franken blog
VISSEL KOBE , VW Golf2 , Bicycle , Mac , Digitals , food , etc...
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ移転しました。
2012年07月06日 (金) 08:29 | 編集
ほぼ半年ぶりです。
ずっとブログ再開したいと思ってましたけど、
場所を変えて、心機一転リスタートすることにしました。
SNSやリアル生活と一切、切り離すので、
場所はここで公開するつもりはありません。
もし知りたい方がいらっしゃいましたら、
個別にお教えしたいと思いますので、
コメントいただければと思います。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。
2012年01月04日 (水) 04:18 | 編集
数日前に更新したばかりなのに、
何故だか結構日にちが経った気がします。
年末年始マジックですね。

今年はこれで。



信号が何色でも ブレーキなんて踏まない
壊れてもいいんだ 僕らが全部覚えてる

限られた条件の中でしっかりベストを尽くしていきます。
今年もよろしくお願いします。
買い物 of the year 2011
2011年12月31日 (土) 05:36 | 編集
今年ももう終わり。
ブログの更新が滞っててても、
この企画だけはやります。

はじめに少し今年の話を。
今年は激変の年でした。
年始に、
「扉の向こうには約束なんてない。でも行こう。生まれ変わる朝が来た」
とthe pillowsのアナザーモーニングの歌詞の一説を書いたんだけど、
正にその通りに一歩進んだ年になりました。
長い停滞時代に自分が悩み苦しんで掴んできたもの達が躍動し始めています。
素敵な愛すべき人たちと出会い、刺激しあってお互いに成長して行く。
そんな一年でした。感謝の気持ちでいっぱいであります。
もちろん、全てうまくいった訳ではありません。
また新しい悩みや問題が出てきて、
どういう選択肢を取ればいいのかまだまだわからないことがいっぱい。
考え悩み、自分で出来ることの限界を感じながらも、
そのもうひとつ先が見えて来た気もします。
来年もシンプルにただただ自分自身で在り続ける。
前へ進み続けるだけですね。
その先に何があるのか楽しみです。

と、ちょっと買い物からは離れましたが、本題へ。
今年はちょっと順位が付けづらいので何位とかは無しで。

・震災チャリティーTシャツ
今年の大きな地震、津波、原発事故は
日本国的にここ数年、数十年で一番大きな出来事かもしれません。
その中で自分は何が出来るのか考えた時、答えのひとつが、
チャリティーTシャツを買って着ることでした。
STUSSY×Fragmentを始め、GIRA(UNDERCOVER)、DOARAT等、
プレゼントしたものも含めて結構買ったかな。
夏に自分の着てたTシャツはだいたいこの手のものでした。
実際出来ることはお金を届けること、しかもただ募金をすると言うだけではなく、
無理なく続けられる様に、お互いWIN-WINになる様な企画に参加すること。
これから長く続く復興への道は無理せず出来る形でと思います。

IMG_2294.jpg

・FREITAG DEXTER/SAMANTHA
愛用のカバンと財布です。
こういうのってインパクトはないけど、
ほんと日常的に身の回りにあるものなので、
活躍度は一番かもしれません。
どちらも探しに探して手に入れた世界にひとつしかない逸品。
これからもガシガシ使い続けたいと思います。

IMG_1409.jpg

・iPad2
今年、買い物らしい買い物はこれくらいな気がします。
喜び勇んで発売日に並んで買ったにしては、正直なところ大活躍とはいきませんでした。
ただなんだかんだ毎日触ってるし、無いと物足りないもの。
大きなiPod touchのイメージで、サブiPhoneって感じでしょうか。
ほんとこれが出来る!!!って感じではないねんな。
大きな画面で写真見たり、動画見たり。
スカイプしたり、FlipBoardでよく見るサイトを雑誌風に見たりね。
買って良かったと言うか、買わない選択肢はなかったなと思う。

IMG_0990.jpg

・PS3 Call of Duty BLACK OPS
これはかなり最近だけど、
買ってよかったなと言うか、
まぁ簡単に言うと数年前のモンハン状態です。
自分の技術を磨くゲーム。
友人たちとネットでつながって遊ぶ。
そんな時間がある生活はまた一段と楽しいもんですね。
そして、単純にゲームとして面白い。
技術的にだけでなく、戦略性があって頭脳ゲーム的な面も。
もっと上手くなりたい。上を目指したい。
そう思わせてくれます。
仲間たちとチームを組んで、助け合いながら作戦を実行して、
敵チームと戦える様になるともっともっと楽しいだろうな。
これはしばらくはやり続けますね。

IMG_2002.jpg

最後、ちょっと買い物とは違うけど、食事ってのを入れたいと思います。
今年はたくさんの人とたくさんご飯を食べに行った気がします。
もちろん、そのカロリー的なものが重要なのではなく、
道すがらご飯を食べながら、一緒に過ごした時間が
本当に価値のあるものだったなと。
自分はこれからもこうやって生きて行くんだろうななんて、
漠然と思ったな。

IMG_1893.jpg

と言うことで、今年の買い物 of the yearでした。
ちょっと買い物的にはパッとしない年になりましたが、
中身は非常に充実したものでした。


ここを見ていただいている方はもう自分に近しい方達だけかな?
今年、ブログの更新は全然できませんでした。
やはり、吐き出す場所がTwitterに置き換わることによって、
自分の中での以前の様な役割は終えてしまったんだなと感じています。
ただ、全てがTwitterに置き換わっている訳ではないので、
近い将来ここはTwitterには書けないことを書く場所にしたいと考えています。
実は草稿的なものも書き始めてたりしてるんです。
しっかり自分の考えや視点を書く場所的な。
まだまだ準備段階で本格的にやり続けられるかわからないですが、
気が向いた時に見ていただければ、
少し面白い文章がある様なブログになればなと。

今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
ジョブズが亡くなりました。
2011年10月10日 (月) 05:18 | 編集
このことについては書かなければならないと、
久しぶりのエントリーです。

ジョブズがガンに侵されていて、
あまり良い状況ではないことは知ってたし、
8月にCEOを引退した時には
いつこういう日が来るかわからないとは思っていましたが、
実際来てしまうと、やはりいろいろ思うところがあるものです。

自分が始めて接したパソコンはMacintoshのPerforma575と言う機種。
母親の同僚(教師)がいわゆるエバンジェリスト(宣教師)ってやつで、
かなり薦められて購入しました。
そこからは完全にMac派って奴ですよね。
現実ではなく、未来を追うんだ、
手軽な便利さではなく、理想を追うんだと。
みんなが使ってるから俺も使うなんてことはしないと。
洗練されたデザインは筐体だけではなく、
OSの細部にまで行き届いていて、
Macはただの機械ではない何かだと思ってましたし、
それを使うことが自分であり、
それがアイデンティティのひとつにまでなりました。
自分はWindowsではなく、Macを使う人間だと。

自分の卒業論文は「アップルコンピューター社の経営分析」
iMac発売後の業績がV字回復した後に書いたんだけど、
様々な数値・指標を分析した結果、
アップルコンピューターが生き返ったのは、
ひとえにジョブズのカリスマ性によるものだと結論付けたのは、
自分でもよくやったと自画自賛したいし、
自分のものを見る目に自信が持てる要因にもなりました。

ジョブズのアップル復帰からiMac以降、
アップルの動向を追いかけて、
自分もiBook・MacBookPro・iPod・iPhone・iPadと、
ジョブズの生み出したプロダクトに囲まれて生活してます。
それらのプロダクトは単純に情報を得る機械なだけではなく、
ジョブズの哲学の詰まった作品であり、
そこから本当にたくさんのことを学びました。
真摯に理想を追いかけることの重要さ、
結果から逆算して物事を考えること、
今出来ることからではなく、どうしたいかをまず考えること。
目先だけではなく、しっかり先を見ること。などなど。
プレゼンからはひとに何かを伝えることを学びました。
もし、自分が何かを薦めるのが得意だと思ってもらえるなら、
それはジョブズのプレゼンを知ってるからだと断言できます。
人に何かを伝えることは人生において重要なことで、
それを学べたのは非常に大きなことだと思っています。
余談ですが、AAPLからはたくさんの実利も与えてもらいました。

ジョブズがこの世からいなくなって今思うことは、
感謝の気持ちしかありません。
ほんとうにたくさんのものをもらいました。
たくさんの方が書いてる様に自分も、
彼がいなければ今の自分はありません。
彼の意思は私の血となり肉となっています。
これからもアップルのプロダクトに囲まれて、
ジョブズにもらったものを大切に日々過ごしていきたいと思います。
最後に、ジョブズありがとう。
事故の話
2011年08月19日 (金) 12:13 | 編集
自分だけは事故をしないと思ってました。
よく聞くセリフだけど、結局自分もこれにあてはまる。
ちゃんと事実を認識して、反省して、
これから絶対事故を起こさない様に
起こった事や自分の心境をここに記しておきます。

まず、どういう事故だったかと言うことですね。
ぱっと聞くとなんのことはない話かもしれません。
相手の車が地図を見る為に路肩へ寄せたところ、
ちょうど自分が音楽の曲を変える時と重なって、
気付かずにドンと、
相手の右後方に自分の左前方が当たってしまった。
いわゆる脇見運転って奴です。

何故こんなことが起きたのか。
これでも自分は20万km以上車に乗ってて、
事故を起こしたことはなかったんです。
だから、通常であれば絶対事故になる情況ではない。
でも、事故になった。
その理由を考えたいと思います。

まず、自分の情況ですが、
寝ていた所、早朝急に職場へ呼び出され、
行ってはみたものの問題無かったと言うことで、
帰宅する途中でした。
かなり眠気が残った状態で、
職場に問題なかったと知り、
「よかった。帰れる。ゆっくり寝れる」と言う安心感。
時間帯も早朝で車自体少なく、
事故現場は家からすぐ近く、
毎日の様に車で通る道。
もっと言うと子供の頃から慣れ親しんだ道です。
根本的に気が完全に緩んでいた。

相手の方は旅行者で甲子園へ向かう途中、
道に迷い、地図を確認する為に路肩へ車を停めたそうです。

自分の理屈で言うとそこは絶対車があるはずのない場所でした。
もう経験としか言い様がありません。
普段は交通量のある場所で片側一車線の道路、
路肩に車を停めると走行してる車の迷惑になるので、
そこに車が止まってないって事を無意識に判断してるんです。
早朝で車自体少ない時間帯。
旅行者の方と言うことで、ほんとイレギュラーな出来事でした。

相当気が緩んでいる状態で、慣れ親しんだ道。
感覚的にありえない場所に車が止まり、
その瞬間に音楽を変えていた。
これが自分としての事故の原因です。
何分の一かわかりませんが、
起こるべくして起きたのかもしれません。

眠さがあって、気が緩んでいたと言うことが
一番大きな原因だったと思います。
あの情況で運転してはいけなかった。
と言うのも、事故の瞬間、自分は気付けてなかったんです。
当たった時、「え?なんで?」って思ったんです。
それは完全に判断ができてないってこと。
相手がどういう行動を取ったのか認識できてない。
ただ自分の経験上、そこにいるはずがないってことだけ。
どこのタイミングで前を確認したのか、
その時どういう情況だったのか、
いろんなことがわからずに当たってしまってる。
今までの経験からそういう無意識は創られていて、
その無意識で運転していて、
これまで事故はしなかったんですよね。
それをしてしまった。
イレギュラーなことが重なることは、
確率的にいうといつかは必ず起こる。
それが昨日だった。
これを防ぐ為には、
やはり眠い情況では運転しないことが重要だと思います。
ほんと、判断が遅くなったりできなくなったり。
それが無意識のところで起こるので怖い。
事故は起こるんです。

もうひとつ、脇見運転です。
運転が日常になって、慣れてしまって、
運転中に携帯を見ること、テレビ画面を見ること、
ナビを操作することは当たり前になってました。
もちろんずっと見てるってことはないんですが、
気が緩んでたり、眠かったりすると、
そこでもまた判断のミスが起こる。
ここは意識して変えることが出来るので、
絶対に注意してやめないと。
操作は停車中、運転中は集中。
当たり前なんだけど、慣れるとちゃんと出来てなかった。
これも大きな反省しなければいけない点です。


最後に、今回事故の話をしたみんなに
体が無事で良かったと言ってもらいました。
素直にうれしかった。
自分としても、相手の方も自分も体が無事で良かったと。
もしかしたら自分が死んでたかも、半身不随とかになってたかも。
相手を殺していて、相手を半身不随にしていたかも。
そう考えると怖くてしょうがないんですが、ありえた話です。
車は命を奪うかもしれない。
頭ではわかってたつもりですけど、
今回改めて感じました。
ほんと、これくらいの事故で済んで良かった。
みなさんもおそらく他人ごとではないと思います。
事故は起こることがある、
そしてその一回の事故が
人の命に関わることかもしれないと。
今後、絶対こういう事は起こさない。
ことある毎に今回の事を思い出して、
自分を戒めていこうと思います。
COMPLEX-日本一心-を観ました(WOWOWでw)
2011年08月11日 (木) 10:42 | 編集
先日ライブへ行ったJUN SKY WALKER(S)以上に、
自分の青春の音楽は布袋寅泰でした。
ロックに目覚めたのはまさにBO∅WY。
当時の「親や先生に従うのが善」と言う文化の中、
ありのままでいい、
自分のやりたい様にやれ、
と言ってくれた存在です。
他のアーティストから興味が薄れていく中でも、
布袋さんは自分のアイドルでした。
音楽だけじゃなく、その哲学、
自分の人生でもっとも影響を受けた人と言っていいかも。
COMPLEXはまさにリアルタイムで
熱狂的に布袋さんを見ていた頃に結成された。
シングルもアルバムも首を長くして待ち、
おこづかいで発売日に購入。
レコードじゃないけど、
CDが擦り切れるまで聞いた。
ライブも1990ツアーの大阪城ホールへは行けたな
今でもパンフ残ってる。
ステージに立ってる人が好き過ぎて
我を忘れるなんて経験初めてだったし、
今でも数えるくらいしかない。

そんなCOMPLEXが再結成。
当然行きたいと思いましたが、
いろいろ諸事情が重なり断念しました。
しかし、絶対映像は観たいと言うことで、WOWOWに加入。
もう3回目見終わってます。
涙出るかなと思ったんだけど、
案外出なかった。
そんな事より音楽やパフォーマンス。
何よりライブを楽しんでる感じ。

一番感じたのは2人の成長。
成長って言うと失礼かも。
年のとり方って言うのかな。
ああ、俺はこういう人を見て育ったんだと。
それはとても幸せなことだと。
この2人はやっぱり本物だと。
それは歴史とこのステージが証明してると。
決して過去の焼き直しじゃない。
今の大きくなった2人がCOMPLEXをやってる。
演奏とかステージングとかほんとかっこいい。
音も今聞いても面白い。かっこいい。
その時、才能のある人が全力で作ったものだから。
今売れてるアーティスト達は20年後こんなライブが出来るんだろうか。
なんかそんな事を感じながら、
懐かしい歌を口ずさみながら、
ライブ映像を楽しみました。

ちょっとセンチメンタルな気持ちになりながらも、
自分がガキの頃、こういう音楽や人に出会えたこと、
その幸せな気持ちを味わっちゃった。
自分ももっともっと成長しないと。

最後にCOMPLEX再結成における吉川のドキュメントを。

新世界で串カツ
2011年07月16日 (土) 09:42 | 編集
ちょっと前になりますかね。
以前クーポンを購入していた串かつ屋さんに行って来ました。
串かつと言えば新世界ですよね。

IMG_1244.jpg

通天閣の横を通ってお店へ。

お店の名前はまぁ別にいいかなと言うことでスルーで。
とりあえず、10本の盛り合わせで。

IMG_1246.jpg

後、ここの名物らしい、焼きちゃんぽん

IMG_1248.jpg

定番どて焼き。

IMG_1249.jpg

串かつは普通にうまい。
しかし、ポイントは2つ。
まとめて来るので最後の方は冷めちゃって残念だったこと。
そして、やはり以前行っただるまの方がワンランクおいしかったこと。
串かつをガチで食べるなら
カウンターでひとつずつ頼みながら揚げたてを食べるスタイルがベストだなと。

焼きちゃんぽんはちょっと塩辛かったかな。
飲みながら食べる前提なんだろう。
どて焼きもね。

総じて、おいしかったんだけどもうひとつかなって。
まただるまにあのスタイルで行きたいなぁ。
ビール飲みたいんで絶対車ではなく、電車でね。
豊中 つけ麺 「渡辺製麺」
2011年06月24日 (金) 10:20 | 編集
さや侍を観た後につけ麺が食べたくなって、
行ってまいりました。
場所は阪急豊中駅前ですね。

何故ここのお店を選んだかと言うと、
ベジポタってのが食べられるから。
ベジポタとはベジタブルポタージュのことで、
野菜を煮こんでポタージュ状にしたもの。
ここのつけ汁は豚骨魚介スープにベジポタスープが合わさってるんです。
数年前に初めてベジポタが流行ってるって聞いて、
一度食べてみたいと思ってたんですよね。
メニューは麺が3種類(太麺・中太麺・平打ち麺)、
スープも3種類(豚骨魚介・ベジポタ・四川辛味?)、からセレクト。
今回は太麺・ベジポタにしました。

IMG_1208.jpg

初ベジポタ、うまかったです。
不思議な感じでしたね。
つけ汁なのに野菜でドロドロ。
いかにドロドロかって言うと、これくらい。

IMG_1210.jpg

麺が沈まないんですよね。
麺へのからみ具合も凄いもんで、
食べ終わる頃にはスープほとんどなかったです。
豚骨魚介で野菜でドロドロで、
ほんとおいしくいただきました。
また行きたいと思います。
次はシンプルな豚骨魚介味にしてみようかな。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。