franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買い物 of the year
2005年12月31日 (土) 07:55 | 編集
今年も、もう後一日ですか。
ほんとに早いよな。
去年ブログをはじめてもう一年以上が過ぎてます。
今年は丸一年間、自分のしてきた事を
しっかりここに書くことが出来たと思うんで、
少しは意味のある事を出来たかなとは思ってます。
一日平均アクセス数は大体50くらい。
一年では18250回も誰かにアクセスしてもらったと言う事になる。
基本的に自分の日記なんだけど、やはり誰かが見ているから、
続けて来れた事に間違いないです。
改めて、感謝いたします。
ありがとうございました。

ところで、タイトルの「買い物 of the year」
今年一年、大きな買い物は全てここに書いているはずなんで、
その中でベスト3なんてのを書いて、
今年最後の記事にしたいと思っております。

では 3位から。
「ヴィッセル神戸サポーターズシート年間パス」
今年で3年目か。
今年は過去最高にコストパフォーマンスが悪かったけど、
なんだかんだ言って、これは外せない。
こうやって、どれが自分にとって価値のある買い物だったかを考えた時、
神戸サポであると言うことは自分にとって一つの柱なんだと認識する。
応援するフットボールチームを持つ事って、
なんだかんだ言って、凄く幸せなことやと思うよな。
いい事も悪い事も含めて本当にたくさんのものをくれるからね。
今年は3位だけど、成績によってはダントツの1位にもなりえるんで、
来年こそはぶっちぎりの1位を狙って欲しいと思います。

2位は
「ゴルフのAT」
これは買い物ではないと思うんだけど、
今年の支出で一番高いものと言う事でエントリーしました。
こういうのって変えたからと言って、
特に変化がある訳じゃないんだけど、
ゴルフは自分にとって絶対に必要なものやから、
重要な出費でした。
自由にいろんな所に行けることはほんと幸せなことです。

そして、栄光の一位は、
「IBM ThinkPad X30」さんです。
いやぁ、これは偶然見つけて、
X22があるので必要ないとも言えたものだったんだけど、
実際使ってみると、やはりいいものでした。
サイズ的にも性能的にも、
今では完全にiBookを隅に追いやって、メインですからね。
買った値段も破格に安かったし。
正直これってただのノートパソコンなんだけど、
ベッドの横でも家の内外でも、
インターネットを初め、音楽や映画等など、
本当超巨大な情報を自分に与えてくれました。
パソコン本体の価値だけでなく、
このブログや2chを含めたインターネット全般、
映画や音楽等をより身近にしてくれたと言う意味で、
栄えある今年の第1位にしたいと思います。

という事で、買い物の事を書いたら、
今年の総括っぽくなってしまったな。

そういう訳で、これが今年最後の更新になります。
一応、これからの予定は今日の夜から1日はボード、
2日はアップルの福袋でも買いに行こうかと画策してます。
ご報告は年が明けてからということで。

では、今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
鎌倉パスタで、すき焼き
2005年12月31日 (土) 07:52 | 編集
昨日はみどのパン屋に先輩とアポなし突撃してきた。
いつもながら、こういうのは面白いよな。
「なんでここにいんの???」と言う茫然自失顔は最高。
写真に撮ればよかった。

その後は、タイトルの鎌倉パスタへ。
前にも書いたかもしれないけど、
ここはサンマルク系列の生パスタのお店。
えらい流行っていて、夜8時半を超えていたのに、
お客さんはまだ並んでいた。
そんな中待つのかなと思いきや、
ちょうど入れ替わりの時間だったのか、
結構あっさり中に入れて、
早速一番目に付いた「すき焼き風パスタ」のセットを注文。
まず、サラダとパンが来て、
次にメインのパスタが。

05-12-30_20-59.jpg


すき焼き風パスタって聞いてみんなはどう思うんだろうか。
自分はイタリアンと和の絶妙な融合を期待して、頼んだんだけど、
結果は、オンリー和。
簡単に言うとすき焼きの最後に生パスタを入れたみたいな。
いやいや、そのままやん。
確かに何の誇大広告でもないんやけど、何この物足りなさ。
これ、俺でも作れるやん・・・
結構ショックやったな。
そして、小さいあんぱんとゴマアイスを食べ、コーヒーを飲んで、

05-12-30_21-31.jpg


後はお二人を送って帰宅です。
まぁ、サプライズあり、サプライズありのなかなか変な日でしたな。

V903SH VS V702NK2
2005年12月30日 (金) 08:34 | 編集
いやぁ、ほんと悩んでます。

702NKⅡ購入して数日。
完全に併用になってる。
ある日は903SH、ある日は702NKⅡ。
家でも、USIMカードを交換したり、しなかったり。
携帯電話を併用するなんて不便極まりない事だから
全くする気はないんだけど、
しょうがないねんな。

電話として、使いやすいのは903SH。
これは702が使い難いって事では決してなく、
今まで使って来た慣れの部分がかなり大きい。
自分好みにカスタマイズも出来ているので、
自然にやりたい事が出来る。
文字の打ち易さなんかも903の方がやり易いもんな。

デザインは正直702NKか。
まぁ、デザインとは言ったけど、
持っている充実度や所有する喜びが大きいと言った感じ。
これにカバーを変えたり、メニューなんかを自作していけば、
もっともっとモノとしての魅力が増えてくるだろうな。
かと言って、903も完全ヴィッセル仕様でとてもいい感じなんやけどね。

カメラは圧倒的に903SH。
これは話にならない。やはり全然違うよな。
一応、サンプルでこの前の神座の写真を付けておきます。

903SH
05-12-25_12-51.jpg


702NK2
20051225(003).jpg


やっぱりぼけてるでしょ?発色も903の方がかなりいいし。
702を使い続けるなら、デジカメ購入必至という感じです。
でも、この前も書いたかもしれないけど、
903は手振れしてしまうんで、こだわるなら、
いっそデジカメ買った方がいいかもなと思ったりもします。

その他の機能、こちらは圧倒的に702NK。
なんでも出来るってのは伊達じゃない。
とりあえず、ファミコンエミュレーターを入れてみたけど、

05-12-28_16-26.jpg


結構ちゃんと動きます。
開いた時間にこういうゲームをしたい人にはたまらないだろうと思う。
後、アプリをちょこちょこ入れてみてるんだけど、
自由度はほんと最強やね。正にちっさいパソコン。
でも、問題もある。
一つはソフトにお金がかかるって事。
ファミコンエミュレーターだけとかならいいんだけど、
どんな機能を追加するにもお金がいるのは、
やはり辛いところやね。
留守録機能追加や複数のアラームを鳴らす為だけに、
アプリを買わないといけないんだから、きりがないよな。
それと正直携帯電話にそこまで求めるのか?って事もある。
いろんなアプリがあって、いろんな事が出来るんだけど、
実際は使わない様なものばかり。
ワードやエクセルの文書を携帯で見たいとも思わないし、
スケジュール管理もそこまでハードには使わない。
出来ないと不満に思うし、出来ると必要ないとも思う。
わがままやね。

ウェブ関係に関しては903は従来通りの携帯用ブラウザ、
一方702はフルブラウザと言う事でスペック的には702に軍配があがる。
実際使ってみると、正直今の段階ではどちらもかわらない。
自分のどうしても見たいサイトと言えば、
ヤフーとGmail Mobile。
ヤフーは普通に携帯用のサイトがあるので問題ないんだけど、
Gmailは外でチェックできたらいいなぁとずっと思っていた。
で、見てみたんだけど、一応見られるらしいと言う事だったのに、
うちのでやってみるとクッキーがどうのこうので見られない。
折角のフルブラウザなのに、見たいページが見られないのは辛いよな。
2ちゃんねるブラウザでも、702用imonaがあって便利になるかと思いきや、
これ定額対象にならないと言うことで、使えない。
ウェブ関係は定額だから安心していろんなサイトが見られると思ったのに、
実はそう簡単にはいかなかった。
まぁ、まだ数日しか使ってないし、
いろんなサイトを見て回った訳じゃないから、
なんとも言えないんだけど、今は微妙としか言いようがないな。

一応、そんなところですかね。
かなり、中途半端な批評になってると思うんだけど、
自分が今、中途半端な評価しかできないんだから、そうなってしまうよな。
702NKⅡを買った時は、903をオークションに出そうと思ってたんだけど、
今の状況じゃ、どちらにも決められない。
年明けに注文した交換用の外装が来るんで、
それに交換してみて、UI関係も自分の思い通りにカスタムしてみて、
改めて903と比較し、どちらを選ぶか決めようと思ってる。
いやぁ、こんなに悩むと思わなかった。
どちらが自分が持ち歩くにふさわしいかを
もう一度考えないといけないな。
FW播戸竜二選手、ガンバ大阪へ完全移籍決定
2005年12月28日 (水) 17:01 | 編集
先程、公式ホームページで発表がありました。

噂は前から出ていたんだけど、
決定してしまうと、やはり「この糞やろうが」と言う気持ちが前に出るな。

今年の降格の原因の一つはバンドが怪我などで活躍できなかったこと。
その原因の張本人が移籍するとは。
大宮戦で号泣してた姿を見て、
サポはみんな来年一緒にJ1に上がろうって思っただろうし。
あの涙もゲーム前にゴール裏まで来てエンブレムにキスをするのも、
全部ただのパフォーマンスで気持ちなんか入ってなかったんやな。
地元神戸でエースナンバー13番を背負うにふさわしい選手じゃなかった。

プロだから、評価をしてくれるチームに行くのが当たり前だと思うし、
よりレベルの高い所でやりたいのも当たり前だと思う。
でも、人間なら自分の言動には責任を持てよ。
こんな移籍の仕方じゃ、
いくらガンバに行ってもし活躍しても、もう応援できひん。
ほんとうに悲しいです。
ラーメン 神座
2005年12月25日 (日) 20:59 | 編集
神座と言えば、今では定番でチェーン化しているけど、
ラーメンの食べ歩きを始めた当時は
道頓堀の超有名店で1つか2つしか店舗の無い、
行列必至の店だった。

初めて食べた時の感想は、
「何この味???反則や!」
ラーメンなのにコンソメスープみたいな感じで、
本当に感動するくらいにうまかった。
今回行ったのはもう3年ぶりとかだと思うんだけど、
スープを一口すすった時、初めて食べた時のあの感覚が思い出された。

今日行った平野の店はもろにチェーン店で、かなり効率化されている。
入り口と出口が分かれていて、
待っている間に注文を聞かれ、
席につけば、まもなくラーメンが運ばれる方式。
メニューも昔の様に「おいしいラーメン」だけではなく、
いろんなトッピングやサイドメニューも豊富になっていた。
なんかこれはこれで不思議な感じやったな。

今日頼んだのは
小チャーシュー煮卵ネギラーメン

05-12-25_12-51.jpg


まぁ見ての通り、少しのチャーシューと煮卵がのっていて、
別にネギが出てくる。

さっき書いた様に、一口食べて思い出がよみがえる。
「うまいなぁ。反則やなぁ」
やっぱ、ラーメンと言えば中華料理。
でも、これ中華料理と呼んだらあかんよな。
五大力もそうだけど、こういうのって凄く面白い。
シゲは初めて食べたらしいんだけど、
一口スープを飲んだ時の顔は明らかにびっくり顔。
ここも定期的に行きたいお店やね。
Jユースサハラカップ決勝 神戸VS清水
2005年12月25日 (日) 20:31 | 編集
先週見に行った時、勝って準決勝進出を決めた神戸ユース。
23日にはなんと準決勝もPK戦を制し、今日は決勝戦。
当然行って来た。

今回もシゲと一緒に行くことになり、
試合開始の2時間前くらいに出発した。
時間がちょうど昼だったので、
御飯を食べてから行こうと平野の神座に寄った(別エントリーで)
ラーメンを食べて時間を見ると1時過ぎ。
急いで長居に向かうも、着いたら試合開始から5分が過ぎていた。

05-12-25_13-52.jpg


試合の入り方はよくわからなかったんだけど、
神戸の選手はいつもの感じではなかった様な気がする。
どこか浮き足立っている様な感じ。
いくつか危ないシーンがあって、
右サイドで柳川がやられ、1点取られてしまう。
そして、もう一つ右サイドから1点。
コーナーキックから1点。
どうにもうまくいかないまま前半終了。
特にサイドはひどかったな。
右サイドの選手のキングカズまたぎはカズ以上だった。
後半は打って変わって、神戸ペース。
サイドの修正も出来ていて、
何度かチャンスを迎えたのに
なかなか点にならなかったが、
遂に11番辻の個人技で1点を返す。
ここからだ!と、神戸ペースがしばらく続くが、
途中から運動量も落ちてしまい、段々とぐだぐだの展開に。
最後なんとか攻撃したのだが、カウンターでやられてしまい。
4-1で試合終了。

神戸の優勝が見られるかもと思って行った長居だったから、
非常に残念な結果だった。
決して勝てないとは思わなかったし。
でも、やはり3年生最後の試合。
みんな勝つためにがんばっていたので、
満足な試合だったな。
素直に次がんばれと思える試合だった。
素晴らしいゲームを見る事が出来た。
選手のみんなに感謝したい。
(後、スポンサーのタイガー魔法瓶にも)

今回はユースの試合を2試合見せてもらったんだけど、
やはり、ユースっていい。
下部組織って単純に言うけど、
地元の子供がヴィッセルのユニフォームを着て、
看板を背負って試合をするんだから、
立派にヴィッセル神戸だよな。
観客なんてトップの比じゃなく来ないけど、
個人的にはやってる事も見る時の気持ちも
トップの時とほとんど変わらない。
今年のチームからは4人トップに昇格する。
吉田真史もそうだけど、やはりユース出身者は特別。
4人ともトップでがんばって神戸の顔になって欲しいし、
トップに上がれなかった子達もサッカーを続ける限り、
神戸に帰って来られる様にがんばってもらいたい。
そうやって、クラブの歴史をしっかり作って行って欲しいな。
京都嵐山・嵐亭で懐石料理
2005年12月25日 (日) 17:54 | 編集
23日は母方の祖母の7回忌と言う事で、
家族で京都の大谷本廟へ。
当然、車で行くはずだったんだけど、
前日22日はあの雪の日。
車で行くのは危ないかもしれないので、
もう20年ぶりになるだろうか、
家族4人電車で京都まで出かけた。

よくわからないんだけど、法事ってのは、
おいしいものを食べる習慣でもあるんだろうか?
うちは大体どこかへ食べに行く事になっていて、
今回は母親の教え子のいる嵐山の嵐亭と言うホテルで、
昼ごはんをいただいた。

懐石料理って当然の事ながら、あまり食べた事がないので、
どこどこと比べてなんて書けないけど、
やはりおいしい。
基本的に日本料理より西洋料理の方が好きなんで、
自分基準で言うと懐石料理なんてかなり不利なんだけど、
そんな事全く関係なく、おいしかった。

先付

05-12-23_12-07.jpg


ふぐの煮こごりと甘エビの和え物。
ふぐの煮こごりなんて初めて食べたけど、
しっかり出汁が出ていて、おいしかった。
甘エビもご存知の通り、嫌いな食べ物なんだけど、
これは問題なく食べられたな。


椀物

05-12-23_12-13.jpg


タラバガニの錦糸巻き入り、白味噌の汁物
白味噌とカニと写真では見えないけど、
中に入っていたアボガドかなにかの寄せ物が絶妙


お造り

05-12-23_12-19.jpg


鮪、鯛、鰤
油ののった鰤はいい。


煮物

05-12-23_12-27.jpg


かぶらと湯葉の煮物、あわびのせ
かぶらの真ん中に穴があって、
そこに豆乳を流して、湯葉にしている。
いい仕事してますねぇって感じ。
あわびも当然おいしかったな。


焼き物

05-12-23_12-36.jpg


海老と牛肉の陶板焼き
これは結構普通だったかも。
肉に関しては普段からかなりおいしいものを食べているからね。
でも、普通に考えたらやはりおいしいよな。


揚げ物

05-12-23_12-55.jpg


魚のすり身の天ぷら等
いろいろ細工してある天ぷらですごくおいしかった。
メインのものは魚のすり身の中にまた魚の身が入っていて、
もちもちの食感とサクサクの食感が交わって、
すばらしかった。
これまた、いい仕事してますねぇ。


酢の物

05-12-23_13-04.jpg


ミル貝のサラダ風
ミル貝なんて初めて食べたな。
こりこりしてて、サラダとの食感が面白かった。


御飯物

05-12-23_13-14.jpg


最後の御飯だけど、ここは京都、
たっぷりのお漬物が付いてた。
甘い大根の漬物が最高。
御飯何杯でもいけるの世界やね。
残念ながら、今回はご覧の通り、
それまでにかなり食べていたので、
一杯しか食べられなかったのは残念。

デザート
メロン。
これはパス。


まともに懐石料理って言うとかなり久しぶりになるかな。
いやぁ、本当においしかった。
あんまり、食べる時に考える事ってしないと思うんだけど、
こういう懐石料理は、考えながら食べると
ほんとに素晴らしいのがよく分かる。
食材とか味付けとか食感とかのバランスをみると、
ほんと絶妙やもんな。全てが合ってる。
どうすればおいしいかを考えて考え抜いた先にある料理だと思う。
うまかった!!!だけで終わるんじゃなくて、
凄く充実した感覚を味わう事ができた。

後はおばあちゃんの喉の骨が納めてある大谷本廟へ
四葉タクシーで行って、

05-12-23_14-22.jpg


お参りをして帰宅しました。
おばあちゃんおいしいものをありがとうって感じですねw





携帯かえました。
2005年12月25日 (日) 08:05 | 編集
この報告は突然になってしまうよな。
実は前からずっと買い替えを考えていて、
遂にV702NKⅡが発売になったから、
勢い余って、買い変えてしまいました。

前にも書いた様に、903SHのカメラ性能は最高。
これ以上の携帯はないと言うものだった。
でも、その他の機能は正直・・・
決して使い易いとは言えないし、自由度は全くない。
そこに自由度抜群の702NKⅡがあればどうしてもそちらに目が行くねんな。
個人的にNOKIAは前に使ってたメーカーで愛着もあるしね。

とりあえず、今回は報告だけです。
使い勝手なんかはまたの機会に。
もしかしたら、903に戻しましたって
報告になるかもしれへんけどw
DISCASでネットレンタルDVD
2005年12月21日 (水) 21:00 | 編集
インターネットでDVDがレンタルできる、
このDISCASと言うサービス。
実はかなり前から気になっていた。

ここ数年、旧作100円新作300円でレンタルできる店を、
愛用していたんだけど、DVDがメインになりつつある中で、
どうしても品揃えに不満を持つことが多かった。
自分の見たいものって、どうしてもメジャーなものが少ない。
ビデオですらあるかどうかわからないのに、
レンタルでDVDがあるはずないんだけど、
やはり買うとなると、金額が金額だけに辛く諦めることがほとんどだった。
そんな中、見つけたこのサービス。
こういうマスを相手にしたものなら、
少々マニアックなものもあるだろうと、
いろいろ調べてみると、
やはり近所のレンタル屋とは比べ物にならなかった。
そういう訳でずっと気になっていたんだけど、
最近、どうしても見たいDVDがあり、
それを借りる為に、登録してみました。

必要事項を入れ、登録完了。
予約リストに何点か入れ、届くのを待ちます。
で、来るのがこれ。

05-12-21_10-47.jpg


これは返却用の封筒もかねていて、
見終われば、ポストに入れて返却、終了です。
もの凄く簡単にレンタルできて、
お店で借りるよりも楽かもな。

重要な価格だけど、うちはAプランで、
一月最大8枚までで2000円弱。
一枚250円だから普通のレンタル屋より安いね。

個人的にはこれほんとに使える。
ナックスさん関係ではLOOSERと銀のエンゼルを借りたんだけど、
こんなん近所のレンタルには絶対ないもんな。
音楽関係やボード関係なんかは近所にないものがたくさんあるんで、
ちょこちょこ借りようと思ってます。
借りるものがなくなったら、すぐに休会、
借りたいものが出来れば、また入会すれば、
お金もかからないし、いい。
マニアックなDVDをレンタルしたい人にはお勧めですよ
にんにくげんこつラーメン 花月
2005年12月21日 (水) 14:53 | 編集
ここは東京の有名チェーンらしく、珍しさもあったり、
通学路にあったこともあって、身近に感じていて、
大学時代に結構行ったお店。
しかし、大学を卒業してしばらくすると、
摂津本山辺りにあったお店が無くなってしまい、
その後もいくつかあった支店も次々と無くなり、
一切行けなくなってしまっていた。
そんな感じで数年経った後、ガンバ戦を見に万博に行く時、
171号線から中央環状線に入ってすぐの所に、
生き残ったお店を見つけて、いつか行きたいと思っていた。

昨日はビジュ系と夜にラーメンを食べる事になり、
初めは高槻の紅鶴ラーメンに向かったんだけど無くなっていたので、
(これについては後日調べます)
目標を花月に替え、向かった。
閉店時間ギリギリに到着。
ひさしぶりのにんにくげんこつラーメンを堪能した。

05-12-21_00-04.jpg


見てわかる通り、背油たっぷりのこってりラーメンです。
無鉄砲に行った後じゃ、それ程こってりとも感じなかったけど。
でも、こういう昔に行っていた所に行くと、
うまいとかまずいとかよりも、
懐かしい!と言う気持ちだけやな。
味覚が過去の思い出と共にあるという事を認識したラーメンでした。
ピエトロでわいわいイタリアン
2005年12月19日 (月) 16:18 | 編集
ラーメンを食べた後は、アマドゥに寄ったり、
ブックオフに寄ったりして、みど・先輩と合流。
久しぶりに4人でピエトロへ、パスタを食べに行った。

みんな自分の食べたいものを好き勝手言うも、
結局、ほぼ先輩の独断で、
鶏とルッコラの和風スパゲティー
茄子とひき肉の辛味スパゲティー
トマトとフレッシュモッツァレラのピザ
鶏と半熟玉子のドリア
を注文。

05-12-18_18-31.jpg


まぁまぁ、おいしかったですな。
でも、4人でいろいろ突く食べ方はやはりめんどくさいな。
どれくらい食べたか分からないし。
わいわい食べるのも楽しいと言えば楽しいんだけど、
今度は一人一人がオーダーする様な所へ行こう。
ラーメン 無鉄砲
2005年12月19日 (月) 16:04 | 編集
奈良の超有名店の無鉄砲。
前に行ったのはもうかなり前になるな。
そのお店が大阪にオープンしたと言う事で、
ずっと行きたかったんだけどなかなか行く機会がなく、
時間が結構経ってしまったんだけど、
サッカーの帰りに遂に行くことが出来た。

ここはご存知、超ウルトラスーパー濃厚とんこつ。
今まで食べた中では、一番凄いとんこつラーメンである事は間違いない。
近所では無いので、普段は行けないと思い、
とんこつチャーシュー麺(こってり・麺固目・ネギ多目)で注文。

05-12-18_13-48.jpg


やっぱり、凄かったです。
あり得ないくらい濃厚とんこつ。
そして、うまい!
普通ならここまでこってりだとかなり厳しい感じだと思うんだけど、
これが普通に食べられるねんな。
そういう意味では不思議なラーメンやね。
でも、さすがに女の子のはおすすめではないし、
体調に寄ってはきついかもな。
そんな時は他にもあっさりや魚介スープとのダブルスープもあるんで、
そちらを食べればいいんで問題ないんだけど。
まぁ、とにかくまた行きますよ。
Jユースサハラカップ 神戸VS名古屋
2005年12月19日 (月) 02:13 | 編集
現在行われているJユースカップ。
予選もなんとか勝ちあがり、
東京での一回戦、二回戦と突破、
準々決勝はこちら長居へと帰ってきたので行って来た。

朝シゲの家へ行き、車を乗り換えて長居公園へ向かった。
トラブル発生で出発時間が少し遅れてしまったので、
高速を使ったんだけど、30分強で着いてしまった。
なんかいつも下で行ってるのがばかばかしいな。
試合時間30分ほど前に着いてしまい、むちゃくちゃ寒いなか、試合を待つ。

前半開始してすぐ、綺麗なサイド攻撃から先制。
ほんと素晴らしい展開からの得点で、おどろいた。
その後、少し押していたんだけどなかなか点が取れない。
こういう時には点を取られるもので、
えげつないミドルをキーパーが素晴らしいセーブをした、
こぼれ玉を押し込まれて、同点。
あのミドルを止めただけで、十分と言う位、しょうがない得点だったかな。

05-12-18_11-35.jpg


前半はそのまま1-1で終了。
後半、一進一退を繰り替えすもそのままで、PK戦へ。

05-12-18_12-52.jpg


名古屋は2人連続で止められた後、3人目が外し、
神戸は1人目は外したが2人はしっかり決め、4人目へ。
名古屋はきっちり決めたが、神戸もしっかり決めて、
神戸の勝利。
最高やね。

なんか久しぶりにサッカーを見ていて楽しかった。
今年はトップが酷かったってのもあるけど、
やっぱりユースのゲームはいいよな。
今回の大会は3年生にとって最後の大会と言うのもあって、
本当に負けたくないと思って試合をしているのがよく分かる。
今年のトップでは感じることのできなかったものやな。
技術的にも体力的にもまだまだだけど、
これはこれで面白いねんなぁ。
次23日の横浜M戦は法事で行けないんで、
是非勝ってもらって決勝でもう一度見たい。

液晶プロジェクターを買いました。
2005年12月15日 (木) 20:10 | 編集
昔、家が地震で半壊になり建て替えた時、
自分の部屋を考えるにあたり、2つの夢があった。

1つは実現している、天井にスピーカーを吊るす事。
当時はちょうどお金もあったので、あっさりBOSEのスピーカーを買い、
天井に吊るしてもらった。
そして、もう一つがプロジェクター。
暗くした部屋でプロジェクターから大画面の映像を映し出し、
映画やサッカーなんかを見るのが憧れだった。
これずっと憧れだったんだけど、
やはりプロジェクターと言えば、かなり高価。
いいものだと100万を超えるし、安くても10万じゃ買えない。
設置なんかも大変だろうし、スクリーンもいる。
そう考えると無条件降伏だった。

数年経ち、そんな事も忘れかけていたんだけど、
最近大画面への憧れが大きくなって来た。
亡くなったおばあちゃんの部屋のテレビが32型ワイドで、
珠にDVD見たり、ウイイレしたり、サッカー見たりしてると、
やっぱ大画面はいいなぁと。
普通ならここで今流行りの大画面薄型だ!って事になるんだろうけど、
やはり先立つものがない。
そこで思い出したのが、プロジェクター。
オークションなら安く手に入るんじゃないか?と。
早速、リサーチすると、正にピンきり。
いい物は数十万。悪いものは数千円。
いろいろ考えたんだけど、中途半端はいやだったので、
とりあえず映るもので安いものにターゲットをしぼり、選ぶことにした。
業務用のプロジェクターに簡単で安い感じの出品があったので、
それを無事落札し、手に入れました。

05-12-15_19-57.jpg


こんな感じの箱です。

映した感じはこれ

05-12-12_12-05.jpg


7000円程だったんだけど、まぁ値段通りの品ですね。
本格的に映画を見たりしようと思うとかなり厳しいけど、
テレビ見たり、ゲームしたりするのには問題なし。
BGV的に壁に古い映画なんかを映してるとおしゃれ満点かな。
初めの目的通りとは行かなかったけど、
これはこれでとてもいいね。
もっと他にも使い方がありそうなんで、いろいろ考えてみよう。
矢沢あいの世界
2005年12月14日 (水) 11:47 | 編集
NANAの映画を見てしばらく経ちます。
その後、漫画を読んで、2回目の映画を見て、
今度は矢沢あいと言う漫画家に興味を持った。
かと言って、少女マンガを読む機会なんてないんで、
そのままだったんだけど、ちょっと前に、
「ご近所物語」「パラダイスキス」「天使なんかじゃない」と
立て続けに読む機会がありまして、どっぷりはまりました。

少女マンガにはまるおっさんってのもかなり恥ずかしいんだけど、
自分としては不思議と全く違和感がない。
よくわからないけど、単純に恋愛物の漫画なら、
おそらくと言うか、絶対はまることなんでないんだけど、
やはり、矢沢あいの漫画には、違う何かがある。

まずは細かいモノの描写。
これはNANAの時にも書いたけど、
ほんとにしっかり描いてある。
携帯電話で言うと、
NANAでは、あのナナがヤスに携帯で歌うシーンではNM502i(映画ではV702sMO)
蓮がナナに与えたお揃いの電話はER209i、
パラキスで実和子と紫のお揃いの携帯はJ-SH51。
(ちなみにこの3つの機種は自分が愛用してたんですぐ分かった)
マックで言うと、「NANA」でヤスのパソコンはPowerBookG3、
「ご近所」のみんなで買うパソコンはPowerMac9600(たぶん)。
ファッションでは、NANAでのヴィヴィアンは有名な話だけど、
ご近所ではMILKなんかもあるし、
その他にも気付いたものはいろいろある。
描画が細かいって事は一見ただの作者のこだわりとして、
紹介されがちなんだけど、
実はこの描写はその作品自体の空気を作っているんだと思う。
そのキャラクターはどういうものが好きなのか、
どういう人間性なのかを表す時、見につけているものや、
持ち物って、本当のその人を表現出来るものだと思うから。
いい加減な人はいい加減なものしか持ってないし、
こだわりのある人はこだわりのものを持っている。
保守的な人は保守的なものを好むし、
前衛的な人は前衛的なものを好む。
そういう一つ一つの細かい描画が、
作品のリアリティを作っている。
そういう点で矢沢あいの作品には、
モノを見る楽しみとリアリティを同時に楽しめるねんな。

次は仲間感覚。
天ないでは生徒会、ご近所ではサークル「AKINDO」、
パラキスではブランド「Paradise Kiss」、NANAではバンド「ブラスト」。
全て、すごくいい関係で何かを作り上げるグループがある。
あの仲間はたぶんみんなが憧れる仲間なんじゃないかな。
そして、みんなで一つのものを作り上げる楽しさ。
ああいうのって、みんなどこかで体験している事だと思うんだけど、
それを思い出したり、自分も一緒に仲間に入った様な気になったり、
マンガを読むだけで、すごく楽しい気分になる。
たぶん、あれは矢沢あい自身 がとてもいい仲間を持っているからなんだろうな。
徳ちゃんのバーやジャクソンバーガーが実在している所を見ると、
漫画のモデルの人がその仲間なんだろう。
その仲間の描き方は矢沢あいの大きな魅力やな。

そして、作品同士のつながり。
こう言うのって、少女マンガではよく使われる技法なんだろうか?
少年漫画では見たことがないと言ってもいいくらいなんだけどな。
しかし、このつながりに関しては正直感動した。
自分の場合は新しいものから順番に読んで行ったので、
中途半端にわからなかったものがどんどんつながって行く感覚だったな。
一番感動したのは、やはりマンボーのケンちゃんの歌。
新しい方のマンガから読み始めた自分はツトムにそっくりな歌手が歌う、
実果子が気に入っている歌と言う認識でしかなかったんだけど、
まさか、あの歌が天ないのみどりちゃんに向けられた歌だったとは。
それがわかった時には鳥肌もんやった。
後、ご近所で初めて実果子の作品を買うのがみどりちゃんだと言う事は、
そのシーンの重要性を表すのと同時に、
作品に対する愛情も感じるよな。
その作品同士のつながりについてだけど、
悪い言い方をすれば、他の作品の宣伝だと取られるかもしれない。
でも、自分はそんなことはこれっぽちも考えなかった。
矢沢あいの作品やキャラクターへの大きな愛情を感じた。
作品やそれに付随するキャラクターってのは、
作者からすれば、ほんと命を削って作ったものだと思う。
(ご近所物語では実果子の母親の台詞にそういう言葉がある)
その命を削ってまで生み出したものって、
ほんとにたくさんの思いが詰まっているから、
そのマンガ一作品(一タイトル)で留まる事の
出来るものではないって事なんじゃないかな。
それと「マンガから伝えたい事」ってのも、
そんなにころころ変わるもんじゃないと思うから、
マンボーのケンちゃんの歌の様に過去の表現を引用するのも
凄く自然なことに思える。

まぁ、ちょこちょこ書きましたが、総じて言えるのは、
矢沢あいはちゃんとサボらずに真面目に
マンガを描いているなぁと言う事。
全身全霊、魂込めて描いていると。
ここでは3つの事を書いたけど、
それだけではない、いろんな事がその作品の随所に垣間見える。
そしてそこからはリアルに強烈にメッセージが伝わる。
こういう作家さんの作品が良くないはずがない。
NANAが大ブームになって、自分も見始めた一人だけど、
あのブームで伝えられている事はほんの少しの事だった。
正直作品から伝わるメッセージは
自分としては大したものではないんだけど、
(恋愛の事とかは興味ないし分からないし)
その物を作る姿勢だとか、周りを大切にする事だとか、
かなり共感できる事が多く素晴らしいと思う。
こんないいおっさんにここまで書かせる少女マンガってのも、
やっぱりすごいよな。
もしたまたまここを読んでくれた人には(男でも)是非お勧めします。
読んでみてください。
うどん 志のん
2005年12月14日 (水) 10:55 | 編集
昨日は長年預かった先輩のボードを返す為に、天王寺へ。

ついでに、四天王寺にある讃岐うどんの店「志のん」へ、
連れて行っていただきました。
このお店は全く知らなかったので、
あんまり期待していかなかったんだけど、
普通にちゃんとした讃岐うどんを食べることができた。

昨日頼んだのは、ちくわと半熟玉子の天ぷら入りのぶっかけうどん。

05-12-13_19-06.jpg


ここはかなり、腰が強め。
この前行った小麦の実りとは同じ讃岐うどんでも全然違う。
感じから言うと、凡蔵にかなり近かったな。
味も当然よかったです。
何故かちくわがボリュームたっぷりだったのが笑えた。
写真ではわかり難いかも。

店を出て、まだ時間が浅かったんで、
松原の洋食屋とカフェとカラオケとがごっちゃになった、
「FROUFROU」と言うお店でお茶を。
高い天井の鉄骨作りの躯体にスケルトン+アジアンな内装の
かなり寒いお店(室温的にも空気的にも)
田舎にありがちなオーナー主導の何でも屋って感じかな。
神戸ではありえないんで、なかなか面白かった。
(写真撮っとけばよかったな)
そこで、コーヒーを飲んで、少しお話して、
少しシゲにテレビ電話をかけた。
テレビ電話なんて普段は全く掛けないんだけど、
やっぱちょっと人が集まったときには面白いよな。
シゲには迷惑だったかもしれないけど、
楽しかったな。

そんなこんなで後は送って帰宅です。

ピザのCivettaとラーメン虎一番
2005年12月12日 (月) 08:06 | 編集
昨日は映画を見に今話題のHAT神戸の109シネマへ。

11時に集合し、まず前売り券をチケットに交換しておいて、
お昼ごはんを六甲のパニエにあるピザ屋のCivetteで食べた。
ここはネットで阪神間のピザ屋を調べると必ず出てくるお店。
比較的HAT神戸とも近かったので、行って見る事にした。
お昼時だったので、多少混んでいたが、普通に席に座り、
ピザランチとパスタランチを注文。
まず、出てきたのが前菜で、

05-12-11_12-50.jpg


次に出てきたのが、ピザ。

05-12-11_13-01.jpg


ピザって大体もっちり系のナポリピザと、
薄いパリッと系のピザに分かれると思うんだけど、
ここはナポリ系になるんだろうか。
生地もしっかりしていて、
具材なしでもしっかり食べられる感じ。
今回はトマト系とクリーム系のハーフ&ハーフにしたので、
どちらも食べられたんだけど、どちらもおいしかった。
おまけのパスタもおいしかったが、
こちらは専門店には負けるかな。

そして、メインの映画「Mr.&Mrs スミス」を見る為に、109シネマへ。
いつもの如く、ギリギリに到着するも今回は無事初めから見る事ができた。
(映画については別記事で)

映画を見た後はパンタイムに行くも時間が遅くて在庫切れ、
晩御飯には少し早かったので、上島珈琲店本店で軽くお茶をして、
尼崎にあるうわさのラーメン屋の麺屋花星に向かったんだけど、
発見できず(おそらく定休日)。
しょうがないので、と言うこともないけど、
この前行っておいしかった、これまた尼崎の虎一番に行った。

行ってみると、やはりご飯時と言うことで混んでいたな。
今日頼んだのは、この前食べなかったつけ麺とサンラーメン。
混んでいて、たくさんのオーダーがあったんだけど、
マスターは全部覚えているらしく、手際よく寡黙に作っている。
そして、出てきたのが、サンラーメンとラーメン。
おい、間違えてるやん。つけ麺ちゃうやん。覚えられてないやん。
まぁ、作り直してもらう程でもなかったんで、何も言わずに食べました。
ラーメンは前と変わらずにダブルスープでおいしかったな。
和風と中華の融合って感じで女の子にも食べやすい、
なかなかなラーメンだと思う。
一方、サンラーメンってのは名前からは全く分からない、
ピリ辛風味で酸味のあるとろみの付いた野菜入りスープのラーメン。
これ。

05-12-11_19-15.jpg


こちらは昔食べた壱学のラーメンを彷彿とさせる感じで、
不思議においしかったなぁ。
酸味があって、とろみがあって、ピリ辛で。
なんか変な感じなんだけど、うまい。
興味のある人は食べるべきかもな。

後は普通に帰りました。
結構充実した一日やったね。
スミス夫妻
2005年12月12日 (月) 08:05 | 編集
そんなに書くことも無いんだけど、
上の記事と同じにすれば映画と食べものがごっちゃになるので、
分けました。

内容は、公表通りお互いが殺し屋の夫婦がおりなすストーリーと言うことで、
取り立てて何かここで書く必要もないかな。
アクションシーンがど派手で、映画館で見る映画ではあると思う。
一つ思ったのは、この映画は夫婦で見に行ったら、
絶対面白いんじゃないかなと言うこと。
自分は未婚なんで分からないんだけど、
夫婦でしか分からない心の表現とかがたくさんあったと思う。
「あぁ、あぁ、わかる、わかる」と言った様な感じで。
信頼関係を気付き上げて、外の敵と力を合わせて戦うってのは、
実際どこの夫婦もしている事だと思うんで、
本当の戦闘を、人生での戦いの比喩だと思ってみれば、
また違う、人生を考える映画になるんじゃないかな。

個人的にはいまいちというか、あまりにも評判通りで、
拍子抜けだったなぁ。
まぁ結婚してる人は行ってみて損はないと思う。
靴の定番2
2005年12月10日 (土) 19:02 | 編集
以前、コンバースのオールスターを買った事を書いたと思う。
その時とは異なり、最近は正にどうしても靴が欲しくて、
金土は新聞広告を必ずチェックしていた。

普段履いているのはアディダスのアウトレットで2000円で買った靴。
これがもうボロボロで早く買わなければならなかった。
次に狙ってたのは、アディダスのスーパースター。
派手なものでなく、赤ライン。
(黒ラインは以前K出が履いていたので却下)
そしてもう一つの希望は値段。
量販店では大体6,7000円で買えるんだけど、
その値段ではいつでも買えるので、
セールがかかった時には5000円ほどになるだろうから、
そのタイミングで買おうと決めていた。
しかし、時間が経てどもなかなかセールに遭遇しない。
アウトレットでお目にかかれるかと思って結構店に通っていたけど、
全く見つからなかった。

そして、昨日。
近所のスポーツ店のチラシにスーパースターを発見。
値段は5000円弱。色は赤。
あぁ、待った甲斐があった(泣)と早速行ってみると、
その赤色は・・・・・テカテカだった。(エナメル調)
これは履けない。捜し求めてたものがこれか・・・
他の色も見てみたけど、、、、テカテカ。
かなり悔しい思いで店を出た。

そして、そして今日。
そう、あのコンバースオールスターを買ったお店の広告に、
スーパースターの文字が。
早速行ってきました。
残念ながら赤は無かったけど、(赤は女物らしい)
これをゲット

05-12-10_14-41.jpg



待ってみるもんやね。大満足です。
宮っこラーメン
2005年12月09日 (金) 17:24 | 編集
宮っこの事をここで書いたことあったっけな?
地元では一番有名なラーメン屋なんで、
ここに書く必要はないと思えるくらいなんだけど、
せっかく行ったので載せときます。
とりあえす写真。

(クリックで大きくなります)
05-12-09_14-01.jpg


いやぁ、うまそうやな。
まぁ、うまかったんですけど。
ここは炒飯が250円と安いので、それもセットで注文。
遅いランチで、おなかも空いていたので、
かなり満足にいただきました。

ここは基本的にしょうゆベースの中華そばやね。
もっこすとかなり似ていて、
少し塩味がきつい様な気がする。
なんか特別これがうまい!って感じじゃないんだけど、
普通に中華料理の発展系でこういうラーメンもいい。
また定期的に行くことになると思います。
小麦の実り
2005年12月07日 (水) 21:07 | 編集
今日の昼ごはんは摂津本山、田中の交差点から少し北にある、
讃岐うどんのお店「小麦の実り」へ

ここはちょこっとネットで見ていて、
評判も悪くないんで、行ってみたいと思っていた。
ちょうど近くで用事があったので、ついでに寄り道。
何を頼もうか迷ったんだけど、とりあえずぶっかけをチョイス。
定食にして、おにぎりとかきあげを追加した。

まず、うどんはこれ
05-12-07_13-23.jpg


これは見ればわかるよな。うまいです。
かなり柔らか目なんだけど、しっかりこしがある。
このやわらかさって初めてだったので少し驚いたな。
でも、噛めばしっかりしているし、喉越しもいい。
なかなか面白い麺やった。
ただ少し水切りが甘くて、水臭い感じはあったのが残念だった。

後、サブメニューはこれ。
05-12-07_13-24.jpg


こちらも見てわかると思うんだけど、
ちゃんと作ってあって、本格的でうまかったです。

ここは店の雰囲気も客層も結構高級系なんだと思う。
土地柄、学生が多いので、大衆系かなと思ったんだけど、
全然そんな事もないねんな。
あのやわらかい麺は興味のある人は是非食べるべきじゃないかな。
アツ君残留
2005年12月07日 (水) 14:31 | 編集
アツ君のヴィッセル残留が決まりました。
これには正直驚いて、神戸新聞の記事を見た瞬間、
目から汗が出そうになった。

今季アツ君は降格したチームの中で、
獅子奮迅と言えるくらいの活躍をした。
ゴールもチーム最多の6得点。
岡山でのゴールは忘れられない。
ワールドカップを控える来年は、残念だけど、
J1に移籍してもしょうがないと思っていた。
戦力として残って惜しいのは山々だけど、
一生の夢であるワールドカップを優先しても何も言えないし、
むしろそうした方がいいとさえ思っていた。

アツ君と同年代の自分はそのワールドカップに対する気持ちがよく分かる。
子供の頃はワールドカップなんてほんとに夢の世界だったと思う。
どこか分からない所の凄いスタジアムで、
観客が満員で、凄いプレーが繰り広げられる。
大分に居たアツ君にはそれこそおとぎ話くらい現実感がなかったんじゃないかな。
本当に子供の頃から夢見たのがワールドカップだったと思う。

ジーコからJ2でも代表に選ぶと言う確約を得たにしても、
神戸に残る事はどう考えても不利である事に間違いない。
夢から遠ざかる事を理解した上での残留。
ワールドカップより神戸を選んだアツ君には頭が上がらない。
来期は17のユニを買います。シーパスも買います。
アウェーにもがんばって行きます。
応援します。
印象バトン
2005年12月06日 (火) 17:03 | 編集
うっちゃんにまわしていただきました。
こういうのは自分を見つめ返す良い機会ですな。


■回してくれた方に対しての印象
頭がとても良く、キレ者。
尋常じゃない集中力を持っているので、
アンテナ張り巡らし型と言うよりは、一点集中型なんだと思う。
思いやりがないって言っているのも、
違う事に集中してて、他に目が行かないからなんじゃないかな。
(今はもう違うかも)


■周りから見た自分はどんな人だと思われていますか?(5つ)
1.やさしい(そういう人間になりたいと努力をしてきた)
2.説得力がある(全て理屈で説明するので)
3.冷たい(人間性をも理屈で考えるので)
4.駄目人間(現状があらわしています)
5.頭がいい(単に出身大学の名前)


■自分の好きなタイプの人間性は?(5つ)
1.やさしい
2.明るい
3.能天気
4.気を使える
5.頭がいい
そんな人おらんよな


■反対に嫌いなタイプの人間性は? (5つ)
1.まわりに気を使えない人(自分勝手)
2.漠然と生きてる人
3.少しの労を惜しむ人
4.頭の悪い人(自分のやってる事が何につながるかわかってない)
5.根っからの悪人(救いようがない)


■自分がこうなりたいと思う理想像はありますか?
行動力の少しでもある人になりたいな。
もしくわ、もう少し考えると言うことを拒否できれば、
もう少し楽しい人生を送れたかもしれないと思う。
とにかく、考えるより行動できる人になりたいです。


■自分のことを慕ってくれる人に叫んで下さい。
君の判断は正しい!と言える様にがんばります。


■5人のマイミクさんにバトンタッチして下さい♪
例の如く、まわせる人はいません。
ごめんなさい。
Jリーグ2005 最終節
2005年12月04日 (日) 14:03 | 編集
まず、ヴィッセルから。
前節から引き続き若手中心のメンバーで、
磐田相手に善戦しアンラッキーなゴールで敗戦したらしい。
噂では来期につながる内容だったと言うことで、
負けはしたものの評価は上々だった。
個人的には荻君がJデビューして、
それなりの結果を残した事がうれしい。
自分が見出した頃、キーパーは前途洋々なメンバーだった。
セクシーはうまくいけば代表も狙えると言う位置にいたし、
新人のイワマールも荻君も選手権で好成績を引っ提げての入団だった。
それが、今ではセクシー解雇に
イワマールは草津でもレギュラーを取れない。
荻君もサテライト一筋で伸び悩んでいた。
そんな中での昨日の荻君の結果は希望を持てるもの。
もし、これがまぐれで無いなら、
イワマールも怪我持ちだから、
しっかりした実績のあるキーパーコーチの元で、
一年間、荻君を正キーパーとして使ってもいいなじゃないかと思う。
とにかく、これで今シーズン終了。
まずは早速、監督のバクスターが就任決定と言うことで、
来期へ少しは期待できる状況やな。
後は現有戦力のキープと適材適所の補強をしっかりしてもらいたい。
特に、クニエの残留には一番力を入れて欲しいと思う。

そして、Jリーグ至上最高の優勝争い。
昨日はセレッソ戦を生で見ながら、
後の試合経過はネットでチェックと言う感じだった。
一応神戸サポの自分はかなり複雑な気持ちで見ていた。
モリシと西澤には前の優勝争いの記憶があるので、
今度こそ優勝して欲しい気持ちもあったし、
ガンバにはその魅力的な攻撃スタイルで
優勝を奪い取って欲しい気持ちもあった。
結果はご存知の通り、
ロスタイムにセレッソが同点に追いつかれガンバの逆転優勝。
セレッソ戦を見ていた自分としては、
なんだか辛い気持ちになってしまったけど、
すぐに入れ替わったガンバの優勝シーンは、
やはり感慨深いものがあった。
Jリーグ創設当時、自分も流行に乗ってガンバを応援していた。
ゲームも3試合しか行った事のない、ファンレベルだったけど、
ナガシや磯貝のプレーに興奮していたものだった。
あれから13年。
創設当時から見ている人は、
自分の様にブームの終わりと共に去った人では無く、
本当にガンバを愛して応援していた人たちなんだと思う。
その積み重ねって、ほんと巨大なものなのはとてもよく分かる。
宮本も代表でレギュラーを取っても、
(実際にお金を貰ってプレーしている)チームで
うまく行かない苛立ちは大きかったと思う。
シジも優勝するチームに行きたいと神戸を離れて行った。
西野監督もまわりの監督達がタイトルを取る中で、
自分だけ取れない劣等感は並じゃなかっただろう。
サポーターも選手も監督もみんなが長年欲していた優勝だったので、
今年の優勝はガンバで素直におめでとうと思える。
チームの内容からしても、今年のガンバは素晴らしかった。
超攻撃的布陣で、点を取られない事より点を取る事を重視したサッカー。
これって理想としてはあるけど、
現実に成功して優勝したチームって、
ほとんど見たことがない。
理想を追求しての優勝。
終盤猛烈に追いかけてきたセレッソや、
前半の圧倒的なリードを守れなかった鹿島、
終始中途半端だったレッズやジェフなんかを考えれば、
最終節のロスタイムで決着とは思えない程、
ガンバはチャンピオンにふさわしいチームだった。

個人的に思ったのはやっぱり思ったのは優勝っていいよなって事。
うらやまし過ぎる。自分もいつかはあんな風に喜びたいと痛烈に思った。
とりあえず、来年はJ1復帰で喜びたいな。

最後にシジおめでとう。
テレビの力
2005年12月02日 (金) 09:21 | 編集
ここのブログは一応アクセス解析ってのをしています。
単純にアクセス数が分かる様につけただけなんだけど、
他にもいろいろ分かるみたいで、ちょこちょこ見ている。

今日もちょこっと見てみると、
いつもよりかなりアクセス数が多かった。
あれっと思って詳しく見てみると、
何故だか昨日の夜の7時から8時の間に集中していて、
みんな「芦屋ラーメン庵」をいう言葉を検索して、
ここへたどり着いている。
芦屋ラーメンの記事なんて書いたっけなぁ?と思いながら、
考えてみると、昨日MBSの魔法のレストランが、
ラーメン特集だった事を思い出した。
HDDに録ってあったので、早速見てみると、
100人の料理人ってコーナーで大特集してるやん。
だから、こんなに見にきたんか。
テレビの力はこういう事やねんなと身に沁みたね。

それで、芦屋らーめんの話だけど、
結構なるほどなと思わせる特集だった。
最初はラーメンよりキムチがおいしかったとか。
でも、あのおばちゃん店の中で見た事無いんやけど。
後、数年前に味が変わったのも、開発好きやからやねんな。
食べ物なんで好き嫌いの話になるんだけど、
個人的には昔の方が好きやったな。
まぁ、この機会にまた行ってみようかな。

20051202092300.jpg

降格について
2005年12月02日 (金) 08:33 | 編集
11月23日、ウイングスタジアムで降格が決定した。
アツ君やバンが泣いているのを見て、
自分も非常に辛かったけど、
やはり、前もって覚悟していた事だったから、
それ程の感慨もなかったな。

この前書いた通り、降格は正直かなり前から意識して覚悟していた。
もっと言うと、ヴィッセルを見始めた2002年から最終節での残留決定だったので、
ずっと、J2降格に関しては意識していたと言ってもいいかもしれない。
見始めた2002年、2003年はフロントに対する絶望感は大きかった。
悪い意味でのお役所仕事、場当たり的な対応しかしておらず、
財政的に問題のある神戸市がチームを投げ出すと
それでヴィッセル神戸は解散してしまうんじゃないかと言うのがあり、
将来的にこのチームを応援する事に大きな不安があった。
降格すれば解散、この言葉がある限り絶対降格してはならなかったが、
正直あの頃から金があるなら一度J2に落ちて、
もう一度一からクラブを作り直す必要があると思っていた事は間違いない。
当時は常に場当たり的な対応、補強もイメージ重視で
元日本代表コレクターと揶揄されていたし、ユースも一時強かったらしいが、
それも一時で終わり、ほんと未来のないチームだった。
にわかだった自分ですら、そう思ったんだから、
長年のサポーターはもっともっと辛かったとは思う。

この様に、このクラブには絶対やり直すタイミングが必要だったと思う。
ソフトランディングじゃなく、ハードランディングで。
一見降格自体には負のイメージがあるけど、
個人的には今回はほんといい機会だと思っている。
今年の降格だって結局前フロントの負の遺産を一掃できず、
その上にまた現フロントが負の要素を足しての事。
だから、前フロントの悪い所も現フロント(含・社長)の悪い所も、
もっと大きく言えば、サポーターの悪い所も、選手の悪い所も、
全部一気に無くしてしまうべきなんだと思う。
もう一度、初めからやり直す。
昔、建築家の石山修が「何にもない状態が一番健全な状態だ」と言った事が思い出された。

そして一昨日、今年の戦力外通告が発表された。
セクシー・藪田・コジ・和多田・菅原の5人。
コジ以外は所謂、弱い神戸の象徴だと言えると思う。
昔から、菅原・藪田・吉村がいなくなれば神戸は強くなったと言う事だと思っていた。
(現実には弱くなって首が切られた訳だけど)
この解雇は間違いなく、神戸が生まれ変わると言う意思表示だろう。
監督バクスターでコーチに松田さん、
そして新たなメンバーで来期新しい一歩を踏み出すと思うと
わくわくする気持ちも大きい。
現状では来期のメンバーは決まってないが、
しっかり勝てるチームを編成して、J1昇格争いに参加して欲しい。

最後に戦力外の選手について。
基本的に戦力外通告ってのは、
プロスポーツの世界では当たり前の事。
お金をもらって、スポーツをしている以上それは仕事だし、
その仕事が出来なくなれば、解雇される。
今回の戦力外の選手達はかなり不満があり、
フロント批判のコメントなんかを出している。
戦力外の選手達は客観的に見ても妥当な判断だと思うし、
現にチームは降格したんだから、あの年代の選手が切られるのは当たり前。
それなのに批判コメントが出てるのは本当ならおかしい。
記事を読んでみると、戦力外にされた事に対する不満だけではなく、
フロントの態度や姿勢に対して、文句を言っている様だった。
基本的にビジネスの出来るメンバーで構成されている現フロント。
ビジネスの厳しさを身にしみて分かっているので、
選手に対しても、ビジネスライクな態度を取ったのかもしれないが、
そこに関しては批判したい。
解雇された5人は、なんだかんだ言っても神戸の選手だったし応援していた。
確かにこれからの神戸に必要な選手ではないが、
ちゃんと気持ちよく、送り出してやりたかった。
プロの世界が残酷なのは重々承知しているが、
去り行く人に敬意を払えないのは、自分は納得いかない。
アマちゃんだと思われるかもしれないけど、
そういう事って大事だと思うんやけどな。
それが神戸が厳しいクラブへと生まれ変わる意思表示だとしても、
そこは改善して欲しいと思う。

解雇された皆さん今までありがとうございました。
これからもがんばってください。
バートンのウェア、譲ります。
2005年12月01日 (木) 18:08 | 編集
先日先輩からボードのウェアをオークションに出してくれないか?
と言う提案がありまして、
基本的に断るんですが、パソコンを持っていないと言うので、
引き受けることにしました。
それで、基本的にオークションに出すつもりなんだけど、
もし、知り合いで欲しい人がいるなら、
安くで譲ろうと思いまして、記事にしております。

ものはバートンの3年か4年前のウェア上下。
使用日数はたぶん10日ちょいくらいだと思う。
サイズはメンズのL。
俺が着てぴったり位だから、
中肉中背の人がちょっとだぼっと着るにはいいんじゃないかな。
ちなみに持ち主は女の人なんで、女性でも問題なく着れます。
その場合もうちょっと大きめになるけど。
程度だけど、新品とはいかないが結構綺麗だと思う。
でも、防水に関してはちょっと保障はできないかな。
まぁ、防水スプレーすれば問題はないけど。

一応こんな感じですが、
こんな事書いても実物を見ないと分からないと思うんで、
興味のある人は連絡ください。
値段は5000円です。バートンなんたぶん安いとは思う。
よろしく

(クリックで大きくなります)
05-12-01_15-18.jpg


ちなみに下は真っ黒なカーゴパンツ風です。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。