franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイヤ交換
2006年07月31日 (月) 12:04 | 編集
こないだ書いた通り、
タイヤの交換をしました。

今回購入したのは、
松下系列Panaracerのタイヤ・パセラとチューブ・R-AIR。
サイズは熟考した結果、折角スリックタイヤにするのに、
ママチャリレベルの太さでは、交換する意味がないと思い、
26-1.25と少し細めのタイヤをセレクト。

作業は、
前輪の取り外し→タイヤ交換→取り付け、
後輪の取り外し→タイヤ交換→取り付け、
と言う流れです。

まずは前輪の取り外し。
スポーツ自転車はクイックレバー一つで、
取り外せる様になっているのでかなり簡単。
うちのブレーキはV-BRAKEなので、
まずブレーキを開放します。
そして、クイックレバーを外し、外側のボルトを緩めれば、
タイヤが取れます。

V6010012.jpg


タイヤの交換は町の自転車屋さんと同じです。
タイヤを取り外し、チューブを取り外し、
新しいタイヤを羽目、チューブを中にしこんで、
しっかりはめ込む。
このタイヤのはめ込みは結構めんどうで、
綺麗に入れないと形にむらが出来てしまいます。
自転車屋は結構簡単にやってるけど、
やはり熟練工の一種なんだなと思ったね。

後輪も基本的に前輪と同じ。
違うのはレバー一発で外せることと、
チェーンの脱着がある事かな。
クイックレバーを開放し、
チェーンに注意し、タイヤを外します。

V6010014.jpg


タイヤの交換をし、元に戻して完成です。

V6010019.jpg


V6010020.jpg


比較用に前の写真
CIMG0171.jpg


早速乗ってみたけど、
むちゃくちゃいいです。最高。
ほんと速くなったし、楽になった。
全然違う、早くも自転車を買い換えた気分です。
見た目もかなりすっきりしたよな。
MTBよりも、ロードっぽいし。
街乗り最強のメッセンジャーっぽくなって、
かなり気に入ってます。

後、見えるかな?
ボトルケージも付けました。
トピークのちょっといい奴。
自転車用のボトルもペットボトルも両方いけるんで、
重宝するやろうな。
残るは、バーエンド。
いいのがあれば付けたいと思ってます。

とりあえず、これで自転車を買ったと言う実感が沸いてきた。
これからガンガン走りまくります。
またそれが楽しいねんなぁ
スポンサーサイト
大勝軒のつけ麺(インスタント)
2006年07月30日 (日) 23:55 | 編集
もう売ってる所はかなり少なくなってるんじゃないかな。
これをやっと今日食べました。

V6010013.jpg


結構前からコンビニで見つけていて、
ずっと食べたかったんだけど、
ダイエット中だったんで、控えてました。
絶対食べたいと思っていたところ、
先日、ラスト1個になっていたので、即買い。
本日食べたと言う訳です。

味はかなり原作に忠実だったと思う。
スープの出汁とか酸味とかうまく表現できてたな。
麺に関してはインスタントなんで、
正直本物とは程遠かったです。
でも、それはしょうがないか。
もしまだ売っている所があれば、
一度食べてみてもいいんじゃないかな。
日曜の朝はモーニングでしょ
2006年07月30日 (日) 07:39 | 編集
20060730073915


日曜の朝はモーニングでしょ、
と言うことで、今日の朝は、
デニーズで朝ご飯です。

普段はモーニングを食べに行く習慣はないんだけど、
このモーニングって結構好きやねんなぁ。
ここを見ている人はかなり知ってると思うけど、
昔、働いていたお店の2階に、
同一オーナーが経営している喫茶店があって、
半額で食べられる事もあり、
夜勤明けにビジュ系なんかとよく行ってたんです。
今思えば、仕事終わりの疲れた体でマンガを読みながら、
トースト食べてコーヒー飲んで、
のんびり時間を過ごすのはかなり贅沢だったと思う。

一応、今日はデニーズに行きましたが、
次はちゃんとした喫茶店で食べてみたいな。
とりあえずは西村珈琲に行ってみよう。
そばとMI3とサイゼリア
2006年07月29日 (土) 13:56 | 編集
昨日の昼はそばです。
ここ数年、年をとったせいか、
やっとそばのおいしさがわかった気がします。
そば屋で板わさなんかを肴に日本酒で一杯やってから、
そばで閉めるのが、粋だと言われてて、
全く理解できなかったんだけど、
ちょっとその良さが分かるねんなぁ。
で、昨日のそば屋は前にも書いたとは思うんだけど、
夙川にある八雲です。
夙川教会の向かいにあって、景色が半端じゃない。
そばもちゃんとおいしかったです。

20060728.jpg


その後は、シゲさんの映画のチケットで、
MI3を見てきました。
よくも悪くもまぁまぁだったと思う。
ああいうのが好きな人にはいいだろうけど、
ある意味ステレオタイプなスパイ映画なんで、
何かを期待した人には期待外れやっただろう。

帰りは何年かぶりにサイゼリアへ。
多分、入院以来行ってないから、
2年は経ってるんじゃないかな。
ここでは、当然これです。

20060728(001).jpg


久しぶりにドリンクバーも含めて、堪能しました。
いやぁ、こういうファミレスでだらだらするのも、
やっぱいいもんやね。
大学時代を少し思い出しました。
J2リーグ 第30節 VS水戸
2006年07月27日 (木) 01:28 | 編集
10戦連続の負け無しから柏に敗戦し、連敗を免れた前節から4日。
今日も下位の水戸との試合、負けられません。

今日は勝てば、ステーキを食べるぞ!とシゲさんと約束し、
試合を迎えました、

20060726.jpg


前半、地力で勝る神戸ペースで進む。
時折、水戸もカウンターを仕掛る。
河本の危なっかしい守備もあったが、
やはり得点に繋げられるまでのチャンスは作れなかった。
そして前半16分、比較的早い時間帯で先制。
ヒデのスルーパス(さっきまでホルビィからだと思ってた)から、
抜け出した栗原が落ち着いてゴールでした。
ヒデのパスで勝負ありって感じやったな。

その後はいつも通り、チャンスを決めきれず時間が過ぎる。
しかし、今日は相手の攻撃力が酷くて、
一向にピンチにならない。
結局終了間際、近藤が競り合った所から、
カンジョが抜け出してゴールを奪い、2-0の勝利でした。

もう勝負の第3クール。
とにかく勝利が必要な時にしっかり勝ってくれました。
次の山形、そして仙台と強豪との試合が続くけど、
是非この勝負所でがんばって欲しい。

試合後のステーキについては下のエントリーで。
大衆ステーキ食堂 バッファローハンター
2006年07月27日 (木) 01:25 | 編集
mixiで見つけてかなり気になっていたステーキ屋さん、
大衆ステーキ食堂 バッファローハンター
あの有名な焼肉のたじまやが絡んでいると言うことなんで、
かなり行きたいと思ってたんだけど、
上のエントリー通り、
しっかり神戸が勝利を収めたと言うことで、
行ってまいりました。

メニューは
ステーキの200g、400g
特選ステーキ、ハンバーグ、チョリソのみ。
本格的な肉専門店と言う感じです。
価格もステーキ200gとライス、スープ、サラダで
1500円とかなりリーズナブル。
ダイエット終了と言っても、さすがに400gは食べられないんで、
200gを注文。
しばらく、待っていると来ました。

20060726(002).jpg


いやぁ、うまかったです。
実はわたくし肉にはかなりうるさいんですが、
ここの肉は十分合格点。
しかもこの値段で食べられるのはほんと大満足やね。
神戸も勝って、ステーキもうまくて最高です。

ちなみに今日は食べ過ぎたので、
帰宅後じっくり1時間自転車を漕いできました。
これまた気持ちいい疲れでほんといい一日でしたな。
自転車購入に伴うあれこれ
2006年07月26日 (水) 13:08 | 編集
以前にもこういうの書きましたな。
年初辺りだったでしょうか。
俺、あかんわ。
一つ欲しいものが見つかると、
芋蔓式にずぁぁぁぁーと欲しいものが繋がって行く。
今回の自転車もそういう事です。

メインは自転車自体のカスタマイズ。
自転車を買うところから、
自分の欲しい自転車像を書いてたんだけど、
やはり既製品ってのは、
完全には自分の欲しい自転車像では無いので、
いろいろいじりたくなってきます。
まず、自分の理想の自転車像とは、
性能的には街乗りとちょっとした遠出(最長で50km程)が気持ちよく出来て、
所有欲を満たしてくれる自転車。

所有欲に関しては、
ルイガノと言うブランドを選んだことで満足してます。
一応書いておくと、このルイガノは自転車メーカーとしては、2流です。
名前だけを使ったOEMメーカーだし、レースとかにもあまり出てない。
でも、性能的なことで言うと、このエントリーモデルレベルでは、
どこのメーカーは大差がない。
つまり、自分の買った価格帯の自転車は、
GIANTやSPECIALIZEDなんかの1流メーカーのものを選ぶ必要がないんです。
やっぱり1流メーカーの方がいいのかなぁなんて思ったこともあったけど、
結局性能が同じなら自分はデザインのいい方を選ぼうと思った。
大した事じゃないけど、この2流のルイガノをあえて選んだと言う事は
自分のモノ選びを表してるという事やねんな。
そして、それはわたしの所有欲を満たしてくれます。

で、肝心の性能面。
「街乗りとちょっとした遠出」、これに関して言うと、
クロスバイクが最適です。
でも、自分が買ったのはMTB。
ルイガノのクロスバイク(TR-1)が
コンフォート(ママチャリ)寄りのものだったので、
(ロードバイク寄りのものだったらそちらを買っていたかも)
必然的にそういう選択になったんだけど、
実際使ってみるといつも通り、
より良くカスタム(街乗り仕様化)したくなります。
そして、実はMTBの街乗り仕様化と言うのは、
かなりの実施例がある。
これは地域に寄ってなのかもしれないけど、
街乗りって事は歩道←→車道の移動を
かなりしなければいけないんで、
本来不整地走行の為にあるMTBをベースに、
街乗りをし易くいじるってのは、
必然だったのかもしれないな。
街乗り仕様化で一番初めにしなければいけないのが、
以前書いた様にタイヤの交換。
MTBは太いゴツゴツしたブロックタイヤを履いています。
それを街用の細いスリックタイヤに交換するという事。
タイヤを替えるだけでそれ程かわるのか???と思ったんだけど、
違う自転車に乗ってるかの様な感覚になるらしいね。
うちのLGS-FIVEは最初から太いスリックタイヤを履いているんで、

CIMG0171.jpg

こういう感じ。

今すぐ交換する必要はないかなと思ってたんだけど、
偶然見つけたHPで閉店セールをやっていて、
ぴったりのタイヤを見つけて注文してしまいました。
タイヤを代えると中のチューブも一緒に変えないといけないので、
それも合わせて注文。やってしまいましたな。
次はハンドル。
今のハンドルはフラットバーと呼ばれるもの。
前傾姿勢を前提としてて、スピード重視なんで、
街乗りには問題ないんだけど、
ちょっと遠出の時に少し困る。
と言うのも、やはり長時間ずっと同じ体勢で自転車と漕ぐのは、
思ったより大変なんです。
そういう時の為にツーリング用の自転車には、
様々なポジションを取れる様なハンドルを装備してるんだけど、
さすがに大して距離を走る訳じゃないのに、
ハンドルまで交換してしまうのはちょっと。
そういう時の為に、バーエンドバーと言う、
ハンドルの端に後付け出来るものがあります
本来はヒルクライムの時に漕ぎ易いポジションを取る為のものなんだけど、
ポジションを替えるという事に関しては使えるからね。

02.jpg

こういうものです。

後は、ボトルケージか。

そして、メンテナンスグッズなんかもいろいろ必要です。
まずは鍵。
これも大変やねんなぁ。
とりあえず、いくつかダイソーで買いました。
うちの自転車って全然高くないし、
大した部品も使ってないんだけど、
どうもいい自転車に見えるらしい。
自転車って高額になればなるほど、
見た目が変わるものでもないからたちが悪い。
うちのがちょうど高級自転車に見える境目みたいなんで、
盗難対策はいい加減にできません。
とりあえず置いておく時はガードレールなんかに地球ロック、
後、タイヤはクイックリリースですぐ取れるんで、
タイヤとフレームをロック。
後、サドルも簡単に取れていたずらされる可能性があるので、
フレームと繋げてます。
ここまでする必要はないと思うけど、
やっぱ盗難は怖いからしてしまうな。
後、メンテナンスグッズか。
一応、空気入れとパンク修理セットは必要なんで、
早く買おうと思ってます。
後のメンテナンスグッズ(工具・グリス・オイル)なんかは、
まだ新車と言う事ですぐ必要じゃないから、
ボチボチ揃えていこうかと思ってる。
しばらくしたら、第一回メンテナンス週間に入ると思うんで、
その時にまとめて購入になりそうかな。

自転車以外ではカバン。
これはないと結構辛い。
今はポーターの小さいバッグを肩掛けして使ってるけど、
一々ずれて来るんで非常に使いにくいんです。
やっぱ自転車に乗るときにはリュックかヒップバッグがいい。
リュックと言えば、絶対ドイターがいいね。
リュックの一番の欠点は背中が蒸れる事だと思うんだけど、
ドイターのは背中に空洞が作られてるねんな。
あれは欲しい。

999.jpg

こういうの。

ヒップバッグはなんでもいいかも。
出来ればパソコンを入れたいんで、
A4の書類が入るサイズがいい。
でも、これも不便だけど今すぐ絶対必要と言う訳でもないんで、
ボチボチ考える感じかな。

最後にやはりiPod。
大容量のがマジで欲しいです。
512Mじゃ全然足りない・・・
nanoも魅力的ではあるけど、
入れ替えとかめんどくさいから、
全部入るのが欲しいよな。
これは今後の生活次第で買ってしまうやろうね。

と言う感じで、物欲がてんこもりになってます。
ほんとこういう性格は問題ありやな。
一つのものが欲しくなると
「同じ買うならいいものを」と熟考して、
予算オーバーのものを無理して買い、
これを活かす為にはあれが必要でこれも必要と、
どんどんいろんなものが欲しくなる。
わかってるんだけど、やめられません。
でも、オークションなんかが当たり前に使える様になって、
いい物を持っておくと、財産になる(簡単に現金化出来る)から、
一概に悪いとはいえないのかもな。
まぁ、お金には限界があるんで、
出来る限り楽しみたいと思います。
自転車のカスタム日記はまた次の機会に。
BlueTooth MightyMouse (噂ではなくなりました)
2006年07月25日 (火) 22:10 | 編集
ずっと待っていたマウスが出るみたいです。

Bluetooth接続になった新Mighty Mouse

Mighty Mouseが出て、もうだいぶ経つよなぁ。
その頃から、BlueTooth版が出たら絶対欲しいと思ってたんだけど、
やっと、噂が出ました。
2ボタン+左右のスクィーズ+スクロールボール、
マウスとしては必要十分な性能にこのデザイン。
やっぱりいいよな。
昨日、NASを買っちゃったんで、
出たらすぐ買うとは言えないんだけど、
かなり欲しい一品です。


(追記)
本当に来ましたね。
ワイヤレスマイティーマウス
まだ噂レベルだと思ってたんだけど、
もう発売してます。
やっぱ欲しいなぁ。
洋食一喜でオムライス
2006年07月25日 (火) 20:30 | 編集
関西地方では、
最近「ランチの女王」が再放送されてました。
ここ数年ほとんどドラマなんて見てなかったんで(特に月9)、
このドラマももちろん見てなかったんだけど、
偶然1回目を見てしまって、
続きが気になり、ずっと見てました。
大体月9なんてものは恋愛ばっかりやってると思ってたんだけど、
これはなんだか違うねんな。
食べ物って、人の気持ちと凄く直結している所があって、
そういうのをフューチャーしてるんで、
個人的には面白いドラマでしたな。

そこで、今日最終回を記念してではないけど、
芦屋の洋食一喜へ、オムライスを食べに行って来ました。

20060725(001).jpg


デミグラスソースちゃうやん・・・
ドラマを見て、
デミグラスソースのかかったオムライスを
楽しみにして行ったのに、ケチャップ。
非常に残念でした。
でも、味はおいしかったな。

ちなみに日替わりランチは海の幸フライ

20060725.jpg


こちらもおいしそうでした。

最後に苦言を呈しておくと、高いです。
オムライスが1100円。
これはちょっとひどい。
おいしいとは思うんで、そこに問題はないけど、
あの値段じゃもう行かへんな。
キッチン・マカロニではランチで1000円超えたらあかんねんで。
NAS導入
2006年07月24日 (月) 20:08 | 編集
久しぶりにパソコン関係のエントリーです。
今日、パソコン工房にて、HDA-i80G/LANがえらい安くあったので、
衝動的に(昔からずっと欲しかったものだけど)、
買ってしまいました。

06-07-24_19-33.jpg


まずはNASってなんだ?って事から。
これは簡単に言うと、LANで接続出来るHDDの事。
詳しくは、ここを見てください。
LAN接続出来るハードディスクと言う事は、
自宅内でのファイルサーバーと言う事。
いやぁ、これほんとにずっと欲しかったんです。

うちはご存知の通り、パソコン天国。
6台のパソコンがネットワークに繋がっています。
パソコン自体は繋がってるんだけど、
ファイル共有は全然していない。
例えば、妹に1Gのファイルを渡す時、
一時的にネットワークに繋げるという方法はあるけど、
(あまり詳しくないので繋がらない時もあるし、
セキュリティーの事もあるから
常に繋げておくわけにはいかないし)
基本的には一度DVDに焼きます。
これはかなり無駄。
そして、自室内でもそれは起こっている。
自室の場合、一々DVDに焼くと言う事はないけど、
ネットワークに繋げ共有して、ファイルのやり取りをする。
3台のパソコンを持っていて、
ファイルは自作機に置いておく方法を取っているので、
ファイルを作るMacから普段視聴するThinkPadと自作機に
必ず2度コピーをします。
この手間は結構なものなんです。
DVDをMP4に変換したものが主なんだけど、
結構な容量なんですよね。
それを一々コピーコピーってもう面倒くさい。
後、音楽のファイル。
iTunesの中の音楽ファイルはもう30Gになろうとしてます。
これをどのパソコンにも置いておくわけにはいかない。
でも、音楽は聴く訳なんで、今は自作機には全曲を、
ThinkPadとiBookには10Gほど普段聞くものを選んで入れてます。
これまた非効率やねんな。
iBookなんてHDDは30Gしかないのに、
10Gも音楽に取られて常にヒーヒー言ってる。
出来れば、全てを共有して全曲聴ければいいと思ってた。
後は単純にハードディスクの容量が不足気味なんで、
欲しいなと思ってたんですな。

そんで、今日です。
パソコン工房では夏休みセールみたいなものをやってました。
ワゴンセールで偶然見つけたのがこれ。
開封済みの新品で値段は5980円。
運命としかいい様がないかもな。
家に帰って調べてみたら、定価49800円と言う事です。
いい買い物やったなぁ。
LGS-FIVE 納車
2006年07月22日 (土) 11:44 | 編集
昨日、やってまいりました。

とりあえず、写真を。

CIMG0170.jpg


通販で自転車買うなんて初めてなんで、
どういう感じで来るのかと思ったら、
ダンボールに入って来ました。
ペダルとハンドルは横にはみ出して、
結構無様な形やったなぁ。
でも、出してみるといい感じです。

早速、近所をプラプラしてみたんですが、
やっぱり、いいです。
どういいと聞かれると困るんだけど・・・
もちろん乗りやすいし、
今回はちゃんとポジションも考えて、
セッティングしてるんで、
楽なスタイルで乗れるんです。
前傾姿勢で普段しない格好なんで、
今ちょっと首が痛いんですけど、
まぁ慣れれば問題ないだろうしね。

初めからの問題点、
フロントサスに関しては必要でした。
やっぱ街乗りでは車道←→歩道の移動は多すぎ。
ロードバイクなんかだと絶対辛いな。
一方、タイヤは太すぎるかなと思う。
多少太いのはいいんだけど、
やはり基本は街乗りなんで、
細いタイヤがいいなぁと思ってます。

と言う事で、自転車が手に入ると、
必要なものが増えてきます。
とりあえず、買わなければいけないのは、
普段乗るのに必要なものとメンテナンスグッズ。
・メンテナンス本
・工具
・フロントライト
・リアライト(赤で点滅するもの)
・鍵
・サドルバッグ
・ボトルケージ
・空気入れ
・パーツクリーナー
・グリス
・オイル(潤滑油)
一応、ライト類は本体と一緒に、
本は前もって買いました。
工具はおまけで付いてきてます。

06-07-22_11-32.jpg

メンテ本

後、バッグも持ってないし、
iPodも欲しいなぁ。
タイヤも替えられたら早い段階で替えたいし。
いろいろ出費がかさみますなぁ。

と言う事で、自転車ライフの始まりです。
ぼちぼちレポートしていきます。
自転車選び、その後
2006年07月21日 (金) 10:29 | 編集
こないだここに書いた後、実はもう一つ候補が増えました。
それが、GIANTのESCAPE R3と言う、ベストセラークロスバイク。

img10242235886.jpg


最長で50km程度のサイクリングと普段の街乗りを考えると、
自分の欲しい機能を一番安く手に入れられるのがこれでした。
この自転車はベストセラーと言う事で、情報も多いし、
カスタムするのに参考になるホームページなんかも多い。
なかなか楽める自転車なんですな。
このR3を候補にした時点でRSR4は候補外へ。
RSR4は値段が高いのに
(本体のみではスタンドすら付いてないから、
後々の出費もかさみます)、
位置付け的には専門的なモデルではないので、非常に中途半端なんです。
それがベストな選択だと言える人にはいいんだろうけど、
自分にはオーバースペックだと思うから、
予算を無理して買うのもどうかと。

で、残った候補が、
MTBタイプのLOUIS GARNEAUのLGS-FIVEと
クロスバイクのGIANT ESCAPE R3の2つ。
ほぼ機能的にベストで値段が安いR3と決めた状態で、
最終決定をすべく、自転車屋へ向かいました。

自転車屋に入り、実物をよく観察。

結局これを買いました。

five-5.jpg


LOUIS GARNEAUのLGS-FIVEです。

決め手はデザインやった。
やはりGIANTに乗る気にはならんかったなぁ。
もちろん値段もタイプ違うんで、
当たり前なんだけど、
やはりR3の方が1ランク下の質感でした。
一方、FIVEはほぼ理想通りのスタイル。
やはり、こちらかなと。

後、機能的な面ですが、
もちろん何も考えずにこちらに決めた訳じゃありません。
FIVEの欠点はMTBタイプと言う事で、
フロントサスペンションと太いタイヤ。
フロントサスペンションがあると重くなるし、
タイヤが太いと漕ぐのに力がいります。
簡単に言うと、同じ距離を進むには力がいるということ。
でも、自分の使い方を考えると、
それが単純にマイナスだとは言えない。
まず、「同じ距離を進むのに力がいる」ということは、
それだけ体力を使うと言う事。
運動目的にも自転車を買うんだから、
体力を使う事を否定してしまうと、
自転車に乗る意味がなくなります。
後、自分の乗る場所。
日本はヨーロッパみたいに自転車に乗る土壌のある国ではないので、
法律的には車道を走らなければいけないのに、
歩道を走らなければいけない事も多い。
そうなると、車道と歩道の段差乗り越えが多くなる。
ここで活躍するのがフロントサスと太いタイヤ。
当然サスはクッションになってくれるし、
太いタイヤはパンクし難い。
日本の街で乗るには、正直MTBタイプの方が安心して乗れるんです。

と言うことで、一昨日になるのかな、
安い通販(自転車で行ける範囲のお店)で購入しました。
現在、配達待ちの状態です。
今日到着予定なんで、かなり楽しみやね。
これから、あれこれカスタムして行きます。
またちょこちょこエントリーするんで、
興味があれば見てください。
スーツと靴を購入
2006年07月20日 (木) 11:11 | 編集
いちいち、ここで書くのもどうかとは思うんだけど、
昨日、スーツと靴を買いました。

またまた朝からシゲさんと三宮へ。
スーツカンパニーでチェックした後、
PSFAにて購入しました。
オーソドックな黒の様なグレーで、
細身のラインのものです。
自分が細身のものを買うなんて、
なんか凄い変な感じやな。
おまけでシゲさんもスーツを購入です。

次は昼飯なんだけど、
スーツと同時に必要である靴も持っていない為、
マリンピアに行こうと西へ。
そこで大蔵海岸辺りにある、
カーニバルブッフェという、
バイキング形式のファミレスに入りました。
こういうお店は初めて行ったんだけど、楽しかった。
ご飯もパスタも惣菜もデザートも、
めちゃめちゃいろんな種類があって、
全部食べてもうた。
ダイエット以来と言うか、
人生で一番食いすぎたんじゃないかと思うくらい、
食べてしましました・・・

で、マリンピアへ。
正直靴なんて履ければいいと思ってたんだけど、
世の中はそうではないらしい。
よく言われるのが、
スーツはどういうのを着てても、
みんな身だしなみに気をつけて着るので、
それ程差はでないけど、
靴はいい悪いで大きく差が出ると言う事。
それを聞いても、ピンと来なかったんだけど、
マリンピアのリーガルに行って、
実物をよく見てみると納得。
これは全然違うわ。
で、オーソドックスなスクウェアトゥの靴を
履いてみて一発購入です。
履き心地も良かった。

帰りはサンシャインワーフに寄って帰宅です。

スーツは直しがあるんで、週末に引き取りに行きます。
これで就職活動準備完了です。
来週から、いざ実践へ。
77777
2006年07月20日 (木) 01:23 | 編集
本日達成いたしました。

20060719(001).jpg


買った時は54000kmくらいだったかな。
2年で23000kmか。結構乗ってるね。
でも、たった2年なのにいろいろ修理したなぁ。
ちなみに先日、前ブレーキをリフレッシュしました。
いつも行くお店ではなく、
うちから少し離れた所にあるお店で、
安くやってくれるので、
そちらでお願いしました。
出費も少なくまた安心して乗れるのでよかった。
でも、車検を通すにはいろいろ修理が必要みたいです。
やっぱ一度しっかりお金を掛けて、完璧にしたいな。
ダイエット完了のお知らせ
2006年07月16日 (日) 12:05 | 編集
ここ最近の最重要事項であるダイエットが終了いたしました。
一昨日だったかな、シゲさんと梅田に行った時、
スーツカンパニーに行きまして、
希望していたサイズのスーツを試着した所、
ぴったり入りました。
スーツってのは、社会人の制服みたいなもんだから、
まぁ、いろいろたくさんの種類があります。
青山とかはるやまとか百貨店でのオーダースーツとか。
社会人なんて様々な体型の人がいるんで、
ほとんどのサイズは網羅されてる。
でも、安く買おうと思うと話は全く違って、急に幅が狭くなる。
こないだコムサに初めて行ったんだけど、
SMLにXLとXXLと言うかなり大雑把なサイズ展開だった。
自分の買おうと思っているのは、
そこそこのものを大量生産で安く出している、
スーツカンパニーやオリヒカやPSFAなんかの、
所謂2プライスショップと言うお店。
青山とかはるやまなんかの大手が、
やってる別展開の若者向けの店舗です。
ここのサイズ展開は身長+幅
(お店に寄って言い方は違うけど、S/M/L/LLの4種類)
恥ずかしながら、初めて行った時は、
自分の身長+5cmのLLがぎりぎりだった。
(スーツカンパニーに至ってはどれも入らなかった)
しかも、鏡で見た姿はひどかったな。
短足でぶと言っても過言じゃなかった。
そこから、ダイエットを決意して2ヶ月か。
自分の身長のLサイズがばっちり入りました。
しかも、見た目もそんなに変じゃなかった。
ようやくここまで来たかと言う感じでしたなぁ。
体重で言うと15kgくらい、ウエストで言うと10cmは
落ちたんじゃないだろうか。
一応、これでダイエットは一段落です。

そして、これからは最大の敵、
リバウンドとの戦いになります。
これまで全敗しているだけに、強烈な敵ですな。
正直ダイエットなんて気合でどうにでもなるんだけど、
このリバウンド対策だけはどうにもならない。
一生の戦いになる訳だし。
とにかく、言える事は今までの生活をしていたら、
間違いなくリバウンドし元に戻ると言う事です。
つう事は、ライフスタイルを変えなければいけない。
リバウンド対策は、ダイエット同様に、
食べ物と運動が2大巨頭になるよな。

まずは、食べ物から。
この食べ物ってほんと難しい。
以前も病気絡みで食べ物を控えるダイエットした時も、
結局、続かなかった訳だしね。
これ少しづつ食べる量が増えてしまうから、
ほんとたちが悪いねんな。
今まで成功した事がないので、
どうしたら成功するかわからないんだけど、
今の所、考えてるのは、
1、カロリーを常に気にする。
2、贅沢するのは一日一回
この二つ。
「カロリーを常に気にする」って言うのは、
「常に」と言うのがポイント。
これかなり大事なんだけど、
小さな積み重ねが結構なカロリー摂取に
なってるということなんですな。
ちょっとチョコレートとかちょっとクッキーとか。
一回で食べるのは大した量じゃなくても、
一日で見ると結構食べてたりする。
こういうのは完全に盲点になってしまうんで、
いちいち気を付けて、
ご飯以外は食べない癖を付けたいと思ってます。
「贅沢するのは一日一回」ってのは文字通りやね。
日々生きているといろいろお誘いとかあるんで、
完全に全うする事は出来ないと思うんだけど、
出来る限りこれを続けていきたいと思ってます。
ちなみに贅沢と言うのは金銭的な事じゃなく、
カロリー的なこと。

次に運動。
これは何かしらを一生続けたいと思ってる。
今回のダイエットで得たのはこの運動の気持ち良さやからね。
ヘトヘトになるまで歩いて、家に帰って風呂に入った後は、
最高に気持ちいいもんなぁ。
あれはずっと続けたいと思う。
前に書いた様に、今の所考えてるのが自転車。
今ツール・ド・フランスを見てる様に
結構ロードレースは好きだし、
身近な移動手段として使えるし。
ゴルフの負担が軽くなるのも大きい。
後は、テニスとかバスケットとか。
でも、この辺は一人じゃできないんで、
なんとも言えないんですな。
一緒にやれる人がいれば、やってみたいと思うけど。

こんな感じでリバウンド対策をしていこうかと思ってます。
まぁ、リバウンド対策と言うよりは、
新しいライフスタイルを模索する感じになるのかな。
一生続けていかないといけない訳だし。
とにかく、これで一段落。
次のステップへ進んで行こうと思います。
自転車選び、迷ってます。
2006年07月16日 (日) 07:41 | 編集
まだまだ悩んでおります。

とりあえずこれからは自転車のある生活をしようと思うんで、
買う事はほぼ決定しました。
で、問題はどれを買うかと言う事。

前に書いた時の候補は、
LOUIS GARNEAUの
街乗りMTBのLGS-FIVEと
クロスバイクのLGS-TR1。
この二つで考えていたんだけど、
クロスバイクのTR1の方は候補から漏れました。
理由はクロスバイクと言うジャンルが中途半端で、
はっきり言うとママチャリ+だという事と、
完全に街乗り専用になるということかな。
運動の為に乗るものではないんですな。

で、現在はLGS-FIVEと、
フラットバーロードバイクのLGS-RSR4とで迷ってます。

新顔のLGS-RSR4はロードバイクのエントリーモデル。
実質的にはロードバイクではないんだけど、
街を速く走るタイプの自転車です。
値段はLGS-FIVE+1万。
デザインもドロップハンドルと言う、
本格的なロードスタイルとは違い、見た目は普通。

RSR4.jpg


LGS-FIVEは前に書いた通り、MTBのエントリーモデル。
実質的には本格的な山で乗る事が出来ない街乗り用のMTB。

まぁ、普通に考えるとロードとMTBと言うことで、
悩む対象ではないんだけど、
目的が移動手段ではなく、運動をする道具と言う事なんで、
どちらも一長一短やねんな。
(どちらの自転車も本格的なものではなく、街乗り前提だし)
基本的にロードは速く楽に目的点に到達するためにあり、
一方MTBは不整地を走る為にある。
同じ時間で考えるとロードはMTBより遠くに行けるし、
効率よくいろんな所に行ける訳です。
しかし、同じ距離を進む事を考えると、
ロードはMTBより楽でカロリー消費も少ない。
つまり、移動効率を考えるか、
消費カロリーを考えるかと言う問題。
自転車を街を移動する手段と考えるとLGS-RSR4にするべきなんだけど、
運動の道具と考えるとLGS-FIVEになる訳やねんな。

これ本当にむずかしい選択です。
今は1時間毎に欲しいものが変わってる。
でも、結局のところ、
自分がどういう生活がしたいのかってのが、
判断の基準になるね。
もう少し悩んで、これだ!と思った方に決めたいと思います。
J2リーグ 第27節 VS草津
2006年07月13日 (木) 14:31 | 編集
神戸にとっては最大の敵、草津との対戦です。
現在、最下位の草津に2連敗中。
第2クール唯一の敗戦はこの草津にやられてます。
昇格をする為には、最下位に3敗もするなんて許されないので、
いつも以上に絶対負けられない試合でした。

今日は時間があったので、早めに出発。
とりあえずスーツ屋でサイズをチェック
(もうほぼダイエット完了です)し、
こないだ満員だったグリーンハウスで一服しました。

20060712.jpg


前の店舗と同じ雰囲気でよかったです。
ここはソファーが気持ちよくてくつろげるね。
で、スタジアムへ行く前に腹ごしらえでもっこすへ。
ダイエットほぼ完了と言う事で、贅沢してしまいました。

スタジアムへは試合30分位前に到着。
いつもの様にキックオフです。
昨日はアツくんとエモが怪我で大事を取り欠場。
センターバックにヤナと河本と言う少し不安な面子でのスタート。
前半からやはり神戸ペース。
戦術的にも個人能力でも上回っている。
先制点もカンジョのクロスがそのままゴール。
結構普通に入った。
いけないのはその後すぐ。
右サイドで河本が島田にあっさりクロスを入れさせ、
それをファーで待ってた7番がボレーでゴール。同点。
確かに素晴らしいボレーだったんだけど、
あんなに簡単にクロスを入れさせたらあかん。
河本のミスからの失点だった。
前半はそのまま終了。
後半も相変わらず神戸ペース。
でも、勝ち越し点はセットプレーから草津だった。
これも河本のマークミス。
しかし、今度は神戸がその直後に同点にする。
右サイド、ヒデの見事なヒールパスでカンジョが抜け出し、
中央の近藤へパス。近藤が落ち着いて決めた。
ここからはもう完全に神戸ペース。
攻めまくり何度も何度もチャンスを迎えるんだけど、点が取れない。
そして、後半ロスタイム。
あの2回も失点に繋がるミスをした河本が、
ホルのコーナーキックにファーで合わせて、勝ち越し。
そのまま終了です。

20060712(002).jpg


最後の最後でちゃんと結果が出せたのは大きい。
素晴らしい勝利でした。
それにしても草津マジで強かった。
なんで最下位にいるんやろう。
でも、相性って信じなかったんだけど確実にあるね。
相性って片方は得意意識を持つし、
もう片方は苦手意識を持つから気持ち的には2倍になるんやな。
メンタルが大きな影響を与えるサッカーなんてのは、
こういうのが大事なんだと思いました。
まぁ、これで草津に苦手意識はなくなったけど。

この大事な試合を勝って、次は首位柏戦。
これまた負けられない試合です。
是非次も勝利を。
My Coffee Life
2006年07月12日 (水) 09:01 | 編集
知ってる人がいるかはわからないけど、
わたくし、コーヒージャンキーです。
タバコも酒もやらないんで、
唯一の楽しみがコーヒー。
毎日、2.3杯は飲んでいます。
(本当はもっと飲みたいけど、
飲みすぎは体に悪いんでこれくらいにしてる)

とは言っても、実はそれ程こだわってる訳じゃないんです。
豆で淹れる時は家にある適当な(ヒルズとか)のを使ってるし、
インスタントのゴールドブレンドは愛飲してるし。
そんな中、かなり気に入ってるのが、これ。

zero_p_140.gif


これ、所謂ダイエット甘味料なんだけど、
私のコーヒー生活に潤いを与えてくれてます。
病気以来、コーヒーには必ず砂糖は入れない。
そもそもそれで満足はしていたんだけど、
やっぱりたまには甘いカフェオレが飲みたくなるよな。
で、買ってみたのがこれでした。
砂糖の何倍の甘さとか書いてあるんだけど、これは本当。
0カロリーでマジで甘いんです。
甘いと言う味覚は敬遠してたんだけど、
この時だけはそれを忘れて甘さを楽しんでます。

そして、もう一つ。入れ物。
これは昔からお気に入りのものを探し求めてました。
自分としては、基本的にコーヒー7:3ミルクで飲むので、
家にある大きめのコップを使っていた。
でも、これはどこにでも売ってる奴で面白くもなんともなくて、
これしかないからといやいや使ってたな。
で、次にマグカップを買ってみたんです。
安心して熱いものが入れられるし、量も入るしね。
でも、これもどうもピンとこなくて、
次に横にでかいタンブラーを買いました。
ダブルデイの福袋に入ってたんじゃなかったっけな。
これはかなり重宝してます。
かなりのお気に入りでもう2年近く使ってるか。
これは使い勝手がどうとかじゃなく、飽きてきて、
次のが欲しいなと思ってた時に、
スタバでタンブラー
が売ってるのを思い出して、
買ってみました。

06-07-12_07-52.jpg


トールサイズって言ってたかな。
でも、これ1000円もするんです。高いよな。
で、レジでお金を払おうとすると、
メニューを出すんですね。
いやいや今日はタンブラー買いに来ただけだから
(しかも予算オーバーやし)と、
今日はいいですと言うと、
最初の一杯はただで入れてくれるとの事。
一気にお買い得になりました。
お気に入りのソイラテ氷無しをお願いし、
だらだら飲みながら家路につきました。
このタンブラーはそれ程期待してなかったんだけど、
やはり専門品と言う事でいいね。
どうも、中のデザインを自分で出来るということらしいんで、
いろんな柄物を作ってみても面白いかも。
自転車が欲しい
2006年07月10日 (月) 14:40 | 編集
ダイエット計画に基づき運動を始めて1ヶ月強。
「歩く」と言う行為に限界を感じています。
前に書いた様に、一日必ず1時間以上は歩いている。
1時間歩くと言ってもわかりにくいかな。
距離で言うと西宮横断できるくらいです。
うちは西宮の真ん中あたりにあるので、
一回歩くと、武庫川とか夙川とかの西宮の端まで行って、
帰ってくるという感じになる。
世の中には健康の為と、
単純に歩いているだけの人がたくさんいるんだけど、
個人的にはこれが絶対に許せない。
だから、大したものじゃなくても、
必ずどこどこに行って、何々をすると言った理由を持ってます。
例えば、ブックオフに行って、本を買うとか。
無印良品に行って、筆記用具を買うとか。
これを毎日毎日やってると、当然する事がなくなる訳です。

ここで、思いついたのが自転車。
自転車ならかなりの移動距離を稼ぐ事が出来る。
1時間も漕げば、大阪や神戸まで行ける。
運動としても、機能するし、
一つの大きな移動手段になりえるんです。
もちろん今後、自転車が必要になる場面も多くなると思うし。
これは名案だと、家の自転車を見ると・・・
ママチャリ2台、MTB型1台(錆付き故障中)、小型自転車1台。
そもそも自分の自転車は無いし、
移動手段として使える類のものではない。
で、ちゃんとした自分の自転車が欲しいと思いました。

自転車を買うとなると、まずどのタイプにするかが問題になる。
・スピード最重要のロードバイク、
・オフロード最重要のマウンテンバイク(MTB)
・その間にあるクロスバイク
基本的に街乗りになるので、本来ならロードになるんだけど、
どうもあのメット被ってピチパン履いてるスタイルがしっくり来ない。
競技用と言うイメージが大きいし、
街乗りじゃなく遠出前提に見えてしまうしね。
では、クロスかMTBになるんだけど、
廉価モデルではそう大差はないらしい。
MTBも何十万もする本格的なものになると完全に山仕様になるんだけど、
エントリーモデルになると、
街乗り前提で少しダートも走れますよレベル。
クロスバイクは完全に街乗り仕様だけど、
エントリーレベルではそこまで専門的なものでもない。
厳密に言うと用途的にはクロスバイクを
選択するべきなのかもしれないが、
それ程、細かくこだわる程の事でもないんで、
どちらも候補に考えながら、いろいろ見ていった。

次に重要なのはメーカー選び。
正直エントリーモデルでは、
どのメーカーでもそれ程機能的な違いもないんで、
このメーカー選びはかなり重要になる。
一応有名所はと言うと、
SPECIALIZED
GT
GIANT
LOUIS GARNEAU
上の3つはアメリカのメーカーで、
すごくスパルタンなイメージ。
ロゴとかもそのイメージで山を走ってるイメージやね。
LOUIS GARNEAUだけはカナダのメーカーで、
名前もフランス語で少しイメージが違う。
スパルタンと言うより、スタイリッシュで、
山より街のイメージが強い。
で、自分がどれを選ぶかというと、LOUIS GARNEAU。
デザイン的にも好きだし、基本的に街乗りやからね。

LOUIS GARNEAUでMTBかクロスバイクのエントリーモデルとなると、
こちらの二つになります。

MTB LGS-FIVE

five-5.jpg


クロスバイク LGS-TR1

lgs-tr1.jpg


まだ確実に買うとは決めてないけど、
買うならこのどちらかになるやろうな。
MTBはタイヤやハンドルを変えれば、
街乗り仕様に出来るので、
第一候補はMTBの方です。

最後に予算の問題。
こんなことは別にここで書くこともないんだけど、
ついでなんで書いておきます。
上のどちらを買うにせよ、
エントリーモデルとは言え4~5万円くらいなんで、
普通に自転車と考えれば、かなり高い部類に入ります。
いつも書いてる通り、わたくしは貧乏なんで、
簡単に買える金額ではなのですが、
今回は必要だと思えば、思い切って買おうと思ってます。
それは何故かと言うと、
最初に書いた移動手段になりうるから。
最近は歩いていろいろ行く事が多いとは言っても、
市外には必ず車で行きます。
つまり、自転車があれば、
市外に出る時も車を使わなくてよくなるねんな。
サンデードライバーになれます。
これ案外ばかにできない。
ガソリン代だけでもかなり削減できるし、
メンテナンスとかの維持費も考えるとさらに大きくなる。
自転車を買い、2年で減価償却するとして、月2000円。
どう考えても高くないし、
運動も出来て、車も長持ちするし、いい事尽くめ。
こう考えると買う事に何もためらう事はないんですな。
そうは言っても、目先の事があるので、
すぐ買うとは言えませんが、
とりあえず、今の生活(ダイエット)が一段落したら、
本格的に考えたいと思っております。
W杯日記 決勝 イタリアVSフランス
2006年07月10日 (月) 14:39 | 編集
イタリア 1-0(PK 5-4) フランス

遂に決勝です。
この試合もいつも通り言う事ないね。
ほんと運が大きく試合を左右する。
一点目は意外と早く入った。
後ろからのロングボールをマルーダが受け、前に出ようとした所を
マテラッティがファールで止めてPK。
こういうゲームで点が入るのは、
スーパープレイかセットプレーだと書いたけど、
これはある意味スーパープレーやったね。
マテラッツィはファールしてないもんな。
おそらく誤審でしょう。
あそこで一番注意しないといけないのはファールだし、
マテラッツィもそれを気にしてたからな。
ビデオでも触ってない様に見えたし。
マルーダが完璧なタイミングで倒れたのと、
審判が結構簡単にPKを与えてしまったのは、
普通はありえないよな。
これで一気にフランス有利だと思われたけど、
早い段階で、イタリアが追いつく。
これはやはりセットプレーから。
で、そのまま試合終了まで1-1で行きます。
この中で、大きな事件はやはりジダンの退場。
あんなタイミングでヘッドバットするんだから、
まぁ、そうとう酷い事を言われたんだろうな。
みんなジダン批判をしてるけど、
個人的にはああいうのをさせた方が悪いと思う。
マテラッツィやったかな。
その流れを汲んだのか、結果はイタリアの優勝です。
アズーリの優勝は初めてみたな。
優勝するにふさわしいチームだとは思うんで、
素直におめでとうやな。

今大会はかなり真剣に見たね。
ここに毎日の様に日記書いてたし。
感想としては、正直あまり面白くなかったかも。
この大会は攻撃より守備の強いチームばかりが勝ち上がっていった。
それりゃ残るのは、カテナチオの国って事になるのも、
当然なんやろうね。
ブラジルやポルトガルやイングランドなんかが、
守備を打ち砕いてゴールする所がたくさんみたかったな。
と言っても、優勝チームのイタリアは素晴らしかったと思います。
次は4年後、南アフリカか。
その時自分は何をしてるんやろうな。
W杯日記 3位決定戦 ポルトガルVSドイツ
2006年07月09日 (日) 07:24 | 編集
ポルトガル 1-3 ドイツ
3決なので、もっと攻撃の目立つ試合になるかと思ったんだけど、
このレベルになると、やはり堅い守備が印象に残った。
どちらも守備のやり方がはっきりしていて、
そう簡単に穴が見つからない。
当然、してはいけないミスは絶対にしない。
そういう時に点が入るのは、
セットプレーかスーパープレイ。
1点目はシュバインシュタイガーの見事なミドル。
2点目はシュバインシュタイガーのセットプレー。
3点目もシュバインシュタイガーのミドル。
ポルトガルの1点目はフィーゴの素晴らしいクロスに、
ヌーノ・ゴメスが飛び込んだ。

普段J2を見てるんで、ゴールにはほとんどミスが絡むんだけど、
このレベルはそういうのがほとんどないよな。
もちろん物凄く細かい判断のミスなんかが、
ゴールにつながってしまうんだけど、
ほんとレベルが高いと思う。
いつか日本もこれくらいのサッカーが出来る様になって欲しい。
うどんとスーツとバッテリーカフェ
2006年07月09日 (日) 01:30 | 編集
日記っぽいのは久しぶりやな。
今日はシゲさんとスーツを買いに三宮へ。
11時過ぎに出たんで、まずは昼ごはん。
外食はあまりしてはいけないんだけど、
うどんを食べました。
そろそろ体重も落ちてきたし、
お腹が空いていたこともあり、
おにぎりと生醤油うどんのセットを注文。

20060708.jpg


まぁ、うまかったです。
でも、今日はちょっと柔らかかったかな。

で、本日のメイン、スーツ屋に。
実は昨日、一つのお店に行って、
セール品を取り置きしていたので、
とにかく良ければ、買う覚悟で行きました。
まず、スーツカンパニーに行き、チェック。
やはり上に合わせると下が大きいと言う問題が。
どうもいまいちだったんで、次のPSFAへ。
こちらはある程度自由に組み合わせ可能と言う事なんで、
いろいろ着てみたんだけど・・・
どうもしっくりこない。
ダイエット宣言して以来のこのお店。
明らかに痩せたけど、着てみると、
どうも見た目が同じやねんな。
痩せる必要が無かったんじゃないかと思うくらいだった。
そして、試しに一つ小さいサイズのものを着てみると・・・
かなりしっくり。
自分はこういうシルエットを目指して、
ダイエットしてたのだと言える程だった。
しかし、このサイズはやはり少しきついんですな。
ジャケットをYシャツじゃなく、Tシャツの上に着るとぴっちり。
という事で、今は買わずにもう少しダイエットする事に決めました。
もうこれで遂に就職活動もダイエットも最終章に入ります。

これで帰るのももったいないと言う事で、
前に行った、磯上のグリーンハウスへ。
しかしここは移転&満員。
で、磯上のカフェと言えばここと言う、Battery Cafeへ

20060708(001).jpg


コーヒーを飲んで、帰宅です。

今日はついに先が見えた感じがしました。
後、少しがんばります。
W杯日記 準決勝 フランスVSポルトガル
2006年07月06日 (木) 13:26 | 編集
フランス 1-0 ポルトガル
昨日同様、書くことないね。
どちらも守備が堅いチーム。
でも、どちらかと言えば、
ポルトガルの方が攻撃的だったかな。
でも、それはただポルトガルの方に
攻撃的なタレントが多かったから。
戦術的な意図ではないように思う。
この試合もフランスの守備は堅かった。
センターバック自体はそれほど強力ではないんだけど、
チームとして守備意識がかなり高い。
フランスのリベリーとマルーダは
ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドやフィーゴと
同じウイング的な前目のMFなんだけど、
運動量も多く、明らかに守備に使う時間が多かった。
個人能力ではポルトガル有利と思われたんだが、
それを埋めたのはこの運動量や守備戦術だった。
試合を決めたのはアンリの個人技。
前半33分ペナルティーエリアを入った所、素晴らしい切り返しで
リカルド・カルバーリョのファールを誘発し、PKをゲット。
これをジダンが決めた。
試合の最後にはフィーゴの決定的な場面もあったけど、
あれを決めきれなかったのは運命かもしれないな。
このまま終了でフランスの決勝進出です。

これでポルトガルは終戦。
でも、今大会一番の目玉だったんじゃないかな。
常に実力はあると言われていたけど結果が出なかったポルトガルが、
W杯で結果を出した。
今回はフランスにやられてしまったけど、
実力で負けている訳ではない。
まだまだ若い選手のいるチームだけに、
今大会の経験を糧に、今後優勝することもありうると思う。

フランスは決勝進出です。
フランスで不思議に思うのは
常にジダンがある程度自由にやれている事。
ポルトガルもここを確実に潰せたら、
違う結果になったかもしれないな。
後、守備は意識も強いしほんと堅いです。
次は決勝。今のままでいけば失点はしないだろうな。
W杯日記 準決勝 ドイツVSイタリア
2006年07月05日 (水) 09:36 | 編集
ドイツ 0-2 イタリア
ここまで来たら、あまり書くこともないですね。
お互いにチャンスを作りながら、
しっかり守りながら時間が過ぎる。
延長戦に入り、またPK戦かと思った所で、
セットプレーのこぼれ玉からの展開で、
グロッソがゴール。
前掛かりになったドイツにカウンターから、
デルピエロが決め、2-0でイタリアの勝利です。
実力的には少しイタリアの方が上だったし、
ドイツは地味な大黒柱であるフリンクスが
居なかったのが大きかったな。
決定力が今日は無かったし。
開催国ドイツがここで敗退。
残念だけど、よくやったよな。
実力的にはそれ程じゃなかったけど、
同じ気持ちを共有して必死に戦う姿は一番だったと思う。
素晴らしいチームだったと思います。
イタリアは決勝進出ですな。
やはりこのチームはディフェンスやな。
「ディフェンスが強いチームは負けない」ってのを、
見せてもらってる。
次は素晴らしい攻撃を見せて欲しいね。
iPodが欲しい
2006年07月05日 (水) 08:21 | 編集
最近はW杯の事ばっかりで、
こういう物欲系の事は書いてなかったんだけど、
日々生きていれば欲しいものってのは
どんどん増えてくるんで、ちょこっと書いときます。

最近の最重要事項は脂肪を燃やすこと。
これを早くしないと事が進まないと言う事もあるし、
今やらなきゃいつやるんだと言う事もあり、常に意識してる。
そうなれば、欲しいものってのも、
これに関連したものになります。
毎日1時間以上、iPod Shuffleでいろいろ聞きながら
歩いている事は前に書いたと思う。
何日かに一度、iTunes→iPodと言う仕込み作業をするんだけど、
やはり、聞きたい音楽なんてのは、その時その時に寄って変わる。
歩く行為自体は退屈なので、
基本的に「松本人志の放送室」と言うラジオ番組を聞いてるんだけど、
やはりジャズもテクノもロックも、
バラードもミディアムテンポなものもアップテンポなもの、
ほんとたくさんの音楽も聴きたくなる。
ラジオを入れた上で、音楽も入れるとなると、
Shuffleに入るのは3,40曲程度。
約アルバム3枚と言うことはどう考えても少なすぎる。
普段外で音楽を聴かないからShuffleで満足してたけど、
こういう状況になると物足りない。やはりiPodが欲しい。
で、iPodを買うとなるとタイミング的に今は非常に微妙。
噂では延期になるとかならないとか言ってるが、
一応9月から年末にかけて、次世代のiPodが発売されるらしい。
もう噂の写真が出てます。

20060705082055.jpg


全画面iPod。
これが本物かとか、
どういう機能を持ってるかとか全く分からないけど、
こういうものが出そうだと言うのは間違いないみたい。
そして、もう一つ。
最近出たvaioのtype Uで採用された
フラッシュメモリーを使って、
ウルトラモバイルなるものを
アップルが出すと言う噂もある。
PDAみたいなものになるのかな。
どちらにせよ「とりあえず、待ち」なんだけど、
出た暁には購入検討したいと思います。
中田英寿 引退
2006年07月04日 (火) 07:33 | 編集
昨日、中田英寿が現役引退を発表しました。
正直、現在の彼には遣り残した事があると思うから、
引退はないだろうと思っていたので、本当に驚いた。

丁度サッカーを見始めた時、彼はU-17の代表だったかな。
その時すでに将来の日本を背負って立つと言われていた。
ベルマーレに入団して、数年。
それほど多くはなかったけど、試合のダイジェストで見る中田は、
どう考えても18,19じゃなかった。
それは言動にも表れていて、
サッカーで一生食べて行ける保証はないと言って、
平行して、簿記とかの勉強をしてたと思う。
オリンピック、フランスW杯を経て、イタリアへ。
ペルージャでのユベントスとの開幕戦は、
自分が見たサッカーの試合の中で、一番衝撃的だった。
ユベントス相手に2得点。
こんな事言うのは恥ずかしいけど、
日本人として彼を誇りに思えたな。
日本人でも世界を相手にこれだけやれるんだというね。
その後は正直苦悩の歴史だったと思う。
監督との衝突があったり、大きな怪我があったり。
ローマ、パルマ、フィオレンティーナ、ボルトン、
いずれのチームでも本当の活躍は出来なかった。
そして、今大会を最後に引退。
自分もそうだし、みんなそうだと思うんだけど、驚いたよな。
でも、少し考えてみると、彼の選択は至極当然に思えた。

まず、サッカー選手として彼を冷静に考えると、
もうヨーロッパでスーパースターでいられるとは思えない。
ボルトンに必要無いと言われているんだから、
相当プレイのレベルが落ちてきていると思う。
(もちろん怪我が原因だと思うけど)
W杯でも、彼のプレーにどうこうじゃなく、
彼の運動量(気持ち)に感動させられた。
サッカー選手としては完全に旬を過ぎてしまったと思う。
後は、のらりくらりとチームを渡り歩くか、
日本に帰って、もう一花咲かせるか。
そういう選択になる事は目に見えていた。
「一番いい時に引退する。」
彼にとって、それは正に今だと思う。
もう一つ、人間・中田英寿について。
彼の言動を昔から見ていると、
相当プライドの高い人間だと言う事がわかる。
ベルマーレ時代、サッカーは金儲けの手段だと言い切った彼は、
自分をサッカー選手としてだけではなく、
一人間として、結果を残さなければいけないと言うのがあっただろう。
そして、一人間としての中田を考えると、
プロサッカー選手を今辞める意味が分かる。
サッカーが好きで好きで、一生これで生きていくと言う人もいるけど、
中田はサッカーだけで人生を終わらせたくないんだろう。
今ならまだサッカー以外の人生を一から始められる。

ちょっと分析くさい事を書いたけど、
自分としては、残念な気持ち半分、賞賛する気持ちが半分です。
彼をサッカー選手として見ると、もう一度日本で見たいと思うし、
サッカー界の為に今までの経験を伝えて欲しいと思う。
もちろんまだまだプロとしてやっていけると思うから、
ここで終わってしまうのが、本当に残念。
もう一方、彼を人間として見ると、この決断を心の底から応援したい。
この決断はやはり並大抵の事じゃないと思う。
今までサッカー一辺倒の人生だった人が、それを失うんだから。
今までの積み重ねがあると言っても、
サッカー無しに充実した人生を生きていくのは簡単な事じゃない。
なのに、敢えてその決断をするなんて本当に尊敬できるよな。
これから彼がどういう人生を歩むのか、楽しみでしょうがない。
ずっと追い続けたいと思います。

最後に、彼の日記のタイトルは
「人生とは旅であり、旅とは人生である」。
これ高城さんが最近よく使っているフレーズです。
その意味を本当の所で理解できているかわからないけど、
自分の琴線に触れるものとして、
中田と共通しているものがあったというのが、
少しうれしくて、誇らしく思いました。
彼の今後を非常に楽しみにしてるし、
本なりDVDなり、自分が金を落とせるものがあれば、
そういう形で応援して行きたいと思います。
W杯日記 準々決勝2日目
2006年07月02日 (日) 12:57 | 編集
イングランド 0-0(PK 1-3) ポルトガル
死闘という言葉がふさわしい試合だった。
お互い必死に攻撃し、必死に守り、0-0
ルーニーの退場が無くても、
この展開だった様な気もするくらい、
気持ちの入った試合だった。
この勝敗は運だと言える。
ポルトガルのキーパーリカルドの当り日だっただけやな。
これでイングランド敗退です。
凄くいいチームだっただけに残念。
でも、あのポルトガルに勝てるだけの実力だったかと言うと、
そこまでではないんで、しょうがないとも言えるか。
初めて見た試合で感じた可能性は結局爆発しなかったな。
右・左・真ん中、どこからでも点が取れるあの攻撃陣は、
もっともっとやれると思ったのに。残念。
ポルトガルは地味に強い。
クリスティアーノ・ロナウドやフィーゴ、デコが
注目されてもちろん凄いんだけど、
リカルド・カルバーリョは素晴らしいCBやね。
彼がいるからここまで勝ち残れてる。

フランス 1-0 ブラジル
ブラジルに勝つにはこのパターンって言うのが、
綺麗にはまった。
前半からいいチーム同士の戦いらしく、
お互いのいい所を出しながら試合が進む。
しかし、大きく違ったのはキープレイヤー。
ロナウジーニョはほぼ完璧に抑えられていたのに対し、
ジダンはかなり自由にやれていた。
戦術的に自分達のサッカーをするブラジルと、
相手のストロングポイントを消すフランスの差だった。
それでも対等に出来るブラジルはさすがだったが、
結局試合を決めたのは、ジダンのフリーキックから。
左サイドからのクロスに一番のファーサイドのアンリが決め、
この得点が決勝点に。
試合を決めたのはやはりジダンのセットプレーだったが、
1回戦同様フランスの守備の堅さは素晴らしかった。
後半最後のサンドバック状態をしのぎ切れたのは凄い。
ジダンが注目されるフランスだが、
一番の勝因は守備だと思う。
ブラジルはこれで敗退か。
組み合わせの問題で、
ここまで一度も強豪と試合を出来なかったのが、
問題だった気がする。
フランスも強い相手にいい試合をして、
このブラジル戦に望んでいる。
いきなり今までと格の違う相手と戦うと、
この様にうまくいかないんだろうな。
でも、この状況を覆せなかったのは実力か。
個人能力はあっても、
試合を進めるチームとしての力は足りなかったんだろうな。
W杯日記 準々決勝1日目
2006年07月01日 (土) 05:54 | 編集
ドイツ 1-1(PK4-2) アルゼンチン
優勝候補同士の対決。
やはり凄い試合になりました。
実力的にはアルゼンチンやや有利だけど、
開催国ドイツは負ける訳にはいかない。
そりゃ、面白くなるよ。
前半、やはり強豪同士と言う事で、
自分達のサッカーをしていた様に思う。
しかし、これだけ強いチーム同士となると、
リスクを負わなければ、そう簡単に点を取る事はできない。
前半は0-0のまま終了。
後半開始。
こういう時の得点は必ずと言っていい程セットプレーから。
4分、コーナーキックをアジャラが飛び込んでアルゼンチン先制。
マークが甘かったと言う意見もあるんだろうけど、
完全に自由にはさせてないし、コースもいい所に飛んでるし、
素晴らしい得点と言っていいんじゃないかな。
これで負けられないドイツは前掛かりに。
しかし、簡単に得点が取れる程、アルゼンチンは弱くない。
そして、攻撃の要リケルメがボランチのカンビアッソに交代。
残り20分、これで完全にアルゼンチンは守りに入った。
これでドイツはより攻勢に出る。
そして、5分後右サイドからバラックが中へ入れた所、
ボロウスキーが後ろのクローゼへ絶妙のバックヘッド、
それを競りながらもクローゼがゴール左隅に決め、同点。
その後は、やはり両チームとも失点をしない事が第一になり、
「強いチーム同士となるとリスクを負わなければ、
そう簡単に点を取る事はできない。」と言う通り、PK戦へ。
ここではレーマンが素晴らしいセーブを見せ、ドイツの勝利。
PK戦になるとホームが圧倒的に有利になるね。
この試合のポイントは、
やはりアルゼンチンのリケルメの交代だったんじゃないかな。
ボールの持てるリケルメを代え、ボランチを入れたと言う事は、
守ってカウンターで追加点を狙ったんだと思う。
これ自体が間違ってるかどうかは分からないし、
現にカウンターで決めるチャンスもあったんだけど、
結果的には負けてしまった。
あそこでリケルメを残して、ボールをキープさせてたら、
もう少しいい時間の使い方が出来たかもしれない。
まぁ、結果論になるけど、
ペケルマンは大事な選択で失敗したと思う。
このチームはリケルメとその仲間達だったんだから。
これでアルゼンチンは敗退か。
残念だけど、ドイツ相手となるとしょうがないな。

ウクライナ 3-0 イタリア
イタリア楽勝との予想だったんだけど、
予想通りになってしまった。
前半早々、まだ落ち着かない時間帯に、
イタリアが右サイドバックのザンブロッタが持ち込みゴール。
ウクライナとしては絶対上げてはいけない先制点を
早い時間帯に与えてしまう。
正直ここで試合が決まったと言えるくらいだった。
前半はこのまま終了。
後半は、ハーフタイムから監督の指示があったのか、
気持ちを入れ直したのか、
開始早々完全にウクライナが前に出始め、決定的なチャンスも数回。
しかし、15分頃その決定的なチャンスを止められた直後、
イタリアのショートコーナーから、トッティが中へクロス、
そこにルカ・トニが飛び込んでゴール。
チャンスの後のピンチ、集中していたんだろうけど、
ショートコーナーでタイミングをずらされて、
集中が切れ、やられてしまった。
これでイタリアは守備モード。さすがイタリアは堅い。
そして24分、イタリアが二人交代した後すぐのスローインから、
ザンブロッタが抜け出し、中のトニへ。
落ち着いて決めて、3点目。
これで試合が決まりました。
ウクライナは絶対注意しないといけない所で3失点。
イタリアはそこを見逃さず3得点。
得点差通りの実力差だった。
ウクライナはやはりチームとしてはもう一つだったな。
グループリーグの試合の様だった。
でも、シェフチェンコは別格。
素晴らしい選手でした。
イタリアは次ドイツやな。
次は0点に抑えられるかな。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。