franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買い物 of the year 2006
2006年12月31日 (日) 12:09 | 編集
今年も最後の日となりました。
よく書いているんですが、
自分にとってここを更新する事は自分自身を確認する事で、
完全にライフワークになっています。
ただの日記と言っても、
当然、見てくれている方が居るから書いている訳で、
この様な場所を存在させてくれているみなさんには、
非常に感謝しています。
ありがとうございました。

では、去年から始めた毎年恒例の買い物 of the yearです。
去年はベスト3を書いたんだけど、
今年はもう一つ書いておきたいと思うんで、
次点を付けときます。

まず、次点から。
「32型液晶テレビとDVDレコーダー」

V6010035.jpg


もう当たり前のもの過ぎて、ランクインはしなかったけど、
値段/使用時間を考えると圧倒的に1位です。
これを買って、ほんとまた一段と時間が有効に使える様になったな。
知識を得る方法の一つとして大活躍です。
買ってよかった。

では、3位。
3位 
MTB「LOUIS GANEAU LGS-FIVE」

V6010019.jpg


これはダイエットを始めた事も含めて、
自分の時間の使い方を大きく変えたものなんで、
しっかりランクイン。
移動手段を運動に代えるって事は、
もしかしたら自分の人生に置いて大きな転機になるかもしれません。
完全に体型は変わったと思うんで。
最近ちょっと太って来たけど、
自転車も復活と言う事で、もうひと絞りしたいと思ってます。

2位
「MacBook Pro」

20061031(006).jpg


買ったばかりなんで、貢献度はまだ低いんだけど、
やはり大きな買い物と言う事でランクイン。
おそらく、向こう3年はこのMBPメインで使いたいと思ってます。
もちろん、それに耐えうる性能やし。
現状、何の不満もなく使えてるんで、これ以上書く事もないね。
いいもん買いました。

1位
「ヴィッセル神戸シーズンパス・アウェーツアー(入れ替え戦・第2戦)」

20061209(001).jpg


今年はこれが一番大きい。
最後の最後で昇格出来たし。
前にも書いたけど、このヴィッセルを見ると言う行為は、
単純にスポーツを応援しているだけじゃありません。
トモニイコウじゃないけど、ほんと一緒にいろんな事を経験出来た。
大一番のプレッシャーやそこからの解放なんて、
普通に生きてたら、そう経験出来る事じゃないもんな。
フロント・選手・サポーター、みんなで勝ち取った昇格、
自分の人生においても、いい経験だったと思います。

買い物については以上です。
今年もいい買い物が出来ました。

最後に今年の総括を。
今年は、自分にとって大きな転機の年になりました。
長い長い準備期間がやっと終わったと思います。
来年からは結果を求める期間。
自分がいろんな面で経験した事、勉強した事を、
これからは結果と言う形で必ず実現したいと思います。
自分も含めて周りの人全員が、
「いつも口だけで一つも結果を出さへんなぁ」と思ってたと思うんだけど、
これからはとにかく結果、逃げずにどん欲に結果。
そういう意気込みで参ります。
では、よいお年を。
スポンサーサイト
自転車復活です
2006年12月29日 (金) 21:17 | 編集
久しぶりの自転車エントリーでございます。

ホイールが歪んで以来、ここでの報告もない様に、
一切自転車には乗っていませんでした。
本当は早くホイールを直したかったんだけど、
問題の車検がいくらかかるか分からないと言う事で、
延ばし延ばしにしてたんです。
で、先日無事車検終了と言う事で、
早速、芦屋にあるスポーツ自転車も見てもらえるお店へ、
ホイールを持って行ってきました。
一応、預かってもらって、修理可能か調べてみてもらった所、
スポークが一本折れていたとの事。
結局、スポークを一本交換してブレ取りしてもらって、1500円。
こんなに簡単に直るんやったら、もっと早くしておけばよかった・・・

と言うことで、自転車生活復活です。
車検が終わるまで一切無駄使い出来ない状況だったので、
自転車生活を復活するにあたり、いろいろ欲しいものがありました。
まずは、なんと言っても鞄。
荷物を持って自転車に乗る時、使う鞄が無かった。
パソコンや書類、本なんかを持って自転車に乗れない状況だった訳です。
例えば、図書館とかも行けなかったし、少し大きな買い物にも行けなかった。
自転車に乗る時の鞄と言えば、メッセンジャーバック。
気に入ったものがあれば買おうと思って、
有名所からマニアックな所までいろいろ見たんだけど、
結局、ピンとくるものが無かったな。
メッセンジャーバックは基本的に書類を運ぶ鞄なんで、
パソコンとか入れたい自分には合わなかった。
そうなると、バックパックになります。
こちらは前に書いた様に第一候補はドイター。
背中の空間が蒸れを防ぐと言う優れものです。
いろいろ種類もあるしデザインも嫌いじゃないんで、
一応保留と言う事で、他も見てみます。
MILLETとかGregoryとかmontbellとかのアウトドア系ばかり見て、
なかなかいいのが見つからないなぁと思っていた所、
ふと、Burtonもバックパックを出してる事を思い出したんですな。
Gravisも含めて、Burton系のものをいろいろ見てて、見つけました。

distortionpack_plaidgarden1.jpg


このテキスタイルが気に入った。
本当はもう少し小さめのEmphasis Packにしたくて、
難波で売ってるのを見つけてたんだけど、
車検後、早速買いに行くと売り切れてたんで、
少し大きめのこのDistsion Packにしました。
結果的には通販で安く買えたし、
自分には少し大きめの方がバランス的に良かったんで、満足してます。
ポケットがいっぱいあって、非常に実用的だしね。

後、自転車のレベルアップです。
一つ目はバーエンド。
ハンドルの端に付けて持ちやすくする奴です。
これは前に付けてあったんだけど、
使っているうちに、握りやすいT字タイプのものに交換したかったんです。

交換前
20061229(001).jpg

交換後          ↓
20061229(002).jpg


人が自転車に乗る時、自然にハンドルを持つと、
手は縦向きになるんですね。
MTBは不整地を的確に走るんで、ハンドルを操作し易い様に横、
ロードは整った道を長く走るんで体に楽な縦と言う事らしいです。


そして、トゥークリップ。
これはペダルに付けて足を引っ掛けるもの

20061229(004).jpg


専門用語を使うと、引き足を使えると言う事らしいです。
自転車を漕ぐって事は一般的にペダルを踏みますよね。
子供の頃からずっとそれが当たり前だったんだけど、
スポーツ自転車の世界ではペダルは踏むものじゃなく、
回すものなんです。
それはちょっと乗ってみると回す方が全然効果的だと言う事が、
すぐわかるんで、今回付けてみました。
ただ、止まる時には注意しないといけないんで、
はじめは練習です。

と言う訳で、自転車関連でした。
またこれで、第2次自転車生活を始めたいと思います。
生パスタ 芦屋 モルト ヴォーノ
2006年12月28日 (木) 21:21 | 編集
前から気になっていた、生パスタのお店、
モルト・ヴォーノに行って来ました。
場所は宮川の交差点を北へ。
岩園をこえて、もう少し行った所の西側にあります。
道沿いやから、すぐ分かると思う。

この生パスタって実はすごく好きなんです。
初めて食べたんは中津浜線と171の交差点を少し北に行った所にあった、
今は無い小さなパスタ屋でした。
初めて食べた時は変な感覚やったなぁ。
モチモチ感のあるパスタは初めてだったんで。
それからも鎌倉パスタなんか行ってたし、
やはり注目の食べ物なんです。

で、今回食べたのはランチ。
前菜・バケット・パスタのセットです。
この日は山菜と桜えびとホタテのパスタで、
ソースが和風・ミート・トマト・クリーム・バジル・ペペロンチーノの
6つから選べます。
バケットも味を選べて、バター・カスタード・香草チーズなんかから選べる。
まず前菜

20061227.jpg


サラダとキノコのイタリアン和え物?
おいしかったですよ。

次にパスタ

20061227(001).jpg


今回はクリームソースにしました。
これまた期待に違わず、おいしかったです。
やっぱこのモチモチ感はいい。好きやな。

バケットは写真に取り忘れたけど、
これもなかなかいいもんでした。
今回は香草チーズを塗ってもらって、
おいしかったね。

これで1000円。
安くはないけど、満足できました。
パスタのソースやバケットに塗るものを選べるのがいいね。
今度はペペロンチーノにしたいな。
ビーフシチューやきそば?
2006年12月27日 (水) 14:09 | 編集
ビーフシチューとやきそば、
この相容れない二つの合体したメニュー。
一度見たら気になるでしょ。
これはよく行く大お気に入りの中華料理店、麒麟のメニューです。
ずっと気になってたんだけど、
ここではいつも食べる香港やきそばやチャーハンを、
変える気がしなくて、頼んだ事がなかったんだけど、
やっと食べました。

で、ビーフシチューやきそばとは、
何なのか。とりあえず写真です。

20061225.jpg


写真でわかる様に、やはり中華料理でした。
味はもちろん所謂ビーフシチューではないです。
なんて言ったらいいのかわからないんだけど、
牛肉の煮込み入りあんかけやきそばになるのかな。
たぶんお店の人もどういう名前にしたらいいのかわからなくて、
ビーフシチューやきそばって名前にした様な気がする。
本場中国では難しい漢字5文字くらいの名前があるんやろうね。
肝心な味ですが、やはりうまかった。
ここはほんと何を食べてもおいしいな。
また今度も違うメニューを食べてみようと思う。
社長チャーハン
2006年12月26日 (火) 17:19 | 編集
今ファミマでこういう弁当を発売してます。
ファミリーマート、社長上田準二の秘蔵メニュー
「あじの干物とたくあんの粋な社長チャーハン」を発売


これを見てみんなどう思うんやろうか。
これ個人的には?????????です。
この商品は、
『料理好きで知られるファミリーマートの上田準二社長が、
「お客様のほっぺを落したい」という思いから、
40代~60代前半の壮年層をメインターゲットとして開発にかかわったもの』らしい。
えっ?今まで「お客様のほっぺを落したい」って思ってなかったんかいな。
「料理好きで知られるファミリーマートの上田準二社長」って、
ファミマの商品開発陣より、優秀なんか?
今までの商品はなんやったんや?と思われるフレーズやね。
社長が考案したメニューって事で買う人はおるんやろうか。
しかも社長自ら料理人の格好して・・・
社長は経営のエキスパートで料理人じゃない。
同じ様な展開でキム兄のシリーズもあるんだけど、あれとは全然違うよな。
キム兄はちゃんとテレビなんかで料理人として出てるし、
ある程度うまいものを作る人として、有名やからね。
社長が何者かも分からない状態で、
これだけ社長を全面に押し出して、社長が作ったメニューって言われると、
うまいと思う訳がないです。

ここでちょっと冷静になって分析を。
この商品は40代から60代の男性に向けて、開発した商品。
「おやじプロジェクト」って言うんやったっけな。
小金を持ったおっさんをターゲットにしたものです。
ここでどういう方向で商品を開発するのかと言った時に、
社長へ白羽の矢がたったと言う訳だろう。
そう考えると、この社長のメニューが出来たのが理解出来る。
社長は普段からいいもん食ってるから、これもうまいだろうって事。
でも、やっぱりこのおやじプロジェクトありきの商品開発はどうかと思うね。
結局、ファミマの社長の位置がはっきりしてないのに、
いきなりチャーハンを作りましたって言われても困るって事やな。
ローソンの新波社長の様にキャラがはっきりしてたら、
まだ効力はあるんだろうけど。

で、肝心のチャーハン、食べてみました。
これがうまいんです。
あっさりしてて、コンビニの油ギトギト感がない。
味も和風チャーハンとしてちゃんとうまいと思う。
一つ間違えれば、OLターゲットのヘルシーメニューでも行けそうやし、
またまた和食と中華の融合的な感じでも行ける。
やっぱ、売り方って難しいよな。
社長のチャーハンじゃ絶対OLは買わへんもんな。
後、単純に権力が嫌いな人も敬遠するだろう。
コンビニの難しさを痛感した一品でした。
車検は男のロマンだ!2006冬 後編
2006年12月26日 (火) 11:07 | 編集
つうか、冬はいらんね。
今のゴルフに乗ってる限り、ずっと車検は冬だから。

こないだの続きです。
問題の箇所は光軸とガソリン漏れ。
まず、光軸については前の検査の帰りに、
運輸局近くのテスター屋でガソリン漏れの応急処置出来るかも含めて、
見てもらいまして、直してありました。
そして、懸案のガソリン漏れ。
これは応急処置が不可だったんで、
いつもお世話になってる車屋さんへ預けて、連絡待ち。
思ったより時間がかかって、連絡があり、
しかも、前回2年前に交換したフューエルポンプを再び交換したとの事。
2年前は安くあげたいと言う事で中古部品を使ってもらったんだけど、
結局新品にしとけばよかったな。
予算的にも思ったより高くてショックでした。
と言う訳で、修理も完了し、いざ再検査へ。

再検査は前回チェックされた所のみなんで、
ここまでくれば、合格はもうすぐです。
お金を払う所で検査料1200円を払い、
受付の所で、再検査の受付をしてもらい、
ラインへ向かいます。
ここでも検査員の方に再検査の旨を伝え、
機械でも再検査箇所(光軸)の申請をして、機械へ。
無事、検査OKで、次は下回りの検査。
ここでも再検査の旨を伝え、ガソリン漏れの箇所をチェックしてもらい、合格。
最後、事務所へ戻り、書類を提出し、
新しい車検証とフロントガラスに貼るシールを貰い、
ユーザー車検終了でございます。

20061226(001).jpg


今回も簡単にはいかなかったな。
次も今のゴルフを乗ってるのか、ユーザー車検を受けるのか、
わからないけど、次回は必ず簡単に済ませたいと思ってます。

で、ユーザー車検について、少し。
ユーザー車検を受けて、今回で3回目。
最初はディーラーにぼったくられるのが嫌で始めたんだけど、
ディーラーのありがたみが分かる様になって来た。
車検車検と言うけど、車検とは国?が決めた車の検査システム。
これは決して、本当の意味での安全検査ではありません。
水回りなんてもちろん見ないし、
ほんと、一般道を現時点で走れるか止まれるか曲がれるか、を調べるだけ。
明日、必ず壊れる車でも問題なく通ってしまいます。
だから、安全に運転する為の整備は別に必要です。
そうなると、やはり車検時はそういう定期検査をする良いタイミング。
ディーラーでちゃんとした検査を受けて、直さなければいけない所は直して、
安心して安全に車を乗ると言う今のシステムは理にかなってる。
その点ディーラーでの車検はいいんだけど、問題は価格。
車の整備はいつ直すのかとか、どのレベルまでは許せるのかとか、
非常にグレーな判断が多いから、それを整備する側が決めれば、
どうしても整備する箇所が増えてしまう。
唯一、これを解決出来るのは知識だと思う。
自分がある程度、車について知識を持つと言う事。
なんでもかんでもディーラーお任せじゃなく、
この部品はどういうものなのかちゃんと理解しておけば、
適正な価格で車検を受けられるんじゃないかな。
で、個人的なおすすめは信用出来る車屋(ディーラー)で点検をしてもらい、
相談しながら直す所は直して、ユーザー車検を受けるやり方。
これなら、ディーラーのいい所とユーザー車検のいい所の両取りやから。
これには時間が必要だから、誰でも出来る訳じゃないんだけどね。

これにて、車検の話は終わりです。
次は2年後に会いましょう。
さようなら。
自分の見てるテレビ番組紹介
2006年12月23日 (土) 07:21 | 編集
HDDレコーダーには毎週録画予約してる番組がたくさんあって、
今日はそれを書いて行くんで、興味があるものは一度見てください。

・日経CNBC マーケットラップ
  これはその日の株式市場の状況を解説してくれる30分番組。
  最近は初めにある全体の市況解説を聞くだけかな。
  こういうのは毎日見てると流れが分かるんで、
  なかなかやめられない番組です。

・ワールドビジネスサテライト(WBS)
  ご存知、経済ニュース番組です。
  ニュースより特集の方が面白くて見てる感じ。
  いろいろ勉強になるし、世の中のトレンドが分かる。
  こういう番組を見てると、いろいろ見識が広がるというか、
  自分が成長できると言うかそんな感じがします。
  ちなみにこの番組で見た話を他人に話すと、
  頭がいいと思われるのでおすすめです。

・カンブリア宮殿
  これは前に書きました。
  著名な経済人と村上龍のトーク番組。
  人間を見る意味で面白い番組です。

・トップランナー
  トップランナーってことで、
  所謂流行かけ、プチブレイク状態の人を呼んで、
  いろいろ話を聞く番組。
  個人的に興味のある人がよく出るんで、
  自然と見る様になりました。
  見たい人や知りたい人がよく出る→出る人は見たり知ったりする価値がある
  と言う流れですね。

・デジスタ
  この番組はデジタルアートを紹介して、ランキングする番組。
  アートなんてよくわからない人にも、わかり易い番組です。
  始まり出した頃に比べたら、パワーダウンしてるけど、
  やはり意外性と言う意味では面白い番組です。

・ファッション通信
  あんまりファッションとか興味がないと思われるんですが、
  モード系は芸術として、ストリート系は文化として、
  ファッションを見ています。
  この番組はモードばっかりなんだけど、
  一応、世界のトレンドを見てみたくて、見てます。
  絶対買えないし、着れない服しか出ないんだけど・・・

・カーグラフィック
  これは単純に車を見たくてみてる。
  生活感の無い、単純に車を見れる方向なんで、夢があります。
  なんかちょっと金持ちになった気分。

・クルマのつぼ
  KBSでやってる新車紹介番組。
  カーグラフィックと違い、現実的にクルマを見ます。
  前身の新車情報って番組は実用性を基準に徹底的に評価してたんだけど、
  こちらはだいぶ緩くなったし、取り上げる車も高級車が多くなった。
  でも、基本はユーザーの目で車を評価してるんで、
  これはこれで面白いかと。

・渡辺篤史の建もの探訪
  これを見るのはライフワークみたいになってるな。
  いろんな家を見るのはやっぱ面白いです。
  家から人生も見えたりするしね。
  渡辺さんが死ぬまで見てると思います。

・きらきらアフロ
  ここ数年本気で笑える番組って水曜どうでしょうだけだったんですが、
  去年からこのきらきらアフロが台頭して来ました。
  やっぱ松嶋みたいな予測出来ない天然系にはどうしても弱い。
  むちゃくちゃ面白いです。ちなみに大阪城ホールのDVD買いました。

・情熱大陸
  人間ドキュメント。
  世の中で言われている様に面白いですね。

・魔法のレストラン
  こういう関西限定のグルメ番組は見てしまいます。
  はずれが多いんだけどね。

・水曜どうでしょう
  これはサンテレビのクラシックとKBSのリターンズの両方。
  でも、もう一度見た企画ばかりなんで、微妙です。
  昔、ハイエナの様に新しい企画を求めてた時代が懐かしい。
  大泉先生もかなり有名になったし、ピークが過ぎた感じやね。
  でも、新企画にはまだまだ期待してますよ。
  プロの仕事を見せつけて、大爆笑させて欲しいね。

後はめちゃイケ、コナン、sakusaku、ワンピースとかかな。
書く程でもないものです。

一応これが自分が面白いと思う番組。
自分の嗜好として、ただ面白いと言うより、
勉強になると言うか、参考になると言うか、
そういう番組が多いと思うんで、
見る価値はあると思います。
気になったものがあれば、是非どうぞ。

いろいろ書いてると長くなってしまったな。
でも、毎週これだけテレビ見てるんかと思うとちょっと怖い気もするね。
まぁ、100%すべてみてる訳じゃないし、倍速とかで見てるから、
それほど時間がかかる訳じゃないんだけど、
もうちょっと他に時間を掛けないとあかんかも。
ラーメン 芦屋 珍遊
2006年12月22日 (金) 18:40 | 編集
芦屋の2号線沿いにあるラーメン屋「珍遊」です。
ラーメン激戦区と言われる芦屋の2号線沿いで、
完全にスルーされてる珍しいお店。
それはどうも店主の方が取材拒否をしているかららしい。
かなり昔に行った事があるんだけど、
そういう話を聞きながらも、全くつぶれる気配もなく、
ひっそり佇んでいるんで、気になって行って参りました。

ここは名前でわかる様に、京都一乗寺の有名店珍遊と関係あるお店。
(どういう関係かはわからないけど)
そういう事で完全にあの豚骨鶏ガラ背油系の京都ラーメンが食べられる。

ラーメンはこってりとあっさりがあって、こってりを注文。

20061222.jpg


ついでにおいしいらしい唐揚げ定食にしました。

20061222(001).jpg


ラーメンはやはり京都系です。
可も無く不可も無い感じ。
唐揚げもまぁまぁ普通な感じでした。
昔行った時も大した感想はなかったんだけど、
今回もそんな感じですな。
ただ、やはり京都ラーメンが近所で食べられるのは貴重だと思う。
あの味が食べたくなったら、珍遊へまた行きたいと思います。
こないだ行った昼食を2つ。
2006年12月20日 (水) 09:20 | 編集
まず、五右衛門でパスタ。
今回はエビと蟹のクリームソースだったかな。

20061215.jpg


ここは自分的にはかなり好きですな。
これもおいしかったです。
ちょっと高いけど。

そして、西宮はがくれでかまたま

20061212.jpg


ここはあまり行きたくないんだけど、
どうしても行ってしまう不思議なお店です。
積極的には行った事がないんだけど、
もうあそこでいいかってな具合で選択されてしまう。
で、今回は初めてかまたまを食べました。
これまたまぁまぁでしたな。
少しほめておくと、このかやくご飯はうまいです。
かやくご飯ランキングは1位やね。
中華料理屋 東海楼
2006年12月19日 (火) 14:11 | 編集
近所で超有名な中華料理店「東海楼」に行ってきました。
ここは結構昔から口コミでうまいと聞いてたお店。
それが最近雑誌に載ってたり、テレビで紹介されてたり、
行かないとあかんなぁと思ってたんですが、
あまりにも近所過ぎて、逆に行く機会を逸してました。
いつでも行けると思うとなかなか行かないもんなんで。
で、今回は妹が東京から帰って来たと言う事で一家総出で行ってきました。
注文したのは、

ワンタン麺

20061217.jpg


あっさりしたスープで完全に中華料理屋のラーメン。
普通においしかった。

天津飯

20061217(001).jpg


甘めのあんでこれまたうまかったです。

五目やきそば

20061217(002).jpg


上にのってる玉子焼きがポイントかな。
これまたうまい。

レタス炒飯

20061217(003).jpg


上にのったミンチとレタスでなんかミンチのレタス包みと炒飯って感じでした。
これもうまかった。

ここまで書けばわかると思うけど、
うまかったんだけど、どうも物足りないと言うか、
普通と言うかそんな感じでした。
「普通にうまい」それ以上何も言えない感じ。
良質な大衆中華料理屋です。
こういうのってすごく難しいな。
多分バランスがいいとかそういう良さだと思うんだけど、
うまく表現出来ない。
いいお店だと思います。
でも、個人的には麒麟の方が好きかな。
MacBook Pro 購入記 その4
2006年12月16日 (土) 07:03 | 編集
もうMBPがうちに来て、2ヶ月弱か。
本当に重宝してます。
前にもレビューを書いたんだけど、
もう少し長く使ってみた感想を書きます。

まず、前書いた事の検証を。
スピードに関しては未だ文句無し。
不満はまったくないですね。
大きさに関しては慣れてきました。
たまに持ち運ぶんだけど、
重さも大きさも慣れれば問題無し。
歩きで長時間持ち歩く以外はほんと問題ないと思う。
熱さに関して以前はちょっと気になったんだけど、
今の季節柄、これも全く問題無し。
長時間使っていても、熱くはなりません。
いやぁ、ほんといいものを買ったと思う。

で、前に書いてなかったBootCampの事を。
これは自分が使う限り、不具合もなく、極々普通に使えてます。
こういうものって普通に使えるってのがベストやね。
でも、せっかく普通に使えてるのにこんな事書くのはどうかと思うんだけど、
もう所謂ウインドウズ機ってのが
世の中にいらないんじゃないかと思うくらい、
自分の場合、Windowsは立ち上げません。
もう1週間に一回あるかないかやな。
DVD関係のツールを使う時のみです。
普通の人が普通に使う時、もうマックで出来ない事なんてないと思う。
(DVD関係も自分は今まで使ってて、使い慣れてるから使ってるだけだし)
どうしても使いたいソフトがウインドウズにしかないと言う人以外、
今の所ウイルスの心配もないし、ほんとマックをおすすめします。
ちょっと使いたいだけなら、BootCampで十分実用足り得るしね。

と言うことで、これでMBP関係は終了と言う事で。
ほんとこんなに満足出来るパソコンは
初めてじゃないかと思うくらいです。
いいもん買いました。
来年は福袋に始まり、iPhoneに期待ですかね。
これらはほんと楽しみにしてます。

後、少しマック関連で追加を。
ワイヤレスマイティーマウスですが、壊れました。
まず右クリック。
これが効かない事が多過ぎです。
右クリックも出来るワンボタンマウスって言うふれこみなんで、
押し方とか工夫がいるのか、正直普通に常用出来る状態じゃない。
後、スクロールボールが早くも下方向が効かなくなりました。
これはほこりがたまってしまってるんだと思うんだけど、早過ぎ。
ほこりがたまるのは知ってたから、気にして使ってたのにこれでは辛いです。
買った当初はおすすめと書いたんですが、撤回します。
おすすめではないです。
右クリックに関しては有線版の方は問題ないらしいんで、
その機能をそのまま無線でもお願いします。
スクロールボールに関しては掃除出来る様にしてください。
デザインは最高やのに残念過ぎます。
車検は男のロマンだ!2006冬 前編
2006年12月15日 (金) 16:10 | 編集
2年に一度の恒例行事、今年もユーザー車検に行って参りました。
今回はまたユーザー車検を受けるかもしれない自分の為にも、
手順を書いて行きますので、参考にされる方はしてください。

まずは準備。
とりあえずと言う事で、
筆記用具(鉛筆・ボールペン)、判子は必要。
後、検査を受ける時にバインダーがあれば便利です。
次に書類を集めます。
基本的な書類は運輸局で手に入るんで、
準備と言う程じゃないんですが、
必要なのが納税証明書。
5月に毎年来る嫌なあれですな。
後は通常車に常備してる車検証と自賠責保険の証書、
その他は現場で調達です。
そして、車をチェック。
チェックと言っても、素人が車検に通すだけなんで、
大したもんじゃない。
ライト類がちゃんと点くか、発煙筒の期限、
そんなもんです。
古い車になると、下回りなんかは見ておいた方がいいと思うけど、
ジャッキアップが必要だし素人には無理なんで、
ちょっと水洗いしておくだけでいいと思います。
最後に検査の予約。
電話でもネットでも出来るんで都合のいい日にあわせて、
予約するだけです。

では、予約した日に運輸局へ。

20061214.jpg


運輸局では結構ユーザー車検の人に優しく、
いろいろ表示があるし、説明もしてくれます。
まず書類を調達し、各種料金の支払い。
ここは流れ作業的に窓口を移動。
書類の購入(60円)、自賠責保険の加入、検査料(1400円)の支払い、重量税の支払い、
後、去年から義務付けられたリサイクル料を支払います。
これで支払い関係は終了、次に検査の受付をして貰います。
受付の前に書類を記入しないといけないんですが、
これは受付の前に書き込む所があって、
例に従って書いて行くだけです。
住所名前、車両番号、走行距離なんかを書くだけなんで、
誰でもすぐ出来ます。

20061214(001).jpg


書いた書類関係を受付に提出し、いざ検査です。
ここで一つポイントが。
書類の中に点検表と言うのがあるんですが、
これは後から点検をすると言う事で、提出しなくてもいいです。
(法律的には車検時にしなければいけない点検なんで、
後からしないといけませんが、点検前に車検を通す事ができます)
受付の人には後でしますと言ってください。
「前検」と言う判子を押してくれます。
これで検査ラインへ行きます。

20061214(002).jpg


検査ライン手前ではまず検査員の人が
ライト類、発煙筒、クラクション、エンジンルームなどのチェックをしてくれます。
普通に指示通り、ライト類を点灯したり、エンジンルームを見せるだけなんで、
すぐに終わります。
そして、検査の機械へ。
ここも機械の指示通り、
サイドスリップ、スピードメーターやブレーキ、光軸、を検査して行きます。
これも指示通りするだけなんで簡単。
ここのポイントはブレーキは思い切り踏めと言う事かな。
ここが終わると、検査表に結果を印刷してもらって、次へ。
下回りの検査へ行きます。
指定された位置に止め、下の人の指示に従います。
これも勝手にしてくれるんで、問題ないです。
最後は排気ガスの検査。
これも機械をマフラーに突っ込んで待つだけですね。
ここでも検査表に結果を印刷し、これで検査は終了。
後は、もう一度事務所へ行って、新しい車検証とシール等を貰って終了です。

流れとしてはこんな感じ。
車に問題が無ければ、半日で十分終わるね。

で、今回の話を。
3回目となると、準備も滞り無く出来、当日も順調に検査まで行きました。
検査でも慣れたもので、順調に進んでたんですが・・・
右のライトの光軸がずれてました。
前もずれてたんで、走ってるうちにずれるもんなんかな。
左は一切ずれてないのに。
で、最後下回りでも、なんとガソリン漏れ・・・
つうか、これも前と一緒。
なんで2回連続で同じ所を直さないといけないんやろ。
と言う事で、すぐに修理不可能なんで、おとなしく帰って来ました。
再検査は2週間以内に行けばいいと言うことなんで、
早いうちに直して持って行きたいと思います。
その時の事は後編で。
プリウスがやって来ました。(写真追加)
2006年12月15日 (金) 15:17 | 編集
遂に月曜日、プリウスが納車されました。
9月23日に注文したらしいんで、
2ヶ月ちょい待った事になるのかな。

うちに持って来てもらってもよかったんだけど、
ちょうど用事があったと言う事で、
ディーラーまで取りに。
第一印象は、「おぉマークⅡと同じ匂いだ」と言う事でした。
トヨタの新車はずっとあの匂いなんやね。
当然、両親の車なんで、自分はほとんど乗る事はないんだけど、
ちょっと借りて、30kmばかり走って来たんで、少しレビューをしときます。

まず、車として「走る曲がる止まる」はどうかって事ですが、
これはとても不思議な気分になりました。
そもそも、車の概念がいまいち通用しない。
エンジンだけで動いている訳じゃないし、
ギアもない(無段変速CVTなんで)。
全く別世界の車だと思う。
スイッチを入れて、Dレンジにし、
アクセルを踏んでスタート。(この状態ではエンジンオフ)
少し走るとエンジンオンで音が聞こえてきます。
ちょっと踏み込むとエンジンがうなり、綺麗に加速して行く。
80kmくらいまではすぅぅぅーと上がって行くんで、怖いくらい。
でも、これはCVTの特徴なのかな。
後、エンジンの回転数と速度がちゃんとリンクしないんで、
そういう違和感も感じる事があります。
曲がる止まるに関しては、良くも悪くもトヨタど真ん中。
少しふわっとした感じでブレーキはかなり良く効く感じ。
燃費に関しては、大体リッター20くらいでは走ってました。
荒い運転をするとハイブリッドの意味が無いくらいなんだけど、
普通に「無駄にアクセルもブレーキも踏まない運転」をすれば、いい感じです。
これ以上燃費を上げるには、少し特殊な運転が必要なんだろうね。

そして、走る曲がる止まる以外の所。これはすごくいいです。
まず、スマートエントリー。
鍵を持っていれば、ドアハンドルに手をかければ解錠、
ドアハンドル横にあるスイッチを押して閉錠。
スイッチも鍵を持っていればスタート出来ます。
むちゃくちゃ便利です。
ちょっと確認し難いドアの開閉状態もドアミラーの状態で判断出来るので、
これも便利。
ナビはトヨタの純正です。
多分、最新のいい奴に比べたら性能は劣るんだろうけど、
うちには必要十分の性能。
しっかり車と連動してるんで、その点は大きなプラスポイントです。
この車の大きな特徴の現状表示と燃費計は、
やはりハイブリッド車に乗ってる気にしてくれる。
エアコンも音楽も全て一括管理だと言うのはやはり便利やね。
インテリジェントパーキングアシストに関しては、
世間一般にいらないと不評なんだけど、
思ったより、よかったです。
と言うのも、バックモニターに
このままのハンドルでバックした時の車の軌跡と、
真っすぐバックした時の軌跡が表示されるんです。
これを目安にハンドルが切れるんで、ほぼ100%一発駐車できる。
使える機能やと思うな。
ちなみに電話もBluetooth接続でハンズフリーいけます。
電話帳もナビに内蔵だから、ナビから電話出来る優れもの。
ナビで店を検索して、そのまま予約の電話も出来るから、
こういう使い方をする人には、最高なんじゃないかな。
後付けのDVDプレイヤーも問題無いし、
長距離を最高に楽しく移動出来る車になってます。
後、個人的に気に入ったのは、ステアリングに付いてるスイッチ類。
燃費計・地図・電話・オーディオ・エアコン、簡単な操作は全部出来ます。
これは非常に便利。
よく使う機能をしっかり網羅していて、いいです。

とりあえず、これが一度乗ったレビューなります。
総じて、非常にいい車ですよ。
運転自体は楽しいとは言えないんだけど、
それ以外が最高に楽しいし、便利。
すごく、未来を感じてます。
リアル知り合いの方は、また乗せる機会もあると思うんで、
お楽しみに。

写真は後日アップします。
外から

20061215(003).jpg


内装
20061215(002).jpg


左側のオーディオ部分の下にあるのがDVDプレイヤーです。
アップル福袋 LuckyBag 2007
2006年12月13日 (水) 02:04 | 編集
これは福岡遠征のおまけみたいなもんです。
ここを更新した様に、入れ替え戦の当日は眠れずに、
ずっとMBPの前でいろいろネットして、
そのついでにずっとアップルの福袋もチェックしてました。

luckybag.gif


このアップルの福袋は3回目になるのかな。
今年はしっかり死ぬ程寒い中ゲットしまして、
来年はどうするかなぁなんて思ってたんだけど、
なんとオンラインストアでも販売する事になったんです。
一日10個、20日で全200個と言う、超難関。
どうせ無理だろうと、ぼちぼち見てたら・・・
きたぁぁぁぁぁぁーーーーーと言う訳で、即ワンクリック。
なんと購入出来てしまいました。

今年も正直期待はずれだったし、
買うかどうかも考えてたのに、
やっぱ目の前に限定品が出てしまうと、
クリックしてしまうね。
でも、買ってよかったな。
こういうのって中身がわからないんで、
買うかどうか迷うんだけど、
結局買った方が人生楽しい。
はずれだとしてもこれもまた人生ですよ。
1月2日が楽しみです。

<追記>
どうもアクセスが増えてると思ったら、
この福袋関連で来ていただいてる方が多いみたいなんで、
もう少し詳しい情報を追加しときます。
自分が購入出来たのは9日の午前2時55分頃。
ワンクリック設定をして、リロードしてたら、
購入出来る画面になりました。
整備品を買う時なんかと同じ様な画面で、
選択のチェックボックスがあって、そこにチェックを入れ、
ワンクリック購入かカートに入れるを選択出来ます。
そこでワンクリック購入ボタンをクリックすると、
注文確認の画面が出たと思います。
私が買えた3日目はかなり競争率は低かったみたいで、
間違えて二度選択ボックスにチェックを入れずに
ワンクリック購入ボタンをクリックしたんですが、
まだ売り切れにはならず、買えました。
今はなかなか難しいみたいですが、
購入希望のみなさんの健闘を祈ってます。
ちなみにあの日2chで「きた」と書き込んだのは私です。
あのスレは大好きで去年も今年も一緒に楽しんだから、
あそこの人には買って欲しくて。
ヴィッセルファン感謝デー
2006年12月11日 (月) 08:56 | 編集
朝、帰宅だったんだけど、流れで行ってしまいました。
昇格報告会がどうしても見たかったのと、

fankansyuugou20.jpg


これが欲しかったから。

200612110.jpg


昇格記念Tシャツ

やっぱ、アツの「生涯神戸」宣言はよかったね。
家に帰ってからは死んだ様に寝てしまいました。

J1J2入れ替え戦 第2戦 VS 福岡 
2006年12月11日 (月) 07:36 | 編集
遅くなりましたが、入れ替え戦についてです。
ほんと疲れました。

行きますエントリーの後、バスの出発地三ノ宮へ。
予定通りに着いたんだけど、
ツアー会社の不手際で1時間出発。
途中レポした通り、宮島SAで穴子寿司を食べ、

20061209114209.jpg


(たぶん煮穴子だと思うんだけど、むちゃくちゃうまかった。600円也)

スタジアムに着いて席に座ったのは試合開始30分前だったかな。


正直、試合についてはほとんど覚えてません。
長時間バスに乗ってたから、三半規管がやられてて、
ずっと気持ち悪かったし、もう舞い上がってしまってたしね。
そんな中でも思い出してみると、
前半は福岡ペースでした。
左サイドを茂木、トップ下アツ君と、
慣れないフォーメーションでスタートした事とか、
福岡がサイドの対応をしっかりして来た事とかあって、
神戸はなかなかうまく試合運びができなかったな。
アウェーゴールで多少有利な神戸と後の無い福岡と言う事で、
メンタル的な事もあったのかもしれない。
後半は少し神戸が持ち直した様に思う。
しかし、0-0では延長で神戸には不利。
どうなるかと思った15分、
アツのクロスにクニが競ったこぼれ球を近藤がゴール。
いすの上に立って、ガッツポーズをしてた事は覚えてます。
しかし、これで完全に福岡の押せ押せペースになりました。
本当は前にスピードのある選手を入れて、
カウンターから追加点を狙いたい所なんだけど、
そんな余裕は全くなかったな。
時間を稼ぎながら(J2での経験が生きた)、守れてたんだけど、
遂に40分頃、コーナーから同点。
もうここからは、心臓がどうなる事かと。
最後の所なんて、完全に空気が止まってた。
で、歓喜の瞬間が訪れました。
この一年、みんなこの瞬間の為にがんばってきたんで、
心の底からうれしかった。
周りに泣いてる人多数で、アツ君を見た時には自分も少しウルッと来たね。
彼の想像を絶する辛さは感じる事が出来たから。
ほんとすばらしい経験ができました。
選手もスタッフもみんなサポーターにありがとうと言ってくれるけど、
ほんまこちらの方がありがとうです。
こんな思いをさせてくれて、ほんと感謝しかありません。

福岡もほんといいチームでした。
気持ちが入ってて、いつやられてもおかしくなかった。
現に0-0、1-1でスコア的には同点。
でも、最後に神戸が昇格出来たのは、
ほんの少しの気持ちの差だろうと思う。
神戸の方が少しだけJ1に行きたい気持ちが強かったんだろうなと。
福岡さんには来年昇格してもらって、
再来年には再度J1で対戦したいと思います。

帰りは試合1時間後にスタジアム出発、
博多駅で3時間程の食事休憩があり、
神戸へ帰る予定でしたが、
なんとスタジアムから博多駅まで渋滞の為1時間半もかかり、
結局休憩は1時間半。
中州とか天神とか歩いて行ってみようと思ってたのに、
どこにも行けず、キャナルシティーと言う商業施設で、
超有名店「一蘭」のラーメンを食べて、

20061209213245.jpg


(これまたうまかったです。なんで関西にないんやろう?)

少しだけお土産を買って神戸に戻りました。

それにしても、今回のバスツアーは酷かった。
出発の1時間遅れにしても、博多駅での休憩が1時間半になった事も、ありえへん。
どちらも前もって準備しておけば、絶対にさけられる事。
キックオフ前の時間も、博多駅での時間も、
金払ってるのに、なんで予定より大幅に減らされなあかんねん。
昇格を決められたから、話題になってなかったけど、
ほんとひどかったです。
今後、出来る限り、バスツアーは使わない様にしようと思います。

とにかく、ほんと昇格出来てよかった。
チームはこれからもずっと続くんで、
この経験を活かして、将来優勝出来るチームになって欲しいと思います。
ついでにアツ君に習って俺も「生涯、神戸宣言」しときます。


行ってきます!!!
2006年12月09日 (土) 05:23 | 編集
そろそろ、出発します。

ヴィッセルを見出して、これだけの大一番は初めてだと思う。
サッカーとかあまり興味のない人は、
ただサッカーチームを応援してるだけと思うんだろうけど、
自分にとっては、そんな単純なもんじゃない。
ほんとにいろんなものが重なり合って、今日の試合があります。
神戸の選手・フロントはほんとに人生を掛けて戦います。
彼らはこの試合勝つか負けるかで人生が変わる。
正直、サポーターってのはそこまで人生が左右する訳じゃないけど、
みんなそれぞれの思いがあって、ヴィッセルを応援している訳です。
自分も見始めて5年。
いろんな意味でたくさんの勉強をさせてもらったし、
楽しい思いもさせてもらった。(悲しい思いもしたけど)
ヴィッセル神戸と共に生きて来た気持ちがある。

普段は声を出して応援しないんだけど、
今日はいつもとは違います。
自分も選手と一緒にやれる事を精一杯して来ます。

ちなみに今日の試合はBS1で午後4時から中継です。
よろしければ、画面の前で一緒に応援してください。

J1J2入れ替え戦 第1戦 VS 福岡 
2006年12月06日 (水) 23:09 | 編集
アウェーゴール方式が取られているこの入れ替え戦。
第1戦のホームゲームをどう位置づけるかが非常に難しい。
ホームだから勝たなければいけないと言う事と、
アウェーゴール(2倍扱いになる)を与えてはいけないと言う事。
点を取りに行くのか、守りを優先するのか、
結果的には守りを優先し、最低限の結果を得たと言った所かな。

前半の入りはなかなかよかった。
攻撃も守備も自分達のサッカーが出来ていた。
守備も決定的なものを与えず、
チャンスも右サイドから作れていた。
だんだんぐだぐだになって行ったが、
常に攻め続けるってこともないんで、
これでOK。
後半も変わらずのペース。
しかし、時間が経つに連れ、むこうに疲れが出たのか、
神戸が攻勢に出る。
カウンターで危ないピンチが少しはありながらも、
概ね神戸が攻め続けてたが、点をとれずに試合終了でした。

結果的には最低限の結果。
アウェーゴールは奪われなかったが、勝てなかった。
しかし、大きい収穫が二つある。
一つ目は自分達のサッカーが出来ていた事。
今までみたいに研究されて何度も対戦してと言う事もないから、
やりたい事を消されてどうしようもないという事はなかった。
二つ目は福岡が十分に戦える相手だと言う事がわかった事。
これで、選手は自分達のサッカーをしっかりやれば、
勝てると確認出来たと思う。

今日の試合勝てなかったのは、後もう一つ何かが足りないからだろう。
その、後一つキャプテンが次の試合は帰ってきます。
福岡では今年1年戦った自分を信じて、
自分達のサッカーを見せて欲しい。
そうすれば、必ず結果はついてくると思います。

土曜はしっかりこの目で昇格を見てきますよ。


いよいよ
2006年12月06日 (水) 18:48 | 編集
20061206184844


いよいよ

スタメンを見る限り、
今までやって来た事を信じて
戦おうと言う事やな。
勝ち負け関係無く、みんなが自分の力を出せる様に祈るのみです

チケットゲット
2006年12月03日 (日) 10:26 | 編集
行くぞ!

20061203.jpg

J2リーグ 最終節VS仙台
2006年12月02日 (土) 16:48 | 編集
いつものごとく、勝たなければいけない試合。
勝てば昇格。この日の為に一年やってきたと言いきれます。
怪我に出場停止にと、ディフェンスラインが今期初めての布陣、
遠藤兄も初先発と言う事で、不安だらけでキックオフです。

前半は思ったより、よかった。
いい形での攻撃もあり、得点の雰囲気が漂ってたんだけど・・・
テレビでは見えなかったんだけど、荻くんのミスで失点。
絶対してはいけないミスをして、大切な先制点を献上。
相当、不利な立場になってしまった。
勝つためには後半早い段階で点が必要だったのに、
逆にロペスにミドルをぶち込まれて、2-0。
こうなると、バランスを崩して攻めに行くしかなくなり、
逆にカウンターからたくさんのピンチを迎える。
これは荻くんがスーパーセーブを連発し、止めるも、
結局、終了間際に近藤が一点と返したのみで万事休す。
柏が勝ったため、福岡との入替戦の出場決定です。

決して気持ちが入ってなかったとか思わない、
ここ数試合同様、実力負け。
怪我でメンバーが揃わないと、どうしようもなかった。
後は入替戦。幸い出場停止のメンバーも帰ってくる。(アツくんはいないけど)
今シーズンの総括は後にして、まずは6日のホームゲーム。
無失点で勝利を。

ちなみに、福岡行きます。
カップラーメン「中村屋」
2006年12月01日 (金) 02:38 | 編集
私が思う史上最強のカップラーメンは数年前に発売された、
「中村屋」です。

これはご存知、神奈川の名店「中村屋」のラーメンを再現したもので、
チー油(鶏油)がポイントの塩ラーメン。
これはまじでうまかった。
毎日は大げさだけど、かなりの頻度で食べてたと思う。
でも、悲しいかなカップラーメンはサイクルが速いんで、
すぐに無くなってしまったな。
自分の中では伝説のラーメンとして、語り継いでました。

それが、偶然入ったサンクスにて発見!!!!!!!

V6010043.jpg


復刻版と言う事で再発売になってます。
いやぁ、感動した。
あれがまた食べられるんやと。
家に帰って早速作ってみたんだけど、
これグレードアップしてました。
びっくりしたんだけど、
具・スープ・油を入れるタイミングが、
好みによって変えられる様に説明があります。
やっぱ相当こだわってるね。
おいしいものを作ろうとする気持ちが伝わります。
で、味なんだけど、どうも昔のイメージが強すぎたのか、
ちょっと期待し過ぎた感があるのか、
まぁまぁと言った所でした。(もちろんおいしいけど)
ちょっと作り方も間違えたので、近い内にリベンジしたいと思います。

もう一つ、これは昔から気になってた事なんだけど、
この「中村屋」のカップラーメンは十勝新津製麺と言う所が作ってます。
気になるカップラーメンを食べるとたまに見かける名前。
(スープの袋とかにプリントされてます)
いわゆるカップ麺メーカーじゃなく、
こういうコラボものとかを中心にオーダーメイド的に作ってるカップラーメン屋らしい。
それがこれまた偶然WBSで紹介されてました。
やっぱこだわって作ってる姿が映ってた。
カップラーメンと言えば、日清とかマルちゃんとか明星とか大手が目に入るけど、
この十勝新津製麺の様なメーカーの方がおいしいものを作ってるってのは、
すごく面白いよな。
こういうメーカーが注目されるってのはしっかりおいしいものを作ってる証拠なんで、
またチェックして、いろいろ食べてみたいね。
とりあえずは、「中村屋」の醤油やな。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。