franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Boot Campで2本指スクロール
2006年10月31日 (火) 18:42 | 編集
『Boot Camp 1.1.2』が登場──ノートで“2本指スクロール”が可能に

導入して一日。
こんなに早く対応してくれるとはw
マックでウインドウズが動いて、
おぉぉぉとは思ったけど、
スクロールできないのはかなり不便でした。
後、英数/かなキー?が無いんで、
どうも入力に時間がかかる。
これどちらも対応してくれてんな。

早速BootCampのエントリーですが、
やはり一番の問題はHDDの相互読み書きやね。
これが実現すれば最高やのにな。
スポンサーサイト
MacBook Pro購入記 その1
2006年10月31日 (火) 15:44 | 編集
少し遅くなりましたが、MacBookProの話です。

昨日、午前中に来ました。
まず、開封。

20061031(001).jpg


箱かっこいい。

20061031(002).jpg


なかもデザインされてる。さすがやな。

20061031(006).jpg


早速、電源オンで使うのが普通なんだけど、
そもそもこんなに早く着くとは思ってなかったんで、
まずは追加のメモリとキーボードカバー、トラックパッドの保護シート
を買いに再び日本橋へ行きました。
メモリはポイントで買おうと思ったんだけど、
本体と同時購入なんで、本体購入時に付いたポイントは使えないとのこと、
何しに来たのかわからなくなったが、
残りのものだけ買って帰宅。

帰宅後はいじりまくり。
とりあえず、Macを一から初期設定をして、
次にBootCampでWindowsのインストールです。
手順は
BootCampのインストール。
Mac for WindowsのドライバCD作成。
BootCampを起動し、
HDDのパーティションを分け、
Windowsのインストール、
ドライバのインストールで終了。
ここまで終わり、早速起動してみたんだけど、
Windows側からMac側のHDDが見えない。
あれ???と調べてみると、Win側からは見えないんやな。
しょうがないともう一度パーティションを2つに切り直し、
OSのディスクとドキュメントディスクを作り、再度インストール。
すると、今度はBootCampが立ち上がらない。
パーティションを前もって切るとBootCampが使えないらしいんです。
と言う事は、Windows側からは何もできないと言う事。
(詳しく書く、とWindowsでもMacでも読み書きできるFAT32形式では、
32GBしかフォーマットできないんで、後の約90GBは使えない形になる為)
ちょっとショックを受け、もう一度最初から全てやり直し。
Win用のHDDは必要十分だと思われる20GBに設定し、
結局、夜9時頃にOSのインストールは終了しました。
後はブラウザなんかの普段使うソフトを入れて、現在に至っております。

詳しい使い心地なんかはおいおい書いていくとして、

まず、第一印象ですが、「美しい」

ほんとデザインが綺麗です。
お店でさんざん見てたんだけど、家に来ると違う。
そして、もう一つ。
一緒に付いてくる簡単なマニュアルの1ページ目にやられました。

「おめでとうございます。このMacBook Proは

   あなたに出会う為に作られたのです」

と書いてありました。
一気にこのMacBook Proが大切なものになった。
正直この文章を読むまで、ほんとに買ってよかったのかわからんかってんな。
勢いで買ってしまった所もあるし。
でもね、やっぱこの子はうちに来る為に生まれて来たんですよ。
大切にします。

お久しぶりの超こってり、無鉄砲
2006年10月29日 (日) 17:09 | 編集
今日は日本橋と言う事で、
近くのど豚骨ラーメンの無鉄砲に行って来ました。

さほどお腹も減ってなかったんだけど、
ここに来たら妥協は出来ないと頼んだのはこれ。

20061029.jpg


堅め・こってり・ネギ多目
いやぁ、やはり凄かった。
今、5時間くらい経ってるんだけど、
まだお腹一杯。
次はあっさりやな。
MBP or not、その後
2006年10月29日 (日) 17:04 | 編集
早速、報告であります。
やっちまいました。
MacBookPro購入です。

パソコン買うならソフマップと言う事で行ったんですが、
本日マックを購入すると、ポイント10%還元、
光フレッツに加入すると2万円引き+保証無料、
簡単に言うと5万円引きと言う事です。
神様はいるのかな。

とりあえず、報告まで。
明日、送られてくるんで、
詳しいレビューはまた明日。
これから、BootCampや環境移行の準備です。
MBP or not
2006年10月29日 (日) 11:44 | 編集
かなり真剣に悩んでます。
買うか買わないか。

まず、根本的な買い替え要因はスピード。
現在手持ちのノートは、
iBookG4 / PowerPC G4 1GHz/768M/30G
ThinkPad X30 / Pentium3 Mobile 1.06GHz / 640M / 80G
正直どちらも速くないどころか、今になっては、
自分の用途では遅いと言ってしまっていいと思う。
動画なんかも重いものであればこま落ちしてしまうし、
重い作業(エンコード)をすれば、
やはり待つ時間が相当になる。
(ネットサーフィンなど通常使用では問題ないけど)
メモリの量も関係あるけど、
やはり絶対的なCPUスピードが足りないのは明白。
次にコンピューターの一本化。
現在、メインはX30でサブ的にiBook。
前にも書いた様に、結局実質使うのは1台だから、
いいものを一つにしたい。
その方が環境を統一出来て便利だし。
そして、いいプロダクトが欲しいと言う欲求。
昔、大学の卒論の為、
父親に買ってもらったPowerMac G3 MT266は、
一昨年まで6年間使い続けた。(この私がですよ)
最後の1年は改造を加えドーピング状態だったけど、
これだけ技術が進歩したのに6年も使えていたと言う事は
いい物を買っておけば、長く使えると言う事だと思う。
このMT266にはやっぱ最高の愛着がある。
もちろんiBookもX30もまじで大好きだけど、
MT266ほどかと聞かれれば残念ながらそうじゃない。
これはiBookやX30が悪いとかじゃなく、
単純に使っている時間の問題だと思う。
だから、次に買うものは長く大切に使いたい。

で、それを踏まえて、
もちろん買い替え候補は一択。
MacBookProです。
今の事を考えると何もかもが上。しかもかなり上。
でも、今の事を考えるのは意味がないんで、
こないだの記事とかぶりますが、
少し先の事を考えて、
今MBPを買った時の問題点を書きます。
まず、CPU。
これは問題ないんだけど、
プラットフォームが問題です。
今のプラットフォームはNapa、
来年に準備されてるのが次世代のSanta rosa。
やはり大きく変わるらしい。
どのくらい変わるのか、
詳しく分からないので、熟考が必要です。
次にGPU。
これは現在のものが非力。
もっといいのがあるのに載せられてないねんな。
改善の余地ありです。
OSは来年Leopardが出ます。
間違いなくこれは必要だから、
今MBPを買うとなると、
買い増しと言う事になるな。
最後は筐体。
まぁ、簡単に言うとデザインです。
これは水ものだけど、
もし、自分にとって最高のデザインで出て来たら、
悔やみ切れへんよな。

一方、いい点は、
待ちに待ったMerom。
全てに於いて、速いことは間違いない。
そして、初物からのマイナーチェンジを終え、
熱問題やチーチーノイズ等の問題を解決し、
安心して使えるまでレベルアップしている事。
つまり、このモデルなら
初期不良の事を考えず、
安心して買えると言う事やな。

そんな感じですな。
突然ですが、これから日本橋まで実物を見に行ってきます。
もしかしたら、次の更新はMBPでするかもねw
自転車のホイールについて。
2006年10月27日 (金) 10:22 | 編集
ちょこっと報告です。
先日、歪んでしまったリアホイールですが、
結局、自転車屋で修理不能と言われてしまいました・・・

事情があって、保証が効かないので、
オークションで丁度いい出物が出るのを待つことにします。
安くいい物にであればいいのですが。
Softbankの予想外割
2006年10月26日 (木) 13:21 | 編集
先日発表されたソフトバンクの予想外割。

6つの予想外――ソフトバンク孫社長の秘策

もちろん現在不本意ながらソフトバンクなんで、
関係ない話ではありません。
中身を見てみると・・・・
やはりソフトバンクやな。
YahooBBの時と同じで、
初めだけ安く見せておいて、
後からがっぽり搾り取るシステム。
中身を精査しない人を騙す感覚です。
こういうやり方は好きじゃない。

で、これは5つの予想外で、6つめが今日発表でした。

6つ目の予想外は「端末全機種0円」

非常に言い難いのですが、
心揺らぎまくりです。
0円はいい響き。
まぁ、感覚的なことはさておいて、
これ単純に言うと端末価格を
分割払いにするという事みたいやね。
おそらく電話料金と一緒に払う形になるんちゃうかな。
基本的に借金自体は嫌いなんだけど、
個人的にはこの払い方は好きなんです。
減価償却の考え方に似てるんだけど、
例えば、12万円のパソコンを
1年間・月1万円の分割で払ったとすると、
パソコンを使う事に対して1ヶ月1万円払ってると考える。
わかりやすいし、前もって高い金出すよりも、
合理的だとすら思う。
毎月使用料を払ってるみたいなものだから。

一応、SO903iを購入の方向で考えてたんだけど、
とりあえずは年始に出る予定のiPhoneを待つことにしました。
実は実際SO903iに替えるのにいくらかかるのか考えたんだけど、
解約料に番号移動費に端末の料金をあわせると、
これがかなりな額になるねんな。
やはり費用対効果が薄いんです。
とりあえず、iPodも含めて、iPhoneが出るまで待ちます。
一昨日と昨日のご飯
2006年10月26日 (木) 10:31 | 編集
初めて行くところではないので、
まとめて投稿です。

まず一昨日の五右衛門。

20061024.jpg


伊達鳥のチーズクリームソースだったかな。
少しこってりだったけど、うまかったです。
でも、ここは醤油バターが好きやな。

昨日の昼はこれです。

20061025.jpg


ご存知、インディアンカレー。
少し遅い時間のランチだったんで、
ご飯大の玉子のせ。
やはり、うまい。
カレーランキング一位です。

で、夜はいつもの虎一番でつけ麺。

20061025(002).jpg


これまたうまいです。
大満足。
その後、マックフルーリーまで行ってしまったね。
いやぁ、久しぶりのグルメな一日でした。
音楽の聴き方を考える。
2006年10月26日 (木) 09:40 | 編集
昔って、音楽を聴く方法ってCDだけだったけど、
今は音楽配信があります。

自分が積極的に音楽を聴きまくっていたのは、
今から7、8年前でしょうか。
当時は音楽配信なんてあるはずもなく、
レンタルなんかには無いものばかり好んで聴いていたんで、
(最新の洋楽はレンタルには無かったから)
かなりお金を掛けて、必死にCDを買って聴いてました。
「NO MUSIC NO LIFE」正にそんな生活やったなぁ。
今はと言うと、それから一段落。
ぼちぼち気になった音楽を聴く程度。
主に安いレンタルで昔に聴き逃していたものを、
思い出した様に聴いてるのが多いかな。
時間的にも、基本的には車に乗っている時なんかの、
外に出掛けている時くらいしか聴いてません。
家ではほとんど音楽を聴くことはなくなった。

そういう音楽環境なんで、
音楽配信もiTSを含めて、ほとんど使う事がない。
CDもほとんど買わない。
レンタルで借りる事もあまり無い。
最新の音楽を追う事は全くなく、
洋楽を中心にジャズやクラッシックなんかも含めて、
昔聞き逃していた名作を少しづつ埋めていく感じが多い。

で、ここに来て衝撃の発表が。
Napstarの聞き放題1280円定額って奴です。
単純に安い!って思うよな。
ドコモとタワレコが協力して、
150万曲、洋楽が充実と言う事を聞けば、
気にならない訳はない。
欠点は最新の邦楽に弱いと言う事らしいんだけど、
そんな事自分には全く関係ないしね。
昔の洋楽をマイペースで聞くスタンスには最高じゃないかと、
早速調べてみました。

うぅぅぅぅぅん。
厳しい。

まず、自分はまだこれを使っていません。
一応、無料試用期間があるんだけど、
使う為にクレジットカード番号など、
個人情報を登録しなければならない。
まぁ、これは商売としてしょうがないかと思うんだけど、
悪質だと思うのがこれ登録しないと、
どんなアーティストのどんな曲が聴けるかすらわからない事。
とりあえず登録させる作戦なんだろうけど、
個人情報集めだと思われてもしょうがないよな。
そして、ソフト。
これは評判がすこぶる悪いです。
実際使った事がないんで、
自分の感想は言えないんだけど、
iTunesなんかと比べたら話にならないらしい。
ソート(曲順の並べ替べ)が出来ない時があるんだったかな。
後これ、音楽を聴けるのが月定額を払っている間だけで、
退会するともう聴けなくなります。
(定額とは別に一曲200円で買うとずっと聴けるらしいけど)
と言うことは、聴き続ける限り払い続けるということ。
これってどうなんやろうか。
お金を払って、音楽を聴くことには変わりないんだけど、
所有するという感覚が全くない。
常にレンタルしてる感じなんじゃないだろうか。

賛否両論たくさん出てるみたいだけど、
これ、ほんと音楽の聴き方を考えさせられます。
流行の音楽を使い捨て感覚で消費するタイプの人には、
とてもいいシステムの様な気がするし、
一方、同じ曲やアルバムを何度もずっと聴く様な人には、
まったく向いてないと思う。
自分はどうかと聞かれれば、どちらもあてはまるかも。
と言うか、世の中の人みんなそうじゃないのかな。
非常に難しいよな。
後、聴き方の事だけじゃなく、
音楽を所有する感覚に関しても考えさせられる。
聴ければそれでいいのかと言う問題やね。
CDを買うってその曲を聴くと言う事だけじゃないもんな。

ほんと難しい。
聴く側が難しいって言ってるんだから、
作る側や発信する側はそれどころじゃないだろうね。
とにかく、このNapstarはちょっと目が離せません。
ドコモの903でNapstar to goが大ブレイクするかもしれないし、
何事もなかった様になくなるかも。
要注目です。
待望のmerom搭載MBPの発表
2006年10月25日 (水) 06:52 | 編集
期待してたんだけど、
これCPUが変わっただけですな。

新しいMacBookPro

どうもコメントしにくいな。
前からこれが出たら買おうと思ってたのに、
いざ出てしまうと、どうも中途半端感が.

もう少し詳しく書くと、
先代との違いは、
CPUがCore2Duoになったこと、
HDDが100Gに容量アップ。
メモリが1Gにアップ。
FireWireが400から800へ。
こんなもんですかね。

期待としては、デザインの変更、値下げだったんだけど、
一応、性能アップにより実質値下げは達成しました。
もう一つのデザインの変更に関しては、変更なし。
外観がどうこうじゃなく、
給排気関係の変更をして欲しかった。
このMBPの大きな問題点は熱です。
膝に置くことは無いにしても、
パームレストには安心して手を置きたい。
そう考えるともう少し改善できたんじゃないかと思います。

で、今回購入するかどうかですが、とりあえず迷ってる状況。
いつかは必要なものなので、
どこかのタイミングで買わないといけないと思うんだけど、
なかなか難しいね。
まず、熱の問題。
多分自分は他の人より、熱には敏感です。
パームレストが熱いとキーボードを打てない。
iBookの時みたいに手のひら置きを使えばいいのかもしれないけど、
スマートじゃないよな。
後は、結局今回がマイナーチェンジだったという事で、
次に本格的に大きいアップデートが
来るんじゃないかと言う事があります。
次世代のチップセットにレパード、
BluerayやHD-DVDなんかも載るかもしれないし。
でも、また初物の不安がついてくる訳で、ほんと迷うね。

こんなん言ってたらいつまでたっても買えない病にかかってるみたいです。
まぁ、安い買い物じゃないし、
まだまだ悩みたいと思います。
J2リーグ 第45節 VS山形
2006年10月19日 (木) 09:00 | 編集
第4クールに入り、残り8試合。
もう細かい事をどうこう言う時期じゃない。
とにかく結果、勝ち点3がどうしても必要です。

前半から山形のいい攻撃に悩まされる。
久しぶりにクニがセンターに入ったんで、
ペースをつかめなかったからなのか、
ラインが下がってしまって、
中盤でかなり自由にやられてたな。
しかし、そこはJ2屈指のDFなんで最後の所では抑え、
前半は0-0で終了。

後半はある程度修正が効き、
神戸がペースを握り始める。
そして、カンジョの素晴らしい突破から、
マイナスに折り返したところを、
アツ君がズドン。
もう一度、同じ様なチャンスがあったがそれは外し、
向こうにもビッグチャンスがあったが荻君が止め、
1-0で試合終了。

内容では負けてもおかしくなかったし、
妥当に行けば引き分けだったであろう試合でしたが、
しっかり勝ちました。
こういう試合は決めきれない、一瞬の隙にやられる等で、
なかなか勝ちきれない事が多いんだけど、
アツ君もしっかり決めてくれるし、
サイドバックがやばかったにもかかわらず、
ヤナクニのセンタバックコンビも0に抑えてくれる。
ほんと素晴らしいチームになりました。
残り7試合、大事な試合が続くけど、
とにかく、勝利を。
自分のセンスで年収を計る
2006年10月16日 (月) 07:58 | 編集
これは結構前から知ってた事なんだけど、
最近自分の評価を考えたりすることがあったり、
たまにはこういうエントリーもあってもいいかなと言う事で、
書いてみます。
この方法を使えば、なんとなく世間での自分の位置が見えると思うんで、
興味がありましたら、やってみたらいいんじゃないかな。

大学とかでマーケティングを勉強した事のある人は、
たぶん誰でも知っていると思うんだけど、
世の中にある商品はほぼ全部にターゲットがいます。
「この商品はこういう人に向けたものだ」という、
確固たる狙いがあるんです。
市場細分化と言って、年齢性別はもちろん、
家族形態や年収、住んでる地域や趣味趣向まで、
細かく分類され、商品はそれに合わせて開発されます。
そして、商品開発だけじゃなく、
広告宣伝に関してもそれに合わせて行われます。
つまり、この商品を欲しいと思う人は、
こういう雑誌読む傾向があり、
こういうテレビ番組を見る傾向があり、
こういうホームページを見る傾向があり、
こういう道を通る傾向があるというデータがあり、
それに合わせて、広告を打つ訳です。
女性誌に育毛剤の宣伝をしてもしょうがないと言う事やね。
ここまで書けば大体わかると思うけど、
自分の見ている雑誌テレビ番組等で自然と目に入る広告を見れば、
自分のセンスが今どのレベルにあるかが、
自ずと現れると言う事です。

そこでタイトルの年収。
ここまででも大体自分の事が分かると思うんだけど、
もっと分かりやすくする為に、お金に換算したいでしょ。
そこで、注目するのが車の広告です。
車はステイタスシンボルである様に、
収入とは切っても切り離せない関係にある。
だから、自分の目に入る車の広告に注目すると、
自分センスを年収に例えられるんです。
例えば、今日発売、ジャンプとヤンマガ。
丁度裏表紙が車の広告です。
ジャンプがbb(約130~160万円)で、
ヤンマガがムーブカスタム(150~160万円)、
一応、余裕を持って買える車の値段が年収の3分の1と言われてるんで、
ターゲットがちょっと背伸びして買える程度の車を
広告に載せたとすると、
ジャンプやヤンマガを読む人の年収は、
大体250~350万くらいだと言う事になります。
次に物欲系の「Best Gear」こちらは幅広く、
SX4(150~200万円)、ステップワゴン(220~260万円)、
ウイングロード(150~190万)、なんで、
大体、年収350万~500万くらいになるでしょうか。
後、今出ている「PRESIDENT」は
いきなり見開きでBMW7シリーズ(870~1600万円)、
まぁ、これはイメージ広告(ブランド価値を上げる広告)だとして、
実際中にあったのは、アルファード(約350万円)。
と言うことは、「PRESIDENT」を読む人は、
600~800万程度の年収があると推測されます。
確かに、年齢も違えば、趣味の問題があるんで、
一概には言えない事はわかってるんだけど、
なんか結構生々しいでしょ。

で、自分はと言うと、
「PRESIDENT」も見るし、物欲系大好きだし、ヤンマガの頭文字Dも読む。
でも、結局自分にど真ん中の内容でよく買うとなると、
ミーツとかmonoマガジンとかになるか。
ミーツは車の広告は無いんで、
monoマガジンとなると、
正にVW Golf(通常モデルで240~320万)の広告があります。
と言う事は、自分のセンスで年収を計ると500~650万円か。
ちょっと多すぎやな。
実際はこんなにあるはずもないし・・・・

まぁ、世の中センスで金儲けは出来ないから
実際とは絶対に違うし、
広告自体の質(買わせる広告かイメージ作りの広告か)でも
全然話は変わってくるんだけど、
簡単に分かる年収判定方法なんで、
周りに「普段どんな雑誌読んでるの?」とか聞いて、
試してみてください。
近所のスタバ
2006年10月15日 (日) 03:12 | 編集
簡単にそこそこおいしいコーヒーが飲める所といえば、
スターバックスコーヒーでしょう。
最近スタバってどこでもあって、
うちの近所にもいくつかあるんだけど、
ららぽーと、アクタ、エビスタと、
全部ショッピングセンター内にある。
買い物帰りの主婦を目的にしたお店。
車では行きにくいし、閉まるのも早いし、
雰囲気もいまいちで、
なかなか行く気にはならなかったんですが、
やっと近くに気軽にふらっと行けるスタバがオープンしました。
場所は臨港線と札場筋の交差点、
白鹿クラッシックの少し北、
マックスバリュのある所の、
西宮鞍掛店です。

20061014(001).jpg


ここはドライブスルーも付いてるし、郊外店になるのかな。
夜12時まで開いてるし、使い勝手がいい感じです。

注文したのは、これ

20061014(002).jpg


本日のコーヒーとチョコチャンクスコーン
本日のコーヒーは今日はケニアで、
酸味がきつく、スッキリした味。
はじめは酸っぱ過ぎてありえないと思ったんだけど、
そういうもんだと思えば、さっぱりさわやかなコーヒーで、
これもまたありだなと。
コーヒーのお供はチョコスコーン。
これ茶菓子としては一番好きです。
ごわごわしていて、コーヒーによく合うねんな。
かなりいいコーヒータイムが過ごせました。

そして、ここで大問題勃発。
自転車の後輪が・・・・・歪んでる
どうもタイヤの回転がおかしくて、
なにか挟まってるンカナ???と調べてみたら、
ホイールが歪んで、ブレーキに干渉してるんです。
これはかなりの大ショックです。
修理で直るのか、買い替えなければいけないのか。
買い替えになると結構な額がかかりそうなんで、
ちょっとすぐと言う訳には行きません。
とりあえず、近いうちにショップへ持っていかなくては。
別に悪いことしてないのに、問題がどんどん勃発しますなぁ。
SO903iについて、再び
2006年10月13日 (金) 08:43 | 編集
下のエントリーで普通だとあっさり切捨ててしまったんですが、
デジタル関係ニュースサイトの写真の追加や、
ソニーエリクソンの公式サイトを見て、
詳しく機能・デザインを吟味していると、
これ欲しくなっちゃいました。

ポイントはいくつかあります。
まず、カメラ。
300万画素って言うのはまぁ普通なんだけど、
これ動画にも静止画にも手振れ補正が付いてます。
画素数も問題ないし、手振れ補正が付いてるのは、
大きな+ポイント。
一応、横に向けてカメラスタイルで写真が取れるので、
最低条件をクリアしてます。
次は音楽再生。
今まで携帯で音楽を聴くことはなかったんで、
これはどうでもいい機能だったんだけど、
iPodを買う事を考えたら、HDDプレイヤーの他に、
軽いしショックに強いと言う事で、
シリコンプレイヤーが欲しいと思う所があった。
これは今持ってるShuffleを使えばいいと思ってたんだけど、
携帯で使えるなら、それに越した事はない。
始めは知らなかったんだけど、iTunesのAAC形式にも対応してるし、
このSO903iは内蔵メモリ1G、miniSDで2G、
合わせて最大3GBの大容量になる。
写真・ムービーと合わせてだけど、これは魅力です。
そして、デザイン。
よく見てみたら、いいです。
折りたたんだら、完全に音楽プレイヤー(白はiPodっぽいね)、
開けたら携帯電話。
買うなら、色は白か黒だけど、どちらもいい感じ。
黒は高級感、白は完全に真っ白やし。

いやぁ、これは思ったより心を動かされます。
ナンバーポータビリティーも始まるし、
出来ればキャリアは変えたくなかったんだけど、
絶対変えられない訳でもないんで、
実物を見て、本当に欲しくなったら、
乗り換えも視野に入れます。
最近の自分のトレンドである、
いい物を長く持ちたいと言うのに、
あてはまってくれるかな。
とにかく細かい情報が集まったら、本格的に検討します。

後、またまたiPodの事ですが、
正直この携帯が出てから考えようかと思ってます。
この携帯は、2GBも音楽の為に容量を取れそうなんで、
iPodが今すぐ必要か見極める必要があるかと。
特にiPodがただ全画面になっただけだったとすると、
優先順位は携帯の方が上になるから、
iPodは後回しにしてもいいと思うし。
それにしても、新しいものが出る度に
いちいち、欲しいものが変わるなぁ。
こんなんしてたら、キリがないねw


ドコモの冬モデル発表
2006年10月12日 (木) 20:20 | 編集
今のとこ、あんまり関係ないんですが、
ドコモの新モデルが発表になりました。

ドコモ、903iシリーズなど秋冬モデル14機種

まぁまぁ、予想通りのラインナップです。
いつもながら気になるのは、
シャープとソニエリ。

SDオーディオ&WMA対応の「SH903i」

これは、去年の902を受け継いだ感じになるのかな。
ソフトバンクみたいに500万画素でもないし、
特にこれと言った特徴が無いかも。

3インチワイド液晶搭載のミュージックケータイ「SO903i」

ソニエリと言えば、あのちっさいのが特徴だったのに、
普通になりました。
閉じている形は多少意識はしたんだろうけど、
無理があるよな。
今回は音楽が売りみたいだけど、
あのウォークマンの失敗ぶりを見れば厳しい。
iTunesも使えないし。

どちらも正直いまいちやね。
一応、ワンセグ携帯もラインナップされてるけど、
例えばこれ。
約5時間のワンセグ視聴が可能な「P903iTV」
これもどうも普通。

結局、ソフトバンクの方がインパクトあったよな。
やはり携帯も行くところまで行ったんかな。
昔は新機種が出るたびに、何々が出来る!とか、
ここが進化した!とかあったのに。
唯一の期待はハイスピードモデルか。
高城さんの言う通り、携帯がブロードバンド並みになれば、
時代が変わるだろうし。
ちょっと携帯業界も停滞期ですな。


おまけでiPodについて。
そろそろ信頼できる筋から、
全画面iPodの発表が近いとの情報があるそうです。
発表後、すぐに欲しいとは思うんだけど、
どうも今のラインナップとかも考えると、
中途半端なモデルになりそうな気がする。
とにかくどの様なものになるのか見て、
良さそうなら、特攻します。
希望としては、iPod+メール・ブラウザ+手帳機能かな。
iPodに少し情報端末としての機能を加えて欲しい。

最近、気になる車達。
2006年10月11日 (水) 07:47 | 編集
普段は新しい車が出ても、あまり興味を示さないんだけど、
最近気になる車がいくつか出たんで、
ちょっと書いときます。

まずは日本が誇るトヨタの最高級車、
LEXUS LS460

lexus_ls_46.jpg


お金持ちの皆さんは待ちに待ったセルシオの後継車。
これは自分が欲しいとかそういうんじゃなく、
一般的な車への興味として気になります。
トヨタが日本国を代表して海外の車に立ち向かうという
「国産VS外車」の視点、
「高級車とはどうあるべきか」とか
「良いモノとはどういうものなのか」とかいう、
プロダクトとしての視点、
どちらの意味からもこのLSは、
大変重要な意味を持つ車です。
もちろんこんな私ですから、レクサス店に平気で入れる訳もなく、
試乗車に乗れるはずもないので(今はお金持ちでも乗れないらしい)、
雑誌やテレビなんかで見た感じになるんだけど、
これやはり凄くいい車みたい。
まぁ、雑誌なんか提灯記事的な要素があるんで、
全部信用することはできないんだけど、
写真を見たり、開発者のインタビューなんかを見ると、
やはり並々ならぬ、決意が見える。
日本が誇る最高級オーナーカー。
メルセデスとかBMWとかと比べても、その称号に恥じない車やろうね。
プロダクトとしても、とてもよさそう。
個人的には結構この車のデザインは好きです。
エクステリアもインテリアも相当考えられていて、
レクサスという一つの文化を感じます。
価格は770万からと言う事で、
全く自分には関係ない世界だけど、
いつは乗ってみたい車になるなぁ。

次はレクサスとは正反対の車、カローラ
これは昨日発表になりました。

caro.jpg


だから、詳しい事とか全然わからないんだけど、
やはりこのカローラと言う車には何か感じるところがあります。
カローラってかなり昔に一回運転したことがあったっけな。
助手席には去年今年と結構乗ったんだけどね。
感想はよくも悪くも、「普通」って事やな。
昔はこの普通って事が嫌いで嫌いでしょうがなかった。
普通だということは存在する必要がない事だとさえ思っててんな。
でも、年を取るとその普通である事の大切さとか、
重要さとか、凄さがよく分かる様になります。
昨日、WBSで車に興味が無い人が
カローラに乗っているシーンがあったんだけど、
正にあれが大事なことなんだと思う。
普通に走って普通に曲がり普通に止まる、そして壊れない。
そういうのって、モノとしては凄く大事なこと。
WBSの大浜さんは安心という表現をしてたかな。
車ってデザインがどう?走りがどう?って嗜好性に目が行くけど、
この普通に安心して乗れるカローラと言う車は、
本当にいい車だと思いました。
でも、ファーストカーとしては乗りたいとは思わないか。
社用車とかセカンドカーとしてなら是非欲しいけどね。

最後はパジェロ
初恋の相手です。

paje.jpg


やはり、初めて乗った車というのは、
特別な思い入れがある。
それがあの大きな問題を起こした三菱の車でも、
自分にとってはほんと特別な車やね。
で、この新型パジェロ、
あの事件以来始めてのフルモデルチェンジになります。
パジェロといえば、三菱自動車の看板車種。
その車のフルモデルチェンジと言えば、
三菱自動車の再生計画とも伴って、
注目されるに決まってるよな。
まずデザインですが、
かなり大ヒットした2代目を意識してる感じがします。
個人的にはパジェロらしさがあって好き。
自分の乗ってたのと通ずる所があるし。
性能的にも、これまたパジェロであり続けてるらしい。
今は結構高級SUVブーム。
トヨタのハリアーとか日産のムラーノとか、
ポルシェのカイエンとかBMWのX5も含めると
形はクロカン四駆だけど街乗り専用ってのが流行ってる。
もちろんパジェロもこの路線で行くと思ってたんだけど違うねんな。
本格オフロード4WDとしての性能をキープしてるらしい。
時速200kmでアウトバーンを走れて、
それでいて悪路もちゃんと走れる車を
作ったということなんだから、さすがやな。
エンジンとか四駆のシステムとか、
先代の機構を受け継いだものも多いんだけど、
やはりパジェロ、良さそうです。
(かなり贔屓目ですが・・)
グレードはいつもの普通モデルZRと高級モデルEXCEEDの2つが基本。
どちらもしっかりパジェロを受け継いでいて、いいですな。
色もうちのE39と良く似たモスグリーンがあって、
あれは凄く良かった。
車両価格346万円、燃費リッター8.3kmと、
どう考えても買えませんが、
この車は自分が欲しいです。

と言う事で車の話でした。
こういうのってどうしても主観で書いてしまうね。
気に障った方がいましたら、ごめんなさい。
自転車ロードレースの話
2006年10月09日 (月) 20:45 | 編集
今日はちょこちょこ書いている、
自転車レースの事を少し。

昔からツール・ド・フランスなんかは知ってたんだけど、
興味が無い所か、マラソンと一緒で、
自転車で走ってるのを見て何が楽しいの?とさえ思ってた。
自転車ロードレースを見出したのは、
偶然J-SPORTS(CSのスポーツ専門チャンネル)でやってたから。
始めは完全に観光気分。
ヨーロッパの田舎をのんびり回ってる感覚だけで見てました。
レースじゃなく、紀行番組見てるみたいやったな。
普通の紀行番組は名所旧跡ばかりで、個人的には好きじゃないんだけど、
自転車レースはほんと街から街への道、山へ登るワインディング、
たまに大きな街を走ります。
いつも書いてる通り、旅って決して名所旧跡を見るだけのものじゃない。
移動も大きな楽しみだし、何気ない街並みとか、空気とか温度とか、
そういうの全部含めて、旅だと思う。
だから、こういう街から街を渡り歩くツアー型のロードレースは、
リアルに一緒に旅をしてる感覚になるんですな。

small.jpg


こういう風に旅行気分でテレビを見ていると、
段々レースそのものの面白さに気付いてきます。
自分的には自転車レースの魅力は2つあります。
一つは以前書いた、一人のエースを勝たせる為に、
チーム全員が犠牲になると美学。
これは(道が)平坦ステージで顕著で、
ゴール直前までエースを勝たせる為に、
チームメンバー(アシスト)が風除けになる訳です。
アシストは何百キロも風除けになる為に走るんだから、
単純に泣けます。
で、エースはそのアシストを踏み台にして、
ゴール前のスプリント勝負を挑む。
「あいつらの為にも負けられない!!!」と、
チームを背負って走る姿にも泣けるんです。
浪花節に近いかもしれへんね。

もう一つは真の力の戦い、山岳コースです。
山を登るって事はスピードが遅いんで、
平坦コースの様に風の影響があまりありません。
だから、多少アシストの働きもあるけど、
単純に個人の山を登る力が試される。
誰かがペースを上げれば、
付いて行けない選手が置いて行かれる。
そうやって、最後に残った選手がナンバーワン。
こちらは横綱相撲に近い感覚。
一番強い人が最後に勝つんです。
これに関しては、
今年のジロ・デ・イタリアのバッソって選手が凄かった。
何度、ペースを上げられても付いて行き、
結局、最後に残った一人(有名な選手)をぶっちぎって優勝。
力のある人の勝ち方で、素晴らしかった。

こうやって見ると、やっぱ自転車レースは面白いな。
旅行気分も味わえて、しかも浪花節と相撲なんて、
日本的な勝負も見られるんです。
おすすめなんだけど、
これはスカパーかケーブルテレビに入らないと見れないんで、
ちょっと難しいかも。
機会があれば見てみてください。

で、後少し。
最近も自転車をちょこちょこ乗ってるんですが、
たまに坂道を登ります。
坂道を登る時は自分の力を出し切って鍛える感じで、
ダンシング(立ち漕ぎ)で頑張る訳ですよ。
そういう時にはあの強いジロでのバッソなんかを思い出してしまいます。
そのバッソ、ドーピング疑惑で
ツール・ド・フランスに出られませんでした。
(バッソの最終目標はツールの優勝なのに)
正直普段はドーピングなんてどうでもいいです。
薬を飲むのは個人の自由だし、寿命が短くなっても自分の自由。
他人がどうこう言う事じゃないし。
後、そのドーピングってのもあいまいで、
あれは良くてこれは悪くて、
じゃあまだ気付かれてない薬ならいいのかとか、
いろいろ思う所がある。
でも、坂道を必死で登ってる時、
バッソを思い出してああいう風に
少しでも強く走れる様にと思うけど、
あれは薬の力で登れてたんだと思うと、
なんか頑張るのがバカバカしくなるねんな。
やっぱり、ドーピングなんてあかんね。
ああいうスポーツは絶対に自分の力だけで戦わないと。
多分バッソだって血の滲む様な努力をしてるはず、
でも、全てが意味のないものになってしまう。
ちなみに今年のツールで優勝したランディスと言う選手も、
ドーピングで失格になりました。
おそらくランスも含めて、ドーピングが当たり前の世界やったんだろうな。
今後はスピードが遅くなっても、薬に頼らない真の人間の力でレースをして、
感動させて欲しいです。

と言う事で、自転車レースの話でした。
ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。
四国うどん+α紀行 2006秋
2006年10月06日 (金) 19:41 | 編集
昨日はかなり前から企画されていた、
ビジュ系とビジュ系彼女と四国紀行へ。

これで通算3回目のうどん紀行です。
では、行ってみよう

朝は8時出発予定が結局9時に。
到着したのは11時半になってたかな。
一つ目は定番「なかむら」で、
冷たい麺に冷たい出汁。

20061005.jpg


いつも思うんだけど、ここはいまいち。
有名だから行くんだけど、当りだと思った事がないなぁ。

次は「山越」でかまたま

20061005(001).jpg


前に行った時は最高にうまかったんだけど、
今回は案外普通でした。
なんでやろうなぁ。

そして、初めて行った店「がもう」のあたたかいうどん+あげ

20061005(004).jpg


ここも結構普通。
ただ出汁はかなりうまかったです。

うどんの合間に、どうでしょうでおなじみ、
鳥坂まんじゅうを購入

20061008(001).jpg


これは帰宅後食べたんだけど、藤村さんの言う通りうまかった!

これで結構お腹一杯だったんだけど、
続けて行きます。「宮武」のあつひや

20061005(005).jpg


いびつな麺はやはりうまかった。
ここに来て、四国に来てよかったと実感。

最後はしょうゆうどん発祥の店、「小縣家」でしょうゆうどん

20061005(006).jpg


これもうまかった。
初めて梅田のはがくれで食べた生醤油うどんよりうまかった。
うどんの刺身やね。

最初の3つは残念ながら期待はずれやったなぁ。
値段が値段なんで文句は言えへんけどね。
ここまで来たら、ブームになり過ぎてて、
本来の評価が出来なくなってきてるんやろね。

で、本当の最後。
丸亀で有名な骨付鳥の店「一鶴」です。
ここは「おやどり」と「ひなどり」があり、
ひなどりを注文。

20061005(008).jpg


これはうまいです!!!!!
うどんを食べに行ったのに、
これを食べに来たんじゃないかと思えるくらい大満足。
骨を持ってかぶりつくと、
皮がパリッとしてて、中からじゅわぁぁっと肉汁が溢れます。
最高。
大阪心斎橋にも店があるんで。
また機会があれば行きたいと思います。

こんな感じで3回目行ってまいりました。
うどんはもう飽和状態と言う感じがしたかも。
うまいうどん屋はこっちにもあるんで、
四国に行ってまで食べたいとはあんまり思わないかな。
でも、最後の鳥はマジでうまかったです。
ああいうのを始めて食べたってのもあるんだろうけど、
結構カルチャーショックやったな。
今回もなかなかいい旅でした。
一緒に行ったビジュ系夫妻に感謝したいと思います。
おはぎのサザエで?
2006年10月04日 (水) 20:39 | 編集
おはぎのサザエってかなり有名やんな。
この辺でおはぎと言えば、サザエで間違いないと思う。
このおはぎのサザエの本店は西宮にあります。
で、この本店。
おはぎだけじゃなく、洋菓子も売ってるんです。
イートインもあって、ご飯も食べられる。
かなり特別なお店みたいです。
そういう情報はなんとなく聞いていて、
おいしいと有名だと言われていたこれを、
遂に食べることができました。

20061003.jpg


アップルパイです。
評判通り、おいしかったなぁ。
パイがサクサクで、ちゃんと作っていた。
値段も180円とお買い得なんで、お勧めです。
最近近所の自家焙煎コーヒーショップで買った豆でコーヒーを淹れ、
3時のおやつは最高やった。

場所は171号線、甲武橋から少し西宮に入った所の北側にあります。
おはぎも良し、アップルパイも良しですな。
Car Danchi「車団地」
2006年10月02日 (月) 20:33 | 編集
普通初めてこの名前を見たら、なんじゃこりゃって思うだろうな。
自分が始めて見たのは、スノーボード関係の掲示板。
スノーボードに車団地。
これでちょっと分かるかな。

V6010029.jpg


V6010028.jpg


以下説明文です。

・北海道のスノーボードライダーたちのライフスタイルをドキュメント。
 「常に極上のコンディションで毎日滑りたい」と、
 団地さながらに車を並べ、その中で暮らすライダーたち。
 彼らのライディングセッションからヒューマニズムまで、すべてを映し出す。

どうですか。面白そうでしょ。
スノーボードのDVDは結構見て来たけど、
こういうのは初めてです。
そう、スノーボードって単純に滑るだけが楽しい訳じゃない。
仲間と集まって、馬鹿話をしながら車で移動。
途中でコンビニ寄ってお菓子を食べたり、
ミニストップで朝ごはん食べたり。
帰りは温泉に入って、うまい飯を食べて。
そういうの全部含めてスノーボードやもんな。
このDVDはそういう、
スノーボードのあるライフスタイル全部のドキュメントって感じです。
もちろんDVDはこっちの様な日帰りボードではないので、
本当の生活のドキュメント、場所は車。
これまたもう3年くらい前になるのかな。
自分が一ヶ月こっちと道の駅ハチ北を往復しながら、
パジェロで生活して、スノーボードを堪能したのを思い出す。
今思っても相当楽しかったよな。
「食う寝る滑る(働く)」正にそんな生活でした。

DVDは1と2が出ていて、
1は北海道、2は北海道編と本州編、
一般的には本州編は面白くないと言うことなんだけど、
個人的には本州編が一番好きでした。
滑ってるシーンより、楽しくご飯を食べてたり、
温泉に入ってたり、運転してたり、
そういう何気ないシーンが好きなんで、そうなったんやろうな。
滑りのシーンはどう頑張っても外国のDVDには適わないからね。
でも、これってどうでしょう的やな。
ほんと、こういうリアルに楽しいドキュメントは大好きです。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。