franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家に赤ゴルが来た。
2010年06月07日 (月) 19:12 | 編集
かなり久しぶりにゴルフエントリーですね。
タイトル通り、うちに赤ゴルがやって来ました。

20100607191モザ

妹の友人が車を乗り換えると言うことで、
おふるをいただいたんです。
まぁ、お礼や修理費などなど掛かってますが。
とりあえず、速報的にエントリーでした。
詳しい話はまた改めて書きます。
スポンサーサイト
車検は男のロマンだ!2008
2008年12月22日 (月) 15:29 | 編集
2年ぶりに行って参りました。
今回も「車検は男のロマンだ!」とは書いたけど、
4回目になると恒例行事になりますね。

今回はこれまでの経験を活かし、準備を入念に。
まず、ちょうど駄目になったVベルト関係を交換。
通販で購入し、近くの整備工場で交換作業をしてもらいました。
その時についでに下回りをチェック。
ライト類もチェックして、久しぶりにオイル交換。
これで事前準備はOK。
後、検査予約。
今はネットで出来るねんな。

車検当日は、まずテスター屋で光軸の調整。
これまで3回やって3回ともずれてたので、
今度は前もって調整しておいたと言う訳です。
では、いざ運輸局へ。

R0012022.jpg

ここではまず書類を購入し自賠責保険に加入。
検査料と重量税を払って、
書類に必要事項を記入します。
それを検査受付の窓口に持って行き、
いざ、検査ラインへ。

R0012016.jpg

こんな感じで、検査開始を待ちます。

そして、検査スタート。
検査員の方がライト類等のチェック。
問題無く通過し、検査機へ。

R0012023.jpg

サイドスリップ、スピードメーター、光軸、ブレーキをチェック。
ここも○。

次は下回り。
ここはこないだ自分でチェックしたばかり。
しかし、所詮素人なんで不安はありつつも、
指示に従って、チェックを受けます。
そして、○。

最後は排気ガスチェック。
これも○。

そうです、4度目にして初の一発合格!!!!!!!
今期最大のガッツポーズですね。

と言う事で、今回はあっさり車検取りました。
またいろいろ書こうかなと思ったんだけど、
これを書くにあたり、前回の車検の記事を見たら、
2年前の俺が結構いい事を言ってるんで、
そちらを読んでもらえたらと思います。

以下、by2年前の自分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、ユーザー車検について、少し。
ユーザー車検を受けて、今回で3回目。
最初はディーラーにぼったくられるのが嫌で始めたんだけど、
ディーラーのありがたみが分かる様になって来た。
車検車検と言うけど、車検とは国?が決めた車の検査システム。
これは決して、本当の意味での安全検査ではありません。
水回りなんてもちろん見ないし、
ほんと、一般道を現時点で走れるか止まれるか曲がれるか、を調べるだけ。
明日、必ず壊れる車でも問題なく通ってしまいます。
だから、安全に運転する為の整備は別に必要です。
そうなると、やはり車検時はそういう定期検査をする良いタイミング。
ディーラーでちゃんとした検査を受けて、直さなければいけない所は直して、
安心して安全に車を乗ると言う今のシステムは理にかなってる。
その点ディーラーでの車検はいいんだけど、問題は価格。
車の整備はいつ直すのかとか、どのレベルまでは許せるのかとか、
非常にグレーな判断が多いから、それを整備する側が決めれば、
どうしても整備する箇所が増えてしまう。
唯一、これを解決出来るのは知識だと思う。
自分がある程度、車について知識を持つと言う事。
なんでもかんでもディーラーお任せじゃなく、
この部品はどういうものなのかちゃんと理解しておけば、
適正な価格で車検を受けられるんじゃないかな。
で、個人的なおすすめは信用出来る車屋(ディーラー)で点検をしてもらい、
相談しながら直す所は直して、ユーザー車検を受けるやり方。
これなら、ディーラーのいい所とユーザー車検のいい所の両取りやから。
これには時間が必要だから、誰でも出来る訳じゃないんだけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、次は2年後に。
まぁ、その時どうなってるかわかりませんが。
GOLF6だ!
2008年09月11日 (木) 13:07 | 編集
ぼーっとmixi見てたら、こんなのが。

新型GOLF6の記事

つい最近GOLF5が出たと思ったら、もう6かぁ。
うちの子が何代前になっちゃうんだろ・・・・

このデザインはどうでしょうねぇ。
普通に正常進化と言えるデザインなのかな。
個人的にはまぁまぁでしょうか。
でも、あまり目新しくない感じではあるね。
ただちょっと細身になって、
うちの子の感じに少しもどったかな。

それにしても、うちの車・プリウスを見てると、
正直、ハイブリッド以外の車を買う気がなくなります。
この原油高の世の中ではほんとありがたいからね。
走りはと言われるとゴルフの方がいいと思うんだけど、
移動手段としては文句ないです。
VWにはエコと走りを両立させたモデルを出して欲しいね。
TSIみたいな感じでハイブリッドならいいよな。

まぁ、買う事は無いと思いますが、
実車が見れたらまたチェックしたいと思います。
4年ぶりの携帯ストラップ
2007年05月10日 (木) 15:07 | 編集
考えてみたら携帯ストラップを着けなくなって、
もう4年も経ってた。
昔は自分の好きなものを着けて、
どこか自己表現の一つだったと思うんだけど、
カメラ機能を本格的に使う様になると、
ストラップ自体がじゃまになって、
自然に着けなくなってしまったな。

そもそもアンチ携帯ストラップでもないんで、
705NKに替えた時に、
カメラの邪魔にならないし、
使い勝手もよくなるんで、
ストラップを着けようかなと、
思ったんだけど、
いざどれを着けるかと言われると困ってしまって、
そのままになってました。

で、昨日たまたまアウディのページを少し見る事があって、
そこのグッズに携帯ストラップがあったんです。
アウディにあるならVWにもあるだろうと見てみるとありました。
しかも、有名なABITAXとのコラボモデル。
ちょうどABITAXのにしようかと思ってた事もあり、
色を見ても正にこの705NKの為になるかの様な赤もあり、
ほぼ即決。
早速購入して来た訳です。

20070510273.jpg


装着

V6010060.jpg


ぴったりでしょ。
しかも、VolksWagenのロゴ入りやから。
値段も高いかと思いきや、
ABITAXの定価+300円程度。
これまた満足な一品でありました。
車検は男のロマンだ!2006冬 後編
2006年12月26日 (火) 11:07 | 編集
つうか、冬はいらんね。
今のゴルフに乗ってる限り、ずっと車検は冬だから。

こないだの続きです。
問題の箇所は光軸とガソリン漏れ。
まず、光軸については前の検査の帰りに、
運輸局近くのテスター屋でガソリン漏れの応急処置出来るかも含めて、
見てもらいまして、直してありました。
そして、懸案のガソリン漏れ。
これは応急処置が不可だったんで、
いつもお世話になってる車屋さんへ預けて、連絡待ち。
思ったより時間がかかって、連絡があり、
しかも、前回2年前に交換したフューエルポンプを再び交換したとの事。
2年前は安くあげたいと言う事で中古部品を使ってもらったんだけど、
結局新品にしとけばよかったな。
予算的にも思ったより高くてショックでした。
と言う訳で、修理も完了し、いざ再検査へ。

再検査は前回チェックされた所のみなんで、
ここまでくれば、合格はもうすぐです。
お金を払う所で検査料1200円を払い、
受付の所で、再検査の受付をしてもらい、
ラインへ向かいます。
ここでも検査員の方に再検査の旨を伝え、
機械でも再検査箇所(光軸)の申請をして、機械へ。
無事、検査OKで、次は下回りの検査。
ここでも再検査の旨を伝え、ガソリン漏れの箇所をチェックしてもらい、合格。
最後、事務所へ戻り、書類を提出し、
新しい車検証とフロントガラスに貼るシールを貰い、
ユーザー車検終了でございます。

20061226(001).jpg


今回も簡単にはいかなかったな。
次も今のゴルフを乗ってるのか、ユーザー車検を受けるのか、
わからないけど、次回は必ず簡単に済ませたいと思ってます。

で、ユーザー車検について、少し。
ユーザー車検を受けて、今回で3回目。
最初はディーラーにぼったくられるのが嫌で始めたんだけど、
ディーラーのありがたみが分かる様になって来た。
車検車検と言うけど、車検とは国?が決めた車の検査システム。
これは決して、本当の意味での安全検査ではありません。
水回りなんてもちろん見ないし、
ほんと、一般道を現時点で走れるか止まれるか曲がれるか、を調べるだけ。
明日、必ず壊れる車でも問題なく通ってしまいます。
だから、安全に運転する為の整備は別に必要です。
そうなると、やはり車検時はそういう定期検査をする良いタイミング。
ディーラーでちゃんとした検査を受けて、直さなければいけない所は直して、
安心して安全に車を乗ると言う今のシステムは理にかなってる。
その点ディーラーでの車検はいいんだけど、問題は価格。
車の整備はいつ直すのかとか、どのレベルまでは許せるのかとか、
非常にグレーな判断が多いから、それを整備する側が決めれば、
どうしても整備する箇所が増えてしまう。
唯一、これを解決出来るのは知識だと思う。
自分がある程度、車について知識を持つと言う事。
なんでもかんでもディーラーお任せじゃなく、
この部品はどういうものなのかちゃんと理解しておけば、
適正な価格で車検を受けられるんじゃないかな。
で、個人的なおすすめは信用出来る車屋(ディーラー)で点検をしてもらい、
相談しながら直す所は直して、ユーザー車検を受けるやり方。
これなら、ディーラーのいい所とユーザー車検のいい所の両取りやから。
これには時間が必要だから、誰でも出来る訳じゃないんだけどね。

これにて、車検の話は終わりです。
次は2年後に会いましょう。
さようなら。
車検は男のロマンだ!2006冬 前編
2006年12月15日 (金) 16:10 | 編集
2年に一度の恒例行事、今年もユーザー車検に行って参りました。
今回はまたユーザー車検を受けるかもしれない自分の為にも、
手順を書いて行きますので、参考にされる方はしてください。

まずは準備。
とりあえずと言う事で、
筆記用具(鉛筆・ボールペン)、判子は必要。
後、検査を受ける時にバインダーがあれば便利です。
次に書類を集めます。
基本的な書類は運輸局で手に入るんで、
準備と言う程じゃないんですが、
必要なのが納税証明書。
5月に毎年来る嫌なあれですな。
後は通常車に常備してる車検証と自賠責保険の証書、
その他は現場で調達です。
そして、車をチェック。
チェックと言っても、素人が車検に通すだけなんで、
大したもんじゃない。
ライト類がちゃんと点くか、発煙筒の期限、
そんなもんです。
古い車になると、下回りなんかは見ておいた方がいいと思うけど、
ジャッキアップが必要だし素人には無理なんで、
ちょっと水洗いしておくだけでいいと思います。
最後に検査の予約。
電話でもネットでも出来るんで都合のいい日にあわせて、
予約するだけです。

では、予約した日に運輸局へ。

20061214.jpg


運輸局では結構ユーザー車検の人に優しく、
いろいろ表示があるし、説明もしてくれます。
まず書類を調達し、各種料金の支払い。
ここは流れ作業的に窓口を移動。
書類の購入(60円)、自賠責保険の加入、検査料(1400円)の支払い、重量税の支払い、
後、去年から義務付けられたリサイクル料を支払います。
これで支払い関係は終了、次に検査の受付をして貰います。
受付の前に書類を記入しないといけないんですが、
これは受付の前に書き込む所があって、
例に従って書いて行くだけです。
住所名前、車両番号、走行距離なんかを書くだけなんで、
誰でもすぐ出来ます。

20061214(001).jpg


書いた書類関係を受付に提出し、いざ検査です。
ここで一つポイントが。
書類の中に点検表と言うのがあるんですが、
これは後から点検をすると言う事で、提出しなくてもいいです。
(法律的には車検時にしなければいけない点検なんで、
後からしないといけませんが、点検前に車検を通す事ができます)
受付の人には後でしますと言ってください。
「前検」と言う判子を押してくれます。
これで検査ラインへ行きます。

20061214(002).jpg


検査ライン手前ではまず検査員の人が
ライト類、発煙筒、クラクション、エンジンルームなどのチェックをしてくれます。
普通に指示通り、ライト類を点灯したり、エンジンルームを見せるだけなんで、
すぐに終わります。
そして、検査の機械へ。
ここも機械の指示通り、
サイドスリップ、スピードメーターやブレーキ、光軸、を検査して行きます。
これも指示通りするだけなんで簡単。
ここのポイントはブレーキは思い切り踏めと言う事かな。
ここが終わると、検査表に結果を印刷してもらって、次へ。
下回りの検査へ行きます。
指定された位置に止め、下の人の指示に従います。
これも勝手にしてくれるんで、問題ないです。
最後は排気ガスの検査。
これも機械をマフラーに突っ込んで待つだけですね。
ここでも検査表に結果を印刷し、これで検査は終了。
後は、もう一度事務所へ行って、新しい車検証とシール等を貰って終了です。

流れとしてはこんな感じ。
車に問題が無ければ、半日で十分終わるね。

で、今回の話を。
3回目となると、準備も滞り無く出来、当日も順調に検査まで行きました。
検査でも慣れたもので、順調に進んでたんですが・・・
右のライトの光軸がずれてました。
前もずれてたんで、走ってるうちにずれるもんなんかな。
左は一切ずれてないのに。
で、最後下回りでも、なんとガソリン漏れ・・・
つうか、これも前と一緒。
なんで2回連続で同じ所を直さないといけないんやろ。
と言う事で、すぐに修理不可能なんで、おとなしく帰って来ました。
再検査は2週間以内に行けばいいと言うことなんで、
早いうちに直して持って行きたいと思います。
その時の事は後編で。
プリウスがやって来ました。(写真追加)
2006年12月15日 (金) 15:17 | 編集
遂に月曜日、プリウスが納車されました。
9月23日に注文したらしいんで、
2ヶ月ちょい待った事になるのかな。

うちに持って来てもらってもよかったんだけど、
ちょうど用事があったと言う事で、
ディーラーまで取りに。
第一印象は、「おぉマークⅡと同じ匂いだ」と言う事でした。
トヨタの新車はずっとあの匂いなんやね。
当然、両親の車なんで、自分はほとんど乗る事はないんだけど、
ちょっと借りて、30kmばかり走って来たんで、少しレビューをしときます。

まず、車として「走る曲がる止まる」はどうかって事ですが、
これはとても不思議な気分になりました。
そもそも、車の概念がいまいち通用しない。
エンジンだけで動いている訳じゃないし、
ギアもない(無段変速CVTなんで)。
全く別世界の車だと思う。
スイッチを入れて、Dレンジにし、
アクセルを踏んでスタート。(この状態ではエンジンオフ)
少し走るとエンジンオンで音が聞こえてきます。
ちょっと踏み込むとエンジンがうなり、綺麗に加速して行く。
80kmくらいまではすぅぅぅーと上がって行くんで、怖いくらい。
でも、これはCVTの特徴なのかな。
後、エンジンの回転数と速度がちゃんとリンクしないんで、
そういう違和感も感じる事があります。
曲がる止まるに関しては、良くも悪くもトヨタど真ん中。
少しふわっとした感じでブレーキはかなり良く効く感じ。
燃費に関しては、大体リッター20くらいでは走ってました。
荒い運転をするとハイブリッドの意味が無いくらいなんだけど、
普通に「無駄にアクセルもブレーキも踏まない運転」をすれば、いい感じです。
これ以上燃費を上げるには、少し特殊な運転が必要なんだろうね。

そして、走る曲がる止まる以外の所。これはすごくいいです。
まず、スマートエントリー。
鍵を持っていれば、ドアハンドルに手をかければ解錠、
ドアハンドル横にあるスイッチを押して閉錠。
スイッチも鍵を持っていればスタート出来ます。
むちゃくちゃ便利です。
ちょっと確認し難いドアの開閉状態もドアミラーの状態で判断出来るので、
これも便利。
ナビはトヨタの純正です。
多分、最新のいい奴に比べたら性能は劣るんだろうけど、
うちには必要十分の性能。
しっかり車と連動してるんで、その点は大きなプラスポイントです。
この車の大きな特徴の現状表示と燃費計は、
やはりハイブリッド車に乗ってる気にしてくれる。
エアコンも音楽も全て一括管理だと言うのはやはり便利やね。
インテリジェントパーキングアシストに関しては、
世間一般にいらないと不評なんだけど、
思ったより、よかったです。
と言うのも、バックモニターに
このままのハンドルでバックした時の車の軌跡と、
真っすぐバックした時の軌跡が表示されるんです。
これを目安にハンドルが切れるんで、ほぼ100%一発駐車できる。
使える機能やと思うな。
ちなみに電話もBluetooth接続でハンズフリーいけます。
電話帳もナビに内蔵だから、ナビから電話出来る優れもの。
ナビで店を検索して、そのまま予約の電話も出来るから、
こういう使い方をする人には、最高なんじゃないかな。
後付けのDVDプレイヤーも問題無いし、
長距離を最高に楽しく移動出来る車になってます。
後、個人的に気に入ったのは、ステアリングに付いてるスイッチ類。
燃費計・地図・電話・オーディオ・エアコン、簡単な操作は全部出来ます。
これは非常に便利。
よく使う機能をしっかり網羅していて、いいです。

とりあえず、これが一度乗ったレビューなります。
総じて、非常にいい車ですよ。
運転自体は楽しいとは言えないんだけど、
それ以外が最高に楽しいし、便利。
すごく、未来を感じてます。
リアル知り合いの方は、また乗せる機会もあると思うんで、
お楽しみに。

写真は後日アップします。
外から

20061215(003).jpg


内装
20061215(002).jpg


左側のオーディオ部分の下にあるのがDVDプレイヤーです。
最近、気になる車達。
2006年10月11日 (水) 07:47 | 編集
普段は新しい車が出ても、あまり興味を示さないんだけど、
最近気になる車がいくつか出たんで、
ちょっと書いときます。

まずは日本が誇るトヨタの最高級車、
LEXUS LS460

lexus_ls_46.jpg


お金持ちの皆さんは待ちに待ったセルシオの後継車。
これは自分が欲しいとかそういうんじゃなく、
一般的な車への興味として気になります。
トヨタが日本国を代表して海外の車に立ち向かうという
「国産VS外車」の視点、
「高級車とはどうあるべきか」とか
「良いモノとはどういうものなのか」とかいう、
プロダクトとしての視点、
どちらの意味からもこのLSは、
大変重要な意味を持つ車です。
もちろんこんな私ですから、レクサス店に平気で入れる訳もなく、
試乗車に乗れるはずもないので(今はお金持ちでも乗れないらしい)、
雑誌やテレビなんかで見た感じになるんだけど、
これやはり凄くいい車みたい。
まぁ、雑誌なんか提灯記事的な要素があるんで、
全部信用することはできないんだけど、
写真を見たり、開発者のインタビューなんかを見ると、
やはり並々ならぬ、決意が見える。
日本が誇る最高級オーナーカー。
メルセデスとかBMWとかと比べても、その称号に恥じない車やろうね。
プロダクトとしても、とてもよさそう。
個人的には結構この車のデザインは好きです。
エクステリアもインテリアも相当考えられていて、
レクサスという一つの文化を感じます。
価格は770万からと言う事で、
全く自分には関係ない世界だけど、
いつは乗ってみたい車になるなぁ。

次はレクサスとは正反対の車、カローラ
これは昨日発表になりました。

caro.jpg


だから、詳しい事とか全然わからないんだけど、
やはりこのカローラと言う車には何か感じるところがあります。
カローラってかなり昔に一回運転したことがあったっけな。
助手席には去年今年と結構乗ったんだけどね。
感想はよくも悪くも、「普通」って事やな。
昔はこの普通って事が嫌いで嫌いでしょうがなかった。
普通だということは存在する必要がない事だとさえ思っててんな。
でも、年を取るとその普通である事の大切さとか、
重要さとか、凄さがよく分かる様になります。
昨日、WBSで車に興味が無い人が
カローラに乗っているシーンがあったんだけど、
正にあれが大事なことなんだと思う。
普通に走って普通に曲がり普通に止まる、そして壊れない。
そういうのって、モノとしては凄く大事なこと。
WBSの大浜さんは安心という表現をしてたかな。
車ってデザインがどう?走りがどう?って嗜好性に目が行くけど、
この普通に安心して乗れるカローラと言う車は、
本当にいい車だと思いました。
でも、ファーストカーとしては乗りたいとは思わないか。
社用車とかセカンドカーとしてなら是非欲しいけどね。

最後はパジェロ
初恋の相手です。

paje.jpg


やはり、初めて乗った車というのは、
特別な思い入れがある。
それがあの大きな問題を起こした三菱の車でも、
自分にとってはほんと特別な車やね。
で、この新型パジェロ、
あの事件以来始めてのフルモデルチェンジになります。
パジェロといえば、三菱自動車の看板車種。
その車のフルモデルチェンジと言えば、
三菱自動車の再生計画とも伴って、
注目されるに決まってるよな。
まずデザインですが、
かなり大ヒットした2代目を意識してる感じがします。
個人的にはパジェロらしさがあって好き。
自分の乗ってたのと通ずる所があるし。
性能的にも、これまたパジェロであり続けてるらしい。
今は結構高級SUVブーム。
トヨタのハリアーとか日産のムラーノとか、
ポルシェのカイエンとかBMWのX5も含めると
形はクロカン四駆だけど街乗り専用ってのが流行ってる。
もちろんパジェロもこの路線で行くと思ってたんだけど違うねんな。
本格オフロード4WDとしての性能をキープしてるらしい。
時速200kmでアウトバーンを走れて、
それでいて悪路もちゃんと走れる車を
作ったということなんだから、さすがやな。
エンジンとか四駆のシステムとか、
先代の機構を受け継いだものも多いんだけど、
やはりパジェロ、良さそうです。
(かなり贔屓目ですが・・)
グレードはいつもの普通モデルZRと高級モデルEXCEEDの2つが基本。
どちらもしっかりパジェロを受け継いでいて、いいですな。
色もうちのE39と良く似たモスグリーンがあって、
あれは凄く良かった。
車両価格346万円、燃費リッター8.3kmと、
どう考えても買えませんが、
この車は自分が欲しいです。

と言う事で車の話でした。
こういうのってどうしても主観で書いてしまうね。
気に障った方がいましたら、ごめんなさい。
プリウスに決定しました。
2006年09月26日 (火) 05:37 | 編集
前に書いた通り、うちの車がプリウスに決まりました。
理由も以前に書いた通り、
ランニングコストが安いと言う事と
所有する意味があるということです。

買うと決まれば、
まずどのグレードでどのオプションを付けるのか、
というのを決めないといけません。
プリウスはモーター・エンジン・ボディに関しては全て同じで、
装備に寄ってグレードが決定します。
グレードは、
所謂普通の装備のS、それに快適装備をプラスしたG、
それぞれにHIDとエアロパーツ等を追加したツーリングセレクション、
Gのツーリングに革シート等を追加したレザーパッケージの5つ。
うちの場合、皮シートはイヤ、エアロパーツもHIDも必要ないと言う事で、
まず素のSかGに絞られました。
Sの上位グレードがGなんで、
後はGで追加された装備が必要かどうかで、
どちらか決めることになります。
Gで追加された装備は、
・スマートエントリー(キーを持っていればエンジン始動まで出来る)
・クルーズコントロール
・横滑り防止機能
・本皮ステアリング
・アルカンターラシート
こんなもんかな。
どれも絶対必要と言うことはないけど、あった方がいいと言うもばかり。
クルーズコントロールなんてあれば、高速がかなり楽に走れるし、
スマートエントリーも鍵を持っているだけで、
何も考えずに車に乗れる。
アルカンターラの質感も良かったな。
予算がギリギリと言う訳でもないし、長く乗る事を考えたら、
必要だと判断し、Gの方にする事にしました。

次はオプション。
基本的なものは全て付いているので、
長く乗る事を前提に、
お金をかける価値のあるものを選ぶことになりました。
まず、コーナーセンサー。
フロント・リアの左右にセンサーが付いていて、
障害物にぶつかりそうになったら、警告音が出るものです。
これは自分が乗るなら必要ないんだけど、
両親がこれから10年乗るならあった方がいいと思い、
つけることにしました。
そして、リトラクタブルミラー。
これはドアのロック・アンロックに連動して
ドアミラーが格納、復帰する機能。
10年間、一々車に乗り降りする度に
手動でミラーをたたんで開いてする事を考えれば、
かなり便利なものです。
後はガラスコーティング。
5年間水洗いのみでワックスしなくて済むらしいんで、
横着な我が家はこれを追加です。

最後は肝心なボディーカラー。
これは家の中でもめにもめました。
自分と妹は圧倒的に黒、父と母はシルバーかホワイト。
これは真っ二つやったね。
まぁ、結局は両親が乗る車なんで、
両親が選べばいいということで、こちらは引いたんだけど、
どうしてもシルバーはイヤだと、
ホワイトにしてもらう事になりました。
ここで問題になったのが内装の色です。
パールホワイトにすれば内装はベージュ、
普通のホワイトにすれば内装はグレーになります。
これは全員がグレーを希望。
と言う事で、スーパーホワイトに決定いたしました。
パールに比べたら、高級感は少し落ちるし、
一歩間違えれば社用車になってしまうけど、
ガラスコーティングで簡単に綺麗に保てるし、
プリウスなんで大丈夫かなと。

で、ここまで決まれば後は買うだけです。
値段交渉は両親に成り代わり、自分が全てを担当。
プリウスはトヨタ店とトヨペット店での扱いがあり、
通常この2つのお店で競合させて多少の値引きをしてもらいます。
しかし、これ結構めんどくさいし、
個人的にネチネチ安くしろって言うやり方は嫌いやねんな。
だから、今回はさっぱりニコニコ成約を目指しました。
すでに車を見る為にいくつかのディーラーに行って、
簡単な見積もりも作ってもらっていたんで、
下取り額も含めて、それを参考に検討。
ネットや雑誌で調べた大体の値引き額を参考に、
「この額なら判子を押します価格」を決めて、
一番印象の良かったディーラーさんに行きました。
行ってみて、具体的な話、見積もりを出してもらうと、
すでにかなりの値引きが。
異常にスラスラ話をするから買う気だと思ったのかな。
しかし、その額は目標に少しだけ足りなかったんで、
ここで伝家の宝刀「この額なら判子押します」攻撃です。
これは簡単に決まり、もう一声値引きしてくれたので、
判子を押しました。成約です。

20060925.jpg


成約記念のミニカー

実はこの額、E39の下取り額を考慮すると、
もう一つのディーラーさんの価格から30万も安かった。
とてもいい買い物が出来ました(両親がね)

納車は11月末の予定。
人事ながら今から楽しみやね。
車も買い替え計画?
2006年09月18日 (月) 22:05 | 編集
ゴルフを買い換えるのか?と思われた方がいるかもしれませんが、
そうではありません。
うちの家の車、先代BMWの5シリーズE39の話、
以前、書いていた「終の車」のつづきです。

うちの車はちょうど来月に9年目10万キロでの車検と言う事で、
ディーラーに見積もりを取りに行ってきました。
今年の初めに大きな点検修理をしているので、多少は掛かるだろうけど、
それ程高額な請求は来ないだろうと思ってたのに、
出てきた金額はMYゴルフを買える額w
60を超えていると言ってもうちの両親はまだ働いているので、
出せない金額じゃないけど、
次の事(車検だけじゃなく故障も)を考えると、
二人ともぞっとしたみたいで、
本格的に買い替えを検討するということになったと言う訳です。

買い換えるとなれば、
以前書いた様に正に終の車。
前に書いた時は好き勝手書いてたんだけど、
実際となるとやはり話は変わります。
エントリーで書いた通りに、
BMWミニは?ニュービートルは?と聞くと、
「2ドアはイヤ」の一言で終了。
ゴルフは?と聞くと、
「あんたと一緒はイヤ」で撃沈。
あのエントリーはなんだったんだと思ったけど、
これが現実やな。
で、とりあえず母親が欲しいと言い出したのが、これ。

062.jpg



BMW 1シリーズ

やはり今乗っているE39がかなり気に入っているので、
高い安全性・しっかりした乗り味等が似ていて、
しかも小さく必要十分の大きさだということで、
候補に挙がったみたい。
デザインも新しいタイプの中では好きらしいし。


次はプリウス。

01.jpg


これ実は数年前から欲しいって話は出てました。
燃費がいいのはもちろんの事、
知識層が好んで乗っているという噂を聞くにつれ、
いいものなんじゃないかと言うイメージを持ったらしい。
昔は燃費もそれ程でもないのに車としての魅力がないとか、
純粋に高いとかいろいろ言われていたんだけど、
2代目になった今の形はそういうイメージを払拭してます。
しっかり走るし、燃費もいい。
町で良く見かける様になって、かなり市民権を持ってきたよな。
まだ完璧とは言えないけど、
実用車にかなり近づいたと言えるんじゃないかと思う。

で、実際購入の検討に入りました。
値引きなんかを考えると価格自体はそれ程大差はない2台。
価格ではない所で純粋に比較できます。
簡単に1シリーズとプリウスの長所短所を。

1シリーズ
長所:質感(高級感)・走り・所有する喜び・今まで乗っていた愛着
短所:燃費含む維持費・ディーラー(信用できなくなる事件あり)

プリウス
長所:燃費含む維持費(実に燃費はBMWの4倍)・イメージ
短所:質感(安っぽい)・走り(悪い意味で普通)

こういう風に書くと正に正反対の車やね。
なんでこの2つが検討対象になるんやろうかw

まず1シリーズについて。
長所は言うまでもないと思うんで、短所について、
維持費・ディーラーの問題は、結局金の問題です。
BMWを維持し続けるお金が出せるかかどうか。
そういうことやね。

プリウスについては、
やはり圧倒的に燃費がでかい。
ガソリン代は今の1/5になるんやから。
車の信頼性についてもトヨタだからある程度は信頼できる。
昔乗っていたカリーナもマーク2も
10万キロしっかり走ってくれたからね。(マーク2は未だ現役)
外車の様に後からお金のかかる作り方をしてないから、
そういう維持費についても大きなアドバンテージがあるよな。
修理代も安いし。
短所は質感。
2000ccクラスのセダンと同じ感じだから、
カローラと同じです。
やはりこれは大きな問題かもしれない。
今までがいい車に乗ってたから、
急にガクッと落ちるとなんか寂しい気持ちになるねんな。
でも、こればかりは実物を見てみないとなんともいえないんで、
保留と言う感じになるかな。

と言う事で、実際実物を見てきました。
1シリーズはおおむね想像通り。
気になったのは少し小さいと言う事くらいで、
後はやっぱ文句なしにいい車やね。
そして、プリウス。
これは初めて見るのでどんなもんかなぁと思ったんだけど、
思ったより良かったです。
さすがに高級感はないけど、必要十分な感じでしょうか。

こうして、実物を見た後、
いろいろ総合して(一家で)考えて判断し、
プリウスを買う事にほぼ決まりました。
決め手になったのは、やはり維持費。
あまりにも違い過ぎる。
その維持費の差額に見合う価値があれば、
1シリーズもいいんだろうけど、
うちではその価値がないと判断しました。
でも、それは1シリーズが悪いというより、
プリウスが思ったより良かったと言うのが大きかった。
まずはハイテク装備。
はじめは何も知らなかったんで、
プリウスってただハイブリッドシステムを使って
動いてるだけだと思ってたんだけど、そうじゃないんやね。
常に駆動力の状態をモニター出来たり、
パーキングアシスト(縦列駐車も出来る)も付いてたり、
最先端の技術を使って作られた車。凄く面白い車です。
そして、イメージ。
プリウスってやはりエコカーの象徴。
ハリウッドの俳優が乗っている様に、
その車に乗る事自体がメッセージになるねんな。
うちの両親にとれば、
今回が自分の働いたお金で買う最後の車になると思う。
その最後の車にエコカーを選ぶって言う事が、
大げさに言うと将来に何かを残すということになるんじゃないかな。
BMWの所有する喜びとは全く次元の違う所有する喜びってのが、
プリウスにはある。
そこに価値を見出したんだと思います。

そうう訳なんで、近いうちに買いそうです。
その話はまだ後日に。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。