franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトバンド
2005年08月30日 (火) 09:13 | 編集
今日から、ファミリーマートでこのホワイトバンドを売っています。
たぶん知っている人も多いと思うけど、
これは今かなりはやっている。
300円でゴムのブレスレットを買って、
そのお金が貧困に苦しむ子供たちの助けになると言うもの。
ヒデとかも参加していて、
今回、アツ君もやっていると言うことで、興味を持ち購入した。

05-08-30_07-53.jpg


それについてちょこっと書こうと思う。

基本的には慈善事業って好きじゃない。
これ見よがしにかわいそうな映像を見せて、
人の感情に訴える様なのは特に好きじゃないな。
ああいうのを見ると、確かに募金とかしたくなるし、
なんだかしない人が悪者に見えたりする。

自分がああいうのが好きじゃない理由はいくつかある。
まず、正直自分は人にお金を恵むことができる程えらくないって事。
欲しいものはたくさんあるし、所得も少ない。
ほんとに恵まれない人たちに対して、
何かしようと思うなら、極論を言うと必要最小限の生活をして、
残りは全部寄付するべきだと思う。
でも、自分はそんな事できないし、
良心を金で買っていい気分になる事もできない。
そして、所謂恵まれない人と自分、
どちらも同じ人間で優劣なんかないと思っている。
同じ対等な人間が無償で相手になにかするってのは、なんだか気が引ける。
当然、自分の力でなんとかするべきだとは思わないけど、
かといって、他の誰かが何かをするって事にはやはり抵抗があるねんな。
人間は基本的に自分の為に生きるべきだと思うから。
そして、それが人をリスペクト出来る要因になると思うし。
(この辺はかなり難しいけど)
後、思うのは自分がいくらか寄付をしても、
助けられる人の数なんて大した事はないだろうし、
結局、根本的には何にもかわらないだろうって事がある。
気休めの小額の寄付で何かいい事をした気になるのは、
逆に良心を傷つけてしまう。

このホワイトバンドのプロジェクトは、
自分にとって、とても面白く魅力的なものに見える。
それは代償があるって事。
つまり、ホワイトバンドってファッションアイテムを手に入れられる訳で、
決して人の為だけにお金を払う訳ではないって事やね。
自分も得をするし、お金を払う事で恵まれない人たちも得をする。
こんな素晴らしいことないよな。

今回、アツ君のHPでこのホワイトバンドを具体的に知って、
一つ買いました。
何個か買って、友達に配ろうかと思ったんだけど、
やはりそれは違うと思ったので、辞めた。
その代わりじゃないけど、ここで紹介して、
少しでもこのホワイトバンドを知ってもらえたらなと思います。
ファミリーマートに売っていると思うので、
興味のある方は是非どうぞ。
スポンサーサイト
遂に携帯替えました
2005年08月30日 (火) 08:06 | 編集
ここには書いてなかったけど、
実はV903SHの発売後、いろいろ情報を集めていました。
UI等の使いやすさ、カメラ等スペックでは分からない実際の性能、
バグの具合、値段、904の噂、等など。
もし総合的に問題をクリアできていれば、替えようかと思っていた。

まず、UI(ユーザーインターフェイス)等、使いやすさに関しては、
902よりかなり向上している様子だった。
この辺は基本的に「要は慣れ」だと思っているので、
そんなに気にしている訳じゃなかったんだけど、
良くなっているんなら、クリア。
次にカメラなどの性能。
カメラに関してはかなり評判がよかったな。
この間まで601がvodafoneでは最高とされていたんだけど、
これより全てにおいて、優れているらしい。
後、少し動作がもっさりしているとの情報があったけど、
操作に影響があるほど遅い訳じゃないみたいなので、
これもクリア。
バグについて。
これは902で大きな問題だった。
何度もソフトを入れ替えたり、交換したり、
えらい大変だったらしい。
そりゃ、携帯でフリーズとか嫌やわな。
これに関しては発売から2週間、大きなバグはない様子。
2週間使っていたら、通常の操作は大概するだろうから、
このバグに関してもクリアかな。
値段。これはかなり重要なファクター。
携帯の他にminiSDとかBluetoothアダプタとか周辺機器の購入も考えないといけないので、
高すぎると流石に買えない。
調べてみると、機種変(使用期間1年半以上2年未満で)が25000円程度。
これから、アフターサービス割引(3000円程)とポイント割引(5000円程)、
ヨドバシ等で買うとポイントがあるので、結局15000円強で買える事になる。
これは完全に予算内。
この問題もクリア。
最後に904の情報。
折角新しいのに替えてもすぐにもっと新しいのが出たり、
多少待ったとしても、完全に別物くらいの性能のものが出ると、
やはりつらいので、これも重視した。
調べてみると、当然噂レベルなんだけど、
次の904は来年の春予定らしい。
スペックに関しては、UIは完全に日本仕様になり、
新しい機能としてはフェリカと地上デジタルテレビが付くかもしれないという事だった。
カメラ機能はおそらく変更無しと言うことだったので、
正直、待ってまで904とは思えなかったな。

そういう事で、総合的に今電話を替えるのがいいんじゃないかと、
V903SHに機種変することを決意。
で、最後の大きな問題は色。
黒・白・赤と自分の欲しい色が揃っている今回はほんと悩んだ。
で、結局これにしました。

05-08-30_07-52.jpg


今回は黒を買う気にならなかったんで、
白と赤でかなり悩んだんだけど、
白の色味がスーパーホワイトではなく、
アイボリーに近かったのと、
やはり「ヴィッセルカラーでしょ」という事で、
赤に決めました。
色味も赤と言うより、クリムゾンレッドやしね。
vodafoneはレッズのスポンサーやのに、
これでいいのか?とは思うけど。
まだちゃんと使い方もわからないので、
レビューはまたの機会に。


これは関係ないけど、
さっき書いた通りヨドバシに買いに行ったので
丁度昼ごはん時を狙い、機種変している間に
梅田はがくれで生醤油を堪能してきました。
(当然電話を持っていないので、写真無し)
やっぱおいしい。西宮とは違うよな。
また近くに行った時は寄ろっと。
普通の日曜日
2005年08月29日 (月) 01:37 | 編集
自分は昔から「普通」と言う事が嫌いだった。
いつも新しい何かや違う何かを求めていたと思うんだけど、
年を取ると、何気ない一日がとても心地いいものに感じる。
今日はそんな日。

昼にみどを迎えに駅まで行き、
まず、ランチへ噂の名店、三宮にある「すずめ」へ向かう。
少し出発が遅れたこともあり、着いたのは1時30分を回っていたかな。
そんな時間なのに何組も並んでいる。
しばらく待って、神戸一とのうどんを楽しみに店に入る。
注文したのは「天ぷら生醤油」

05-08-28_14-16.jpg


うどんはやはり期待通り。
やわらかいのに、こしが強くおいしかった。
この艶、分かるかな?

05-08-28_14-16~00.jpg


ここの問題は車で行くには駐車場代がいる事かな。
行くなら電車だと思う。
場所は、JR三宮から南側、観光バス駐車場のもう一本東の筋、
南側です。二号線から雲井筋に入ったところ。
一度は行く価値があると思います。

次に芦屋のパン屋、「パンタイム」へ。
ここもかなり有名なお店やね。
焼きたてのカマンベールチーズのパンをいただいたんだけど、
これはばかうまだった。
写真はNGという事でなしです。
場所は二号線、宮川の交差点から少し西の交差点から南にあります。
近くにいろいろお店があるのですぐわかると思う。

次は今津のジョーシン・スポーツオーソリティーに寄り、
前から行きたかったカフェ「le cafe」へ
何時間もかけて抽出された水出しアイスコーヒーを注文。

05-08-28_16-52.jpg


写真はカフェラテとアイスコーヒー

そのアイスコーヒーだけど、かなり濃かった。
これはファンが多そう。
今度はブレンドを飲んでみたいな。

後は、アマドゥに寄り、グラッチェガーデンズと言う、
スカイラーク系列のファミリーイタ飯屋で晩御飯。
ここって実は一番好きなファミレスだと思う。
今日はパスタ2品・ピザ・サラダ・ドリンクバー2つで、一人1000円強。
種類も食べられて、お腹一杯になってこの値段だから、
やはりお得じゃないかな。
味も結構いけるしね。
サイゼリアがライバルだと思うんだけど、
味はグラッチェの方が上だと思うし、
値段もそんなに変わらないから、いいと思うな。
近所にないのが非常に残念。
近くて東大阪か。

そんな感じで帰宅です。
おいしいうどんを食べて、買い物をして回り、
カフェでお茶して、買い物をして回り、
イタリア料理(ファミレスだけど)を食べて帰る。
なんか、非常に普通の休日だけど、
とてもいい日だったよな。
こんな何気ない一日はとても大事だと思いました。
Jリーグ 第21節 ヴィッセル神戸VS大分トリニータ
2005年08月28日 (日) 09:08 | 編集
ほんとに絶対負けられない戦い。
最下位から一つ上のチームとゲームで、
これに負けると17位と2ゲーム差、勝つと並ぶ。
勝ち負けで勝ち点3ではなく、6の意味がある。
残留の為の大きな試練の一つ目だった。

ビジュ系とその彼女と出発。
前座にヴィッセルOBと田崎ペルーレとの試合があったので、
試合2時間前に到着した。
着いてみると、前半が終了。

05-08-27_17-47.jpg


だらだら後半を見て、キックオフを待つ。

前半は今の勢いを持続して、とてもいい。

05-08-27_20-43.jpg


中盤でしっかりボールが回り、コンビネーションも良くなっている。
得点チャンスも何度かありながら、ペナルティーエリア少し外、
絶好の位置でサエがフリーキックを貰い、
アツ君が見事にゴール。さすが、すげー。
やっぱアツ君素敵すぎ。
そのまま、前半終了。

05-08-27_19-48.jpg

ハーフタイムの花火

後半は連戦の疲れ、勝っていた事もあるかもしれないけど、
足が止まり、大分のカウンターにやられだす。
がんばっていた平瀬が交代。
そして、きれいにカウンターから失点してしまう。
しかし、ここからがいつものヴィッセルとは違い、
強い気持ちでもう一点を狙いにいく。
アツ君が怪我で交代の後、終了5分前くらいかな。
ホルのスルーパスに栗原がゴール。
そして、そのまま終了。
しっかり勝ってくれました。

前半良い戦いで先制、後半足が止まり失点。
終了間際、気持ちで勝ち越しなんて素晴らしい勝利。
確かに今の大分相手に苦戦したのは問題だと思うし、
正直後半はここ2試合にはない、やられようだった。
しかし、1週間で3試合と言う過密スケジュールの上、
今まで負けまくっていたチームが連戦(1勝1分)の後、
そりゃ相当疲れていただろう。
その中で勝てたのはほんとに大きい。
チームにとって、大きな自信になるし、
残留という目標に向かって、大きな一歩を進んだ。
アツ君が言っている様に、これでスタートラインに着けたと考え、
次からもしっかり戦って欲しい。

帰りは、前も行ったこくいちへ。
ひさしぶりに濃い系のラーメンを食べた。

05-08-27_21-55.jpg


勝った後は、何を食べてもおいしいね。
後はおとなしく帰りました。


財布替えました
2005年08月26日 (金) 08:31 | 編集
これはちょっと前になるんだけど、
財布を替えました。

発端は妹が旅行に行く時に、
お土産何がいい?と聞かれた事。
正直、イタリア土産と言われてもピンとこないよな。
名物とか買ってこられても困るし、
あそこのあれがいい!なんてのもないし。
で、お土産はいらないと言っていたんだけど、
そう言えば、免税店に行けると言うことを思い出した。
財布なんていいんじゃないのと考え始める。

それまで使っていたのはポーターのDUCKシリーズ。
両側から開けるもので、片方がカード、片方がお金と分かれていた。
使う前は、カードもお金も両方使う事なんて少ないと思っていたんだけど、
実際使ってみると、かなり使い難い。
お金を下ろす時や、レンタルビデオ店なんかでは
必ずめんどくさい思いをした。
白色だったので、かなり汚れてきていたのもあって、
買い替えを考えていなかった訳でもなかった。

基本的にブランド物と言うものに縁が無いと言うか、
あまり興味がない方だと思うんだけど、
財布に関してだけは、もういい年だし、
ある程度名の通ったものを使いたいと思っていた。
しかも、財布ってブランドもの以外ろくなものがないしね。
実は次に買う財布は考えていたものがあった。
エルメスのエールライン。
やはり普段使う財布ってのは、
遠慮なく使いたいってのがあるので、
高くないもので、品があるものが希望だった。
その点、エールラインはかなり価格も安めだし、
デザインはいい感じ。
フールトゥでも良かったけど、白色はポーターで懲りたので、
濃い色希望だったから、エールラインに決めた。
ただ一つの問題はこのエルメスの小さいタイプの財布には、
札入れがないって事。(大はでか過ぎるので却下)
これかなり重大な欠点なんだけど、
駄目なら売ればいいやという感覚で、
お土産にエルメスのエールラインの財布(小のグレー)を指定した。

買って来てくれたのはこれ

05-08-23_17-01.jpg


まぁ、写真通りやね。
実はこのデザイン結構好きだったりする。

問題の札入れはこんな感じ。

05-08-23_17-02.jpg


小銭入れの上のポケットに折って入れてます。
不便かなと思ったんやけど、
これもしかしたら札入れより便利かも。
小銭と札を同じ様に取れるからね。
かなりシンプルな作りだけど、全然普通に使えてる。
ポケットがいっぱいあったりすると一見便利そうに見えるけど、
実はそうでもないんかもな。
Jリーグ 第20節 ヴィッセル神戸VS浦和レッズ
2005年08月24日 (水) 23:13 | 編集
岡山での勢いそのままに是非勝って欲しい試合。
パブリックビューイングがあったので、
ハーバーランドまで行って来た。

05-08-24_18-20.jpg


ちょっと早めに着いて席を確保。
昼ご飯を食べていなかったので、
マクドでクラブハウスマックを調達。
食べながらキックオフを待つ。

前半はとてもいい感じ。
しっかり守れていて、点を取られる気がしなかった。
そういうしっかりした守備が出来ると必ずチャンスは来る訳で、
イヴォがサイドを突破してクロス、
平瀬が飛び込むもボールがこぼれ、それをアツ君がミドル。
それも、こぼれた所を平瀬が押し込んで先制ゴール。
前半はそのまま終了。
後半、浦和は岡ちゃんと山田を投入、
少し混乱していたのかな、
開始少しして岡ちゃんにクロスを入れられ、
永井にやられた。
しかし、これは明らかにハンド。
またミスジャッジで得点を取られた。
今ヴィッセルは毎試合毎試合残留をかけて試合をしてる。
それなのに、あんないい加減なジャッジをされると、
選手たちが何を頑張ってるのかわからなくなる。
ほんと、「はげ、お前なんぼもうたんや?」って感じ。
こういう失点は一気にチームの士気を下げるのだが、
再開後のチームはやはり違う。
フリーキックから、アツ君の見事なゴール。
アツ君すてき過ぎ。
ここから、ヴィッセルの守備固めがどんどん始まる。
交代の度にディフェンシブな選手を投入し、最後には、
まともに前線で走れる選手はいなかったな。
栗原はしっかりプレスはしてたけど、攻撃では・・・だし。
で、結局終了間際にポンテにやられる。
ポンテは絶対フリーにしてはいけない選手だと言う事は
初めから分かっていたし、
現に終了間際までほぼ完璧に押さえていた。
でも、最後にやられる。
あれだけ守備の選手が多かったのに何をしてるんや。
果たして役割分担はしっかりできていたのか?
どう守るのか決めていたのか?
そこに疑問が残る。
交代の選択も含めて、やはり監督が怪しい。

まぁ、落ち着いて考えると優勝を狙う相手にアウェーで引き分け。
良しとするのが妥当かな。
ここで気落ちせず、必ず次の大分戦は勝利を。

ちなみに今日のゲームを見て、
かなり高い確率で残留できると思った。
そもそも選手の能力が高い。
イヴォもマルティンも金古も遠藤も、みんないい選手。
これから、どんどんフィットして来たら、
どのチームに対しても対等以上のゲームが出来るだろう。
後、一番大きいのはハート。
今ピッチに立っている彼らは、
勝っていても負けていても変わらず戦える選手。
こういう選手達なら絶対残留してくれると思う。
ヴィッセル神戸を応援する様になった訳
2005年08月22日 (月) 19:08 | 編集
サッカーを見始めたのはイタリアワールドカップ。
当時はヨーロッパなんて自分にとって全く未知の世界。
世界の遠いどこか位の認識しかなかった。
そんな知らないところで行われているワールドカップってのは、
オリンピックなんかとは比較にならない程の盛り上がりに雰囲気。
信じられないくらいかっこいいスタジアム(今思えばサンシーロ)で繰り広げられる
サッカーというスポーツはとんでもないインパクトだった。
こんな凄い大会に日本も出て欲しいけど、絶対無理だろうなと思ったな。

数年後、Jリーグ開幕。
当然ブームに乗りはまった。
まぁはまったのは、開幕1年前で生ジーコもこの頃見たっけ。
アメリカWCの予選ドーハの悲劇を経験し、
次第に興味がJリーグではなく、
セリエAへと移っていった。
当時は世界最強リーグと言われていて、
スター選手はみんなセリエに居たんじゃないかな。
その後、飽き性の自分は段々サッカーに興味を無くしてしまうんだけど、
日本代表だけはいつも必ず全部見ていた。
フランスWCの予選では大絶叫して、WC初出場を心の底から喜んだし、
グループリーグ3連敗ではかなり悔しい思いもした。
そして、日韓WC。
当然、必死で応援。大阪ドームでのパブリックビューイングにも行った。
そして、WC中だったかな。宮本のインタビューを読んでショックを受けた。
完全には覚えてないんだけど、
「(長居でのゲームの時)バス移動中に沿道で応援してくれる人たちがすごくうれしかった」
と言うコメント。
えっ???そいつらにわかやん。なんでそんなんがうれしいの?
ただのミーハーやろ?ブームに乗ってるだけやん。
自分はドーハ以来、テレビでやけどずっとサッカー日本代表と共に、
喜んだり、悲しんだり、悔しい思いをしてきたと思ってたし、
あのワールドカップで活躍する日本代表を夢見て、応援してた。
そんな自分より、ただブームに乗ったミーハーなおばはんの方が選手の力になるのかと思ったら、
愕然として、かなりのショックを受けたな。
ドーハの韓国戦の後カズさんがインタビューで
「みんな応援してくれるんで」って涙ぐむシーンとの違いに
ほんと悲しい思いだった。
で、本格的に日本代表の基である、Jリーグを応援する、
ひいてはどこかのチームのサポーターになろうと決めた。
それが本当の意味での日本代表を応援するって事になる思ったから。

次にチーム選び。
ホームゲームに必ず行けるという条件で、3つに絞る。
まずはJリーグ創設当時に応援していたガンバ。
当時はここしかなかったからな。
一応チームへの愛着は少し残っていた。
次にセレッソ。
ここはモリシのイメージ。
モリシは大好きな選手の一人だったし、
北摂より大阪市内の方が愛着もある、
セレッソのチームイメージも結構好きだったので、
第一候補だった。
そして、ヴィッセル。
チームのイメージは全くなし。
どんな選手が居るのかもよく知らなかったし。
(カズと城、辛うじて播戸くらいか)
街自体にはかなり愛着があった。
自分の生まれた街で2歳までいたし、
大学も神戸。母親が神戸出身と言うことで、
子供の頃に買い物に行くのは三宮だった。

で、実際に試合を見に行き、
一番しっくりくるチームのサポーターになろうと決意。
まず、セレッソの試合を見に行った。
当時セレッソはJ2。水戸との試合だったか。
普通に大久保とかを見て、なかなか面白い試合だったと思う。
とりあえず、保留と言うことで次にヴィッセルの試合をユニバーへ見に行った。
浦和レッズとの試合。
0-3で普通にぼろ負け、
試合内容は素人の自分にもわかる程ひどかったけど、
ゲームを見て、応援を聞いて、
「あぁ、ここだな」と思った。

チームって選手も監督も変わってしまう。
(まさか運営会社も変わるとは思わなかったけど)
チームの基本は街だと思う。
Jリーグにホームタウン構想みたいなのがあったよな。
つまり、Jのチームがある街の中で、自分の街は?と聞かれた時、
無条件で神戸と答えるって事なんだろうと思う。

そういう訳で、神戸サポやってます。
2002年からの新米だけど、すでにいろいろあったよな。
サッカーを見るって事はライフワークだから、
この先どれだけ自分の状況がかわろうと、
ヴィッセル神戸と共に歩んでいくと思う。
ヴィッセル繫がりで、ここに来られた方、
よろしくお願いします。


鞄買いました。
2005年08月22日 (月) 19:01 | 編集
いろいろ考えた結果、これにしました。

05-08-22_19-00.jpg


ポーターのトートバック。
オークションにて落札(皆まで聞くな)
すぐに到着して、早速岡山遠征で使ったんだけど、
やっぱ使いやすいな。
横にポケットが6つ。
携帯やiPod Shuffle、メガネふきなど小物を入れて、
中には透明のビニールで中の見えるポケットが付いているので、
チケットやバスの半券等をいれて置けた。
大きさもそこそこあるので、いろいろザクザク遠慮なく入れられる。
問題は結構大きいので、
持つとちょっと大げさになってしまう所と、重い所。
鞄自体が重いとはちょっとショックだったな。
でも、持てない程重い訳じゃないし、
ちょうど持っていなかった大きさの鞄なので、
まぁ良しとするかな。
Jリーグ 第19節 ヴィッセル神戸VS名古屋グランパス
2005年08月21日 (日) 01:41 | 編集
ホームゲームであるにもかかわらず、
神戸のスタジアムが使えないと言うことで、
岡山の桃太郎スタジアムで開催。
シーパス保有者には無料のバスが出るので、
乗ってはるばる行ってきた。

12時に西宮北口で集合。
幸い隣の人にも恵まれ、ヴィッセル話や世間話をしながら、
3時過ぎに桃太郎スタジアムに着いた。
開場は16時、キックオフは18時、自分には着くのが早すぎる。
折角、岡山まで来たと言うことで、駅前まででてみようと、
岡山駅まで行ってみた。
衝撃!

05-08-20_15-35.jpg


なんじゃこりゃ、しょぼ過ぎる。
実はこれ西口で、東口はあの岡山駅らしい。
こんなに違うのもひどいよなと思いつつ、
まだ昼ごはんを食べていなかったので、
駅前のセルフうどんで、しょうゆうどんを食べる。

05-08-20_15-39.jpg


これはひどい出来。岡山のセルフうどんは昔おいしかった思い出があるんやけど、
やはり当たり外れはあるんやな。

する事もないんで、もう一度スタジアムに戻ろうと思ったのだが、
まだ4時になった所だったので、スタジアムに入ってもすることがないと、
近くのマクドで時間つぶし。キックオフの丁度1時間前には桃スタについていたかな。
この桃太郎スタジアムのある一帯はかなりのつわものだった。
岡山駅という、県庁所在地のど真ん中の駅から歩いて15分の距離なのに、
野球場・陸上競技場・プール・体育館など、あらゆるスポーツ施設が揃っている。
すごいよな。

スタジアムに入って、大人しくキックオフを待つ。

05-08-20_16-59.jpg


スタメンを見ると新戦力が4人、
どんなゲームを見せてくれるか楽しみだった。
ゲームが始まると、普通に驚かせてもらう事になる。
レベルの高い選手は何も言わなくても出来ると言う事を見せてもらったな。
パスをしたら走る、スペースに走りボールを受ける。
それだけであんなサッカーが出来るとは。
完全に崩した場面も何度かあったもんな。
確かにコンビネーションが合わない部分や、単純なミスもあったけど、
今までみた事がないヴィッセルがそこにいた。
メンタル面でも、かなりの違いを見せてくれたと思う。
いつもとは違う勝つ気持ちが伝わってくる。
ものすごく強固に勝つ気持ち。
それは、ゲームの流れに左右されないプレーぶりなのかな。
やっぱ横浜とか鹿島みたいなチームに
居た勝者のメンタリティーを持っている選手は違うんだろう。
結果は、アツ君のゴールで勝ち。
さすがにこのゴールには感動してしまった。
名古屋も結構チャンスがあったし、
セクシーのスーパーセーブもあった。
正直、今日勝てたのは運かもしれない。
でも、運があれば勝てるチームになったのは大きな成長。
新会社になって1年半か。
やっと新しいチームを見れた気がした。

帰りは、普通に寝てました。
今日はほんとにいい一日だった。アツ君ありがとう。
残留へ向けての補強
2005年08月16日 (火) 02:07 | 編集
リーグ再開後の最下位脱出→J1残留に向けて、
ヴィッセルさんは大きな補強を行いました。

入って来た人
北野翔(横浜FM)
シュートの意識が高いFW

徳重健太(浦和)
国見のキーパー
U20とかの代表だったよな。

遠藤彰弘(横浜FM)
言わずと知れた攻撃的ボランチ

金古聖司(鹿島)
怪我でなかなか出番のなかったCB
東福岡だったよな。

マルティン・ミューラー(チェコのどこか?)
屈強なCBらしい

イヴォ・ウリヒ(ボルシアMG)
グラードバッハではMFだったけど、日本ではFW。
経験豊富なテクニシャンなのかな。

守備力が課題のCBには経験豊富なミュラーと
潜在能力には定評のある金古。
キーパーは世代別代表では実績のある徳重。
トップにはユース時代かなり評判のよかった北野。
そして、実績のあるボランチ遠藤。
日本人は力はあるのに出場機会のない3人なので、
去年の和道の様な活躍は期待できるんじゃないかな。
外人は未知数なんだけど、
さすがに向こうのリーグで実績を残している2人だから、
実力的な心配はいらないだろう。
今回はかなり現実的な補強が出来ているよな。
後、デカイFWがいれば完璧なのかも
どういうサッカーで残留を狙うのかって事が、
今のところ分からないんだけど、
この戦力なら、十分残留争いに参加できる可能性がある。
後は、パベルか。
昨日の試合後のコメントで選手批判している辺り、
かなりあやしい感じはするんだけど、
もう替えはきかないんだから、
信じて応援するしかないよな。

で、一方出て行った人
阿部(甲府)
まぁセクシーからレギュラーを奪うことも出来なかったし、
甲府に熱望されての復帰みたいだから、いい移籍だったんじゃないかな。

ディエゴ・ソウザ
残念。しかしレオンが去ったからしょうがないよな。
レオンが去った後のコメントで「こういう事はよくある」って言ってた様に、
彼の移籍も「こういう事はよくある」って事だな。
今回は実力が無かったからの移籍ではなく
チーム編成上しょうがない移籍だったので、
また機会があれば是非神戸に戻ってきて欲しい。
モミアゲがまた見たい。

ホジェ
ほんとに残念。
去年も今年もしっかり神戸に貢献してくれた。
ほんとにいい選手だったし、ハートも最高だった。
残念でしょうがないけど、アツ君を取った時点で、
こういう事が考えられた事だったからな。
彼も実力では申し分無し、チーム編成上の移籍だから、
また機会があれば帰って来て欲しいな。
出来れば他のJチームで見たい(神戸戦での活躍は困るけど)から、
どこかラテラルを必要なチームは取って欲しい。
あの笑顔は忘れません。
ホジェありがとう。

こんな感じでリーグが再開します。
これからの目標は残留1つ。
3年前の感動をもう一度って感じかな。
まずは来週、名古屋にしっかり勝って欲しい。
岡山まで行くので。

X22 meets MacOSX
2005年08月15日 (月) 17:15 | 編集
ついにやりました。
X22にマックOSを乗せました!!!

05-08-15_16-15.jpg


05-08-15_16-35.jpg


ウィンドウズ機をマックにする事はマック使いには、
結構憧れの事なんじゃないかな。
マックの魅力ってやはりOSだと思う。
操作感とかデザインとかはほんとに優秀で、
さすが始めてパーソナルコンピューターを作った会社だなと思わせる。
GUIを始めに世に出したのはアップルだしね。

と言う事で、ねたばらしをすると、
これは「FlyakiteOSX」と言うソフトです。
ウィンドウズのデスクトップをMacOSX風に作りかえるソフトで、
かなり細部まで実現している。
フォルダアイコンなんかも全部マックだし、
ウィンドウデザインやDOCKも再現されている。
一回試しに入れてみたんだけど、
やはり魅力的かもしれない。
折角ウィンドウズ機を使っているので、
ウィンドウズデスクトップを使いたい気持ちも当然あるし、
やはりIBMのマシンにOSXは似合わないって感じもするんだけど、
長年親しんだマックには当然愛着があるよな。
Windows Updateが使えないとか、
いくつか不都合な点はあるみたいなんだけど、
同じ操作感でWinもMacも使えるってのは面白い。
飽きたり不都合な事が出てきたら戻すけど、
ちょっと楽しんで使ってみたいと思います。
パソコンを入れる鞄
2005年08月15日 (月) 16:11 | 編集
X22を買って以来、頻繁に持ち出す様になって、
鞄が無くて困っている。
C1の時はずっと使っているポーターの小さな鞄に入っていたので、
問題なかったのだが・・・

たまにiBookを持ち出していた時は
裸の状態で無印のB5サイズファイルケース(取っ手付)に入れていた。
これは正にジャストサイズで本体がピッタリ入る。
普通はこれでいいと思うんだけど、
やはり裸で入れておくのにはかなり抵抗が。
持ち歩きには注意しているので、落とす事はないんだけど、
どうしても壁の角とかにぶつける事がある。
そんなに神経質になる必要もないんだろうけど、
やっぱ精神衛生上よくないねんな。

パソコンを入れる鞄を考えた時、
まず問題になるのが、パソコン専用の鞄にするのか、
普通の鞄にパソコンを入れるのかということ。
パソコン専用の鞄はやはり専用なだけあって、
サイズ的にもぴったりに作ってあるし、
パソコンを保護するクッションが入ってあったり、
アダプターやマウスなどのアクセサリー等を入れる
ポケット等がついている。
純粋に機能主義で考えれば、
こちらの方がいいに決まっているんだけど、
いかんせんデザインがひどい。
この点はデザイン重視で作っていないからしょうがないんだけど。
で、もうひとつの普通の鞄に関しては、
特に説明する必要もないだろう。
一つ、この普通の鞄にパソコンを入れる場合は、
裸で入れるんじゃなく、インナーカバーと言う、
パソコンを保護するクッションカバーに入れないといけない。
それに入れておけば、多少の衝撃にも問題なく耐えられるから、
どんな鞄にいれても大丈夫だろう。

自分の持つものはやはりデザインがいいものがいいから、
パソコンはインナーに入れて、普通の鞄を持つ方を選択した。
購入したインナーはこれ

エレコムのべたな奴。
低反発のクッションで安心感はあるかな。
そして、本題の鞄選び。
自分の中には大きく3つの選択肢がある。

一つは、仕事で使える様なブリーフケース。
これはパソコン専用バックと同じように機能重視で、
ポケットいっぱいなものかな。
もう一つはトートバックの様な手提げ鞄。
こちらはデザイン重視というか、普段使いやね。
そして、リュック。
背負うってのは一番楽な持ち運び方法だから、
魅力的ではあるけど、センス的にちょっと抵抗があるかな。
正直、ブリーフケースはかなり欲しいんだけど、
買うならいいものが欲しいってのがあるから予算的にも厳しいし、
普段使える大きめの鞄は全く持っていないんで、
手提げ鞄に決定した。

どんな鞄を買うか決まれば、今度はブランド選び。
基本的にシンプルなものがいいので、
ポーターかMUJIがいいかなとは思っているんだけど、
決まりきらないねんな。
調べたら他にも良さそうなのがたくさんありそうだし。
今はパソコンを持ち出すときは鞄を2つ持っている状況なんで、
早く買いたいんやけど。
近い内に決めて早めに購入したいと思っております。
お盆には
2005年08月15日 (月) 08:48 | 編集
お盆なんて、正直全く意識してない。
お墓に行く習慣もないし、
特に仕事が休みという事もない。
毎年、気にせずに過ごして来たのだが、
最近はどうも変わって来た。
まぁ単純に年を取り、
通常の休みの仕事をしている友人が増えたと言う事なんだろうけど、
お盆には普段会えない人と会うことになる。

今年は2組。
一つはバイトの初期メンバー。
不思議なんだけど、この4人はベストメンバーと呼べる程、
役割がはっきりしていて、揃うとほんとに面白い。
いつも突然の呼び出しなので、3人とかだったんだけど、
今年は数年ぶりに4人揃った。
なんだか一気に3,4年前にタイムスリップしたみたいやったな。
みんなそれぞれ社会人になって、
いろいろ経験して成長している。
でも、変わってないところもたくさんあって、
変わった所と変わってない所、
いろいろ見ているとほんと面白かった。
また数年後、自分も含めて、みんなどうなっているのか楽しみだ。

もう1組というか、1人なんだけど、
彼は中学校の時からの友達。
学生時代は毎日の様に遊んでたんだけど、
就職してすぐ東京に行ってしまって、
それ以来、なかなか会えず会うのは2年に一回とかになってしまっている。
彼はもう結婚もして子供も居て、なんと家も持っていて、
自分とは程遠い存在になってしまっているのだが、
やっぱ会うと、時間を超えるよな。
話す内容は子供のこととか仕事のこととか、
学生時代とは変わってしまってるけど、
その話し方や、基本的な考え方は何も変わってない。
いい時間を過ごす事が出来た。

バイトメンバーも東京の友人もどちらも、
普段はなかなか会えない。(シゲを除く)
関係が切れてしまってもしょうがないと思うんだけど、
今もこうやってお盆という機会に会えると言う事は、
とてもうれしいことやな。
昔一緒に過ごしたたくさんの時間は、
ちゃんと心に残っているものなんだと確認できた。
自分のしてきた事に少し誇りが持てました。
今回会っていただいた皆さんありがとう。
いぶきに居るはずだった
2005年08月13日 (土) 14:14 | 編集
今日はいぶきで練習試合があった。
来週からリーグ戦が再開されるので、
ちょうど一週間前になる今日の試合は、
パベルのサッカーが形になっているだろうと、
是非見たいと思っていた。

10時からの試合なので、ちょっと早めの8時半に出発。
うちは西宮なのでいぶきまでは高速を使うと45分、
下道で行くと2時間近くかかる。
今日は早く着きたいので、高速を使うことにした。
高速の乗り口までは普段なら5分程。
しかし、今日は20分も掛かった。
お盆だからしょうがないかと乗り口から入ろうとすると、
「渋滞 西宮→月見山 25キロ」
月見山まで100分、京橋まで70分
との表示。
ひどすぎる。お盆をなめてました。

どうしよう。時間は9時前。
このまま行っても試合には絶対間に合わないし、
へたをすれば前半は見られない。
お金を払って、前半を見れないんじゃさすがにつらいと、
今日は断念して、家に帰る事にした。

自分の考えが甘かったとは言え、
この渋滞はひどいよな。
お盆は混むってわかってるんやから、
みんな時間をずらせばいいのに。
サッカーの試合時間をずらす事は出来ひんねんから。
後、いぶきはなんであんなに遠い所にあるんやろか。
神戸在住の人にも、ちょっと遠いやん。
ガンバもセレッソもかなりアクセスがいい所に練習場があるのにな。
練習場がウイングの近くとか、
それこそ三宮やハーバーランドなんかにあれば、
もっともっと地域密着のチームになれるだろうに。
コストがかかるんだろうけど、
この前の移転がチャンスだったのにな。

ちょっと愚痴ってしまいましたが、
来週こそは行きます。

(追記)
どうやら、大学生相手に0-1で負けた模様。
ベストメンバーだったらしい。ありえへんな。
行かずに良かったかも。

Mother Moon Cafe が移転
2005年08月13日 (土) 01:26 | 編集
この前グリーンハウスの記事を書いたけど、
その前日だったかな?西宮のマザームーンカフェへ行ってみた。

04-12-02_16-01.jpg

(写真は以前行った時のもの)

ここのカフェは近くでは一番よく行ったところ。
西宮浜にあって、倉庫を改造した作りで、
今ほどカフェが一般的になるかなり前から営業していたお店だったと思う。
昔はイベントとかでピチカートの小西さんとかが
回しに来たりしてたんじゃないかな。
場所的にも、倉庫を改造した作り的にも、
西宮市民の隠れ家的な感じでほんとに気に入っているお店だった。

話を戻して、先日行った時のこと。
車を入れようと駐車場に入ると大きなトラックが。
邪魔やなぁと車を置いて、店へ向かうと・・・

05-08-09_17-31.jpg


芦屋のラポルテに移転するとの置手紙の様な張り紙がしてあった。

その場ではそんなに何も思わなかったんだけど、
しばらくして、寂しさをかなり感じてきた。
ここって結構いろんな人と行ったなぁと。
西宮でおしゃれっぽいカフェってここくらいしかなかったし、
店の雰囲気も好きだったから。
気軽に行ける距離だし、何もかしこまることもなかった。
こうやって書いてるとやっぱ寂しさが復活してくるな。

ラポルテって事は車では気軽には行けないし、
店の雰囲気も変わってしまっているんだろうな。

また違うお気に入りの店を見つけないと。
蕎麦 芦屋「土山人」
2005年08月11日 (木) 19:34 | 編集
この辺では一番有名な蕎麦屋の芦屋にある、
土山人に行って来た。
場所は2号線彩華ラーメンの角を南に降りたローソンの隣。
よく行くインドネシアカレーの店ロンボクはその隣の隣にある。

メニューを見ると、本格的な蕎麦屋だと言う事がわかる。
所謂、通の人達がうまい肴でお酒を引っ掛けて、
そばでしめられる様な品揃え。
蕎麦は3種類。
細挽・荒挽・本日の蕎麦(梅切り)とあり、
荒挽をセレクト、それに天ぷらと押し寿司も頼んだ。

待っていると、まずお茶と押し寿司、つゆが出てきた。

05-08-11_11-38.jpg


やはり自分でおろす山葵がいい。
香りが凄くよくて、それだけでなんだか満足

次に天ぷら。

05-08-11_11-43.jpg


これは結構普通だったかな。
塩で食べられたらもっと良かったんだけど。

そして、主役の蕎麦
田舎荒挽蕎麦

05-08-11_11-45.jpg


実はここ土山人のネット上での評判はそんなによくなかったので、
あんまり期待していなかったんだけど、かなりおいしかった。
あの評判は高いレベルの話で、自分みたいな初心者には、
十分おいしい蕎麦だったな。
今回は荒挽の方を食べたのだが、
香りが強く、のど越しもよくて、満足。
細挽も食べたんだけど、
個人的は荒挽の方が好みだった。
細挽には繊細な魅力があるんだろうけど。

この前行った亀月庵とは格が違う感じはした。
当然、禁煙やしね。
昨日うどんの事を書いたばかりやのに、
蕎麦の魅力にもはまりそう。
また違う店に行ってみたいな。
ちょっと調べてみると、篠山の方に
かなり評判のいいお店があるみたいなんで、
いつか行ってみよう。
もう一度、グリーンハウスへ
2005年08月10日 (水) 23:38 | 編集
こないだ行った、三宮にあるグリーンハウスという、
カフェ・インテリアショップ・リフォームショップの
一緒になったお店へもう一回行って来ました。
シゲがカフェを教えて欲しいって事で行ったんだけど、
やはりこのカフェは良かったな。

05-08-10_17-55.jpg


ここの売りはなんと言っても家具。
カフェはカフェでありながら家具のショールームを兼ねていて、
すべての家具に値札が付いている。
今日座ったのは、一人がけのソファーの向かい合った
2人席だったんだけど、このソファーには17万程の値段が付いていた。
そして、座った感じは・・・、最高。
シゲのソファーは15万だったらしいんだけど、
彼も最高だと言っていた。
ただ最高だと言っても、よくわからないと思うので、、
分かり易く言い直すと、
「いつまでもここに座っていたい」って感じやね。
椅子に関しては興味があって、いろいろ座ってみた事があるんだけど、
個人的には1位だったかもしれない。
イームズの安楽椅子とかよりも、全然良かったな。

よく考えるとこの店はおもしろい矛盾がある。
インテリアショップとして、ソファーの魅力を伝えるには、
長く座ってもらった方がいい。
一方、カフェとしては出来れば早く出て欲しい。
どちらも店としてはありがたい事であり、ありがたくない事。
ここはかなりいい店だと思うんだけど、
店のあり方としては間違えたのかもしれないなw

場所は三宮フラワーロードの東側、磯上公園の北の筋沿い。
かなり分かり難い店なので、
行く時には注意して見つけてください。
うどんの味とは?
2005年08月10日 (水) 23:17 | 編集
ここには結構うどんの記事を書いているけど、
正直うどんの味ってものがわからない。
ラーメンなんかは、だしがどうとか麺がどうとか具がどうとか、
いろいろ書けるんだけど、
うどんなんてシンプルなものはただ麺の感じでしかないから。

前に西宮「はがくれ」の記事を書いてから、
もう一回行ってみた。

05-08-04_15-04.jpg


もちろん生醤油うどん。
今回は「今から茹でるので少しお時間よろしいですか?」と
聞かれただけあって、茹でたて。
やわらかいのに腰がある、いい麺だったと思う。
それに引き換え、前のぶっかけは注文してすぐに出てきたという事で、
茹で置きだったと思うから
いまいちな麺だった事が頷ける。

そして、この前大手のセルフうどんのチェーン店「めんむす」に行った。

05-08-08_13-35.jpg


しょうゆうどんを頼んだんだけど、
これが結構おいしいねんな。
ああいうチェーンの店は基本的に茹で置きだから、
だめかと思うんだけど、正直茹でたてじゃない「西宮はがくれ」よりうまい。

この二つの事実がうどんって言ってもいろいろで、
かなり奥が深い事を感じさせる。
自分は単純に茹でてからの時間位しか分からないんだけど、
本当は小麦と水と塩の配分とか、踏み方とか、
熟成のさせ方とか、茹で方とか、
いろんな要因で味が決まるんだろう。
今はそういうのが全然わからないんで、
もっともっといろんな店のうどんを食べて、
もう少しおいしいうどんを知りたいな。

その一環と言う訳じゃないんだけど、
近いうちに四国に遠征する事が決定しました。
いろんなうどんを食べて勉強して参ります。
X22の仲間達
2005年08月08日 (月) 17:10 | 編集
どうもパソコン買うと、付属品というかアクセサリー的なものを
買ってしまう傾向がある。
結局、高い買い物になってしまうのだが、
今回も例に漏れず、やってしまった。

普段使う分には、本体とACアダプタだけで十分なのだが、
家から持ち運ぶことになると話はかわる。
まず大事なのがバッテリー。
ご存知の通り、バッテリーは消耗品。
中古で買ったパソコンについているバッテリーは、
駄目になっているものが多いのだが、
今回は3時間程持つバッテリーが付いていた。
バッテリーが一番長持ちするのは、
容量を30%ほどの状態で、暗所で保存しているとき。
つまり、新品で買った時と同じ状態って事かな。
普通はバッテリーを付けっぱなししていると思うんだけど、
あれはあまり良いとは言えない。

話はそれるが、バッテリーを延命するには、
普段は30%で保管し月一回完全に放電充電をするのが、
いいらしい。うちもiBookはこの方式で保存しているけど、
未だ100%をキープしてるから、まんざら嘘でもないだろう。

X22の場合本体が軽いので、バッテリーを付けていないと不安定。
かと言ってバッテリー付けっぱなしだと劣化が早いので、
まず、予備のバッテリーの購入を考えた。
ただの錘としての購入だから、充電不可のものでも良かったんだけど、
万が一ACアダプタが外れたときに電源が切れたりしないように、
1時間程持つものを1000円で購入。

自分の場合、基本的に出先で使う時はACアダプタ使用になる。
となると、持って出る時は、
LANケーブル(うちは有線使用)とアダプタを抜いて、
本体とアダプタをかばんにいれる。
帰って来たら、その逆なんだけど、
これがかなりめんどくさい。
毎日ではないけど、結構持って出るので、
いちいちやらなければいけないのは苦痛やねんな。
で、見つけたのが、ポートリプリケーター。
C1にも付いてたんだけど、ThinkPad用は良く出来ていて、
家で使う為に作られている。
所謂ドッキングステーションでウルトラベースの簡易版かな。
家ではこのポートリプリケーターにつなげておいて、
外に出る時には、ガチャっと外して持って出る感じ。

05-08-08_15-28.jpg


これは、3000円程が相場なんだけど、1000円で購入できた。
ここまで買えば必ず必要な外で使う用のACアダプタ。
これは一番小さいと思われるものを相場の2000円程で購入した。

おまけで、マウス。
これは必要ないと思ったんだけど、
純正品で安かったので、ぽちっとやってしまった。
2000円也

05-08-08_15-31.jpg


まぁこんな感じでかなり使いやすくなりました。
現状、全く文句はないね。
メモリを増やそうかと思ったんだけど、
今の使い方では必要もないから、
安ければ買おうかなと言う程度。
非常に充実したX22ライフを楽しんでおります。
中華はやっぱりうまい
2005年08月07日 (日) 14:04 | 編集
今日は前にも書いた、甲南山手にある「麒麟」へ
いつも混雑している店なので、開店5分前に行ったんだけど、
全然誰も待っていない。
あれっ?と思い、車に少し居て出てみると、列が出来ていた。
地元に密着している店はこういう風に開店時間に人が集まる様になるんだろうな。
雑誌に一杯載って、行列の出来る店なんてのをよく見てると、
こういう当たり前の事が凄く新鮮に見える。

いつもは炒飯と香港焼そばを食べるんだけど、
今日は、
海鮮焼そば
05-08-07_12-10.jpg


と、
天津飯
05-08-07_12-14.jpg


をセレクト。

天津飯はここの味を認識させてくれた料理だったので、
久しぶりに頼んでみたんだけど、やはりおいしかった。
天津飯ってのはご飯の上に玉子焼きが乗っていて、餡がかかっている。
このシンプルな料理でおいしいと思わせてくれるって事は、
やはり味を決める餡がおいしいと言う事。
前に餃子で有名な某大手大衆中華料理店で天津飯を食べた事があるんだけど、
正直、無理矢理食べた。
ご飯と玉子にそこまでの差はないと思うから、
結局は餡の違いなんだろうな。
海鮮焼そばに関しては、まぁおいしいかなと言った所。
つうか、個人的にこの焼そばの類はそんなに好きではないんでね。

改めて感じたけど、中華って奥が深いね。
今度はかしこまって、「別館牡丹園」とか有名な中華料理屋に行ってみようかな。
現在イタリア旅行中
2005年08月05日 (金) 15:49 | 編集
去年、ブエルタ・ア・エスパーニャという、
スペインで行われてる自転車レースを見て、
スペイン旅行を味わっているって事を書いたと思うんだけど、
今はジロ・デ・イタリア 2005で、
イタリア旅行気分を味わっています。

ほんとはかなり前に終わってしまっているレースなんだけど、
今毎朝J-SPORTSでやっているので、HDDに録って見てる。
スタートはレッジョ・カラブリア(中村俊輔のいたレッジーナのホーム)で、
こないだはフィレンツェを通ったな。
いつも書いているけど、旅行の何が好きか?って聞かれたら、
決して名所旧跡を回る事じゃなく、その道中を楽しむ事だと思う。
どうでしょうが大好きなのも、あれは決して名所旧跡ではなく、
旅自体を見せる旅番組?だから。
このロードレースを見る事も、それにすごく似ている。
名所旧跡は通るけど、決して立ち止まることはない。
街を切り取るんじゃなくて、流れている。
そこまでの道中にドラマがあるし、何気ない現実がある。
空気とか雰囲気、それがとても分かりやすくて、
世界遺産のDVDを見るのとは全く違う本物の街があるんだよな。
緑の色や道の幅や建物の屋根の色、窓の形、応援する人たちの服装、
路肩に停めてる車、すべてからイタリアの街を感じられる。

そして、レース自体もほんとに面白い。
ヨーロッパで自転車レースはメジャースポーツだから、
ルールやコース設定がほんとよく考えられてて、
いろいろな面で、面白い。
争うのは、総合タイムだけでなく、
総合ポイント・スプリント賞・山岳賞などがあり、
コース設定もそれに応じて決められていて、、
最終的にはほんとに強い人が勝てる様に出来ているから、
かなり見ごたえがある。
自転車レース独特のチーム戦術もすごいんだよな。
ゴール数キロ前から、6,7人が連なって、
一人のエースを勝たせる為に犠牲になっていく姿は、
なんがか、日本人の美学に通じる部分があるし。

やっと半分過ぎただけだから、まだ後、半分。
イタリア旅行とレース観戦を楽しみたいと思う。
iTunes Music Store
2005年08月04日 (木) 17:09 | 編集
噂通りiTunes Music Storeがスタートしました。

ジョブスも日本に来て、プレゼンしたみたいやね。
そして、重要なサービスの内容は・・・
まぁまぁと言ったところか。
1曲150円位、100万曲程の提供らしい。
家に居て、簡単に音楽が買えて聞けるってのは、
やはりすばらしいんだけど、
CDの購入やレンタルと比べて得か?と言われれば、微妙なところ。
洋楽の新譜は安く早く手に入るから、かなり使えるんだけど、
後は、ツタヤ半額の方がどう考えてもいいね。
アルバム1枚レンタルでは300円、itmsでは1500円だから。
これでは1曲100円にしても、一緒かもな。
CDを買うと言うことと、データを買うと言うところに、
はっきりした違いをなんらかの形で見せないと、
レンタル文化の発達した日本ではitmsは厳しいかも。
アメリカではビデオとかの付加価値を付ける考えがあるみたいだけど、
日本にも早く導入しないといけないんじゃないかな。
後、もうひとつ重要なのが、品揃え。
自分の欲しい音楽はレンタルに無い場合が多いから、
しっかりした品揃えをすれば、需要は必ずあるはず。
それがネット配信の大きな魅力だろうし。

今回こうやって、実際サービスが開始したんだけど
実際買うか?と言われると、なかなか簡単には手がでない。
やはり、もうひとつitmsで音楽を買いたい!思わせる何かが欲しいな。
最近気になるデザート
2005年08月03日 (水) 02:11 | 編集
基本的にダイエットな日々なんだけど、
ちょこちょと甘いものも食べている。

今、はまっているものが2つ。
セブンイレブンのオリジナル商品
「こだわりワッフルコーン おいしさバニラ」
ここの一番上の奴

おいしいバニラアイスが食べたいなぁと偶然入ったセブンイレブンで
見つけたんだけど、一度食べてはまってしまった。
これの魅力はやはり濃厚さ。
ミルクたっぷりで100円程のカップアイスでは味わえない、
本物感がある。
ダッツ程高くもないし、気軽に食べられるから、
アイスは最近こればっかり食べてる気がするな。
今度はイチゴにチャレンジしたい。

次はこれ。
栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ
05-08-02_01-38.jpg


いつだったか忘れたけど、妹が買って来てて、
絶賛・お薦めしていたパンナコッタなんだけど、
この前、ビジュ系にも薦められた。
全く関係のない2人から同じモノを薦められるなんて、
今までなかった気がするから、
ちょっと食べてみようと、食べてみたら、おいしい。
こういうデザートって賞味期限が長い事が多いから、
保存料などの添加物一杯で、
ジャンクフード的な要素があるから(プッチンプリンとか)
あんまりおいしいとは思わないんだけど、
これはうまかったな。
どううまかった?と聞かれると困るんだけど。
甘いもの好きなら、食べてみる価値はあると思う。

どちらも安いので、気になりましたらどうぞ。
Mighty Mouse
2005年08月03日 (水) 01:59 | 編集
突然来ました、Mighty Mouse

スクロールとか2ボタンとかが装備された基本的な機能+αなマウス
Tigerに特化したものらしく、
exposeとかDashboardとかにも対応していて、
正にマックを使うためにマウスやね(当たり前やけど)
マウスの上にトラックポイントが付いた様なものみたいで、
実際かなり使えるんじゃないかな?

これ、まじめに衝動買いしかけた。
普通にかなり高性能なものみたいだし、
なんだかんだ言ってもアップル純正のマウスがいいからなぁ。
アップルは昔のソニーみたいに前衛的な商品を出せる企業で、
このマウスも正にそのひとつに思えたしね。
でも、大きな問題はワイアレスじゃないということ。
BlueTooth対応のものだったら、
アダプタと一緒にやってしまってただろうな。
現状、MSのインテリマウスで満足してるから、
買わなければいけないなんてことは全くないんだけど、
やはり、この手の商品は使ってみたい!と思わされる。
こういう魅力的な商品を見ると、
さすがアップルと思うね。
とりあえず、線付きを買うつもりはないんで、
しばらくは様子見だけど、
BT対応が出たら、また考えなければいけないな。
X22レビュー
2005年08月01日 (月) 14:54 | 編集
買い替えばっかりして、ようやくX22で落ち着いたかな。
始めは外でテキスト打ちがしたいと買ったシグマリオン。
次はジャンプアップして、VAIO C1 MRX。
そして、現在のX22。
価格と性能を考えると、行き着くべくして行き着いた感はある。

05-08-01_14-51.jpg


自分の今の使い方としては、
基本的にベッドの横での遊び機。
DVDをコピーしたものやいろいろな動画をHDDにぶち込んで、
見たいときに寝ながら見る。
iTunesで音楽も聴くし、ネットも2chもする。
外でも同じような使い方+テキスト打ちくらいだから、
サブ機というか、再生専用端末になるだろうか。

X22はPentium-3の733MHz、理論上はC1 MRXと同程度という事だけど、
体感的にはかなり早くなった気がする。
(そんな重い作業はしないのでアプリの起動時間とか)
メモリが今は256でXPを入れているので、
その辺を増やせばもう少し早くなるだろう。
正直、動画のエンコードとか重い作業をしなければ、
これ以上の性能はいらないと思うな。
VRAMは8M。これもC1と同じ。
描画はやはりiBookとかに比べると落ちるけど、
気になる程ではないから、問題なし。
3Dとか言い出すと段違いで駄目なんだろうけど、
2Dだと、もうこのレベルで十分やね。
一応デュアルディスプレイにも出来るみたいやし。
再生専用端末と考えると十分過ぎる性能やな。

大きさはほぼiBookと同じで薄さが7割位って感じかな。
重さはバッテリーを外すとかなり軽いけど、
付けているとある程度の重さがある感じ。
持ち歩くのが苦になると言う事はないけど、
持っている事を忘れることはない。
後、なんていっても、ThinkPadのアドバンテージはキーボード。
やっぱり、C1と比べて、かなり打ちやすいと思う。
個人的にiBookのキーボードは好きで打ちやすいんだけど、
あれは左パームレストが熱くなり過ぎるし、
打っていると親指がトラックパッドにあたってカーソルが飛ぶから、、
実用的ではないんだよな。
それも踏まえると、このX22は打ちやすいし、熱くならないし、
最高かもしれない。

総合的にこのX22(X2シリーズ)は巷の評判どおり、
ほんとにバランスがよく、とてもいい機種だと思う。
それに加えて、部品調達も簡単だし、
交換もかなり簡単に出来る。
ドライバ関係もソフト導入支援ですぐに入れる事が出来るし、
いろいろな面で使い易く、使える機種だ。
2台目で安い(3万以下)サブノートでは、
これがベストじゃないかな。
このX2シリーズは2度目の購入。
今回は永く付き合うことになりそうやな。
アイランド
2005年08月01日 (月) 01:10 | 編集
今日はかなり久しぶりに映画を見てきた。

昼に天王寺で集合し、チケットをゲット、
昼ごはんを西宮の「はがくれ」で食べた。
今日は、ぶっかけをセレクト。

05-07-31_13-20.jpg


初めてだったので、楽しみにして食べてみると、
麺がいまいち・・・
この前行った時も閉店間際だったんだけど、
麺がいまいちだった。
どうやら茹で置きをしているみたいだ。
忙しい店なのはわかるんだけど、
やはり、注文を受けてから茹でて欲しい。
ちょうど店の前を通りかかったおばさんも、
「梅田のはおいしいのに、ここはあかんねん」って言ってたし、
残念ながら、噂は本当やねんな。

どこで映画を見るのか、決めてなかったんだけど、
購入したチケットがワーナーマイカルシネマでしか、
使えないという事で、三田ウッディータウンに行く事にした。
西宮から三田なんてすぐだと思ってたんだけど、
ウッディータウンは三田の外れで、かなり時間がかかってしまった。
到着したのは3時を過ぎてたかな。

見た映画は、ユアン・マクレガー主演の「アイランド」
自分は何者なのか?とか命とは?ってな事がテーマの、
近未来を舞台にした映画で、クローンとかが出てくる。
かなりなアクション映画で、少し哲学的なことをテーマにしてるので、
結構面白かったな。
そういう映画としても、まぁまぁだったんだけど、
自分が気になったのは、近未来のデザイン。
施設(内容に触れる事になるので詳しくは書きません)は、
正に近未来ばりばりで、衣装からインテリア、ライフスタイルまで、
すべてデザインされていた。
表現として、いいものとしては表されてなかったんだけど、
個人的には大好きな表現だった。
無機質で超リアリズムに基づいたものだったから。
あと、面白かったのは車のデザイン。
近未来の話だから、車のデザインもかなり前衛的。
象徴的なのはV12のリンカーンクーペだけど、
地味に出てくるトラックや乗用車までデザインされていて、
見ごたえがあった。
またDVDで詳しくチェックしたいと思う。
そういう意味でもなかなか面白い映画だった。

帰りにバーミヤンにて晩御飯を食べて、帰宅。

05-07-31_20-44.jpg


久しぶりの映画、かなり楽しかったな。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。