
・東京ミッドタウン
・お台場
・浅草・浅草寺
この辺は行こうと思ってる。
後、上野の西洋美術館はコルビュジェだから見たいかな。
月島とか築地とか下町も興味があるね。
もう一つ、東京からの日帰り旅行として、
鎌倉や湘南なんかに行ってみたい気もしてる。
なんか、あの雰囲気を味わってみたいなぁと思ったり。
今度いつ行けるかわからないとどこも行きたくなって悩むな。
ちなみに横浜でサッカーを見る日もついでに観光もしようと思ってます。
山下公園?とか中華街には行かないと。

食べ物に関しては全くと言っていいほど決まってないです。
ラーメンの本しか見てないからラーメンのことばっかり調べてる。
後はどうかなぁ。
ほんと、いろいろありすぎるねんな。
と言っても、行きたい所と絡めてご飯は食べるから、
まずは行くところを決めないとあかんよな。難しい。
月島とか築地なんかそれで決まりなんやけどね。

後、荷造りもしないとね。
いや、荷造りって実は面白いよな。
旅のスタイルってのがこれで決まるでしょ。
今話題の高城さんなんてリュック一つで海外回ってるって言うし。
どこで何をするか?それに寄って荷物が決まる。
今、一番考えてるのが、Macを持っていくかどうか。
1日2日ならいらないんだけど、
1週間近くなると必要かなと思って。
持ち歩くのにレッツは必須だから、
2台持っていくのも馬鹿馬鹿しいなと思うし、
レッツじゃなくtouchでネット端末にはなるんじゃないかと思うし、
むちゃくちゃ贅沢で馬鹿な悩みやけどね。
おそらく、全部持って行く気がしてるけどw
これに関してはまた別エントリーでも書こうかな。
ほんと、こういうガジェット系の荷物はなんか楽しいねんな。

つう事で、現時点での予定でした。
もう1週間切ってるのに、いい加減やね。
でも、あまり決め決めで行くのもどうかと思うんで、
こんな感じでいいかな。
もう少し下調べだけはしとこうかなと思ってます。
My favorite Musics #013 「Jun Sky Walker(S)」
2008年01月21日 (月) 07:34 | 編集
正直言って、このバンドを紹介するのは非常に恥ずかしい。
若い頃、はまったバンドはいくつもあります。
その中でジュンスカは一番と言えるくらい大好きでした。
髪型を真似したり、純太と同じタイプのギターを買ったり、
高校へ通う自転車にはジュンスカのステッカー自作して貼ってたな。
当時から薄々感じてたけど、ロックバンドって2種類あります。
一つはしっかりした音楽性や個性を持っているバンド、
もう一つは初期衝動タイプで若く勢いのあるバンド。
BOOWYやBUCK-TICKは前者で、ジュンスカは後者。
はっきり言うと、後者の初期衝動タイプのバンドは長生きできません。
勢いはあっても、中身が無いから。(中高生が聞く音楽って事です)
スタイルを変えるなりしないと、ファンが年を取ると飽きてしまうんですね。
かく言う自分もその一人でした。
高校3年の時にはもう聞いてなかったもんな。

それでなんで今このバンドを紹介するかと言うと、
再結成したんですね。
これは自分には微妙です。
解散して、それぞれが別の道を行き、
その経験を活かして再結成ということだと納得なんだけど、
今回の再結成ってどうも同窓会とか昔の名前で出ていますって感じ。
当時のファンが年を取って、金を持ったから、
ハイエナ達が再結成を促したんじゃないかと言う様な雰囲気がある。
R35のヒットとかとかぶるねんな。金の匂いがして、ちょっと嫌な感じ。

と言っても、自分の青春時代の音楽。
間違いなく彼らの音楽が自分の中にあります。
それは変わらない事実だし、
もちろん胸を張って言える事だから、ここでの紹介しようと思ってね。
この曲でジュンスカにはまりました。
「すてきな夜空」

最近のモバイルの話
2008年01月20日 (日) 14:37 | 編集
先週かな、前にここで欲しいと書いたEeePCが具体的に発表になりました。
そして、MacBook Airも発表。
ここに来て、モバイルが面白くなって来たね。

まず、話題のEeePCの話を。
b2b.jpg


やっと国内発売が決まりました。
スペックは4GSSD・XP・4GBのSDが付いてで49800円
こういう商品って日本だと無駄に高くなる事が多いんだけど、
今回は正当な価格で発売になります。
スペック的にはやはり最新のものには劣るものの、
そこそこのレベルを維持。
レビューみたいなものを見ると、まぁ普通に使える様です。
小さくて軽くて普通に使えるモバイル。
これは自分が欲しくない訳がない。
で、当然いろいろ考える訳です。
通常、一番気になるのはSSDの容量だと思う。
今時4Gで何が出来るの???と。
自分も始めは4Gかぁ・・・と思ったんです。
でも、じゃあ容量がでかくてどうなのかと言われても答えが無い。
MBPに入ってるデータ、日常的に使いものってほとんどないんですよ。
さすがにメインマシンなんで4Gでは無理だけど、
20Gもあれば事足りると思う。
(もちろんiTunesのライブラリとかは外付けで)
現にR2は20GだけどiTunesのライブラリを入れてもかなり余ってます。
だから、実質4G+SDカードで問題無し。
となるといつもはここで買っちゃった報告みたいなのをしちゃう事が多いんだけど、
今回は踏みとどまりました。
価格的にも安いので正直買おうかなと思ったんだけど、大きな問題が。
それが画面の大きさ。これ7インチしかないんです。
自分の基準では7インチだと普通に使うと言う事が出来ない。
ほんと、魅力的なだけにここだけが残念やな。

MacBook Airについては以前書いたのと重なるところもあると思いますが、
お許しください。

overview_bigair_two20080115.png


概要としては1スピンドルのA4サイズの超薄型ノート。
価格が229000円ということですね。
実は妹がこれを狙ってたんです。
初代iBookを愛用した後、iMacG5を2年ほど使ってて、
ずっと持ち運べるマックが欲しいって言ってました。
今回は一応モバイルが出たということで、
朝に連絡。すると、「高いし、これはいいわ(いらんわ)」
この言葉に詰まってるね。
「高い」これが一番の理由。
そして、それだけではなく他にも理由があるんです。
いや、ほんとモバイルにしか使えない構成。
普通はパソコンって一人一つやんね。
その一つをこのAirには出来ない。
USBは一つしかないし、FWもないし、無い無い尽くし。
おまけにスピードも遅い。
やはり、このAir買いではないと思います。
しかし、現時点ではと言うエクスキューズ付き。
このAirのコンセプト凄くいい。
「There's something in the air」
全てをワイアレスでって事かな。
未来の形は当然全てがワイアレスになると思う。
本体には必要最小限なものを、他は全てワイアレスで。
そのコンセプトを現時点で出来る限り実現化したのがAirなんだと思います。
一つでなんでも出来る時代は終わったって事かもね。
一つと言う概念自体がなくなるんやろうな。
数年後、このコンセプトモデルがどういう形で進化するのかわかりませんが、
凄く楽しみだし、いつかは手にしたいと思う。

最後に少しR2の話を。
結局、あの時これを買って正解でした。
現時点で必要十分な性能で最高の機動性。
デザイン以外に文句はないかも。
と言うことで、しばらくはこの体制で行きます。
最初の山はEeePCのアップデートですね。
あっさり買い替えたらごめんなさい(笑)

デジカメ基礎講座 その1
2008年01月20日 (日) 03:18 | 編集
初心者の自分が勉強するついでにノートにまとめる感じで、
ここに書いときます。
もし、興味のある人があれば見てください。

とりあえず、基本の基本を理解しないとどういう写真が撮れるか理解できないよな。
まず目に見えるものってのは全部光だということ。
それを踏まえて、その光を目で受けると見えると言う事で、
フィルムに写すのがカメラで、
デジタルデータにするのがデジカメだということですね。

で、次はどうやってデジタルデータにするのかって事やね。
まずレンズを通して光を取り込む、
その光ををCCDとかCMOSと言われる部分でデータに変えます。
つまり、光をどういう風にどの位CCD(ここからはCCDで統一)に当てるかで、
画の基本部分が決まります。
ここで出てくるのが、露出・絞り・シャッタースピード。

露出(露出値)とはCCDに光を当てた量のこと。
たくさん当てすぎると明るくなり過ぎて、最後には真っ白になってしまいます。
逆に少ないと写るだけの光が得られなくて、真っ暗になる。
露出がアンダーとかオーバーとか言うのはこれですね。

絞り(F値)とは光を取り込む窓の大きさ。
大きいと一度にたくさんの光が入る。
小さいと入らないということです。
これは写したい場所の明るさが大きく影響するね。
明るいと絞りは小さくなるし、暗いと大きくなる。

シャッタースピードとは文字通りシャッターのスピード。
つまりCCDに光を当てる時間のことですね。
これも写したい場所の明るさによって変わる。
明るいと短くて済むし、暗いと長くなる。

で、露出と絞りとシャッタースピードの関係だけど、
簡単に言うと露出=絞り+シャッタースピードって事になる。
(実際は難しい式があるらしいけど)
つまり、この3つのうち2つ決まれば3つ目は決まるということやね。

こういう3つの設定をした上で、
得られたデータをデジカメのエンジンと言われる画像変換部分で、
見える写真にすることになります。
ここで有名なのがホワイトバランス。
得られたデータを見る形にするときに、
どこを白にするかってのを決めるのがホワイトバランス。
晴天の日と曇りの日では同じ白でも、
見え方が違う訳でそういうのを調整する部分です。

最後にもう一つ、ISO感度。
これは言い換えるとCCDの感度ということです。
これが高いと少ない光の量でも写ります。
ただ少ない光で写す訳だから、当然画質は悪くなる。
ノイズが増えてザラザラに写ります。
高性能なカメラではこのノイズを取り除く機能とかあるんだけど、
強い画像処理をするので、写真の質感自体が変わったりして、
あまりいい話は聞かないね。

基本的な語句はこれで大丈夫かな。
(厳密に言うと間違ってる所があるかもしれないけど、
おおまかな感じではこれで合ってるはず)
普通デジカメでオートで撮るって言うのは、
これらの設定を全て勝手に機械が判断して撮ってくれてるって事です。
でも、これらの語句がわかれば、
ある程度マニュアル操作できるんじゃないかな。

次回はいつになるか分かりませんが、自分の成長と共に更新予定です。
My favorite musics #012 「The Strokes」
2008年01月18日 (金) 08:51 | 編集
このバンドってかなり昔、デビューした頃なのかな、
ビジュ系さんにおすすめしてもらいました。
その時はよくあるロックだなとかそういう感じでした。
それから数年後、はまる訳ですね。
このバンドはニューヨーク出身。
ヨーロッパかぶれな自分は珍しいねんな、
アメリカのバンドを好きになるのって。
でも、このバンド、ヴェルヴェッツの空気があるでしょ。
アメリカと言ってもあの辺は好きなんで、
まぁ納得ですね。
で、自分が一発ではまった曲がこれ。

「Juicebox」


むちゃくちゃかっこいいね。
でも、もっと好きな曲がありまして、
それがこれ。

「12:51」


いやぁ、いいね。
でも、Strokesで一番好きな曲はこれです。

「Hawaii Aloha」


いい。
言葉でなかなか説明できない。
とりあえず、ビデオを見てください。
R2 Style
2008年01月17日 (木) 12:39 | 編集
Let's note R2の話を少し。
伴うシリーズは書かないと宣言した通り、
これに伴って購入したものはひとつもありません。
大体何か買うと、あれやこれや必要になるんだけど、
これは何もいらないということで、ほんと経済的に助かります。

これを手に入れて、2ヶ月ほどになりますか。
大活躍って訳じゃないけど、ちゃんと使ってます。
用途はもっぱらモバイル。
家の中でモバイル、家の外でもモバイル。
家の中って地味に持ち運びたいことがあるんですな。
特にそういう時ってすぐに持ち出したい。
さくっと手に持って移動できるってのは魅力です。
家の外に持ち出す時は軽さと小ささがポイントになる。
移動しても苦にならないってのはすばらしいことです。
今までは必要な時はMBPを持って出てました。
その時はBurtonのバックパックに入れて持って出てたんだけど、
このR2の場合はヒップバッグに入れて出かけられる。
これって小さい事の様でかなり大きい事なんですな。
ほんとお手軽に外へ持ち出せる。
外でパソコンを使うことってあまりないと思うんです。
自分の場合もマクドナルドか車の中くらい。
家を出る時、暇な空き時間がありそうだなと思っても、
なかなかパソコンを持って出ようとは思わなかったんだけど、
これなら持って出られる。
使う機会があれば使えばいいし、無くても問題なし。
そういう点で小さくて軽いって事は、ほんとすばらしいことだと思うね。

ビジネスマン御用達のLet's noteですが、
自分はビジネスマンではありません。
だから、ビジネスマンと同じ様に使うのはちょっとね。
それでちょっとカスタマイズして使ってます。
では、どんな感じで使ってるかというと、
全くもって、MBPと同じですね。
結局パソコンなんて出来ることってのはほぼ同じなんやね。
スピードが全然違うだけで。
音楽を聴きながら、もしくわムービーを見ながら、文章を書く。
これくらいは問題ないんで、いつもそういう感じ。
かく言う今も横でiTunesから自分ベストが流れてます。
当然何個もウインドウを開いたりしてハードに使うと、
遅さは否めないけど。
そんな感じで買ってよかったなぁと思って使ってます。

R001008730.jpg
Macworld Expo SanFrancisco 2008
2008年01月16日 (水) 10:58 | 編集
いやぁ、やはり今年も楽しかったですね。
完全に年始のお楽しみになったしまってるな。

今年の発表は4つ。
一つずつ感想を。
1つ目は、TimeCapsule。
簡単に言うとAirMacExtreamにHDDが入ってる感じで、
そのHDDはTimeMachineにも使えます。
ワイアレスでバックアップ。なかなかいいんではないでしょうか。
これに関してはうちは光導入そしてワイアレスLANの強化をする予定なので、
買います。

2つ目はiPhoneとiPod touchについて。
SDKの話がでましたね。
そしてiPod touchでは正式にMail・Maps・ Weather・Notes・Stocksと、
純正のアプリが購入出来るようになりました。2500円ほどかな。
タイミングを見て、自分も購入します。

3つ目はAppleTVとiTunes Movie Rental。
映画をネット経由でレンタルできる様になります。
しかも画質がかなり向上したのかな。
でも、こちらはアメリカメインの話になるね。

そして最後の4つ目はこれ

overview_bigair_two20080115.png


「MacBook Air」
噂通り、そのままの名前ででました。
アップルのモバイル。
13.3インチ、1.36Kg、
C2D 1.6GHz or 1.8GHz
80GB 1.8"4200rpm (OP:64GBSSD)
iSight
USB2.0 一つ
バッテリーは5時間駆動で内臓式。
むちゃくちゃ思い切ったスペックです。
少し軽い、凄く薄い、
少し遅いCPUに結構遅いHDD、
外部端子は実質USB一つでバッテリ交換不可。
これで価格が229000円から。
どう思いますか?
これ金持ち用のサブノートやん。
おそらく一番スマートなモバイルの形を示そうとしたんだろうね。
必要最小限の外部端子にして、後はAir(ワイアレス)で。
形はキーボードの打ちやすさを残したまま、
一番軽く(小さくではなく薄く)という感じでしょうか。
コンセプトは非常に面白いし、未来の形を示してるとは思うね。
で、個人的な感想を。
とにかく高すぎる。
これうちのMBPより少しだけ安いくらいです。
自分みたいな貧乏人はターゲットじゃないのかな。
モバイルって常に持ち運ぶ訳でしょ。
高級なものはいらないんじゃないのかなと思う訳です。
軽い薄いってのはすばらしいし、
思い切って減らした端子も自分は気に入ってるけど、
値段だけが納得いかない。(アメリカ的にはもう少し安いんだけど)
この価格にするなら、メインで使える様にしないと。
完全サブ機にこの値段を出せる日本人はなかなかいない様な気がします。
次に予想されてるでっかいiPhoneを期待しようかな。

ということで、今年のMacworldはこんな感じでした。
個人的には全く期待してなかったんだけど、
iPod touchのソフトとTimeCapsuleは購入すると思います。
日本でのiPhoneの発売は発表されなかったね。
地味に一番気になるんだけどな。
それにしてもMacBook Air発表の時のキター感はよかったね。
久しぶりに興奮したなぁ。
やっぱ、アップルの新製品発表は面白い。
今年も楽しめました。(株価を見るまでは・・・)
Macworld EXPO 2008がいよいよ今夜です。
2008年01月15日 (火) 12:03 | 編集
年の初めのお楽しみ、
マックワールドが今年も始まります。

ここ数年iPodが欲しくて、注目して見てたんだけど、
今年は特に待ってるものもないので、傍観者的な感じです。
とは言っても、今年は例年にないくらい新製品が出る空気。
噂の薄型モバイルやiPhone関連、Mac miniとかApple TVとかのアップデート。
いろいろありますね。

個人的な注目はやはり薄型モバイル。
いいものだったら、近い将来の購入も考えようかなと思ってるもの。
噂では13.3inchで重さが1kgちょいだったかな。
黒がでると言う話もあります。黒は魅力やね。

iPhoneは日本での発売を発表できるか?
そして、どこから出すのかと注目。
これに寄って自分のキャリアが決まるんでね。
アドレス代えるのがめんどくさいから、
ソフトバンクから出て欲しいけど。

Mac miniやApple TVはあまり興味がないかな。
この2つは統合した方がいいと思うし。
でも、この二つって実は未来を担ってると思うんで、
アップル的には注目やな。
テレビの横に置いておくデバイスとしては凄く面白いんで。

今回のテーマはもう発表になっていて、
「There's something in the air」
空の中に何かがあるって事ですね。
AirMac関連なのか、空気の様に軽いって事なのかどうなんだろ。
個人的には無線関係で面白いものが出るのかなと思ってます。
通信を含めてね。

すべては今日の深夜2時。
また世界中の馬鹿どもとわいわいやろうと思います。
My favorite musics #011 「KMFDM」
2008年01月15日 (火) 05:48 | 編集
あんまり有名なのばかりもどうかと思って次はこれ。
「KMFDM」です。
このバンドはいわゆるインダストリアルメタルと言われるジャンル。
メタルとテクノとパンクが合わさった感じです。
またいつか紹介すると思うけど、NINなんてこれの代表です。
BUCK-TICK繋がりと言うか、ああいう音楽からこのバンドを見つけたね。
踊れるテクノロックってのが好きで、このバンドはストライク。

一曲目は自分が一番好きな曲。
「Search & Destroy」
歌詞なんてわかりませんが、音が大好きやな。
映像無しですが、音だけでもどうぞ。



次はこれ「Megalomaniac」



この曲は一応有名なんかな?
これも結構好きなんです。

音楽だけを考えると、ほんと好きな音楽の上位に来るね。
久しぶりに聞いたけど、
音楽っていいなぁと改めて思います。
Ricoh GX100 VF KIT の感想
2008年01月15日 (火) 04:03 | 編集
いつもの様に感想を。

そもそも、デジカメを買うのは7年ぶり。
一代目はまだデジカメが世に浸透してない頃でした。
忘れないね、KodakのDC3800って奴。
200万画素で乾電池駆動。コンパクトフラッシュは32メガ。
まだあまり仲良くない頃のシゲちゃんと日本橋で、
初めての海外旅行のために買いました。懐かしいな。
まぁ、その後すぐにパリですられる訳ですが・・・
帰国後は買い直すこともなく、
そのままカメラは携帯電話を使ってたね。
いわゆる写真の作品って嘘っぽいでしょ。
様々な技術を駆使して、実際に見えるものを、
より綺麗に見せている感じ。
自分は見たままをそのまま残して欲しいねんな。
写真にはそういうものを求めてた訳です。(だからビデオ重視派だった)
今回、改めてデジカメを買うにあたって、その考えが変わりました。
ここ数年いろんなブログを見る様になって、
いろんな人の写真を見るようになった。
そこで、写真の違いに気付き始めたんです。
やはり結局携帯で撮った写真とデジカメで撮った写真は全然違うぞと。
そして、リアルでありながら綺麗でかっこいいぞと。
結局のところ、ビデオであれカメラであれ撮り手次第なんでしょうね。
その辺を踏まえてのGX100の購入でした。
新年早々、気合の入った買い物でしたな。
と、前置が長くなりましたが、本題に。

まず、性能の話から。
1000万画素で光学3倍ズーム、手ぶれ補正機能付き、
今出ているコンパクトデジカメでは一応最高レベルのものです。
これ以上を求めるとなると、一眼レフになっちゃいます。
しかし、この辺のことってGX100じゃなくても実現してるんで、
あまり問題にはならないかな。
そもそもカメラの基本性能ってこういう部分は大きな問題じゃないからね。
その詳しい話に関してはここでは書ききれないので、
また別の機会にします。
後、この性能に関する答えは写真だと思うんで、
これからの写真を見てください。
とりあえず。携帯とGX100で撮りっこをしたのでどうぞ。

Image160.jpg


R001007140.jpg


次に操作性はいいと思う。
そもそもこのカメラってフルオートで、
パワーボタンを押してすぐ撮影ってカメラじゃない。
かならず、いろいろ設定を変えて撮るものなんです。
だから、この操作性ってすごく大事。
これは説明書を見てわかったんだけど、
このカメラすごくボタンが多い。
つまり、それだけ手間をかけずに設定を変えられるんです。
まだちょこちょこいじってるくらいだけど、便利です。
結構直感的にも操作できる。
慣れたら、あまり時間をかけずに自分の思い通り撮れるんじゃないかな。
なるほど評価の高さを実感しました。
後、ちょんまげことEVFは使ってません。
使う機会があれば使いますが。

携帯性に関しては常にポケットに携行と言うより、
常にかばんに入ってる感じでしょうか。
やはり小さいデジカメに比べると大きい。
でも、それはマイナスではないね。
多少大きさのある方が持ちやすいし。
所謂スナップカメラではないので、
その点はこれでいいです。

デザインは気に入ってます。
実物を電気屋で見た時より、
手元にあるこれはかっこいいかも。
こういうのってあまり期待してなかったんだけど、
所有する喜びを味わえるカメラでした。
これまた評価の高さを実感したね。

つう感じですか。
前置きが長すぎたな。
でも、結局カメラなんで写真が答えやからね。
ここに上げる写真はGX100で撮ることになるんで、
それを見て判断ください。
とにかく、カメラってすごく楽しいね。新しい発見でした。
今回の買い物は満足です。
1週間後に2000円値下げされた事を除いては・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、初心者と学ぶデジカメ講座を開設予定なんで、
興味があればどうぞ。
東京旅行計画 2008冬
2008年01月14日 (月) 07:33 | 編集
再来週かな、またまた東京へ行ってきます。
今回、行きはスターフライヤー、帰りはJRバス。
ゆっくり行く東京は今回が最後になるので、
しっかり予定を考えて行こうと、今から考え中。

簡単な予定としては、
25日にスタフラで関空から東京へ。
26日は国立でサッカー日本代表、岡ちゃんジャパンの初陣を見ます。
27日は横浜で城彰二の引退試合を観戦。
28日・29日と観光等をして、
30日も国立でサッカー日本代表の試合を観戦、
そのまま深夜バスで帰阪と行った具合です。

基本的には28と29にどこへ行くかと。
日々、何を食べるかが問題になるね。

まず、28・29はどうしようか。
今のところ、一日はべたな観光をしようかと思ってます。
パチパチ写真も一杯撮ってね。
浅草寺とか行った事ないし、お台場とか六本木ヒルズとか。
まぁなんで今まで行ってないねん!って所です。
他にも行くべきところはあるかな。
皇居とかの歴史系も行きたいね。
問題はもう一日。
観光で使ってもいいんだけど、もったいない気もするし、
美術館とかも行ってもいいんだけど、
逆に時間がかかり過ぎる気もするな。
ちょっとそんな感じで考えてます。

そして、大事なご飯系。
今回は結構長い期間行くので、
毎回外食は厳しいんで、スーパー系の情報も大事やね。
まず、これを買いました。

ikkojin2008_02_w.jpg


東京のラーメン屋が一杯載ってます。
この中から目ぼしいところをちょこちょこ行こうと。
注目はラーメン二郎、まるきゅう、
後、復活した池袋大勝軒には行こうかな。
今回は一人で行く事が多くなりそうだし。
ファーストフード系はいろいろ押さえておこうかなとは思ってます。
ロッテリアの絶品チーズバーガーとかね。
他には何かなと。全くイメージがわかないね。
あまり時間もないんで、考えとかないとあかんな。
東京まで行って、マクドナルドに通うって事になるとあかんから。

簡単に東京旅行のことを書いておきました。
後2週間ちょっとしたら出発か。
今回はしっかり準備して、いい旅をしてきます。
My favorite musics #010 「BUCK-TICK」
2008年01月12日 (土) 03:59 | 編集
この企画いいですよ。
見てる人にはどう思われてるかわからないけど、
自分にとってはね。
なかなか自分の音楽観みたいなものって、
まとめる事がないんだけど、
これを続けていけば、なんか形になりそう。
もう一つ映画も出来れば面白いかもね。
でも、さすがにそこまでは無理かな。

で、今回は記念すべき10回目と言う事で、
「BUCK-TICK」です。
自分の音楽の基礎を作ってるバンドです。
自分にはこの人達の血が流れてる。
世の中的にはこの人達が好きだと言うと、
ビジュアル系だのキモイだの言われると思います。
音楽をちゃんと聞かない人とか、
昔を知らない人が見るとそう思うだろうね。
自分も今の彼らを見ると微妙な気分にはなるから。
(年齢的にも形を代えてやった方がいいと思うんで)
これを書くのにいろいろ映像を見たけど、やっぱいいですよ。

このバンドの魅力って実はたくさんあります。
そもそも自分がこのバンドを聞くきっかけになったのは、
メロディ。
当時、むちゃくちゃ好きでした。
ほんと素晴らしいメロディで今井寿は神だと思ったね。
このバンドって3枚目でガラッと変わるんだけど、
初期の2枚はこのメロディが最高です。
自分的には「Dream or True」を選ぼうかと思ったんだけど、
こっちの方がいいかなとこれを推薦します。

「Moonlight」


これは大分時間の経った後のベストのライブですね。
初期のものとはバージョン違いだけど、
雰囲気はちゃんと残ってるな。
BUCK-TICKはこういうロマンティックな音楽なんです。

続きまして、はこれ。
「iconoclasm」


サマソニバージョンですか。
はっきり、自分はこの曲でテクノに目覚めました。
無機質にビートを打ち続ける気持ち良さ。
グルーブを生み出すベース。すばらしい。
YouTubeみてるとLUNA SEAのJがカバーしてるみたい。
これもロックアレンジでなかなかいいです。

最後は自分の中でBUCK-TICKのキラーソング。
2枚目に入ってる「in Heaven..」



当時のままです。
これを見て育ってんなぁ。
そりゃ屈折するよなw

いや、BUCK-TICKに関してはきりがないです。
たくさんいい曲がある。
一応、並べておくので興味があれば是非どうぞ。
「My eyes and Your eyes」メロディ最高
「Sid Vicious ON THE BEACH」こんなのもあるんです。
「Jupiter」バラード系の中では一番好きかな。
ちなみに自分は最近と言うか殺しの調べ以降はほとんど聞いてないんで、
初期限定セレクトになってます。
これからぼちぼち新しいのも聞こうかな。
ツインバードって知ってますか?
2008年01月11日 (金) 06:25 | 編集
日常あまり目にしないと思うんだけど、
家電メーカーです。
近くのヤマダとかにはないよな。
でも、これネットではよく見ます。
特にアマゾンで。
アマゾンはアフェリエイト真っ盛りなんで、
いろんなページでよく見るねんな。
そんな中で先月今月と立て続けに
このツインバード商品を買ったんで、ご報告です。

先月はこれ。
超音波洗浄器。

41cT6Bwhi9LAA280.jpg


貴金属やメガネなんかを洗う機械で、
超音波を使って隅々まで汚れを落とす優れものです。
よくよく考えてみると、うちは全員メガネっ子なんですね。
それなのに、メガネを洗う術がない。
今までは適当に水洗いしてたんだけど、どうもね。
で、ずっと欲しかったんです。
実物は結構高くて、なかなか手がでなかったんだけど、
アマゾンで見つけたこれは安かったんで買いました。
実際使ってみたけど、うぅぅんきれいになったのかな?という感じ。
自分で買ったんだけど、現在は母親が愛用してます。
アクセサリー系もきれいになるからね。
まぁ、一家に一台あって損はないものだと思います。
ちなみに自分が買ったのはメガネ一つ分の大きさしかないので注意を。

今月はこれ。

41VXV37X69LAA280.jpg


FMラジオ付き防水スピーカー。
実はこれもずっと欲しかった。
自分はシャワー派なんです。
基本的には不規則な生活をしてるから
なかなかタイミングが無いと言うのがあるんだけど、
正直言って、湯船につかってる間って暇でしょ?
あれがどうもね。
だから自分は昔から早風呂です。
で、その風呂に入ってる時間を有効に使えないかってのは、
昔から考えてました。
普通に防水スピーカーでもいいんだろうけど、
音しか聞こえないんで、
対費用効果を考えるとどうも買う気にならなかった。
今回のこれは、touchでも使用(操作)可能で、
風呂で動画見れるし音楽が聴ける。
価格も高くないので買いました。
実物はやはり満足やね。
これで長風呂になりますな。

R001006840.jpg


二つとも3000円強と家電としては微妙な価格でありながら、
絶対必要とも言えない程度のもの。
正直、1年以上経って壊れたとしても痛くないし、
それほど不便でもないんで、
こういうのは通販で買ってしまう対象やね。
でも、生活を少し豊かにしてくれるアイテムだと思います。
My favorite musics #009 「Nirvana」
2008年01月10日 (木) 09:06 | 編集
大物が続きます。
今度は「Nirvana」
自分は2度金髪にした事があるんだけど、
(茶髪は一度もない)
その一回目はこのカート・コバーンに憧れてです。
それくらい惚れたバンド。
所謂海賊版なんかも探して買ってたなぁ。
かっこいいとかかっこわるいとかを超えた本物って奴です。
残念ながら亡くなってしまってるけど、
パンクの魂にきれいなメロディ。
すばらしい才能やな。

このバンドに関してはどの曲を選ぶかほんと悩みます。
どれもいいし、どれも紹介したい。
と言うのも、時期に寄って傾向が違って、
その中で好きな曲ってのがあるのでね。
代表曲と言えば、「Smells like teen spirit」なんだけど、
個人的にはそれほど好きじゃないんで違うのにします。

まずパンク時代の一枚目Bleachから「Love Buzz」
この曲が個人的には好き。



次は「Lithium」
全世界でかなり売れて、ベスト10とかに入ってるだろう、
「Never Mind」の中の曲です。
個人的に思い出のある曲だし、好きな曲なんでこれですね。



このNirvanaに関してはとにかくアルバム単位で聞いて欲しいね。
特に上で書いた「Never Mind」は名盤だから少しでも興味があれば是非どうぞ。
デジカメ買いました。
2008年01月10日 (木) 08:33 | 編集
買いました!
どれにしたでしょうか?

とりあえず、買った理由を書きます。
・広角からズームがあるので汎用性がある(これでわかるね)
・手ぶれ補正が付いていて多種多様なマニュアル撮影が出来る
・作例をたくさん見た結果、これで自分の撮りたい写真が撮れると思ったから。

こんなところでしょうか。
とういう訳で買ったのはこれ

Image159.jpg


Ricoh GX100
迷った3つ考えると、
GR DIGITALはやはりキワ物過ぎると。
ズーム無し、手ぶれ補正無しだから、
もう一つ持っていた上でこれならわかるけど、
これだけってのはちょっと難しい。
画だけを見るとこれがよかったんだけど。

G9に関しては、やはり作例が気に入らなかった。
自分の撮りたい感じってやはりあるんだけど、
それをG9で撮れる気がしなかってんな。
当然、技術的なこともあると思うんだけど、
自分が見る限りはリコー系の方がいいなと。

GX100に関しては上に述べた通りです。
レンズキャップって言う欠点もあるんだけど、
それはしょうがないのかなということです。

特に急ぐ必要はなかったんだけど、
先週まで新年価格でこのタイミングを逃すと
値段が上がるかもしれなかったので、
3年保証を付けて、楽天さんを通じて買いました。
55000円弱ということで相場かな。

何枚か早速撮った写真をつけときます。

R0010012-02.jpg


R0010008-01.jpg


正直言って普通やね。
これからいろいろ勉強してみようと思います。

今回はついでに伴うものを。
まずは液晶保護シート。
エツミというメーカーのものがきれいだと言うことでそれにしました。
まぁ、買いに行ったミドリ電化にはこれしかなかったんだけど。
そして、ケースはMUJIのクッションケースを。
今回は工夫をして、ストラップとネックストラップとケースと、
全部繋げられる様にしました。我ながらナイスアイデア。
とりあえず、日常的に持ち運んでパチパチ撮りたいと思います。
年末年始のテレビの話
2008年01月09日 (水) 09:29 | 編集
毎年、年末年始って面白くない番組ばかりと言う印象です。
やっつけじゃ無いけど、まとめてスペシャル番組って感じで、
ワーワー系の番組が多いよな。
勢いだけで内容の薄いものが多いと思います。
今年も基本的にはそうだと思うんだけど、
なかなか面白い番組があったんで、その話です。

・ガキの使いやあらへんで「笑ってはいけない病院」
大晦日の年越しを普通に見てる間に過ぎてしまう番組。
今年は仕事だったんで録画で見ました。
いや、やはり一年で一番面白い番組やね。
今年のつぼは落とし穴3つ、松本兄、山ちゃんビンタ拒否かな。
普段、大爆笑することなんかないけど、この番組はずっと笑ってる。
製作者のみなさんにほんと感謝してます。
来年はないみたいなのが、ほんま残念やな。
でも、再来年にでも十分充電した姿で復活して欲しいね。

・プロフェッショナル 仕事の流儀 「イチロー」
いつも見ているプロフェッショナルの年明けスペシャルはイチローでした。
これは相当期待してみたんだけど、期待通り面白かったな。
イチローって同年代で、事ある毎に見て来た気がする。
いつものプロフェッショナルって、
勉強になるなぁとか思うこともあるんだけど、
今回に関しては全く勉強にならなかった。
一つ目の理由はイチローはやっぱ凄過ぎること。
あんなレベルになると参考にもならへんな。
あそこまで自分を追い込むことなんてないし、
そこまでプレッシャーを受ける状況になったこともない。
もう一つは自分とは明らかに性格が違うなと思ったこと。
自分が百万が一あのレベルまで行ったとして、
おそらく同じ悩みは持たないだろうなと。
問題を解決するときに同じ手段をとらないんで、
彼の言葉は参考にならないと思うんです。
一方で番組としてはほんと面白かったな。
一流のアスリートの思考回路が結構わかった。
かなりつっこんだ所まで番組で話をしてたと思う。
こういう一流の人の話ってほんと面白いね。
一時間の番組のなかで、脳みそフル回転な非常にすばらしい番組でした。

・東野・岡村のプライベートでごめんなさい…インドの旅
普通こういうのって見ないことが多いんだけど、
どうも気になってしまって、録画してありました。
それでもなかなか見なかったんだけど、
ちょっと時間が空いたときに見てみると面白い!
簡単に言うと別バージョンのどうでしょうやね。
これでわかったけど、どうでしょう的な番組は、
先生とミスターと藤村さんと嬉野さんじゃなくても出来るんやな。
あの4人じゃないと「どうでしょう」は絶対に出来ないけど、
この番組はこの番組で成り立っていて、面白かった。
ほんとこういうリアル旅系の番組をもっと見たいと思ったな。
内容的にはよく出来ていました。
観光ありグルメありお土産あり罰ゲーム的なものあり。
岡村さんも東野も実力があるので、普通に面白くなる。
どうでしょう的番組の王道はむしろこっちなのかもね。
2回目が非常に楽しみです。

・のだめカンタービレ in ヨーロッパ
1年ぶりの復活ですか。
ヨーロッパ編なんて絶対実写に出来ないと思ったんだけど、
やりましたね。
ウェンツとベッキーの使い方もよかったんじゃないかな。
ストーリー的にはちょっと難しいね。
原作を読んでいるものとしては、やはり物足りないと思うところもある。
一回目の最後のシーンは千秋のこれまでの思いが詰まっていて、
ぐっと来ました。
ちりとてちんでもそうなんだけど、
積み重ねた思いがちゃんと表現できているドラマは泣けます。
(このドラマに関しては原作を読んでるのがでかいけど)
年を取って涙もろくなったけど、根本的にはこれだと思う。
時間をかけて積み重ねた気持ちって、そこに嘘はないから。
若い時って自分に何も積み重ねがないから、
そういう部分が表面上でしかわからなかった。
でも、今は時間が経ってそれなりに自分も積み重ねて来たからね。
人生とんとん拍子でうまく行った人とか、
志半ばでうまく折り合いを付けて行った人って居ると思うけど、
そういう人には絶対にこの気持ちはわからんやろうな。

最後はドリームマッチ
結構毎年恒例になってるのかな。
さまざまな芸人がぼけとつっこみに分かれて、
カップルを作り、ねたを披露、順位をつけるというもの。
これって、実は相当すごい番組だと思う。
日常的なお笑い番組って流れて行く感じだけど、
これは違うよな。
がっつり力を見せないといけない。
今回の優勝は大竹出川ペアだったんだけど、
確かにうまくまわってたなと思った。
大竹のすかしとてっちゃんの限界感がうまく活きてた。
少し残念だったのが松っちゃんか。
普通に面白いんだけど、もっと面白いんじゃないかと思ってしまうね。
こればっかりはしょうがないのかな。

つう事で、年末年始の番組でした。
いや、まじで今年は面白かったと思います。
いつもは気付いてないだけなのか、今年があたりだったのか。
まぁ、来年も見られる限り見よう。
My favorite musics #008 「Boom Boom Satelites」
2008年01月07日 (月) 09:13 | 編集
prodigyの次はこれです。
「Boom Boom Satelites」

このグループはかなり初期の段階から聞いてたね。
1枚目が出て、少し噂が出始めた頃初めて聞いたんだけど、
一発ではまりました。
!stのジャケットも良かったし、
音も探し求めてたものとほぼ同じだった。
気に入って、ずっと聞いてた覚えがあります。
今でも好きな音楽はと言われると、
かなり早い段階でこのブンブンが出て来るね。

今回選んだのは一番べたな「Kick it out」
初期の頃のにしようかと思ったんだけど、
なんだかんだこの曲がキラーソングかなと。
YouTubeではLive版を選びました。
やっぱかっこいいですよ。

芦屋 ラーメン 「漁師屋」
2008年01月07日 (月) 09:04 | 編集
初めて行ったのはもう何年前になるかな。
魚系の出汁が売りのラーメン屋なのに、
隣の席の奴らがたばこをずっと吸って話してて、
全く香りもわからず、不愉快な思いだけして帰りました。
ここにも書いてたっけ???

その後、結構雑誌とかに取り上げられてたので、
いいタイミングがあれば行ってみようかなと思ってて、
今回、ちょうどよかったので行って来ました。

基本的には醤油味が売りなのかな?
それを注文。

Image154.jpg


個人的には、味は予想通りと言うか、
まぁまぁと言った感じでした。
でも、好きな人は好きな味だと思うな。
あっさり系では上位なんだと思います。
女の人が好きそうな感じです。
今度行くなら魚潮ラーメンって塩味のがあったんで、
それを食べてみたいな。
My favorite Musics #007 「The Prodigy」
2008年01月05日 (土) 07:45 | 編集
今年一発目はどストライクなこのグループ。
「The Prodigy」
一度音楽から離れて、再び舞い戻った時、
流行ってたのがこのグループでした。
ちょうどその頃ってジャンルのミックスが流行るというか、
そういう流れの中にあって、
このプロディジーはテクノとロックの融合。
少しテクノよりということもあって、自分にはぴったりでした。

今回選んだのはこれ。
「voodoo people」



ほんとは「Fuel My Fire」がよかったんだけど、
YouTubeになくて。
しかし、これもちゃんと自分の好きな曲なんで、
聞いてみてください。
デジカメが欲しい! 機種編
2008年01月03日 (木) 17:44 | 編集
結局、高級コンパクトが希望ということで、 
以前書いた通り、候補は、
「Ricoh Caplio GX100」
「Ricoh GR DIGITAL」
「Canon Powershot G9」
の3つ。
性能も価格も三者三様で、
初心者の自分はなかなか簡単に選べません。

まずは一番分かり易いGR DIGITALから。

ricoh-gr-digital.jpg


このGRはほんと特徴がはっきりしてます。
単焦点(ズームなし)、広角28mmのGRレンズ・GRエンジン採用、
お手軽高性能カメラとしてはベストで、人気もそうとうあります。
作例を見てもきれいな写真がいっぱい。
値段と単焦点、手ぶれ補正なし、ここをどこまで許せるかが問題。
こちらには中古という選択肢もあります。

次のGX100は、GR DIGITALを一般化した様なモデル。

pop_g2_b.jpg


3倍ズームに手ぶれ補正付。その分、レンズは劣るし、
エンジンも劣る。特に高感度(暗い場所で明るく写すこと)に弱いみたい。
まぁ、劣ると言っても全く使えない訳じゃないので、
ここをどこまで許せるかが問題。
後、レンズキャップが自動じゃなく手動。これは大きなマイナスです。

最後のG9は優等生。

canon_g9_3q-thumb.jpg


どれもそつなくこなす代わりにどこもピンとこない。
作例を見る限り、それはよくわかった。
なんでも出来るってことは逆に言うとなんにもできないと言うことだから、
そこをどう捕らえるかが問題。

なかなか難しいでしょ。
価格的にも上から実売安値で6万5万4万と順になってて、
その辺も考えない訳にいかないし。
中古でもいいとなるとまた選択肢が広がる。

これはほんと迷ってます。
GR DIGITALに手ぶれ補正が付いてたら決まりだし、
GX100がもう少し暗い室内でもきれいに撮れれば決まりだし、
G9がもう少し自分好みの画質なら決まりだった。
自分が初心者なんで余計にどれにしたらいのかわからないねんな。
ほんとどれにしようか。
月末の東京遠征には持って行きたいんで、
まだすぐには決めきれそうにありませんが、
今年最初の買い物はデジカメになりそうです。
デジカメが欲しい! 基本編
2008年01月03日 (木) 17:40 | 編集
正月一発目のエントリーは物欲系。
デジカメが欲しいなんていろいろ調べて、
結局必要なくなったんで、断念したんですが、
一度足を踏み入れてしまうと、後には引けませんな。
デジカメが欲しいです。

いやぁ、カメラってむちゃくちゃ奥が深いね。
もうすでにはまってるに近い気がする(まだ買ってないのに)
基本的にデジタルカメラってのは、
目の前の画をカメラのレンズを通してデジタルデータとして記録する機械。
つまり大事なのは、レンズと記録する機械部分と言うことになる。
大体カメラで何万画素だどうだと言ってるのは、
記録する機械部分のことを言ってるんですね。
でも、当然ながらレンズも画質を決める重要な要素。
携帯電話ってあの小さいボディにいろんな機能を詰め込んでる訳でしょ。
当然、その程度のレンズな訳です。
だから、何万画素だろうと画質が悪いし、
専用デジカメは画質がいいんですね。
もう一つ、画像エンジンと言って、
デジタルで取り込んだデータを処理する部分も大事。
出来る限りのデータを取り込んで、それを見る形に落とし込む部分やね。
色の感じとか、質感とか、そういう部分がここでアレンジされる。
どういうレンズで、どういう記録装置で、どういう状態で撮った写真を 
どういう画像エンジンでアレンジされたかで画質は決まる。
どの部分が劣っていても、いい写真にはなりません。

で、それを踏まえて、自分にあったカメラを考えます。
本来自分はどちらかといえばビデオ派。
でも、現実としてはなかなかビデオって撮る機会がないねんな。
やっぱり街中でしょっちゅうビデオ構えてたら変でしょ?
後、ここに記事を書く時、結局写真ばっかり使うことになってる。
しかも、あれだけもの足りないって言ってる携帯のカメラで。
それはやはり不本意でね。
ここは誰かに見てもらうためのものと同じか、それ以上に自分の記録なんです。
自分の記録はきれいに残したいと思う。
自分の記録と言う点で写真を撮ると言うことは、
とにかくいつでもどこでも瞬間を切り取る感じで写真を撮りたい。
日常の何気ない風景がかっこよく見える様な、
当たり前にあるものの大切さみたいなのが改めて感じられる様な。
そういうのって、十年単位で考えるとすごくいい記録になるねんな。
だから、カメラを選ぶポイントとしては、 
いつでもどこでもって事とよく写るって言う事になるかな。
かっこよく見えるってのはあくまで主観なんで難しいね。

で、理想の写真を撮るにはどうすればいいかと、
写真のことやカメラの事をいろいろ勉強しました。
そこで自分の欲しいものは、少しくらい高くても、
レンズ交換の出来るコンパクトカメラかなと言う結論に。
しかし、そういうのは少しどころじゃなく、むちゃくちゃ高いんです。
レンジファインダーのデジカメということで、
ライカのM8(50万)とか、エプソンのR-D1(20万)とか。
レンズも数万数十万レベルなんで、まぁお話にならない話です。
当然、素人が簡単に扱える訳もないですね。
次に画質だけ考えるとやはり、一眼レフになるんだけど、
これは「常に・気軽に」じゃなくなるので、
結局、こないだの候補、高級コンパクトって事になります。
しかし、今回はいろいろ調べたこともあって、
より深くまでつっこんで、検討してます。

続きは機種編で
あけましておめでとうございます
2008年01月01日 (火) 15:06 | 編集
今年もよろしくおねがいいたします。
みなさんに有用な情報を書きつつ、
毎日更新を目標にがんばりたいと思っております。

とりあえず、新年のごあいさつと言う事で。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。